「さくら 小狼 アニメ」の検索結果

「さくら 小狼 アニメ」に関する情報は見つかりませんでした。
「さくら アニメ」に関する情報を表示しています。

今すぐ視聴する

第参話 宿敵!?サスケとサクラ
NARUTO -ナルト- 第参話 宿敵!?サスケとサクラ 「下忍(げにん)」として晴れて忍者となったナルトは、「三人一組(スリーマンセル)」の班を組むことに。ナルトと同じ班になったのは、春野サクラとうちはサスケ。ナルトはサクラにゾッコンだったが、肝心のサクラはサスケに夢中だ。しかもサスケはナルトと違い、見た目だけでなく実力もピカイチのエリート。おもしろくないナルトは、サスケにひとあわふかせようと、ある陰謀を企む。
第十一話 世界にひとつだけの SAGA
ゾンビランドサガ 第十一話 世界にひとつだけの SAGA やりおった。《さくら》が事故りおった。 どうやら生前の記憶が戻っているらしい。 あいつ、元の性格がめちゃくちゃだ。 (※中略) 他のじっぱかゾンビィ達は《さくら》を元に戻そうとしているようだが…… (※中略) とりあえず、明日が欲しいので今日は寝る。 追記:寝付けない。コーヒーを飲み過ぎたか。                        ―――――《巽幸太郎》の日記より
第二百四十五話 生と死の三分間
NARUTO-ナルト- 疾風伝 第二百四十五話 生と死の三分間 隠し玉の解毒薬にて三代目風影を破壊したサクラ。驚愕のチヨバアにサクラは解毒薬の説明をする。解毒効果が持続する時間は約三分。チヨバアとサクラは何としても制限時間内にサソリを倒そうと決意する。ここにきてサクラの実力を認めざるをえないサソリは、遂に奥の手のカラクリを披露。
第二百四十三話 「父」と「母」
NARUTO-ナルト- 疾風伝 第二百四十三話 「父」と「母」 チャクラを磁力に変えるという特殊能力を持つ三代目風影の人傀儡を前に、不利と読むチヨバアはサクラに退避を促す。だがときすでに遅くサソリの猛攻撃が開始。サクラを庇いつつ戦うチヨバアだが、瞬く間に「父」と「母」を砂鉄で封じられ、傀儡を失ってしまった。絶体絶命の窮地の中で、サクラはひとつの決断をする。
第二百四十二話 チヨの奥の手
NARUTO-ナルト- 疾風伝 第二百四十二話 チヨの奥の手 「自らが傷ついても必ずサソリを捕まえ、大蛇丸の事を吐かせる」と宣言するサクラの猛々しい覚悟はチヨバアの心に大きく響く。サソリの攻撃にさらされるサクラを守るため、チヨバアはこの戦いのためにだけ持ち出した、因縁の傀儡を口寄せする。
第6話 『型月連続テレビ小説 さくら』
カーニバル・ファンタズム 第6話 『型月連続テレビ小説 さくら』 薄幸の美少女さくら。彼女は兄慎二からの理不尽な暴力に健気に耐え続ける毎日を送っていた。そんなさくらを影ながら見守る人物、ライダー。彼女はさくらを不幸の境遇から救い出すことが出来るのだろうか・・・。
第十一話 英雄のいた国
NARUTO -ナルト- 第十一話 英雄のいた国 タズナと街に出かけたサクラは、海運を牛耳るガトーにこの国が支配されていることを知る。だからこそタズナは海をこえる橋を建設することに命を懸けているのだ。一方ナルトとサスケは、チャクラを使った木登りの修業に励んでいた。ボロボロになって帰ってきたふたりに、タズナの孫・イナリの態度は冷ややかで……。
第十三話 白の秘術・魔鏡氷晶
NARUTO -ナルト- 第十三話 白の秘術・魔鏡氷晶 完成間近の橋に向かうタズナの護衛をしていたカカシ、サスケ、サクラの前に、再不斬と先日の仮面の少年・白(ハク)が再び現れた。サスケと白の戦闘が始まる。その頃、ガトーの部下がタズナの家を襲撃。連れ去られる母親を前に、ただ怯えるだけのイナリだったがナルトの言葉を思い出し、勇気を振り絞って立ち向かう!
第二百三十一話 医療忍者の弟子
NARUTO-ナルト- 疾風伝 第二百三十一話 医療忍者の弟子 危篤状態のカンクロウに完璧な処置を施していくサクラ。初めこそ仇敵である木ノ葉に不信感を募らせていたチヨバアだが、砂の危機に直弟子を遣わす綱手の心遣いとサクラの懸命な治療に心を打たれ、時代の変化を知るのだった。一命を取り留めたカンクロウは“暁”の手掛かりを提供。早速カカシは忍犬による追跡を開始する。
第二百四十四話 三代目風影
NARUTO-ナルト- 疾風伝 第二百四十四話 三代目風影 三代目風影の砂鉄攻撃を怪力で押し返すサクラ。短時間の戦闘にもかかわらず、早くもサソリの攻撃パターンを見切り始めていた。このままでは時間を食うと判断したサソリは、チャクラ消費を覚悟で広域で標的を捉える「砂鉄界法」を繰り出す。空間を覆いつくす絶対不可避の攻撃は、遂にサクラに毒を伴う手傷を負わせ……!?
第二百四十七話 叶わぬ夢
NARUTO-ナルト- 疾風伝 第二百四十七話 叶わぬ夢 身を挺して自分の危機を救ったサクラの為、同じく毒に侵されたチヨバアは迷わず最後の解毒薬を使った。互いを思いやるくノ一達の行動をせせら笑うサソリがチヨバアにとどめを刺そうとした瞬間、チヨバアの最後の反撃がついにサソリを打ち倒す。しかし毒刃を急所に受けたサクラは瀕死の状態だった。
第十二話 グッドモーニング アゲイン SAGA
ゾンビランドサガ 第十二話 グッドモーニング アゲイン SAGA 【第12話】 《さくら》の記憶が戻らない。 まったく「持っとらん」「持っとらん」とうらめしかやつだ。 だが、ここで諦める巽幸太郎ではない。 自分を信じろ。 俺は必ずアルピノのステージに『フランシュシュ』を立たせる。 そこからがプロジェクトの本当の始まり。 『ゾンビィランドサガ・プロジェクト』の始まりなのだ。                        ―――――《巽幸太郎》の日記より
第33話 モッコリ契約成立! リョウと不良娘の珍道中(前編)
シティーハンター2 第33話 モッコリ契約成立! リョウと不良娘の珍道中(前編) 婚約者・森村の妹、さくらを探して連れ戻して欲しいという依頼人・ひろみ。リョウは不良集団パイレーツのアジトに乗り込み、さくらを連れ出す。パイレーツの追撃をかわして逃げるリョウたち。だが、さくらが兄・森村が作って持ち出した偽ドル札の原版を持っていたため、香港マフィアにも追われる羽目に。しかもマフィアに追跡を依頼されたのは海坊主で……。
第34話 モッコリ契約成立! リョウと不良娘の珍道中(後編)
シティーハンター2 第34話 モッコリ契約成立! リョウと不良娘の珍道中(後編) 海坊主に捕まったリョウとさくらは、マフィアの幹部・江上の元へ連れて行かれる。だが、マフィアの一味を倒してさくらとともに難なく脱出するリョウ。さらに海坊主にも訣別され怒った江上たちはひろみを誘拐。助けようとしたさくらも、偽札の原版と共に彼らの手に落ちてしまう。リョウと海坊主は一転して手を組み、マフィアのアジトへと乗り込んで行くが……。
第二百二十二話 暁、始動
NARUTO-ナルト- 疾風伝 第二百二十二話 暁、始動 再びカカシの元につく事になったナルトだが、修業の成果を見せる為にサクラとタッグを組み、かつて行ったサバイバル演習でカカシに挑む事になる。一方、砂隠れの里では風影となった我愛羅の近くで不審な動きがおこる。遂に“暁”のメンバーが砂に降り立ったのだ。
第二百三十五話 隠し玉 名付けて…!
NARUTO-ナルト- 疾風伝 第二百三十五話 隠し玉 名付けて…! 窮地に陥るナルトを救ったのは、チヨとサクラだった。すかさず反撃に転じるカカシ。遂にナルトと協力してイタチを仕留めるのだった。一方、鬼鮫相手に苦戦を強いられていたガイだが、大技『朝孔雀』にて鬼鮫を撃破。無事因縁の敵を倒した筈の木ノ葉勢だったが……!?
第二百五十一話 継がれゆくもの
NARUTO-ナルト- 疾風伝 第二百五十一話 継がれゆくもの ナルトの力を借り、我愛羅に転生忍術を施すチヨバア。術の代償を知るサクラは涙をにじませるが、チヨバアはしっかりとした言葉で若き忍達に未来を託す。やがて目覚めた我愛羅が目にしたのはナルト達の他、我愛羅を慕い駆けつけた多くの砂忍たちの姿だった。
第二話 I♡HIPHOP SAGA
ゾンビランドサガ 第二話 I♡HIPHOP SAGA ただのゾンビィだったメンバー全員が自我に目覚め、《さくら》も安心したようだ。 ようやくここからアイドルグループとしての活動を始められる。 まずは、あいつらにゾンビィバレをした時の恐怖を叩きこまなければ。 グループ名も『デス娘(仮)』だと方向性が偏りそうなので、今変えてしまおう。 思い付かないので、今度にしよう。 あとは、アイドルグループにふさわしい初舞台の用意だ。 何か良いイベントはないものか。                        ―――――《巽幸太郎》の日記より
第三話 DEAD OR LIVE SAGA
ゾンビランドサガ 第三話 DEAD OR LIVE SAGA 佐賀城でのイベントも想定通りに盛り上がった。 《さくら》と《サキ》の爆発力もなかなかだったが、盛り上げに徹した《ゆうぎり》と《リリィ》もさすがに肝が据わっている。《たえ》はあれでいい。 が、どうも全体的にアイドルっぽさが足りないので、強引にアイドルっぽい感じのやつをやらせるとしよう。 経験者の《愛》と《純子》が引っ張れば、全く問題ないはずだ。 ワンフォーゾンビィ! オールフォーゾンビィ!                        ―――――《巽幸太郎》の日記より
第二百二十三話 修業の成果
NARUTO-ナルト- 疾風伝 第二百二十三話 修業の成果 白熱するナルト達のサバイバル演習。術の連係にキレを増したナルトに、戦闘に不向きと思われていたサクラも、綱手直伝の技を駆使してカカシを追い込んでいく。その頃、砂隠れの里では我愛羅を狙う“暁”のデイダラが極秘潜入工作を開始していた。数々の警備を突破していくデイダラ。潜入成功かと思われたそのとき……。
第二百二十四話 砂の人柱力
NARUTO-ナルト- 疾風伝 第二百二十四話 砂の人柱力 いち早くデイダラの存在に気付いた我愛羅によって開かれる戦端。巨鳥に乗るデイダラと砂に乗る我愛羅の空中戦が展開される。一方、木ノ葉ではナルト達のサバイバル演習が続いていた。夜明けというタイムリミットに追われ、焦るナルトとサクラ。膠着する戦況に二人は、いちかばちかのある作戦に出る。
第二百二十五話 風影として…!
NARUTO-ナルト- 疾風伝 第二百二十五話 風影として…! カカシとの勝負に勝ち、自分達の成長を証明してみせたナルトとサクラはカカシ班に配属される。一方、砂の里では我愛羅とデイダラの激しい戦闘が続いていた。戦況を見守るバキは万一、守鶴が発現した場合を考え警戒するが、カンクロウはその可能性を否定する。カンクロウは弟である我愛羅の強い決意を知っていたのだ。
第二百三十六話 人柱力の秘密
NARUTO-ナルト- 疾風伝 第二百三十六話 人柱力の秘密 倒された鬼鮫とイタチは「象転の術」によって姿と能力を模されたまったくの別人だった。これを時間稼ぎと読むチヨバアとカカシは、既に“暁”は我愛羅から尾獣を引き剥がしにかかっていると推測し、焦りをにじませる。状況が把握できないサクラとナルトに「尾獣」とそれを宿す「人柱力」の関係について語り始めるチヨバア。
第二百三十九話 罠作動!ガイ班の敵
NARUTO-ナルト- 疾風伝 第二百三十九話 罠作動!ガイ班の敵 結界解除の際のトラップにより、おのれの写し身との戦いを余儀なくされるガイ班。各自の能力をもコピーする精巧な偽物に思わぬ足止めを食わされる。一方、我愛羅を攫ってアジトを飛び出すデイダラを怒りに任せて追うナルト。必然、後を追わざるを得ないカカシは残るチヨバアとサクラに「無茶をするな」と言い残すが……。
第二百四十話 ヒルコVS二人の女忍者
NARUTO-ナルト- 疾風伝 第二百四十話 ヒルコVS二人の女忍者 遂に対決の時を迎える祖母と孫。あらわになったサソリ異形におののくサクラに、チヨバアは攻防一体の傀儡「ヒルコ」の説明をする。中にいるサソリ本体を倒すにはまずヒルコを破壊せねばならない。しかしヒルコの持つ毒は猛毒で、かすり傷でさえ致命傷になる。明らかになる窮地に、二人が取った秘策とは……?
第二百四十一話 サソリの素顔
NARUTO-ナルト- 疾風伝 第二百四十一話 サソリの素顔 ヒルコからサソリを引きずり出す事に成功したチヨバアとサクラ。しかし驚いた事にサソリは二十年前と変わらぬ風貌をしていた。絶句するチヨバアだが、次いでサソリが引き出した第二の傀儡の姿に更に驚嘆する。それは歴代最強と謳われた、三代目風影の人傀儡だった。
第二百四十六話 十機VS百機
NARUTO-ナルト- 疾風伝 第二百四十六話 十機VS百機 なんとか制限時間内に倒したものの、傀儡であるサソリは再び蘇ってしまう。この戦いを幕引きとする為、チヨバアは己で禁じていたカラクリ「白秘儀・十機近松の集」を口寄せ、対するサソリは「赤秘儀・百機の操演」の構えに入る。解毒剤が切れたサクラも加わり、両勢力は終劇に向けた最後の戦いに突入する。
第二百五十話 瞬間の美学
NARUTO-ナルト- 疾風伝 第二百五十話 瞬間の美学 怒りに己を失い九尾に支配されゆくナルト。自来也の忠告を受けていたカカシは、すんでのところで九尾の暴走を抑える。サクラ達が合流したことでサソリの敗北を知るデイダラだが、時を同じくして駆けつけたガイ班に退路を塞がれる。デイダラは最後の手段として、木ノ葉勢を巻き込んだ自爆を図るのだった。
第壱話 参上!うずまきナルト
NARUTO -ナルト- 第壱話 参上!うずまきナルト 「火の国」にある「木ノ葉隠れの里」は、忍者たちが住む隠れ里と呼ばれる場所。忍者学校(アカデミー)の落ちこぼれ・うずまきナルトは、今日もイタズラばかり。そして、またしても卒業試験に落第してしまう。そんなある日、初代火影が残した「封印の書」が盗まれるという事件が発生した。その犯人はナルトだったが……。
第五話 失格?カカシの結論
NARUTO -ナルト- 第五話 失格?カカシの結論 カカシによって与えられた試練に苦戦するナルトたち。上忍であるカカシの真の実力の前に、天と地ほどの差を感じ、なす術がない三人。このままでは全員アカデミーに逆もどりになってしまう。焦り始めるナルトたちだったが、実はカカシはこの試練の中で、ある重要なことを三人に教えようとしていた……。