「アニ 過去」の検索結果

今すぐ視聴する

第二十六話 あやかしお宿に美味い肴あります。
かくりよの宿飯 第二十六話 あやかしお宿に美味い肴あります。 神楽殿に炎が灯り、儀式が始まった。葵は海坊主の為に料理を作り振る舞うが、キュウリの匂いに釣られたチビが海坊主の御簾の中へと入ってしまう。聞こえてきたチビの悲鳴に、思わず御簾を持ち上げてしまった葵は海坊主の声を聞き、過去の自分と同じ思いを抱えていた事を知る。
#6 Keeper
K RETURN OF KINGS #6 Keeper シロとの対立が明確になり、《緑の王》比水流は石盤の奪取を決定した。来るべき日に備え、シロは同盟関係にある《セプター4》と《吠舞羅》一同へ比水の過去と目的を語っていく。最強とも言える力を持つ彼への対抗策は確かにあるのだと。そして、緑の侵攻が始まる。
第8話 過去との決別
無料
#声だけ天使 第8話 過去との決別 ◆◆◆毎週月曜夜10時放送 AbemaTVオリジナルドラマ進出記念作品 #声だけ天使◆◆◆ 声だけで君を守ろうと思った──。 見返りなんて求めない、バカみたいな純愛物語。 最高の脚本に、妥協のないキャスティング。 AbemaTVが満を持して送る完全オリジナルドラマ第一弾は、 何者でもない夢追う5人の友情と純愛、挫折と希望を描く青春群像劇。 声からはじまる物語のゆくえは──。 人生はアートじゃない、ブザマだけど愛おしいもの。 そのもどかしさに、あなたは涙する。 ミクリヤの秘書・ヨシザワとの対決の末、声を失ってしまったケンゾウ。 病院で下された診断は、心因性の失声症であった。 実は過去にも同じ経験があったケンゾウは、 初めて自分のルーツをメンバーに打ち明け、心の弱さを克服しようとする。 その裏で、今回の一件がさくらに関係していることを知ったメンバーたちは、 これ以上二人が接触しないよう取り計らい、ケンゾウの声の回復に尽力する。 そんな中、イケボイの事務所宛に届いた一通のメール。 それは、茜のビジュアルに興味を持った芸能プロダクションからのオファーであった。 歓喜に沸くメンバーたちであったが、 事務所から思わぬ条件を突き付けられ、事態は一変する。 一方、再びヨシザワと会ったさくらは、ケンゾウが声を失ったことを知り......。
第1話 恋がしたい「カッコイイけど許せない!」
ママレード・ボーイ 第1話 恋がしたい「カッコイイけど許せない!」 恋に憧れる光希に訪れたのは、仲のいい両親の突然の離婚宣言。しかも旅行先で知り合った松浦夫妻とパートナーを替えて再婚すると言う。こんな非常識、絶対に許せない! 意気込んで松浦家との会食にのぞむ光希。そこで会った松浦夫妻の息子・遊はカッコイイんだけどホント変なヤツで、両親の離婚&再婚にも反対しない...。
第2話 キス後遺症「あいつの気持ちがワカラナイ」
ママレード・ボーイ 第2話 キス後遺症「あいつの気持ちがワカラナイ」 保健室で寝たフリしてたら、遊にファーストキスを奪われてしまった。朝からどんな顔して会えばいいの? 光希がこんなに悩んでるのに、遊は校内テレビ放送のインタビューなんかに家庭の秘密を喋ろうとするし...。光希の幼なじみの銀太は、遊の存在が気にいらないみたい。中学時代、銀太に振られている光希は...。
第3話 2つのキス「遊に恋人がいた!?」
ママレード・ボーイ 第3話 2つのキス「遊に恋人がいた!?」 遊と女の子のツーショット写真を、偶然見つけてしまった光希。ただの同居人のはずなのに、どうして気になるのだろう。千弥子さんにチケットをもらって、二人で出かけたテーマパークでデートみたいなひととき。ところが光希が鏡の迷路で迷っている間に、遊の隣りには写真の彼女、元カノの亜梨実が!
第4話 銀太の告白「おまえをあいつに渡さない!」
ママレード・ボーイ 第4話 銀太の告白「おまえをあいつに渡さない!」 銀太と顔を合わせたくない...。冗談だと思っていたのに、本当に光希にキスをした銀太。親友の茗子は交換日記で全てを知る。光希は銀太から逃れるため、校門で遊を待ち伏せしていた亜梨実を利用する。喫茶店で亜梨実は遊との馴れ初めを語り始め、堂々の宣戦布告。遊と光希が親しくなっていくのを見ていられない銀太は...。
第5話 恋人の伝説「メダイユに想いをこめて」
ママレード・ボーイ 第5話 恋人の伝説「メダイユに想いをこめて」 銀太が本心を告白しても、光希は怖がるばかり。気にくわない遊に諭されたばかりか、光希と同じ家に入っていく遊を見て、銀太は動揺を隠せない。茗子は自分がが誰を好きなのか、落ち着いて考える時間が必要だと光希にアドバイスする。偶然バイト中の遊と出会った光希と茗子は、そこの木島店長からメダイユの伝説を聞く。
第6話 ラブゲーム「銀太なんか大嫌い!」
ママレード・ボーイ 第6話 ラブゲーム「銀太なんか大嫌い!」 図書館で茗子と名村先生のラブシーンを見てしまった遊は、そのことを秘密にすると茗子に約束する。テニスの招待試合で榊学園からやったきた務は、銀太のイトコで長年のライバル、オマケに亜梨実に片思い。銀太は光希から「大嫌い!」と言われてしまったため、思わぬ絶不調。負けるとペアの遊もボーズにされてしまう!
第7話 恋の北海道「どうなってるの? あの二人!」
ママレード・ボーイ 第7話 恋の北海道「どうなってるの? あの二人!」 待ちに待った修学旅行。光希は同じ班の茗子たちと五稜郭ではぐれてしまい、違う班の遊や銀太と出会う。榊学園も修学旅行中で、亜梨実は銀太を誘い、光希の気を惹くためにつきあうふりを提案する。亜梨実と行動を共にしたあと、会話のない銀太に光希はヤキモキ。名村先生と亮子先生も夜景をバックにいい雰囲気だけど...。
第8話 大人の香り「やきもちなんてやいてない!」
ママレード・ボーイ 第8話 大人の香り「やきもちなんてやいてない!」 家では光希と遊の旅の無事を祝って、バーベキューパーティー。その後みんなで街に出ようと言い出すパパに、光希は激怒する。誰かにこの常識外れの関係を知られたら...6人で外出なんて絶対ヤダ! 飛びだした先で見かけた亜梨実は大人っぽいうえ、銀太を呼び捨て。家に戻ると両親たち4人が険悪な雰囲気に...。
第9話 アルバイト「恋の勝負は売り上げ次第!」
ママレード・ボーイ 第9話 アルバイト「恋の勝負は売り上げ次第!」 『Junk Jungle』が開店記念セール。強引に臨時バイトにされてしまった光希は、あらためて遊のファンが多いことに気づかされる。光希にヤキモチをやかせようと銀太と亜梨実も店内に。それを目撃した熱血漢の務が乗り込んできて、店内は大騒動! 木島店長の提案で、売り上げを競って遊、銀太、務の勝負が始まる。
第10話 初めての夜「お風呂でドキッ♥」
ママレード・ボーイ 第10話 初めての夜「お風呂でドキッ♥」 年頃の男女である遊と光希を置いて旅立ってしまった非常識な両親Sに、実はちょっぴり感謝の光希。二人きりの食事や買い物で、気分はまるで新婚さん。一人では物騒だからと、バイトを休んでそばにいてくれる遊に、優しさを感じる光希。夜はお定まりのホラー映画。妙に意識してしまい、気分転換に入ったお風呂で...。
第11話 バースデイ「遊が私を見つめてる...」
ママレード・ボーイ 第11話 バースデイ「遊が私を見つめてる...」 旅先の千弥子さんからの電話で、今日が遊の誕生日だと知った光希は、なんとしても祝ってあげようと大はりきり。初めてのケーキ作りに悪戦苦闘し、テーブルセッティングしてお洒落して...。コロンやルージュに遊は気づくかな...? 気合い入りまくりの光希だが、ムードが最高潮に盛り上がったその瞬間!?
第12話 スマッシュ!「遊と銀太どっちも好き...」
ママレード・ボーイ 第12話 スマッシュ!「遊と銀太どっちも好き...」 光希がオレを選んでくれるなら、もう亜梨実とは会わない。決断を迫る銀太の発言。そんな折り、招待試合の代表に選ばれた光希は、恋の悩みとテニスでパニック状態。答えは試合が終わるまで待ってほしい。そう銀太に告げたものの、遊にも銀太にも異なった良さや愛情表現があり、ますます選べなくなってしまう。
第13話 恋と友情「銀太、亜梨実さんとつきあって!」
ママレード・ボーイ 第13話 恋と友情「銀太、亜梨実さんとつきあって!」 銀太を屋上に呼び出し、正直に気持ちを伝えた光希。銀太も遊も大好き、こんな中途半端な気持ちではつき合えない、と。亜梨実との芝居が裏目に出て、体よくふられた銀太は大ショック! 銀太の家に泊まりに行くという亜梨実の冗談を真に受けた光希は、彼の一番身近な女の子はもう自分ではないと、寂しさを感じる。
第14話 恋する資格「あなたは遊にふさわしくない!」
ママレード・ボーイ 第14話 恋する資格「あなたは遊にふさわしくない!」 銀太と亜梨実の仲が芝居だと知り、安堵した光希。銀太が本当のことを話したと知った亜梨実は光希の前に現れ、遊が光希の前でだけ心を開きかけているようだと告げる。そして、二人の男が好きな光希を認めない、遊は絶対に渡さないと宣言する。校内で遊を見かけた亜梨実は泣きながら遊に抱きつき、生徒たちの前でキスを...!
第15話 茗子の秘密「話してほしかった...」
ママレード・ボーイ 第15話 茗子の秘密「話してほしかった...」 銀太に気長に待つと言われ、ホッとする光希。久しぶりの明るい気分もつかの間、翌日の学校は親友の茗子と、担任のなっちゃんこと名村先生がつきあっていたという話題で持ちきりだった。名村の部屋から早朝出て行く茗子が、父兄に目撃されたのだ。しばらく自宅謹慎だと、学校を去る茗子。どうして話してくれなかったの...?
第16話 男の決断「なっちゃん、辞めないで!」
ママレード・ボーイ 第16話 男の決断「なっちゃん、辞めないで!」 茗子の言葉に深く傷ついた光希。親友の自分にまで恋を隠していた茗子が、遠く感じられる。誰にだってひとつやふたつ、人に言えないことがあると話す遊。遊もまた言えない何かがあるようだった。自習を告げに来た教頭のイヤミな発言に吼える銀太。名村にずっと好意を寄せていた副担任の亮子は、校長に直談判するが...。
第17話 茗子の別れ「さよならなんてできない!」
ママレード・ボーイ 第17話 茗子の別れ「さよならなんてできない!」 辞表を提出、故郷へ帰り家業を継ぐという名村は、両親の不和に辛い想いをしている茗子に電話口で別れを告げる。郵便受けには桐稜学園伝説のメダイユが。茗子は光希の部屋のドアごしに名村との馴れ初めを語り、去ってゆく。遊は友情に臆病になった光希を励まし、共に東京駅へ向かう。茗子は名村と駆け落ちするつもりなのだ!
第18話 恋のゆくえ「思い通りにならないね」
ママレード・ボーイ 第18話 恋のゆくえ「思い通りにならないね」 謹慎処分のとけた茗子が登校してきた。笑顔に陰りの残る茗子をなんとか元気にしたいと、光希は銀太と相談して牧場に誘うことに。遊に伝えにバイト先に行くと、そこにいた亜梨実も行きたいと言い出した。手作りのお弁当を広げ5人で楽しく過ごすなか、亜梨実は遊が光希に対しては柔らかに接していることに気づく。
第19話 入籍騒動「非常識だなんて言わないで!」
ママレード・ボーイ 第19話 入籍騒動「非常識だなんて言わないで!」 離婚から半年たち、両親Sは再婚の入籍をする。母と姓が変わることなど理解していたつもりの光希だったが、お祝いの席には参加できず、あてどなく街を歩く。憎まれ口はたたくが、そばにいてくれる遊に癒され、光希は元気に帰宅する。しかし、学校で6人同居のことがスクープされてしまい、光希と遊は校長室に呼び出される。
第20話 怪しい二人「遊と三輪さんがカップルゥ?!」
ママレード・ボーイ 第20話 怪しい二人「遊と三輪さんがカップルゥ?!」 マラソン大会を前に、学校のウワサは生徒会長・三輪と遊のただならぬカンケイ?で持ちきりだった。占いでも相性100 %だなんて...メダイユの写真を家族から遊に入れ替えたばかりなのに! 遊と三輪の親密な様子を目撃した光希は、三輪にマラソン勝負を挑む。遊から手をひかせようとしたつもりだったのだが...。
第21話 軽井沢旅行「やっぱり......変!」
ママレード・ボーイ 第21話 軽井沢旅行「やっぱり......変!」 せっかくの夏休みだというのにバイトに明け暮れる遊と、ろくに喋れない日が続く光希。遊と三輪との気になるウワサに悩むが、その三輪に度重なるモーションを受けている茗子は、二人は深い関係ではないと判断する。けれど光希は、家族旅行で来た軽井沢のホテルに三輪が現れ、遊と連れ立つのを目撃してしまう!
第22話 Wデート!「好きなのにわかりあえない」
ママレード・ボーイ 第22話 Wデート!「好きなのにわかりあえない」 軽井沢で三輪に会ったことを、遊は光希に口止めする。その三輪と遊に誘われ、映画に行くことになった光希と茗子。わざとはぐれて三輪の恋を応援する遊に、光希の不安も遠のく。手を繋いでのデート、遊を好きな気持ちを再確認する光希。一方、茗子は「遊との本当の関係」をエサにされ、仕組まれたデートを継続するが...。
第23話 衝撃の告白「遊、何を言ってるの?」
ママレード・ボーイ 第23話 衝撃の告白「遊、何を言ってるの?」 遊に拒絶されるのが怖いと悩む光希を、茗子は伊豆の別荘へ誘う。何故か三輪・遊・銀太も参加して、サマーバケーションが始まった。海で出会った亜梨実たちを三輪が誘い、肝試しをやることに。伊豆の夜を歩きながら、銀太&亜梨実、三輪&茗子は互いの交流を深めていく。光希に避けられていると感じていた遊は...。
第24話 出生の秘密「遊をほっとけないの!」
ママレード・ボーイ 第24話 出生の秘密「遊をほっとけないの!」 遊は一人で秘密を抱え、どんなに苦しかっただろう。このことは茗子にも話せない。三輪からも遊の出生の詳細を聞かされ、見守ってくれと頼まれる光希。新学期、久しぶりの学校では、午後に開催される銀太のテニス地区大会決勝試合の話題でもちきりだ。けれど光希は、インターハイ出場をかけた銀太を応援するよりも...。
第25話 リアルキス「あたし、遊が好き!」
ママレード・ボーイ 第25話 リアルキス「あたし、遊が好き!」 一大決心をして実の父親と会うという遊に、たまらず付いていった光希。しかしそこで、新たな情報を聞かされる。いったい遊の実の父親は誰なの? 海岸でひとり物思いにふける遊を見つめる光希。夕焼けの中、遊は初めて心を開き、様々な想いを語り始める。素直に感情を表現できる光希が好きだという遊。光希もまた...。
第26話 新たな不安「幸せすぎて...怖い」
ママレード・ボーイ 第26話 新たな不安「幸せすぎて...怖い」 いつもと変わらない朝の風景も、遊のまなざしが優しく感じられ、光希は幸せだった。海岸での告白は夢じゃない。大好きな遊と両思いになれたのだ。光希は銀太に、遊は亜梨実に恋の行方を告げる。光希は遊が好きというこの気持ちが、いつまでも続くよう願う。二人はとりあえず、両親Sには内緒でつきあうことにしたが...。
第27話 恋の不安「この幸せはいつまで続くの?」
ママレード・ボーイ 第27話 恋の不安「この幸せはいつまで続くの?」 二人がいつか結ばれて幸せになりますように......遊とメダイユの交換ができた光希は今、幸せの絶頂だ。ささやかな不安材料は佐久間すず。千弥子が企画した新化粧品のCMで、遊と共演する可愛い女の子だ。両想いは幸せなことばかりではないと感じる光希。一方、遊にふられて傷心の亜梨実に、銀太は急速に惹かれていく。