「まんぷくフーフー」の検索結果

「まんぷくフーフー」に関する情報は見つかりませんでした。
「まん」に関する情報を表示しています。

今すぐ視聴する

南アフリカ
ザ・マンハント 南アフリカ ジョエルは南アフリカの動物保護区で国際密猟撲滅基金の部隊に勝負を挑む。保護区にはライオンやヒョウ、ゾウやサイなど危険な動物がたくさんいる。彼は動物と追手の両方に注意せねばならない。元軍人や元密猟者からなる部隊はハイテク機器がなくても、わずかな手がかりだけで追跡することができる。しかし、彼らは途中でライオンの群れを発見。事態は一気に急変するのだった。
ポーランド
ザ・マンハント ポーランド 今回ジョエルが対戦するのはポーランドの国境警備隊だ。彼らはサーマルカメラを搭載したヘリや全地形対応車、追跡犬を広範囲に配備。世界レベルの国境警備隊が全力でジョエルの確保を目指す。苦戦を強いられたジョエルは20メートル以上の崖を下り、トラックでの移動を試みる。果たして勝つのは誇り高き国境警備隊か、それとも特殊部隊仕込みの技を持つジョエルだろうか。
アリゾナ州
ザ・マンハント アリゾナ州 今回ジョエルはアリゾナ州の広大な土地でゲームに挑戦する。追跡するのは実戦経験のあるアメリカ陸軍の部隊で、逃げ足の速い敵を捕らえるスキルを備えている。しかしジョエルが気をつけねばならないのは追手だけではない。そこは不法入国者や武装した麻薬の密売人たちが好んで通るルートであり、ピューマやクマの生息地でもあるのだ。一体どうやって、この攻略不可能と思えるゲームに挑むのだろうか。
パナマ
ザ・マンハント パナマ 今回、ジョエルが闘うのはパナマで麻薬取引を取り締まるエリート部隊セナフロントだ。闘いの舞台はサンホセ島。パナマの海岸から100キロほど離れたこの地で、彼は雨林や岩だらけの海岸線を進む。セナフロントは全地形対応車やボートを導入してジョエルを捜索。彼にプレッシャーをかける。自然環境を利用して36時間逃げ切ろうとする彼に対し、部隊はある作戦に出るのだった。
フィリピン
ザ・マンハント フィリピン 今回はジョエルとフィリピン陸軍のスカウト・レンジャー部隊が対決。レンジャー部隊は訓練で培った技術とトラック2台だけでジョエルを追う。ジャングルは高温多湿で台風に襲われることもあり、熱中症や体力の消耗が懸念される。勝負だけでなく身の安全にも気を配らねばならない。果たしてジョエルは逃げ切ることができるのか。それともレンジャー部隊につかまってしまうのだろうか。
韓国
ザ・マンハント 韓国 韓国警察の特殊部隊KNP‐SWATを相手にジョエルがかつてない闘いを繰り広げる。今回の舞台は済州島。住人や観光客が多い場所のため、ジョエルはいつもと戦法を変えねばならない。KNPは5000台のCCTVカメラを利用し、海や空からの捜索も敢行。ジョエルはあらゆる手を使って逃げ切ろうとする。しかし、KNPの追跡にプレッシャーを感じて...。
制作舞台裏
ザ・マンハント 制作舞台裏 今回は「ザ・マンハント」シリーズの制作の舞台裏を紹介。アメリカ海軍特殊部隊に所属していた経歴を持つジョエルは世界の特殊部隊を相手に壮大な鬼ごっこを繰り広げてきた。追手から逃げる中でどんなところに苦労したかを彼が語る。それに危険なのは彼だけではない。撮影は僻地で行われ、重傷を負う者や命を落としかけるスタッフもいるのだった。
#01 最強の男
ワンパンマン #01 最強の男 趣味でヒーローを始めた男、サイタマ。その昔、就職活動をしていたある日、偶然出会った怪人から子供を救ったことをきっかけに小さい頃からの夢であったヒーローを目指した彼は、3年の特訓の後どんな敵をも一撃で倒す無敵の強さを手に入れた。しかし、憧れのヒーローとなり充実した毎日を送っているはずの彼は、その強さ故に常にワンパンチで決着がついてしまう戦いを繰り返すうち、次第に自らの圧倒的な力に対して物足りなさを感じるようになっていた。
#02 孤高のサイボーグ
ワンパンマン #02 孤高のサイボーグ 獲物の血をミイラ化するまで吸い尽くす凶悪な蚊の大群がZ市に押し寄せた。蚊の群れを操っていたのは「進化の家」という謎の組織によって生み出された怪人モスキート娘。とそこへモスキート娘に立ち向かう一人の男が現れる。彼の名はジェノス。自らの身体を機械に変えて悪と戦う正義のサイボーグだ。モスキート娘との死闘の末に絶体絶命のピンチに陥ったジェノスは、たまたま通りかかったサイタマに命を救われる。数日後、命の恩人であるサイタマの元を突然訪ねたジェノスは彼に弟子入りを志願するのだった。
#03 執念の科学者
ワンパンマン #03 執念の科学者 「進化の家」の刺客を返り討ちにしたサイタマとジェノスは、刺客の一人アーマードゴリラから組織に関する情報を聞き出した。進化の家の創設者であるジーナス博士は人類の人工的進化という危険な思想を掲げており、サイタマの強靭な肉体を研究に利用しようとしていたのだ。彼の企みを阻止するため、二人はその足で敵の本拠地へと向かう。一方、アーマードゴリラの通信によってそれを知ったジーナス博士は、二人を迎え撃つために進化の家の最終兵器を解き放とうとしていた。それは凶暴すぎるあまりにジーナス自身でさえコントロール不能な史上最凶の悪魔、阿修羅カブトだった。
#04 今時の忍者
ワンパンマン #04 今時の忍者 桃源団を名乗るテロリストの一団がF市に現れた。構成員全員がスキンヘッドという異形の一団を率いるのは、バトルスーツに身を包んだ大男ハンマーヘッド。彼は「断固働きたくない」という自らの思想に共鳴する若者たちと共に、働かない者は働きたい者に養ってもらえる理想郷の実現を目指していた。まずは見せしめとして町一番の富豪であるゼニールの豪邸を破壊しようとする桃源団。そんな彼らの前にゼニールに雇われた用心棒の忍者、音速のソニックが立ち塞がる。一方、桃源団の存在をニュースで知り、髪型がかぶっているせいで自分もその一味だと思われることを危惧したサイタマも、桃源団を潰すために彼らの元へと向かっていた。
#05 究極の師
ワンパンマン #05 究極の師 趣味でヒーローを始めて3年。自らの知名度の低さを思い知らされたサイタマは、プロのヒーローとして公式に活動していく決心をする。ジェノスと共にヒーロー認定試験会場に出向いたサイタマは、体力測定で次々と新記録を打ち立てるも筆記試験で壊滅的な成績を出し、結果はギリギリの合格。最低ランクであるC級ヒーローとして新たなスタートを切ることとなった。一方ジェノスは体力、筆記共に満点の合格。これまでの個人的な実績も考慮され、いきなりS級ヒーローに認定される。そしてこれを機に正式にサイタマに弟子入りしたジェノスは、サイタマに本気の手合わせを申し込むのだった…!
#06 最恐の都市
ワンパンマン #06 最恐の都市 プロヒーローになって5日目。特にやることもなく自宅でゴロゴロしていたサイタマは、ジェノスから衝撃的な事実を知らされる。C級ヒーローには週に1度の活動報告ノルマがあり、それをこなせなければヒーローをクビになるというのだ。あわてて街へと繰り出し事件を探すサイタマだったが、そう都合よく怪人が出るわけもなく、刻一刻と期限が迫っていた。焦るサイタマの前に、彼をライバル視する音速のソニックが突然現れ、勝負を挑んでくる。事態をややこしく、そして悪化させるソニックに苛立つサイタマ。果たしてサイタマはヒーローの肩書を守ることができるのか!?
#07 至高の弟子
ワンパンマン #07 至高の弟子 Z市に災害レベル竜の危機が迫っていた。宇宙から飛来した巨大な隕石が、Z市に向かって突如落下を始めたのだ。ヒーロー協会はS級ヒーロー達に対応を要請したものの、隕石が相手では為す術もなく事態は絶望的と思われた。招集を受けたジェノスもZ市のヒーロー協会支部に出向くが、職員は既に避難した後でビルはもぬけの殻。居合わせたS級ヒーローのシルバーファングから、このまま隕石が地上に激突すればZ市は壊滅すると聞かされるジェノス。恩師であるサイタマの住む街を守るため、ジェノスはたった一人、己の全てを賭して巨大隕石に立ち向かう事を決意するのだった。
#08 深海の王
ワンパンマン #08 深海の王 J市の海辺に深海族と名乗る怪人の群れが上陸し、地上へと侵攻を始めた。A級ヒーローのスティンガーが激闘の末に彼らを殲滅するも、遅れて現れた深海王に一撃でやられてしまう。ニュースを見たサイタマとジェノスは急いでJ市に向かうが、深海王の居場所をなかなか特定できない上に、ひょんなことから二人ははぐれてしまう。そんな中、深海王の行く手を阻んだのは囚人服に身を包んだ謎の大男と、服役中のはずの音速のソニックだった。一方、C級ヒーローの無免ライダーも愛車のジャスティス号を駆り、必死に現場を目指していた。
#09 不屈の正義
ワンパンマン #09 不屈の正義 深海王の襲撃を受け、恐怖のるつぼと化していた災害避難所に単身でジェノスが現れた。深海王と互角の戦いを繰り広げる彼の雄姿に避難所の人々は色めき立つが、ジェノスは子供を庇って深海王の吐き出した溶解液をモロに被り、形勢は一気に悪化してしまう。無情にもジェノスにトドメを刺そうとする深海王だったが、そこへもう一人のヒーローが現れる。だがそれは無免ライダーだった。C級ヒーローである無免ライダーと深海王とではあまりに実力差があり、人々は落胆する。しかしそれでも無免ライダーは果敢に深海王に立ち向かっていくのだった。
#10 かつてない程の危機
ワンパンマン #10 かつてない程の危機 突如、S級ヒーロー達に非常召集がかかった。たまたまシルバーファングの道場を訪れていたサイタマとジェノスもシルバーファングに同行。A市にあるヒーロー協会本部へと足を運ぶと、会議室にはS級ヒーローの錚々たる面々が集結していた。そんな彼らの前でヒーロー協会の幹部が重い口を開く。100%的中するという予言者のシババワが、半年以内に「地球がヤバい」事態に陥るという予言を遺して亡くなったというのだ。会議室に緊張が漂う中、不意に本部ビルが轟音と共に揺れ、辺りは暗闇に包まれてしまう。やがて非常用電源に切り替わった会議室で彼らを待ち受けていたのは、今の一瞬でA市がほぼ壊滅したという事実であった。
#11 全宇宙の覇者
ワンパンマン #11 全宇宙の覇者 A市上空に飛来した巨大宇宙船から地上に降り立ち、A級ヒーローのイアイアンを一蹴した戦闘員メルザルガルド。アトミック侍、金属バット、シルバーファング、ぷりぷりプリズナーらS級ヒーローが応戦するも、攻撃を受けるそばから肉体が再生するメルザルガルドには致命的なダメージを与えられず、戦いは難航する。一方、巨大宇宙船の内部に単独で進入したサイタマは、敵をなぎ倒し船内を破壊しながら中枢部を目指していた。サイタマの狼藉に業を煮やした敵幹部のゲリュガンシュプは、状況を打開するため再び地上への集中砲火を目論む。街を一瞬で破壊した悪夢のような惨劇が再びA市に牙を剥こうとしていた。
#12 最強のヒーロー
ワンパンマン #12 最強のヒーロー 強大な超能力によって敵の砲撃を全て撥ね返した戦慄のタツマキ。激闘の末、強敵メルザルガルドの弱点を暴いたアトミック侍達。地上では事態が徐々に収束に向かい始める。そして全世界が固唾を飲んで宇宙船を見上げる中、その内部ではサイタマが暗黒盗賊団『ダークマター』の頭目ボロスと対峙していた。強さを持て余し、対等に戦える相手を求めてはるばる地球までやってきたというボロス。宿命ともいえるそんな敵を相手にサイタマは今度こそ本気を出すことができるのか? 人類の存亡をかけた壮絶な戦いの火ぶたが切って落とされる。
第1話
無料
マン・ツー・マン ~君だけのボディーガード~ 第1話 バスジャック事件の制圧中に命令違反を犯し、軍に逮捕されたキム・ソル。ウソ発見器を完璧にだました彼は大韓民国国家情報院のゴースト要員にスカウトされ、“K”として海外での極秘任務に携わっていた。一方 “誰よりも悪い男”という名ゼリフで人気を博している映画俳優 ヨ・ウングァンは、彼の大ファンであるチャ・ドハと気の弱いヤン・サンシクという2人のマネージャーに見守られながら、今日も仕事に励んでいた。
第2話
マン・ツー・マン ~君だけのボディーガード~ 第2話 1つ目の木彫り像を入手するため、韓流スター ヨ・ウングァンの調査を始めたソル。彼の様子を遠目から観察していたところ、ウングァンのマネージャー ドハと遭遇してしまう。ドハは盗撮行為を行っていたソルをパパラッチと誤解し“次は法的措置を取る”と彼を脅すが、ソルは涼しい顔をして聞き流す。木彫り像の所有者であるロシアの石油財閥の会長 ヴィクトルに近づくため、ファンミーティング作戦を行うというドンヒョンだったが...。
第3話
マン・ツー・マン ~君だけのボディーガード~ 第3話 ソンサンの社長夫人 ソン・ミウンの手引きでヨ・ウングァンのボディーガードとなったソル。初対面から彼のことが気に入らないウングァンとドハは、ソルが自分から職を辞するよう彼を困らせることに。しかし ソルはウングァンの心理を巧みに利用し、彼の信頼を得ることに成功する。ソルがドンヒョンと通話している内容を聞いたドハは一層 ソルへの不信感を募らせるが、ソルとウングァンの間には妙な雰囲気が漂っていて...。
第4話
マン・ツー・マン ~君だけのボディーガード~ 第4話 ソンサンの社長 モ・スンジェの陰謀により、カーチェイスシーンの撮影中に事故に遭ってしまったウングァン。ソルによる命懸けの救出劇で一命を取り留めたウングァンだが、ミウンとの過去を思い出し仕事へのモチベーションをすっかりなくしてしまう。事故をきっかけに24時間体制の密着警護をすることになったソルは、直近の予定であったウングァンのロシア行きが中止になることを知ると他の手立てを打とうとするが...。
第5話
マン・ツー・マン ~君だけのボディーガード~ 第5話 ウングァンがチ代表率いる芸能事務所 チューイング エンターからの独立を決めたことにより、ロシアのヴィクトル会長の邸宅に無事 潜り込んだソル。当初の作戦ではウングァンが会長と行動している隙にソルが木彫り像を奪取する予定だったのだが、ボディーガードに厚い信頼を寄せてしまっているウングァンのせいで作戦変更を余儀なくされる。作戦中 警備員に見つかってしまったソルは、目くらましのため近くにいたドハを抱き寄せる。
第6話
マン・ツー・マン ~君だけのボディーガード~ 第6話 ボディーガードを辞めるため、ウングァンたちに横柄な態度を取るソル。自分のせいで彼の態度が変わったと誤解したドハは嫉妬も心配もするなとソルに告げるが、ソルはろくに耳を貸さない。スタッフと共にウングァン宅で酒を飲んだ次の日、体調不良を理由に辞意を表明するソル。取り付く島もないソルの態度に、彼を弟のように思っていたウングァンはいじけてしまう。ソルの退職を知ったドハは、彼を説得しようとするが...。
第7話
マン・ツー・マン ~君だけのボディーガード~ 第7話 2つ目の木彫り像がブラックオークションに出品されることが分かったため、ウングァンのボディーガードを続けることになってしまったソル。退職の意思を撤回してオークション参加時に必要な指輪を手に入れるべく、ソルはドハの勘違いを利用することに。ドハとソルの関係性が変わったことにいち早く気づいたウングァンは、ソルを呼び出し問いただそうとするが、訪問先のレストランでミウンの息子 ジェヨンと遭遇する。
第8話
マン・ツー・マン ~君だけのボディーガード~ 第8話 ドハの父親 ミョンソクが仮釈放されたとの連絡を受け、ソルを伴って帰宅するドハ。ミョンソクがゴールド フィンガーとしてゴースト要員Yと接点を持っていたことを知るソルは、ドハの彼氏だと名乗りドハとミョンソクの信頼を手に入れる。一方 ソウル市長候補のペク・インス率いる白蛇団から元ゴースト要員のソ・ギチョルを引き抜いたスンジェは、オークション参加に必要な指輪を奪取するようギチョルに指示する。
第9話
マン・ツー・マン ~君だけのボディーガード~ 第9話 国情院のチーム長 チャン・テホに刺激され、ミョンソクはソンサン社長 スンジェに取引を持ちかけることに。スンジェが快諾したことにより気をよくしたミョンソクは、さらにウングァンへ不動産投資を勧めるが、父親の詐欺行為に嫌気が差したドハは泣いて取り乱す。ドハから指輪の隠し場所を聞き出したソルは彼女のもとを去る決意をするが、スンジェからミョンソクに贈られた腕時計に盗聴器が仕掛けられていることに気づき...。
第10話
マン・ツー・マン ~君だけのボディーガード~ 第10話 時限爆弾の信管から、ドハを拉致したのが白蛇団のギチョルであることを突き止めたソル。ギチョルが指定した時間までにドハを救出するため、ソルは国情院を辞めたうえで議員のペク・インスに接近することに。一方 自分の妻がウングァンとの関わりを絶っていないことに腹を立てたスンジェは、ミウンと息子と引き離し、ウングァンとの会食の席に彼女を同席させる。映画への投資を提案するスンジェだが、ウングァンは承服せず...。
第11話
マン・ツー・マン ~君だけのボディーガード~ 第11話 警察も国情院も信用ならないなか、ウングァンと協力することでドハを救出したソル。ドハの身にこれ以上の危険が及ぶことを避けるため、ソルは自身が国情院の要員であることを明かしドハの前から姿を消す。一方 ソンサンと指輪の取引ができなくなったミョンソクはロバート・ユンの名前を出してインスに近づく。会食の席で会って以来 ミウンの様子が気になって仕方がないウングァンは、秘密裏にソルのアジトを訪れて...。