「おっさんずラブ 3 動画」の検索結果

「おっさんずラブ 3 動画」に関する情報は見つかりませんでした。
「3 動画」に関する情報を表示しています。

今すぐ視聴する

#1 Spring of Birth
劇場版「ペルソナ3」 #1 Spring of Birth 「君は、1日が24時間ではないと言ったら、信じるかい?」 1日と1日の狭間にある隠された時間「影時間」。 街は動きを止め、人々はオブジェへと姿を変える。 そこにはびこる異形の怪物「シャドウ」。 それらに対抗できるのは、ペルソナという特殊な力を持つ者だけ。 私立月光館学園に転校してきた主人公・結城 理(ゆうきまこと)は ペルソナの力に覚醒し、同じペルソナ使いたちで構成された特別課外活動部へと引き入れられる。 彼らはそれぞれ目的のため、影時間の真相を追ううち、 想像を絶する運命と対峙する―――。
#2 Midsummer Knight's Dream
劇場版「ペルソナ3」 #2 Midsummer Knight's Dream 「こんな日が、これからもずっと続けばいいのに――」 私立月光館学園に転入した主人公・結城 理は、 異形の怪物「シャドウ」の襲撃をきっかけに、「ペルソナ」の力に覚醒し、 同じペルソナ使いたちで構成された特別課外活動部へと引き入れられる。 最初は流されるままに行動していた理だったが、 「影時間」の謎を追い、「シャドウ」との死闘を重ねていくうちに、 その心は大きな変化を見せ、仲間との強い絆を得る事となった。 そして季節は春から夏へ。「シャドウ」との戦いは終わっていなかったが、 特別課外活動部は新メンバーを迎え、非日常的な毎日に充実感さえ覚えるようになっていた。 運命の歯車がまわり、また新たな試練が訪れることになるとは、 誰も知らないまま―――。
#3 Falling Down
劇場版「ペルソナ3」 #3 Falling Down 「なんとなくわかったよ―君は失うことを恐れているんだね?」 季節は秋へ。異形の怪物「シャドウ」と、主人公・結城 理をはじめとした 特別課外活動部の戦いにも終わりが近づこうとしていた。 「影時間」を終わらせるために「シャドウ」との死闘を重ねていく理たち。 戦いを通し、あるものは仲間や家族の死と向き合い、 あるものは守るべき大事なものに気付き、 また、あるものは自分たちのこれまでの戦いの意味に葛藤する。 そして、理のまえには謎の転入生・望月綾時が現れる―。 新たな朝を迎えた時、再び運命の歯車はまわりはじめる。 それぞれの繋がりを巡る戦いが始まる―。
#4 Winter of Rebirth
劇場版「ペルソナ3」 #4 Winter of Rebirth 「滅びの時は、確実に迫っている。止める事は出来ない」 死を知り、死を見つめ、死と向き合う。 さまざまな出会いと別れを繰り返し、その度に、成長を遂げてきた結城 理と仲間たち。 その戦いは、世界のためではなく、自分自身のためだったのかもしれない。 それでも、戦いの先に平穏な日々があると信じて彼らは戦い続けてきた。 しかし、滅びは人類が背負うべき運命だと少年は言う。 友人だと信じていた少年が、無情にも現実を突きつける。 季節は冬へ。その先にある春を迎えるため、 理が下す決断とは――。
1
無料
三食ごはん 漁村編3 1 農夫イ・ソジンが韓国の端の小さな島、得糧島(トゥクリャンド)で漁夫になる!船舶免許まで取得しキャプテンとなったソジニーの船は、新しいファミリーとともに三食ハウスへ無事到着することができるのか?几帳面な料理長エリックの時間はかかるがおいしい料理たち。そして、意欲も質問もパワーも爆発させる末っ子ユン・ギュンサン。豊かな海を抱く宝物のような島で再び始まった、魅力たっぷりのオーガニックライフ!
2
無料
三食ごはん 漁村編3 2 ここはカニがざくざくとれる島。漁師三兄弟は大漁を夢見て海に出る。初めて海釣りに挑戦するギュンサンが、釣りの先生エリックを質問攻めに。彼らの大漁の夢はかなうのか?料理の天才エリックと一緒なら食事に困ることはない。韓国料理、西洋料理、中国料理はもちろん、各種キムチまで何でも作る。一方、玉筍峰(オクスンボン)の奴隷生活を忘れてキャプテンソジニーはまた前借りをするが、三兄弟はこれで大丈夫?
3
三食ごはん 漁村編3 3 食材に恵まれた島、得糧島!貝だってざくざくとれる。ソジニーを働かせてエリックはボンゴレパスタを作る。口の中で広がる海の香りに魅了された3人は、激しい雨風にも負けず干潟へ。夜空の星のごとく干潟を彩る貝に、ギュンサンの目が輝く。量はたっぷり、味も最高。“エシェフ”特製の晩餐で、三食ハウスは毎日が誕生日パーティー。そしてソジニーが、かまどの前に立った。料理の天才エリックも感嘆したソジニーの料理とは...
4
三食ごはん 漁村編3 4 得糧島の沖にソジニー号が出帆!タコを取る仕掛けを沈めるが、浮きをつけるのにも一苦労。果たして、タコを取る夢はかなえられるのか?一方、釣りの天才にレベルアップしたギュンサンは、さおを振るうたびに当たりが来て、彼だけに許された豊漁は続く。プロ感覚で暴走するエリックの献立と、予想外のキャプテンソジニーの思惑で増えすぎたメニュー。寿司やゆで肉と香ばしいみそ味のククスを、彼らは今日のうちに食べられるのか...
5
三食ごはん 漁村編3 5 待ちに待ったタコの仕掛けを見に行く日。得糧島の神は、今回も三食ファミリーの晩餐をお許しになるだろうか?その後、風浪注意報が出たため、3人は初めて大きな船に乗る。再びオープンした得糧島の干潟ではタイラギが!食事のクオリティが上がり、キャプテンソジニーは今日もにっこり。ピリ辛の“海鮮煮”、深く濃い海の味“貝のわかめスープ”、そして長兄ソジニーが満足した“タイラギ包み”までがずらりと食卓に並ぶ。
6
三食ごはん 漁村編3 6 退屈する暇もなく次々と釣れるスズキで、ギュンサンのバケツはいっぱいに。漁師三兄弟の豪華なスズキパーティーを大公開。いつの間にか大きく育った白菜畑からの素晴らしい景色には、思わず感嘆の声が。野外で食べるラーメンは絶対においしい!更にエシェフは、もう長時間待たせないぞとばかりに、31分でカニのしょうゆ漬け作りに挑戦。ソジニーはギュンサンの猫たちと共寝を?ソジンとクンの切ない密談ストーリーも...
7
三食ごはん 漁村編3 7 動作はテキパキ、相性バッチリ。もう時間のかかるエリックではない。手早くなった分、おいしさもアップ。前回作ったカニのしょうゆ漬けと、真っ赤なカニの塩焼きのおいしさといったら...。毎日三食を用意して食べるのに忙しかった得糧島の三兄弟に、自由時間が与えられる。ところが彼らの動きが怪しい。額を寄せ合う3人は秘密めいた会話の末に、まさか島を脱出?漁師三兄弟は気分転換を図るが、海の向こうの町を見物できるのか?
8
三食ごはん 漁村編3 8 エリックが台所を出て向かった先は無人島?鯛を釣って兄弟に食べさせ、小遣いをもらうことまで夢に見るが...。一方、エリックのいない台所では、ソジニーが初めてのり巻きに挑戦する。台所に座り悲壮感を漂わせてのりを巻く、初心者ソジニーとギュンサン。こののり巻きは次男を笑顔にできるのか?雨でかまどが危機に陥っても続く華やかな料理ショーでは、エリック特製の“練り天スープ”が登場。そして3人の深い話で夜は更ける。
9
三食ごはん 漁村編3 9 日進月歩の漁師ライフ。朝は一度食べると病みつきになる“ナスごはん”!三食ハウスの庭で育てたナスと、肉のハーモニー。続いて得糧島の海の香りが漂う“アサリカルグクス”と、100%ハンドメイドのキムチを3種類。そして“中華あんかけ丼”と“ちゃんぽんスープ”も登場。さらに三兄弟はタコを取ることにする。しかし、簡単ではない漁師の道。果たしてイイダコとテナガダコを取ることができるのか?
10
三食ごはん 漁村編3 10 テナガダコとイイダコをつかまえた三兄弟。淡泊な味が逸品の“天然テナガダコのたたき”と、ピリ辛の“イイダコと三枚肉炒め”が出来上がる。さらに冬の海の贈り物カキをとろうと、明け方から働くエリックとギュンサン。カキ嫌いのソジニーもとりこになった、カキクッパの味とは?“ナスご飯”に続くエリックのおすすめメニューは、とろけるアボカドとはじけるとびっこの組み合わせ。クセになる味“カリフォルニア飯”を披露する。
11
三食ごはん 漁村編3 11 最後の晩餐に鯛を釣りたいエリックだったが、鯛は釣れずにイイダコばかり。イイダコは酢みそで!エリックは他の2人の手も借りて、酢豚と麻婆豆腐、ムール貝のスープを完成。その夜はソジニーの願いをかなえるべく、翌朝の豚クッパのためにスープの仕込みも。翌日は収穫した大根と白菜を、今までのお礼に島の人々へ渡す。最後に担々麺とミルフィーユ鍋を味わった3人は記念写真を撮り、ソジンが操縦する船で島を離れる。
12
無料
三食ごはん 漁村編3 12 最後のロケから3週間後、ギュンサンの家にソジンとエリックが来て三兄弟が集合。猫のモンやクンも大喜び。3人でパスタやステーキなどを作り食事を楽しむ。ソジンが船舶免許の試験を受けた時のようすやロケ前の食事など、未公開映像を振り返る。スズキの刺身、ギュンサンが大好きなタッカルビ、船上で食べたキス、わかめスープ、ゴマの葉キムチなど、思い出の食べ物の話題に花が咲く。そして最後に3人がもらったプレゼントとは?
第1話 ゼロからのスタート
無料
メジャー 第3シリーズ 第1話 ゼロからのスタート 海堂高校をやめた吾郎は、旧友・小森たちがいる三船高校の野球部に入るつもりだったが、夏の大会予選の三船高校の試合を見て考えを変え、他の高校の編入試験を目指すことにする。 そんな吾郎に、母・桃子は「勝手やった自分の学費は、自分でかせぎなさい」と厳しい。そこで編入が決まるまで、吾郎はアルバイトを始めるが…。
第2話 新しい仲間
メジャー 第3シリーズ 第2話 新しい仲間 通学中に突然、目の前に現れた吾郎から、聖秀高校に入って野球部を作ると聞いた清水は、嬉しさ半分、心配半分。クラスで吾郎に一目ぼれした中村は、「マネージャーになってあげる」と積極的にアタック。吾郎は男子生徒7人を野球部に誘うが、誰も野球に関心がない。そこへ「俺をエースで4番にしろ!」という藤井が現れ…。
第3話 父から子へ
メジャー 第3シリーズ 第3話 父から子へ 今シーズン負け続きの吾郎の父・茂野。気晴らしをして朝帰りも多いため、桃子も機嫌が悪い。吾郎は理事長に野球部設立をかけあうが、まず同好会として承認し、正式な部として認めるかは今後の活動次第だという。そのころ藤井は田代たちから、「神奈川には海堂高校があるから、吾郎の計画は不可能だ」と笑いとばされていた。
第4話 無謀な賭け
メジャー 第3シリーズ 第4話 無謀な賭け 野球部の顧問・山田のつてで、強豪・帝仁高校との練習試合が決まった吾郎たち。吾郎のボールは帝仁選手たちの度胆をぬき、バットに当てることもできない。だが、田代が「清水がキャッチャーで公式戦は戦えない」とクレームをつけた。そこで藤井がキャッチャーに名乗り出たが、吾郎の剛速球はどうにも捕れそうにない…。
第5話 俺たちのグラウンド
メジャー 第3シリーズ 第5話 俺たちのグラウンド 清水と藤井のプレーで、同点に追いついた聖秀。そこでまた、田代が清水と口論に。そのとき「もう無理にチームに入ってくれとは頼まない」と言い出す吾郎。「ではなぜ無謀な賭けをしたのか?」と顧問・山田が問うと、吾郎は自分の正直な思いをみんなに告げる。一方、吾郎の剛球を受けていた藤井の手には異変が起きていた…。
第6話 それぞれの選択
メジャー 第3シリーズ 第6話 それぞれの選択 グラウンドを完成させた吾郎たちの前に、突然、臨時コーチとして吾郎の父・茂野と横浜リトル監督・樫本が現れる。樫本が選手たちに有無を言わせずノックを始め、茂野は「やる気がないやつはやめろ」と言い放つ。それを聞いた藤井以外の6人は、グラウンドを去ってしまう。吾郎はそのあまりに無茶なやり方に抗議するが…。
第7話 突然の訪問者
メジャー 第3シリーズ 第7話 突然の訪問者 やる気を試した茂野のテストに、全員合格した聖秀の選手たち。翌年の春までに大会予選を勝ち抜けるチームにするため、茂野と樫本のコーチのもと、猛練習が始まった。そんなある日、グラウンドに見知らぬ少年が現れる。練習を見ていた少年に「草野球以下」だと言われて腹をたてる藤井。さらに少年は、吾郎に勝負を申し出る。
第8話 江頭の陰謀
メジャー 第3シリーズ 第8話 江頭の陰謀 顧問・山田が決めてきた練習試合の相手は、あの海堂高校の2軍!試合前、海堂2軍監督・静香から「指揮をとる江頭の企みに気をつけろ」と警告される吾郎。相手ピッチャーは、昨年の海堂1軍エース・榎本の弟だ。1回裏、吾郎はいきなり海堂打線から連打をあびる。内山や藤井のエラーも出て、聖秀は早くもピンチになるが…。
第9話 エース不在
メジャー 第3シリーズ 第9話 エース不在 海堂2軍との練習試合中のクロスプレーで足にケガをした吾郎。医師の診断結果は厳しいもので、全治3か月、夏の大会予選出場は絶望だという。吾郎のお見舞いに現れ、うわべは「お気の毒に」と言う江頭に対し、吾郎は自分の決意をキッパリと宣言する。また、ひとりで病院に向かった中村は、そこであるものを目にする。
第10話 伝染する闘志
メジャー 第3シリーズ 第10話 伝染する闘志 夏の大会予選の組み合わせが決定した。1回戦の対戦相手は強いとはいえない陽花。吾郎を温存しても勝てそうだと喜ぶ聖秀ナイン。そこに吾郎が現れ、一見、完全に回復したような速球を見せるが、顧問の山田は、1回戦の先発は大河にすると告げる。試合当日、くさっている吾郎を藤井たち無理矢理球場へ連れて行くが…。
第11話 手負いのエース
メジャー 第3シリーズ 第11話 手負いのエース 予選1回戦。やる気のない大河の代打に出た吾郎、「自分をベンチに下げ、あと2回誰が投げるのか?」とふてくされる大河に、自分が投げると言う。負傷中にまともなピッチングができるのか疑う大河に、「できるかできないかじゃない。やるかやらないかのどちらかだ」と断言する吾郎。だが、相手は吾郎の状態を見抜き…。
第12話 三船戦開始!
メジャー 第3シリーズ 第12話 三船戦開始! 陽花戦が終わったあと「これ以上無理を続ければ選手生命は保障できない」と医師から警告された吾郎。顧問・山田が、茂野にも「試合に出さないでほしい」と頼まれたことを伝えると、吾郎は「わかった」と素直に引き下がった。しかし、2回戦の三船高校戦の日の朝、大河が球場に向かう途中、待っていた吾郎が言った言葉は…!
第13話 白熱!三船戦
メジャー 第3シリーズ 第13話 白熱!三船戦 三船戦、4回裏。三船高校は積極的に攻撃に出て、セーフティバントにヒットエンドラン、小森の犠牲フライで手堅く1点を先取する。さらに山根の一打を浴び、大河はまた集中力が切れてしまう。5回表の聖秀の攻撃。先頭バッターの宮崎が粘った末、フォアボールで出塁。ツーアウト1、2塁になったところで打席には大河が…。
第14話 意地vs意地
メジャー 第3シリーズ 第14話 意地vs意地 三船戦、6回裏、ノーアウトで2塁に小森。次の山根は意表をつくプッシュバント。さらに2塁へ向かった山根を見て、後を追いかけた藤井は山根をタッチアウトにとる。得意げな藤井、だが次の瞬間、ぼう然となる…。致命的な4点目を取られた聖秀は、8回表の上位打線に望みをかける。ツーアウト3塁で打席は藤井が立つが…。