「おすすめ 漫画 恋愛」の検索結果

今すぐ視聴する

おすすめの作品

#72:えっちな擬音でマネーをつかめ!女性エロ漫画家に潜入
給与明細 #72:えっちな擬音でマネーをつかめ!女性エロ漫画家に潜入 ▼3次元をも超えるエロさ!!夢のシチュエーション実現可能なエロ漫画の世界に潜入 ▼自身の作品は実話が多々!?月4つの連載をこなす人気売れっ子漫画家あほすたさんのアシスタントにグラビアアイドル水咲優美が挑戦! ▼超売れっ子漫画家は年収1億超え!?原稿一枚○万円、あほすたの給与明細を大公開!
第130話 両さん漫画家になる
こちら葛飾区亀有公園前派出所 第130話 両さん漫画家になる 本田は恋人の乙姫奈々は、スランプで最近漫画が描けない。とうとう締切り日を過ぎてしまい担当編集は苦肉の策で両津の漫画を載せることにした。突然人気漫画家を夢見た両津は…。
#32 ゲストに三田紀房氏を迎え資産運用や投資について自身の漫画の裏話も交えほろ酔いトーク!
無料
NewsBAR橋下 #32 ゲストに三田紀房氏を迎え資産運用や投資について自身の漫画の裏話も交えほろ酔いトーク! 今回のゲストは漫画家の三田紀房さん! 大人気漫画「ドラゴン桜」を始め数々のヒット作を生み出している三田さんが漫画家を始めたきっかけとは? 年金2000万不足問題に関して「インベスターZ」の話も交え資産運用や投資について熱弁! そして「アルキメデスの大戦」の制作秘話も! 3日後に誕生日を迎える橋下さんが50歳になる想いを語る! 『NewsBAR橋下』。ぜひ、お見逃しなく!! 番組公式Twitterアカウント @abemanews_barHT
#30 漫画「キン肉マン」を麒麟・川島が徹底解説
しくじり先生 俺みたいになるな!! #30 漫画「キン肉マン」を麒麟・川島が徹底解説 大人気漫画「キン肉マン」を教材として、麒麟の川島明先生がキン肉マンに隠された“しくじり”を独自分析し授業します。ファンの間では“日本漫画史上”最高のしくじり作品とも言われているキン肉マンから人生を生き抜く術を紐解くことに。番組スタッフが作者の“ゆでたまご”先生へ“しくじり”の真相を直撃取材。
第167話 出た!少女漫画刑事
こちら葛飾区亀有公園前派出所 第167話 出た!少女漫画刑事 怪盗を捕らえるために特殊刑事課から、プロファイリング刑事が派遣された。犯人は少女漫画家というが…
第308話 両津流マンガ塾
こちら葛飾区亀有公園前派出所 第308話 両津流マンガ塾 サファイアに自分の連載漫画を打ちきられてしまった両さん。 自ら漫画雑誌を作ってサファイアを見返そうとするが、 次第に金儲けに走り出し・・・
第1話 「うまい棒とポテフと…」 「コーヒー牛乳キャンディとヤングドーナツと…」
無料
だがしかし 第1話 「うまい棒とポテフと…」 「コーヒー牛乳キャンディとヤングドーナツと…」 駄菓子屋の息子・鹿田ココノツは、将来漫画家になることを夢みている。だが、父・鹿田ヨウに店番を押し付けられ、漫画を描く時間を奪われてばかり。そんなある日、枝垂ほたると名乗る少女が現れ、ココノツに「キングオブ駄菓子と言えば!?」と唐突に問うのであった。
第2話 まんが
女子高生の無駄づかい 第2話 まんが クラス全員にあだ名をつけるという田中の試みによって、菊池はヲタ、鷺宮はロボ、そして田中自身はバカというあだ名が定着したある日の日曜日。ヲタはベッドに寝転びながら、低所得Pの新曲を聞いたり、アニメを観てみたり、漫画を読んでみたりと、週末を満喫していた。バカから暇過ぎるからという理由で、大量に送られてくる自撮り写真を完全に無視して、趣味を謳歌するヲタは、いつか自分も有名になって夢の印税生活をしてやると奮起し、描きかけで止まっていた自らの漫画を描き始める。
第44話 就職率120パーセントの謎(仮)
ハヤテのごとく! 第44話 就職率120パーセントの謎(仮) ナギの漫画原稿「マジカル☆デストロイ」を見るハヤテとマリア。だが、その内容は、相変わらず理解できない難易殿の高いもの。どうして理解できないのか怒るナギと困惑している2人。と、そこにいつの間にか現れたのは伊澄。原稿が面白かったという伊澄は、原稿の続きを書いたのだ。タイトルは、「子猫の一生」。だが、それを読んでみたハヤテとマリアは、理解不能。だが、ナギは大興奮。そこになぜか咲夜も現れた。ハヤテは、漫画賞を何度か受賞しているということで、オリジナルの漫画を描かされることになった。タイトル「魔法少女ブリトニー」。正統派で手堅過ぎたため、なんだか不評なリアクションだったのだ。
第75話 マンガニア
無料
笑ゥせぇるすまん(89~93年)【デジタルリマスター版】 第75話 マンガニア 漫画コレクターでもあるサラリーマンの中念(39)に、喪黒はある古い漫画本の価値を調べてほしいとお願いする。中念が行きつけの古本屋で見てもらうと、その本は幻の作品とも呼ばれるもので、値段はなんと2~300万円もするというものだった。