「イ サンウ 結婚」の検索結果

今すぐ視聴する

おすすめの作品

パイロット版 第2話 始めるには時間が必要
無料
布団の外はあぶない パイロット版 第2話 始めるには時間が必要 食べること以外、何をすればいいかわからない家大好きっこ4人。なんとなく宿のプールで泳ぐことになったが、誰も立ち上がろうとはせず、余計に気まずい雰囲気が流れる。ようやく着替えてプールサイドまで来たら、次は心の準備時間。そんな中、サンウが上半身裸になってプールに。戸惑う弟たちも、最年長の兄さんが入ったならやるしかない。意外にも、家大好きっこが苦手とするチームプレイを必要とし体を使う水中バレーが始まる。
パイロット版 第1話 共同休暇スタート
無料
布団の外はあぶない パイロット版 第1話 共同休暇スタート 暑い夏の日、その共同休暇は始まった。一つ屋根の下で共に過ごす男子たち。彼らの唯一の共通点は「家大好きっこ」。 あまり外出せず、家にばかりいる男子たちだ。最初に宿に到着したのは、俳優のイ・サンウ、続いてHighlightのヨン・ジュンヒョン。3番目は大荷物で登場、歌手のパク・ジェジョン。人見知りなので、お互いに挨拶はなし。そしてWannaOneのカン・ダニエルが大量のグミ持参で到着。4人が顔を合わせるのはいつになるやら・・・。
パイロット版 第3話 近づいた距離
無料
布団の外はあぶない パイロット版 第3話 近づいた距離 5番目の家大好きっこEXOのシウミンは合流後、1人ゲームに熱中。周りで何が起ころうとも、お構いなし。そして、家大好きっこで有名なチョ・ジョンチが育児疲れを解消するべく参加。最上級のマイペースを守り続けている。その頃、サンウとダニエルはキッチンで、うまい具合に分担作業。もう、息が詰まる時間を過ごすことはない。ジェジョン作の豚肉料理で、シウミンとジョンチは共同休暇の洗礼とも言える2人きりの食事を抑える。
第20話 ”何てことない”
マイ・ディア・ミスター~私のおじさん~ 第20話 ”何てことない” ユニは、ドンフンが浮気に気付いている以上、今まで通りには振る舞えないとジュニョンに電話で話す。その話を耳にしたドンフンはやるせない気持ちになり、気分転換に友人で僧侶のユン・サンウォンの寺へ。サンウォンは、「何てことないさ」と言ってドンフンを励ます。
#04 タコさんウィンナーだぎゃあ
BanG Dream! 3rd Season #04 タコさんウィンナーだぎゃあ RAISE A SUILENに、「RASのギター(仮)」として加入した六花。 慣れない環境に戸惑う六花を尻目に、MVの撮影がはじまる。
第7話
不滅の恋人 第7話 戦地へ向かったフィと討伐隊。チャヒョンは手縫いの綿入れをフィに渡すため、なんと兵士に変装して一行についていく。チャヒョンの母は娘が討伐隊について行ったと気づき、あわてて夫に報告。ちょうどその場にいたカンが、自分がチャヒョンを連れ戻すと申し出る。
第4話
不滅の恋人 第4話 国王の側室がひそかに息子を出産する。カンを世継ぎにしたい伯父のヤンアン大君は、ある策を講じることに。チャヒョンが気になるフィは、彼女が傷の手当てをしてくれた手拭いに花の絵を描き、欲しがっていた青色の顔料を添えて届ける。だが、返事がないので、馬の描き方を教えると彼女を誘う。
第11話
不滅の恋人 第11話 フィとチャヒョンの祝言の日に謀反が起きた。フィは幼い王の身を案じ、宮殿に向かう。刺客の1人が謀反の首謀者は王座を狙うフィだと自白するが、チャヒョンは信じられない。宮殿に着いたフィは、王の居所に煙が出ているのを発見し、すぐに王を連れ出す。だが、そこにフィを捕らえに来た兵が現れて...。
第6話 僕たちは結婚できるのかな
こんな花のようなエンディング 第6話 僕たちは結婚できるのかな ウンは水泳を教えているおばさんたちに結婚について話を聞く。どうせ全ての準備をしてから結婚する人はいないから家はローンを組めばいいと聞き物件を探すが、ウンは少しずつ現実の壁を感じる。ジヒョはタクシーの運転手のおじさんに結婚しないのかと聞かれ、パン屋で子供と一緒にいる母親を見て結婚はまだまだだと考える。
予告編【こんな花のようなエンディング】
無料
こんな花のようなエンディング 予告編【こんな花のようなエンディング】 “それで、結婚はするの?” 20代中盤を過ぎたカップルがよくされる質問だ。ここに2組のカップルがいる。つきあって7年を超える20代中盤の同棲カップル。そしてつきあって1年を少し超えた30代中盤のカップル。このうち1組だけが結婚をする。長くつきあっている長寿カップルでも結婚適齢期に交際中のカップルでも恋愛の終わりにあるのは結婚なのだろうか。結婚はしたくないし、結婚は簡単なことではない独身と非婚がだんだん増えているこの時代にこのドラマはカップルの現実的な悩みに寄り添い時には率直な答えを与える。