「イ ジョンヒョン」の検索結果

今すぐ視聴する

【ジョンヒョン(SHINee),アイリン(Red Velvet)】第29回 (韓国2016年6月18日放送)
知ってるお兄さん 【ジョンヒョン(SHINee),アイリン(Red Velvet)】第29回 (韓国2016年6月18日放送) SHINeeのジョンヒョンとRed Velvetのアイリンがゲスト。ジョンヒョンには無関心でアイリンに夢中になっているお兄さんたちにジョンヒョンの不満が爆発!何とか自分に興味を持ってもらおうと頑張るが、全く効果が出ない。2時間目のダンスの時間では各チームに与えられたテーマでダンスを創作し発表する。(韓国2016年6月18日放送)
【SHINee出演】第50回 (韓国2016年11月20日放送)
知ってるお兄さん 【SHINee出演】第50回 (韓国2016年11月20日放送) SHINeeが学校を乗っ取るべくやって来た。前回ジョンヒョンが出演した時にお兄さんたちからないがしろにされたと復しゅうに燃えるSHINee。お兄さんたちと真剣勝負に挑む!大人気“ジョンヒョンゲーム”のニューバージョンも登場。 (韓国2016年11月20日放送)
第19話
花遊記<ファユギ> 第19話 プジャを殺したのがカン・デソンであることを八戒は知ってしまう。阿斯女がプジャを殺した男に協力していることを知り激高した八戒は、カン・デソンの家に向かう。突然の八戒の訪問に戸惑うカン・デソンは、チョン・セラを知っているかと問い詰められる。そこに魔王が現れ、うまく言いつくろって八戒を連れて帰る。魔王は興奮している八戒に、悟空の命懸けの計画を邪魔したくないからおとなしくしていろと言うのだが...
第13話
花遊記<ファユギ> 第13話 阿斯女は王にした男に裏切られて婚礼を挙げられず、悟空と婚礼を挙げたいと言う。悟空の魂を操ったと思っていた阿斯女だが、それは悟空の人形だった。悟空は阿斯女を始末しようとするが、ソンミに渡した弁当には毒が入っていると阿斯女に脅され悟空は急いでソンミのもとに駆けつける。幸いソンミは料理に口をつけていなかった。料理を食べた魔王も無事だったため、阿斯女にだまされたと悟空は憤る。
第17話
花遊記<ファユギ> 第17話 三蔵を殺す刀を須菩提祖師から奪った悟空は刀を隠してしまう。刀の存在を知った魔王は自分も利用されていたことを知る。そんな魔王のもとを訪れた三蔵は、この世の破壊されていく光景を見たと言い協力をお願いする。ところが魔王は、人間界のことにはもう関与したくないから勝手にしろと冷たく言い放つ。我が子が生きているのではないかと疑う魔王は、事実を知りたくてたまらない。一方、阿斯女は魔王を欺くために家出少年の遺体に魂を吹き込むのだが...
第2話
花遊記<ファユギ> 第2話 不幸が移ると、みんなからのけ者にされていた子供の頃のソンミ。そんなソンミを、いつか守ってくれる者が現れると慰めてくれるのは祖母だけだった。そして大人になったソンミは悪鬼に狙われていた。ソンミの血の匂いにつられてやって来る悪鬼を悟空が退治してくれたが、悟空にとって三蔵であるソンミは餌にすぎない。自分に食われろと言う悟空に、生きたいから守ってくれとソンミは頼む。悟空は15日間だけ願いを聞いてやるから食われろと言う。
第4話
花遊記<ファユギ> 第4話 ハンジュが還魂屍に殺されるかもしれないと聞いたソンミは、彼を助けてほしいと悟空に頼む。だが悟空はソンミ以外の人間は助けないと断る。助けてほしいのなら緊箍児を外せと言われ、ソンミはどうしようか悩む。そこへ魔王が現れ、緊箍児があるかぎりソンミの頼みを聞くはずだから緊箍児の力を信じろと言う。結局、愛の力にあらがえない悟空はハンジュを助けるのだった。魔王がソンミと契約していることを知った悟空は激怒し、魔王のビルを壊そうとする。
第15話
花遊記<ファユギ> 第15話 ソンミの体を奪った阿斯女は三蔵のように振る舞い、悟空はそれを知りながら気付かないふりをする。正体がばれていないと思っている阿斯女は悟空を誘惑するが、魔王の協力もあり悟空はうまく逃げ切る。香炉の色が青くなったら阿斯女と三蔵が入れ替わった証拠だから割るようにと、冬将軍は阿斯女の指示を受けていた。香炉がなくなったら三蔵は永遠に戻れなくなる。それを知っている悟空たちは早く香炉を取り返そうと膝をつき合わせて話す。
第18話
花遊記<ファユギ> 第18話 カン・デソンに会った悟空は、力とカネを与えるから同類を集めるように言う。カン・デソンは自分がトップの座についたら望みのものを提供するという取り引きだと解釈する。しかし悟空は完全に見下した態度を取り、絶対者だと思うように宣言する。今世に現れる悪鬼が黒竜だと悟空から聞いた魔王は驚き、3200年前に戦った時の黒竜の力は強大だったことを話す。三蔵に竜を入れて刀で斬れという魔王に、悟空はいい気がしない。
最終話
花遊記<ファユギ> 最終話 黒竜との戦いに勝ったものの、悟空は記憶を失ってしまう。水簾洞の外に出ようとしない悟空を外に出させるため、魔王はあの手この手を使うがうまくいかない。そこで天界をうまく丸め込み、ソンミを1日だけ人間界に下りてこさせることに。悟空はソンミを見て雑鬼だと思い込むが、ソンミは自分が緊箍児をはめた主だと説明する。ソンミの言葉を信じられない悟空は魔王に確かめるのだが、魔王には記憶を自分で取り戻せと言われてしまい...
第16話
花遊記<ファユギ> 第16話 眠っている悟空の腕から緊箍児を外そうとするソンミ。その瞬間に悟空は目を覚ます。なぜ石棺に入ったのかでもめている最中に、ソンミは悟空の酒の瓶を割ってしまう。ソンミは阿斯女の力がまだ体内に残っていることに気付く。悟空の部屋に食事を運ぼうとした悟浄は白鷺を見かける。悟空は悟浄に、生まれた時の三蔵の幻影を見た話をする。すると、赤ん坊の声がどこからか聞こえてくる。そこには白鷺の置いていった赤ん坊がいた。
第8話
無料
花遊記<ファユギ> 第8話 魔王の家でジョナサンとソンミは再会する。ジョナサンはソンミをモデルにした映画を撮ると言う。幼い頃、妖精さんを信じて待っていたソンミがまるで童話のように感じられたというジョナサン。妖精さんと会えたのかと問うジョナサンに、童話ほど美しい話ではないが会えたと答えるソンミ。キスをした悟空とソンミの仲は接近したかのように思われたが、魔王は悟空の作ったたれをソンミに見せて2人の仲を邪魔するのだった。
第11話
花遊記<ファユギ> 第11話 幼いソンミを無事に取り戻した大人のソンミ。三蔵の能力も戻り、ソンミは緊箍児を再び作動させて一件落着する。聖火ランナーに選ばれた魔王は、公衆の面前で男に刺されてしまう。回復の見込みは立たず、容体は深刻な状態であるというニュースがマスコミに流れる。妖怪の魔王が死ぬはずはないが、これを機に人間の自分は死ぬことにすると魔王は宣言する。魔王が死ぬのなら当然マ秘書も死ぬと言い、八戒も引退して死のうかと言い、沙悟浄は会長職を引退したら死ぬと、それぞれの計画を言う。
第12話
花遊記<ファユギ> 第12話 プジャの死体を埋めた2人の男を悟空は殺そうとする。そんな悟空をソンミが止め悲痛の叫びを上げると、悟空の心臓は締めつけられて血を吐いてしまう。悟空の心臓がソンミのせいでもろくなってしまったと魔王に言われたソンミは悲しみ、悟空を殺すかもしれないと言われてショックを受ける。屋上から投げられて大けがを負ったプジャを悟空は水簾洞に連れていく。プジャは自分を水簾洞で燃やしてほしいと悟空に頼むのだが...
第14話
花遊記<ファユギ> 第14話 羅刹女の苦しみを終わらせるために魔王は1万年分の苦痛を代わりに受けるが、耐えられずに途中で倒れてしまい目が見えなくなってしまう。魔王を家へ連れていきベッドに寝かせるが、魔王は寒いといって震える。八戒は夏仙女を連れていき部屋を暖めてもらうことにするが、そこには阿斯女と冬将軍のたくらみがあった。香炉を盗むために魔王の家へ入る口実が出来たのだ。冬将軍は偽物の香炉とすり替えることに成功し、阿斯女は自分の血とソンミの血を混ぜるのだが...
第3話
花遊記<ファユギ> 第3話 ソンミは血を流して自らを危険にさらし、悟空の名を呼ぶ。悪鬼がソンミを襲おうとするが、そこに悟空が現れる。腕にはめた緊箍児を見せて、自分はソンミを愛してしまったと言う。緊箍児はソンミが悟空にキスしたことで作動してしまったのだった。もう一度キスをしろと迫る悟空を拒むソンミ。一方、人けのない平原では女性が埋められようとしていた。血を流し死体となった女性を埋めようと、硬い地面を必死で掘る2人の男たち。ところが女性は生き返ってしまい...
第7話
無料
花遊記<ファユギ> 第7話 風邪をひいたという悟空のために沙悟浄は高麗人参スープを作ってあげる。風邪などひく体ではないはずだと言う魔王に、悟空の症状は風邪に間違いないとプジャは言い切る。食事の間中、魔王はずっとウインクをしていたが、薬の副作用のせいだった。苦しみを分かち合うためにみんなで一緒にウインクをしようと悟空は提案するが、プジャは目玉が取れてしまうのでできない。面白がっている悟空に対し魔王は、近々映画製作者を家に招待するからソンミも呼びたいと言う。
第1話
無料
花遊記<ファユギ> 第1話 小学生のソンミは周りの子たちに化け物と言われ、いじめられていた。ソンミの目には魔物が見えるのだった。そんなソンミの前にある日、牛魔王が現れて森の奥にある家から芭蕉扇を持ってくればソンミの傘と自分の傘を交換してくれるという。家の中では何が見えても聞こえても無視するようにという牛魔王の言いつけを破り、ソンミは声をかけてきた孫悟空と話をしてしまう。危ない時に名前を呼んだらいつでも助けに来るという契約を悟空と交わすのだが...
第5話
花遊記<ファユギ> 第5話 魔王は1930年代の記録映像を博物館に寄付し、功績を認められて大統領勲章を授与されることになる。みんなに自慢したくてたまらない魔王だが、誰もそのニュースに気付いてくれない。一方、妙なものが現れるといううわさのせいで客足が途絶えたモーテルが売りに出されると聞いたソンミは、様子を見に部屋へ行く。そこには呼んだはずのない悟空もいた。結局、悟空のおかげで悪鬼を無事に退治できたが、ティッシュケースの中から隠しカメラが見つかり...
第6話
花遊記<ファユギ> 第6話 三蔵の血を飲まされた魔王には三蔵を食べたい欲求が生まれてしまう。必死でこらえているのだが、悟空はそれを見て面白がる。ソンミがやって来ると悟空は、魔王の忍耐力をテストすると言い残して去ってしまう。ソンミと2人きりになり、次第に抑制が利かなくなっていく魔王。我慢の限界になり、ぎりぎりのところで悟空が現れてソンミを連れ出す。悟空はきょとんとしているソンミを自分のすみかである水簾洞へと連れていく。そこには数多くのお酒があり...
第9話
花遊記<ファユギ> 第9話 悪鬼を捕まえるため、ウエディングドレスに身を包みバージンロードを歩くソンミ。ドキドキしながら歩くが、無事に悪鬼を消滅させるとすぐにそのお芝居は終わりとなってしまう。悟空が運命の相手だと信じているソンミは、嫁に来いという悟空の言葉にまた心ときめいてしまう。一方、酔ったアリスに絡まれた時に写真を撮られスキャンダルになってしまった八戒は、本当はプジャとスキャンダルを起こして有名にしてあげたかったのだとアリスを責める。
第10話
花遊記<ファユギ> 第10話 子供の魂を本に閉じ込める悪鬼である書店の店主は、ソンミに頼まれて子供の頃のソンミを本の中に閉じ込める。そのせいで三蔵の能力も契約も店主に渡ってしまう。それを知った魔王は、緊箍児の能力も店主に渡るので今後悟空が愛するのは店主なのだと告げる。ソンミが三蔵でなくなったことによりプジャの体は腐敗が始まる。それを知った八戒は、ソンミをプジャに食べさせてプジャを救おうとする。襲われそうなソンミを魔王が助けに行くのだが...
最終話 王は愛する
王は愛する 最終話 王は愛する ソン・インからの脅迫状を手にしたウォンは、リンとともに馬を走らせる。その頃、サンはソン・インに連れられ馬車の中にいたが、サンの体内には毒が回りはじめていた。そこへ駆けつけたウォンは、ついにソン・インと対峙する。一方、王宮では元の役人による忠烈(チュンニョル)王への追求が行われていた。王座を巡る争い、父子の対立、そしてウォン、リン、サンの関係――すべてに決着を付けるべく、ウォンが最後に下した決断とは...。
第6話 逆謀
王は愛する 第6話 逆謀 ウォンは投獄されているリンを助けるため、リンの父親ワン・ヨンを訪ね、その手立てを伝える。サンもまた、自分のせいでリンが牢に入ったと思い悩み、父ウン・ヨンベクに助けを求める。そして、王宮で投獄されたリンの放免を嘆願する最高会議が開かれることとなった。その頃、牢にいるリンはひとり静かにサンに思いをはせていた。それぞれの思いが交錯する評議の末、忠烈(チュンニョル)王が下した決断は...。
第7話 採蓮(チェリョン)会
王は愛する 第7話 採蓮(チェリョン)会 元成(ウォンソン)公主が主催する採蓮(チェリョン)会が近づいていた。ジョンに嫁ぐことを決めていたサンは、最後の思い出として採蓮会に参加しようとする。そんなサンに対してリンは、7年前の事件のこと、サンがソファとして暮らしていることなど、すべて知っていると伝え、なんとか婚姻をやめるよう説得を試みる。一方、王宮では元成公主が、息子ウォンのために世子妃選びをしようと動き始めていた。
第5話 私の女人です
王は愛する 第5話 私の女人です 狩り場で忠烈(チュンニョル)王が矢で狙われた一件で、その証人が世子の配下に次々と殺されているという噂が広まっていた。一方、ついに母の敵(かたき)を見つけ出したサンは、その後を追って屋敷に忍び込むが、そこでは世子に矢を運んだ職人たちが死んでいた。職人たちを殺したとして捕らえられたサンは、尋問にかけられることに。話を聞いたウォン、そしてリンはそれぞれ尋問場に駆けつけるのだが...。
第9話 茶会
王は愛する 第9話 茶会 世子妃選びのため、王妃の御所で茶会が催された。そこにはウォンが出席させたダン、そして元成(ウォンソン)公主が急遽招いたサンの姿もあった。ついにソファの正体を知ったウォンは驚き戸惑う。茶会が開かれる前、リンが妹の身代わりとなって元へ行くと知ったウォンは、リンを殴る。ウォンはサンの前で、リンを元へは行かせないと誓うが、サンとリンが互いに目を合わせないように努めていることに気づく。
第12話 鳥籠の外の鳥
王は愛する 第12話 鳥籠の外の鳥 ウォンとリンは、ソン・インに捕らえられたサンを見つけ出す。しかし王命が下ったとして、サンはそのまま王の御所へと連れ去られてしまう。忠烈(チュンニョル)王はサンを返さないばかりかソン・インら家臣たちにそそのかされ、ウォンを疑い、さらには王妃の元成(ウォンソン)公主をも貶める。その振る舞いに我慢ならなくなったウォンは激しく父に刃向かうのだった。そしてついに世子の廃位が、王から命じられた。
第14話 証言
王は愛する 第14話 証言 ワン・ヨン、ジョン、リンの尋問が始まろうとしていた。ダンを世子妃候補から引きずり下ろしたい元成(ウォンソン)公主は、サンに母親が殺された事件にジョンが関与していたと証言をするよう指示をする。一方でウォンはリンたちを放免することをせず、サンにリンのために証言をしないでほしいと頼む。証言を目前にして、リンとの思い出が頭をよぎるサン。証人として尋問場に立ったサンの口から出たのは...。
第15話 亀裂
王は愛する 第15話 亀裂 元成(ウォンソン)公主は、サンに忠烈(チュンニョル)王との出会い、そして高麗に嫁いだ身の上について語る。そして世子を守るためにはウン家の財産が必要だと説く。一方、リンはソン・インに連れられ、世子となるはずだった従兄の江陽(カンヤン)君と会う。世子や王宮に対して、疑念を抱くサンとリン。こうしたソン・インの策略により、ウォンは徐々に孤立していくのだった。