「しほみん」の検索結果

「しほみん」に関する情報は見つかりませんでした。
「しほ」に関する情報を表示しています。

今すぐ視聴する

宝の山 2.0 #13
無料
宝の山 2.0 宝の山 2.0 #13 強風の影響で河口湖を断念し、ホームである北浦をフィッシング!!準レギュラーになりつつある、いつもの怪魚も釣れて、そしてビッグバスも!!なんとその大きさは!?
オレゴン ホワイトアウト
秘境アドベンチャー オレゴン ホワイトアウト マットとダニーとブレイクは体力的にも精神的にも、今までで最も過酷な冒険に出る。舞台はオレゴンのスティーンズ山。なんと冬の嵐が直撃。生きるか死ぬかの状況の中、3人の耐久力と友情が試される。
リオ・ラ・ヴェンタ峡谷からの脱出
秘境アドベンチャー リオ・ラ・ヴェンタ峡谷からの脱出 マットとダニーとブレイクはメキシコへ。やって来たのはリオ・ラ・ヴェンタ峡谷。3人は150メートルもの深さの穴を降りていく。そこには見たことのないミステリアスで美しい光景が...。
アイダホ 戻れぬ川
秘境アドベンチャー アイダホ 戻れぬ川 マットとダニーとブレイクがやって来たのはアイダホの大自然。およそ120キロの大冒険が始まる。標高が高い雪山からスタートし、サーモン川へ。ここは別名の“戻ることができない川”から分かるように、かなり危険な急流だ。“戻ることができない川”から無事に生還することはできるのか。
アリゾナ 逃げ場なし!
秘境アドベンチャー アリゾナ 逃げ場なし! マットとダニーとブレイクはアリゾナでおよそ200キロの大冒険をする。ここは強風が吹き荒れる極寒の地。見渡す限りの砂漠は美しいが、幅の狭い危険な渓谷が待ち構えている。最も注意しなければならないのは低体温症。3人はギブアップせずにこの危険な冒険を終わらせることはできるのか。
#77:めちゃイケ"油谷"から20年!新作キャラ"氷谷"登場
極楽とんぼKAKERUTV #77:めちゃイケ"油谷"から20年!新作キャラ"氷谷"登場 【今週のKAKERUTVとは?】 ハニートラッパーズ企画第6弾!美女4人が芸能人にハニートラップ「このあとあなたとキスします〜バレンタイン特別編」! 極楽とんぼ山本圭壱が大好き、そして「キスがしたい!」という4人の女性が登場します! ただし、ホントに好きなのは「1人」だけ!残りの3人は「告白させたら10万円もらえる」というニセモノ。 ニセファンの「ハニートラッパーズ」がゲストの方を騙せるか、それとも山本さんが嘘を見破れるのか!?
第90話 房総ビーチバレー
テニスの王子様 第90話 房総ビーチバレー トレーニングをかねて千葉の海へ出かけた青学の面々。しかしホテルの宿泊券を落としてしまい、海の家で手伝いをすることに。そこで、思わぬ人物と再会するのだが…。
第11話
太王四神記 第11話 ホゲや重臣たちはタムドクの罪をカウリ剣で裁くよう大神官に要請する。カウリ剣とは、心臓に刺すと罪のある者は命を奪われ、罪なき者は死なずにすむというものであった。周囲の心配をよそに、タムドクは自らカウリ剣を受け入れると言いだし、ホゲがカウリ剣を刺そうとしたが...。
第1話
松本清張 黒革の手帖 第1話 東林銀行に勤める原口元子(米倉涼子)は、今日も営業用の笑顔で窓口に座っていた。その一方で、銀行の架空名義口座から大金を横領しつつ、架空名義預金者たちのリストを愛用の黒革の手帖に記していた。横領金が1億2千万円に達したとき、支店次長の村井(渡辺いっけい)らが元子の横領に気づく。それを知った元子は、そのまま銀行の外へ飛び出した。追いかけてくる村井をかわし、ほかの銀行に預けていた横領金をすべて引き出すことに成功した元子は、その夜、銀座の一流クラブ『燭台』で、きらびやかなドレスを身にまとい、ママの叡子(山本陽子)と共に客を見送っていた。必死で返済を求める村井らに、元子は黒革の手帖のリストを読み上げる。
第1話 スーパールーキー
無料
メジャー 第6シリーズ 第1話 スーパールーキー ワールドベースボールカップの興奮も冷めやらぬ中、代表選手たちはそれぞれメジャーの開幕に向けて動き出した。 野球への情熱を取り戻しホーネッツのキャンプに合流した吾郎は、日本のマスコミの取材攻勢にあう。 歓迎や慰めのことばにいらつきながらも、吾郎はホーネッツのエキシビション(オープン戦)に登板する。
第29話
笑って、トンヘ 第29話 ヘソクは、自分を救ってくれたトンヘにホテルの厨房での仕事を与える。放送局主催の料理コンテストにセワはMCとして参加を希望し、ホテルで働くことになったトンヘにも参加資格が与えられた。
第135話
笑って、トンヘ 第135話 カメリアキムチ担当になったトンヘは、キムチのレシピを公開することを提案する。一方、ソヌはドジンに手を貸し、ホテルを取り戻すシナリオを作成する。一方、会長はホテルの関係者へトンヘを紹介する。
第12話 やさしい右腕
BLEACH 第12話 やさしい右腕 死神を憎む最後の滅却師(クインシー)・石田雨竜(いしだ うりゅう)が、一護に勝負を持ちかけてくる。それは、『撒き餌を使ってホロウを街におびき寄せ、どちらがより多くのホロウを倒せるか』という最悪の方法だった。拒否する一護の意向を無視して勝負を開始する石田。空座町に次々とホロウが集まってくる。ホロウは霊力の高い人間から襲う習性がある。家族の身を案じて走り出す一護。しかし、ホロウに狙われているのは夏梨たちだけではなかった。
第131話
笑って、トンヘ 第131話 ドジンは、セワに対し、ホテルの後継者である自分を選んだのならもう自分に用はないはずだと言い放ち、立ち去る。その様子を陰から見ていた者がいて...。ホテルの昼食会で使う食材に不備があり困り果てていたところにトンヘが現れ...。
第14話 「イヴの窓辺とそれぞれの灯り」
さくら荘のペットな彼女 第14話 「イヴの窓辺とそれぞれの灯り」 太の部屋の前にバームクーヘンを黙って置き続けるましろ。そんなましろにイライラし、ほとんど話をしない空太。そんな空太とクリスマスイヴの夜に芝居を見に行く事を友人にデートと指摘され、途端に緊張して当日の服装に思い悩む七海。さくら荘を出て大阪の芸術大学に入るために図書館で受験勉強をする仁。その仁にイブの夜、告白をすると決意しそのことに緊張する美咲。それぞれの想いを抱え、クリスマスを迎える…。
第3話 君に触れる
同居人はひざ、時々、頭のうえ。 第3話 君に触れる 素晴と担当編集・河瀬は朏家で打ち合わせをすることになった。猫好きの河瀬はハルに初めて出会い、追い掛け回したりと興奮が収まらない。一方ハルはこの頃、何もない方をジッと見つめたり、急にジャンプしたりと意味不明な行動ばかり……。おまけに、長い間立ち入っていなかった素晴の両親の部屋を荒らし、ホコリまみれになる始末……。ウンザリする素晴であったが、その部屋の中から“アルバム”を見つける。
五ノ怪 虎入(こい)
不機嫌なモノノケ庵 續 五ノ怪 虎入(こい) 泥棒の濡れ衣を着せられたモジャが、立法、行政と並ぶ隠世のトップスリー、司法(しほう)の邸“白洲獄(しらすごく)”に連行されてしまった。モジャの無実を訴えるため、安倍とともに隠世にやってきた芦屋は、対面した司法の思いがけない正体に驚く。一方で安倍は、今回の件に別の妖怪が関与していることを見抜いていた。それはもうひとりのトップスリー、行政。人間嫌いの行政は、隠世と縁の深い物怪庵に、人間の奉公人(アルバイト)がいることに強い不快感を抱いていた。そして、行政の策略により、芦屋と行政が対峙してしまう……。
第1話 Roughsketch<素描>
無料
Another 第1話 Roughsketch<素描> 父の仕事の都合で、夜見山市の祖父母宅へ引っ越してきた榊原恒一。こちらへ来て早々、気胸を患い入院した恒一は、1か月遅れで夜見山北中学校3年3組に転入した。教室で目に止まったのは、眼帯をした美少女・見崎鳴。偶然にも病院で彼女と出会っていた恒一は、その不思議な存在感が気にかかる。だが、親しく接してくれるクラスメイトの中に、彼女について触れる者は誰もいなかった……。
第2話 Blueprint<思惑>
Another 第2話 Blueprint<思惑> 鳴が気になる恒一は、姿を見かけては自分から声をかけていた。だが、恒一の質問に鳴が答えることはなく、ただ「気をつけたほうがいいよ」と、忠告ともとれる言葉を口にするだけだった。クラスメイトの勅使河原や望月は、そんな恒一の様子に戸惑いを隠せない。それでも鳴のことを知ろうとする恒一は、放課後に彼女のあとを追いかける。夕暮れの住宅街で、たどり着いた先にあったのは……。
第3話 Bonework<骨組>
Another 第3話 Bonework<骨組> 古びた人形だらけの工房で、鳴と出会った恒一。鳴は恒一に26年前の3年3組に起きた、ある出来事を語る。それは、一人の生徒の死にまつわる不思議な話だった。恒一は勅使河原や桜木たちにもその話について尋ねるが、誰もが困ったような表情を見せ、口を固く閉ざしてしまう。そんな時、恒一は亡くなった母親が「26年前の3年3組」の一員だったことを叔母の怜子から聞かされる……。
第4話 Putflesh<輪郭>
Another 第4話 Putflesh<輪郭> ある生徒の突然の、理不尽な事故死により「3組の呪い」の噂は一気に信憑性を増した。恒一は鳴という不思議な存在と26年前の話が、一連の出来事と繋がっているように思えてならなかった。工房で再び出会った鳴は、そんな学校の変化に気づいていたが、相変わらず恒一に詳しいことを話そうとはしない。3年3組には怯えたような空気が満ち、対策係の赤沢も頭を悩ませるが……。
第5話 Buildlimbs<拡散>
Another 第5話 Buildlimbs<拡散> 恒一が親しくしていた看護師の水野に起きた悲惨な事故。それ以来、3年3組の緊張感はさらに高まり、恒一が知らぬ間に赤沢が女子の新しいクラス委員長に決まっていた。自分がいない場でクラスメイトたちが何かを話し合っている。それを知っても理由を教えてもらえるわけもなく、恒一は途方に暮れる。クラスの方針にあまり賛成できずにいた高林は、そんな恒一の疑問に答えようとするが……。
第6話 Facetoface<二人>
Another 第6話 Facetoface<二人> 26年前から続く“災厄”から逃れるため、代々の3年3組では、ある“おまじない”が行われていた。転校してきてから恒一がクラスの雰囲気に感じていた違和感も、すべてそれが理由だった。その“おまじない”に理不尽さを感じながらも、恒一は現状を受け入れ、鳴と行動を共にするようになる。そして、これまで夜見山北中学校で起きてきたことを、図書室で自分なりに調べ始めるが……。
第7話 Spherejoint<変調>
Another 第7話 Spherejoint<変調> 3年3組の教室におびただしい血が流れ、すでに始まってしまった“災厄”は止められないのだと誰もが悟った。“おまじない”は取りやめになり、赤沢たちは「“災厄”をもたらす“死者”は誰なのか…?」という疑問を抱く。そんな時、恒一は15年前の“災厄”だけが途中で止まっていたことを知る。司書の千曳によると、その年の夏休みにはクラス合宿が行われ、夜見山神社をお参りしたらしいが……。
第8話 Hairstand<紺碧>
Another 第8話 Hairstand<紺碧> 災厄が止まった手がかりを知る松永は、怜子と同じく15年前の3年3組の生徒だった。恒一は赤沢や勅使河原たちと共に、怜子の車で彼が働いている隣町のリゾートホテルへ向かう。留守だった松永を待つ間、一行はせっかくだからと海で遊ぶことに。そこで偶然にも、家族と別荘へ来ていた鳴と出会う。夜見山市を出て、緊張感から解放された恒一たちは、束の間の楽しい時間を過ごすが……。
第9話 Bodypaint<連鎖>
Another 第9話 Bodypaint<連鎖> 夜見山市の外で起きた思いがけない事故に、周囲の不安は一層募る。事故の直後、松永が何かを思い出したかのようにつぶやいた「教室」という言葉を手がかりに、恒一は15年前の3年3組があった旧校舎を調べることにする。これ以上、犠牲者を増やさないことを考え、協力を求めるのは勅使河原と望月だけにした。そこへ3人の行動に気づいた鳴も加わり、旧校舎の探検が始まるが……。
第10話 Glasseye<漆黒>
Another 第10話 Glasseye<漆黒> 恒一たちは旧校舎で松永が残したテープを見つけたが、犠牲者はさらに増えてしまった。成す術がないままクラス合宿が始まり、3年3組の生徒たちは副担任の三神と千曳に引率され、宿泊先となる咲谷記念館へやってくる。落ち着いたところで恒一、鳴、勅使河原は望月の部屋に集まり、松永のテープに録音された核心部分を聞く。そこには“災厄”を止めることができた、ある方法が語られていた……。
第11話 Makeup<惨劇>
Another 第11話 Makeup<惨劇> 鳴を“死者”と疑い、憎しみの目を向ける杉浦と、階下に転落していった風見。恒一たちは二人の姿を見失ってしまう。その上、合宿所食堂で火の手が上がり、望月が保管していたテープが奪われた。窮地に陥った勅使河原たちは危機を報せに館内を周りはじめる。一方で赤沢は、再会した杉浦の奇妙な変化に苦渋の表情を浮かべる。それぞれの疑心暗鬼が渦巻く合宿所で、呪われた一夜が幕を開ける……!
第12話 Standbyoneself<死者>
Another 第12話 Standbyoneself<死者> 鳴を“死者”だと疑い、憎しみの目で追い込んでいく赤沢。恒一は鳴をかばおうとするが、二人の姿を見失ってしまう。すでに合宿所はあちこちから火の手が上がり、収拾がつかない事態になっていた。窮地に陥った勅使河原と望月は駆けつけた千曳に助けられるが、恒一は行く先々で見つけた犠牲者を救えず、苦渋の表情を浮かべる。そして、なおも鳴に襲いかかる赤沢を必死で止めようとするが……!?
第8話 プラウダ戦です!
ガールズ&パンツァー 第8話 プラウダ戦です! プラウダ高校のカチューシャと聖グロリアーナ女学院のダージリンがお茶の時間を楽しんでいた。カチューシャは、ダージリンから大洗女子の隊長が、西住流の娘であると知って驚く。一方西住の家では、母しほが、戦車道を再び始めたみほの勝手な行動に怒っていた。準決勝出場を前に盛り上がる大洗女子の生徒たち。そんな中、みほは生徒会のメンバーに呼び出される。みほを待っていたのは、あんこう鍋だった。生徒会の狙いは…。