「たいま おすすめ」の検索結果

今すぐ視聴する

第十二章 『洗礼式と神の楽園』
本好きの下剋上 司書になるためには手段を選んでいられません 第十二章 『洗礼式と神の楽園』 それぞれの進む道が決まったマインとルッツ。そして、二人の洗礼式の日がやってきた。初めて神殿に入ったマインは、神殿長が読む聖典に目を奪われる。その洗礼式の最中、ひょんなことからマインは神殿の中で迷子になり、偶然、図書室を見つける。転生してからはじめて目にする図書室に感激するマイン。しかし、中に入ろうとしても入れない。図書室には神殿関係者しか入れないのだ。その話を聞いたマインは……。
第十三章 『巫女見習いという選択肢』
本好きの下剋上 司書になるためには手段を選んでいられません 第十三章 『巫女見習いという選択肢』 神殿の巫女見習いになりたいと言うマインに、激怒するギュンター。神官や巫女見習いは孤児がなるもの。しかも神殿に住み込みで、きつい仕事をしなければならないらしい。マインは、巫女見習いになるのを諦めることにする。そして再び神殿へやって来たマインは、神殿長と神官長のフェルディナンドに、巫女見習いの話を断ろうとするが……。そこで思わぬことが起こってしまう。
第十五章 『神殿の巫女見習い』
本好きの下剋上 司書になるためには手段を選んでいられません 第十五章 『神殿の巫女見習い』 いよいよ神殿の巫女見習いになることになったマイン。神殿に入るまでの間、これまでのことをベンノに報告したり、カトルカールの試食会をしたりと、慌ただしく過ごす。そして、マインが神殿へ行く日がやって来た。フェルディナンドによって誓いの儀式が行われ、青色巫女見習いとして認められるマイン。そして、これからマインの身辺の世話をするという側仕えたちを紹介されるのだが……。
第十六章 『青い衣と異なる常識』
本好きの下剋上 司書になるためには手段を選んでいられません 第十六章 『青い衣と異なる常識』 神殿での生活が始まった。新しい仕事を覚えていくマインだが、側仕えたちはマインに反抗的な態度を取る。中でもフェルディナンドの側仕えだったフランは、貴族らしさの欠片もないマインに仕えることに不満を持っていた。一方、マインも側仕えが信用できず、ちっとも神殿に馴染もうとしない。そんな中、寄付金を納めることになったマインはベンノを伴い神官長の元へと赴くことになった。
第十七章 『与えるべきもの』
本好きの下剋上 司書になるためには手段を選んでいられません 第十七章 『与えるべきもの』 フランの信頼を勝ち取ったマイン。しかし、ギルとデリアはまだマインを主と認めない。「与えるべきもの」を与えていないからだ。神殿では主が側仕えの衣食住を保証するのだ。 マインは、麗乃時代とも下町とも異なる神殿での常識に戸惑いながらもギルに食事を与えるためにはどうすれば良いかを考える。一方、自分たちに歩み寄ろうとするマインの姿に、ギルとデリアの心も揺れて……。
第十八章 『孤児院の大改革』
本好きの下剋上 司書になるためには手段を選んでいられません 第十八章 『孤児院の大改革』 孤児院に案内してもらったマインは、飢えた幼い子供たちを見てショックで倒れてしまう。 なんとか子供たちを救えないかとフェルディナンドに相談するが、孤児たちに対して責任を負えるのかと問われ、答えることが出来ない。しかし、飢えた子供たちの姿が頭から離れないマイン。大好きな読書も手につかなくなってしまう。そんな中、ルッツの一言からマインは孤児を救う方法があるかもしれない、と希望を見出す。
第十九章 『大掃除と星祭り』
本好きの下剋上 司書になるためには手段を選んでいられません 第十九章 『大掃除と星祭り』 孤児院長に就任したマインは、手始めに孤児院の大掃除をすることに。さらに採集の仕方やスープ作りを教え、孤児院の環境を改善する。働けば報われることを知った子供たちは、率先してマインのために動くようになり、マインは子供たちから慕われる。そして季節は夏になり、子供たちにも星祭りを体験させたいと思うマイン。フェルディナンドの許可を得て、孤児院の庭でタウの実をぶつけ合うが、そこで不思議なことが起きる。
第二十章 『ルッツの行く道』
本好きの下剋上 司書になるためには手段を選んでいられません 第二十章 『ルッツの行く道』 ルッツが家出してしまった。ルッツが商人になることに反対していた父のディードと言い争いになり、飛び出してしまったらしい。一方、ベンノはルッツを養子にすると言い出し、ルッツの家族と険悪になる。どうすればいいのかと悩むマイン。フェルディナンドは双方の話を聞くようにと助言する。親身になってくれるフェルディナンドが意外なマイン。 こうして、神殿でルッツの家族会議が行われることになる。
#12 ナナブンノニジュウニ
22/7 #12 ナナブンノニジュウニ 22/7への想いを確かめあった8人に、解散会見以来止まっていたはずの”壁”が突如語り出す。これまでメンバーを監視し、その活動の全てが“壁”による実験だったのだと明かされる。実験が次のフェーズに移ったいま、22/7は『用済み』と言われ、自分たちもファンも全て利用されていたと憤るメンバー。しかしニコルだけはひとり、22/7を守ろうと必死に嘆願する。
第2話 すい星の夜
ヴァンパイア・ダイアリーズ(字幕) 第2話 すい星の夜 ミスティック・フォールズの町では、彗星の出現を祝う“彗星祭り”の準備が進められていた。いまだ入院中のビッキーは快方に向かってはいるものの、事件の事をほとんど思い出せない。一方、ステファンの家を訪ねたエレナは彼の兄デイモンに初めて会い、彼からステファンの驚くべき過去の話を聞いてしまう。そんななか、ビッキーの記憶がよみがえりつつあった。
誘う女
映画化された事件 誘う女 映画化された事件の深い闇...自身の体験も映画化され大ヒットとなったエリン・ブロコビッチが鋭く迫る/ニコール・キッドマン主演の映画「誘う女」の素顔とは?1990年、アメリカ・ニューハンプシャー州で起きた殺人事件で逮捕されたパメラ・スマート。彼女は、16歳の教え子をそそのかして夫を殺害させたとして、世界中に衝撃を与えた。犯行は、強盗殺人に見せかけるという周到な計画の上に実行されたが、警察の目は欺けなかった。いまだ無罪を主張する彼女の支援者と、有罪を信じる遺族や警察関係者、双方からのインタビューを交えて、事件の詳細を検証する。
第二十一章 『新しい側仕え』
無料
本好きの下剋上 司書になるためには手段を選んでいられません 第二十一章 『新しい側仕え』 エーファに赤ちゃんが生まれることを知ったマインは、子供用の絵本を作ろうと決意する。絵本作りのため、絵が上手いヴィルマを側仕えにしてほしいと懇願するマイン。さらに、音楽の得意なロジーナも側仕えに加わり、マインは新たに二人の側仕えを迎えることになった。だが、ヴィルマは何か事情がある様子で、孤児院から出たがらない。一方ロジーナは、マインにフェシュピールという楽器を教えくれることになったのだが……。