「ひぐらしのなく頃に 鬼隠し編」の検索結果

今すぐ視聴する

第1話 鬼隠し編 其の壱 ハジマリ
無料
ひぐらしのなく頃に 第1話 鬼隠し編 其の壱 ハジマリ 昭和58年初夏。山奥の寒村・雛見沢村にて、前原圭一はごくありふれた毎日を過ごしていた。都会から引っ越してきたばかりの圭一だったが、レナや魅音、沙都子、梨花ら仲良しグループのおかげで、楽しい日常を築き始めていた。そんなある日、圭一は偶然会ったカメラマンの男性から、村にまつわる怪死事件の存在を知る…。
第2話 鬼隠し編 其の弐 隠しごと
ひぐらしのなく頃に 第2話 鬼隠し編 其の弐 隠しごと ダム工事に関連するバラバラ殺人事件は確かな事実だった。衝撃を受けつつ他人事だと思っていた圭一は、レナたちから「綿流し」という、雛見沢に代々伝わる祭りの話を聞く。祭りの当日、いつもの部活メンバーと屋台巡りを楽しむ圭一だったが、そこで今度は富竹たちからお祭りの夜に毎年起こる「出来事」を聞かされ…。
第3話 鬼隠し編 其の参 疑心
ひぐらしのなく頃に 第3話 鬼隠し編 其の参 疑心 かつて学校に在籍していた「悟史」という少年。大石の話によれば彼は沙都子の兄であり、そして一年前に失踪したという。毎年起こる連続怪死事件の被害者たちは必ず部活メンバーに関係があり、次に狙われるのは圭一かもしれない、と…。その言葉を裏付けるように、その日から圭一の周囲の様子が怪しくなっていく…。
第4話 鬼隠し編 其の四 歪
ひぐらしのなく頃に 第4話 鬼隠し編 其の四 歪 両親の留守中、圭一宅に訪ねてきたレナ。圭一はレナのいつもと違う不気味さに、思わず閉め出してしまう。次の日、護身のためのバットで素振りを繰り返す圭一に、魅音が残した謎のセリフ。下校途中に鉈を持って現れるレナ。逃げ出した圭一の前に立ち塞がる男たち。気絶させられた圭一が目を覚ましたとき、そこには…。

おすすめの作品

第20話 目明し編 其の伍 冷たい手
ひぐらしのなく頃に 第20話 目明し編 其の伍 冷たい手 園崎家を“乗っ取った”詩音は、公由村長を呼び出し、悟史の失踪について問い質す。悟史を「鬼隠し」にしたのはお魎の差し金だという村長の意見に、「真相」を確信する詩音。惨劇のウラ側で、孤独な「鬼」による復讐劇が、いま、幕を開ける。
第8話 綿流し編 其の四 願い
ひぐらしのなく頃に 第8話 綿流し編 其の四 願い 沙都子と梨花の失踪を解き明かすレナの推理。回覧板に書かれたある案内文が、それを裏付けていた。圭一が祭具殿へ忍び込んだことを隠していたために魅音が怒ったとレナは言う。直接会って謝罪するべく、圭一はレナと共に園崎本家へ向かう。そこで対面した魅音には、二人の知らない顔を持っていた…。
第9話 祟殺し編 其の壱 兄
ひぐらしのなく頃に 第9話 祟殺し編 其の壱 兄 両親不在のため、慣れない料理にチャレンジする圭一。火事になりかけつつも、そこへ駆けつけた沙都子と梨花によって惨事は免れ、沙都子の手料理をご馳走になることに。そこで圭一は沙都子に兄がいたこと、そして一年前に家出してしまったことを聞く。食卓を囲み、三人は楽しい団欒のひと時を過ごすのだった。
第10話 祟殺し編 其の弐 キズナ
ひぐらしのなく頃に 第10話 祟殺し編 其の弐 キズナ 沙都子が学校を欠席した。沙都子を尋ねて学校へ来た大石刑事の乱暴な態度に、不吉な印象を受ける圭一。そこにやって来た入江から、圭一は沙都子が叔父夫婦から虐待を受けていたことを聞かされる。しかもその叔父が最近雛見沢に帰ってきたという噂を聞いて、ますます嫌な予感を募らせた圭一はその家を訪ねてみるが…。
第11話 祟殺し編 其の参 境界(さかいめ)
ひぐらしのなく頃に 第11話 祟殺し編 其の参 境界(さかいめ) 突如、教室で暴れだした沙都子の姿を見た魅音たち部活メンバー一同は、心を痛めながらも結局何も打開策を見つけることができなかった。しかし、このまま叔父の虐待によって沙都子の精神が破壊されてしまうのは、時間の問題でしかない。追い詰められた圭一は、ついにある決断を下す…。
第12話 祟殺し編 其の四 失しモノ
ひぐらしのなく頃に 第12話 祟殺し編 其の四 失しモノ 沙都子の叔父を殺害した夜、圭一は鷹野の車で家まで送ってもらうが、何かを知っているかのような鷹野の口調に不審な印象を抱く。そして次の日登校すると、周囲の生徒たちは「昨晩、圭一が綿流しの祭に参加していた」と口を揃えて言う。祭に行かなかった圭一は何が何だかわからなくなり、入江に相談をするが…。
第13話 祟殺し編 其の伍 謝罪
ひぐらしのなく頃に 第13話 祟殺し編 其の伍 謝罪 沙都子の叔父をこの手で殺したのは幻だったのか? 圭一は真実を確かめるため、北条家へ向かう。そこには一晩中浴槽に浸かって意識朦朧とした沙都子の姿があった。慌てて助け出し、入江診療所へ連れて行く圭一。ところが診療所はパトカーに囲まれていて…。
第14話 暇潰し編 其の壱 ヒナミザワ
ひぐらしのなく頃に 第14話 暇潰し編 其の壱 ヒナミザワ 昭和53年6月。建設大臣の孫が何者かによって誘拐され、東京の公安調査庁から新米調査官・赤坂が雛見沢へ派遣された。赤坂はそこで不思議な少女・梨花と出会う。そして現地の刑事・大石の協力を得て調査を進めるが、一見どこにでもある長閑な村に見えた雛見沢の「深部」が見えてくるにつれ、事件は意外な展開に…。
第15話 暇潰し編 其の弐 兆し
ひぐらしのなく頃に 第15話 暇潰し編 其の弐 兆し 誘拐された少年の手がかりが見つかった。その都合の良さに胡散臭いものを感じながらも救出に向かう赤坂と大石。大立ち回りの末、救出に成功した二人だったが、犯人は取り逃がし、赤坂も銃で撃たれ負傷してしまう。そして事件解決を待っていたかのようにダム計画は凍結され、反ダム闘争も終結を迎えたと思われたが…。
第16話 目明し編 其の壱 初恋
ひぐらしのなく頃に 第16話 目明し編 其の壱 初恋 昭和57年。全寮制の学園から抜け出してきた一人の少女が雛見沢近辺へ帰ってきた。少女の名前は園崎詩音、園崎本家当主の孫娘の一人である。一度は本家から追いやられた身ゆえ、輿宮で身を潜めていた詩音だが、ある日不良に絡まれたところを通りすがりの少年に助けられる。果たしてそれは運命の出会いだったのか…。