「あおり運転 懲役」の検索結果

「あおり運転 懲役」に関する情報は見つかりませんでした。
「あおり運転」に関する情報を表示しています。

今すぐ視聴する

おすすめの作品

スパイ容疑で 日本人50代男性に懲役15年 中国
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 スパイ容疑で 日本人50代男性に懲役15年 中国  中国南部・海南省の裁判所は温泉開発のために現地を訪れて拘束されていた50代の日本人男性に対し、懲役15年などの実刑判決を言い渡しました。  男性はおととし3月、温泉開発のために訪れた海南島で拘束されました。地方裁判所にあたる海南省第一中級人民法院は20日、国家機密を不法に入手して国外に提供した罪で、懲役15年と10万元=日本円で約160万円を没収する実刑判決を言い渡しました。中国では2015年以降、スパイ行為に関わったなどとして日本人9人が起訴されていますが、これまでで最も重い刑です。この件に関し、菅官房長官は「邦人保護の観点からできる限り支援したい」としています。
栗原心愛さん虐待死事件 母親に懲役2年を求刑
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 栗原心愛さん虐待死事件 母親に懲役2年を求刑  千葉県野田市で小学4年の女の子が虐待されて死亡した事件の初公判で、傷害幇助(ほうじょ)の罪に問われた母親に対して検察側は懲役2年を求刑しました。  今年1月、野田市に住む栗原心愛さん(10)が自宅で死亡しているのが見つかり、父親の勇一郎被告(41)が傷害致死の罪などで、母親のなぎさ被告(32)が傷害幇助の罪で起訴されました。16日に開かれた初公判で、なぎさ被告は起訴内容を認めました。検察側は、なぎさ被告に対して「勇一郎被告の行為を制止せず、心愛さんに食事を与えないなどしていた」「母親の責任を放棄して虐待に同調した悪質な犯行」と指摘し、懲役2年を求刑しました。弁護側は、なぎさ被告が「虐待を制止しなかったのはDVによる支配下にあったことが原因」として執行猶予付きの判決を求めました。判決は来月26日に言い渡されます。
千葉・野田市の心愛さん虐待死 母親に懲役2年求刑
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 千葉・野田市の心愛さん虐待死 母親に懲役2年求刑  千葉県野田市で当時小学4年生だった栗原心愛さん(当時10)が虐待を受けて死亡した事件の初公判で、傷害の幇助(ほうじょ)の罪に問われていた母親のなぎさ被告(32)に対し、検察側は懲役2年を求刑しました。検察側は「母親の責任を放棄し、虐待に同調した悪質な犯行だ」と指摘しました。裁判は16日で結審し、判決は来月26日に言い渡されます。
コスプレ空き巣を繰り返し…出所後10日余りでまた…
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 コスプレ空き巣を繰り返し…出所後10日余りでまた…  コスプレをして空き巣に入った罪に問われている男に懲役3年の実刑判決が言い渡されました。  判決によりますと、無職の藤沢鉄也被告(37)は2月、福岡県宗像市で「新世紀エヴァンゲリオン」のキャラクターのコスプレをして空き巣に入り、現金約1万7000円を盗みました。藤沢被告は過去にもバニーガールなどのコスプレをして空き巣などを繰り返し、実刑判決を受けています。福岡地裁は「刑の執行を終え、10日余りの犯行で常習性が高い」と指摘し、懲役3年の実刑判決を言い渡しました。
中国 日中交流団体の男性“スパイ活動”で実刑判決
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 中国 日中交流団体の男性“スパイ活動”で実刑判決  中国の北京で拘束された日中交流団体の幹部の男性に対し、北京の裁判所が「スパイ活動を行った」として懲役6年の判決を言い渡しました。  日中交流団体の幹部の鈴木英司さん(62)は2016年7月に北京を訪問した際、「国家の安全を脅かした疑いがある」として拘束され、その後に起訴されました。日中関係筋によりますと、地方裁判所にあたる北京市の裁判所は「スパイ活動を行った」として鈴木さんに懲役6年、日本円にして80万円の財産を没収する判決を言い渡しました。裁判所は鈴木さんが「北朝鮮に関する中国の外交情報に触れ、法に違反した」と判断したとみられます。中国では2015年以降、スパイ行為に関わったなどとして日本人9人が起訴されていますが、今月に入って4人に相次いで判決を言い渡しています。来月、大阪で開かれるG20サミットを前に中国当局が司法手続きを早めた可能性もあります。
借金苦で「一緒に死ぬか」 妻“殺害”夫に猶予判決
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 借金苦で「一緒に死ぬか」 妻“殺害”夫に猶予判決  同意のうえで妻を殺害し、遺体を遺棄した罪に問われている71歳の夫に佐賀地裁は懲役3年、執行猶予4年の判決を言い渡した。借金を苦に、夫から妻に心中を持ち掛けていた。  岡田加津吉被告が妻・幸子さんを同意を得て殺害した承諾殺人などの罪に問われている裁判。自営の電気工だった加津吉被告。資金繰りが苦しくなり、消費者金融から借金をするようになった。一度は幸子さんの貯金で返済したが、その後も借金をして返済に苦しんだ。追い詰められた2人は去年7月に排ガス自殺を図り、保護される。これをきっかけに自己破産手続きを取ったが、途中で消費者金融の1社から裁判を起こされたのだ。  そして、去年10月、被告は幸子さんに心中を持ち掛けた。去年10月下旬、2人は車で福岡市の団地を出発。関西を中心に3カ月も死に場所を探し続けた。最後の時は今年1月。兵庫県内のサービスエリアで幸子さんに睡眠薬を渡し、眠っているのを確認。相談した通りにネクタイで首を絞めたとされる。  加津吉被告は遺体を佐賀県吉野ケ里町で遺棄。その後、広島県で発見、逮捕された。妻が自らの殺害に同意したかが問われた裁判。14日の判決では「被害者の気持ちを深く考えず心中を迫り、くむべき事情は乏しい」としながらも、「死の承諾は被害者の真意に基づく」と認定。執行猶予付きの懲役3年が言い渡された。
第18話(終)
君の声が聞こえる 第18話(終) 再びジュングクの弁護を引き受けることになったグァヌ。グァヌは全てを正直に話すようジュングクを説得し、結果的に1審で死刑を免れ無期懲役の判決を勝ち取る。一方、ジュングクの供述により、過去にスハが誤ってヘソンを刺してしまった事件が明らかになる。スハは殺人未遂の容疑でドヨンから検察庁へ呼ばれることに。しかしグァヌとキム判事の説得もあってドヨンが便宜を図り、スハは警察官への夢にまい進する。
第5話 絶望の果て
伝説の魔女~愛を届けるベーカリー~ 第5話 絶望の果て スインは懲役2年の刑を言い渡される。彼女が送られた韓国女子刑務所の10房にはボンニョ、プングム、ミオとその息子のクァンテンがいた。打ちひしがれ、生きる気力を失うスイン...。ウソクは差出人不明の手紙を受け取る。幼い頃の記憶がない彼は、手紙に書かれていたとおり春川の希望保育院で過去の手がかりを見つけようとする。難癖をつけられ、ヨンオクとケンカになったスインらは、刑務所長の命令で製パン技術を学ぶことになり...。
「脱、止まってくれない栃木県」 運転マナーの動画
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 「脱、止まってくれない栃木県」 運転マナーの動画  汚名返上となるのだろうか。信号のない横断歩道で一時停止する車が日本で最も少ないとされる栃木県が対策に乗り出した。  栃木県宇都宮市。信号のない横断歩道で車がいなくなるのを待つ歩行者。その一方で車は歩行者がいるにもかかわらず、全くといっていいほど止まらない。  宇都宮市の横断歩道では数年前、年配女性が横断歩道を渡っていたところ、車にはねられて亡くなっている。信号のない横断歩道では歩行者の通行が優先であり、止まらなければ道路交通法違反だ。  JAF(日本自動車連盟)が去年、信号のない横断歩道で一時停止する車の割合を調査すると、全国平均8.6%に対して栃木県は大きく下回る0.9%。これは信号のない交差点に人がいても車が100台通過するうち1台も止まらない計算になる。  そこで栃木県警などが注意啓発を呼び掛ける動画を制作。信号のない横断歩道を挟んで男女が名前を呼び合うが、車が止まらないため2人は近付くことができない。罰則として3カ月以下の懲役または5万円以下の罰金であることを伝え、動画をこう結んだ。  「脱!止まってくれない栃木県」
第21話 法と良心
福寿草 第21話 法と良心 インソクが結審の裁判長であることを知り、ヨナは安堵する。しかし、パク刑事によりねつ造された証拠が決め手となり、ヨナは懲役3年の実刑判決を受けることに。ヨナはその瞬間、自分を陥れたのはユラだと気づく。