「イサン 33話」の検索結果

今すぐ視聴する

おすすめの作品

♯104 キム・セロン/イ・サンヨプ (韓国2018年11月7日放送)
一食ください ♯104 キム・セロン/イ・サンヨプ (韓国2018年11月7日放送) ゲストは、演技力抜群2人が登場!俳優、イ・サンヨプと女優、キム・セロン!今回は、反浦面(パンポミョン)で一食に挑戦!ものまね作戦で成功を狙うイ・サンヨプ。また、ウォンビンの最年少パートナーのキム・セロンが語る映画“おじさん”のビハインドストーリー!徐々に暗くなる山の中で起きた一食大騒動とは?
【花よりおじいさん】(フランス・台湾編) 第6話
花よりおじいさん 【花よりおじいさん】(フランス・台湾編) 第6話 いつの間にか旅程の半分が過ぎ、スイスで新たに始まった、おじいさんたちのバックパック旅行。一行はスイスへ入るが、ベルンに着くなりパニックに陥るソジン。壊れたナビゲーター・ソジンとおじいさんたちは無事にツェルマットに到着できるのか?スイス2日目、アルプスの女王、マッターホルンと出会うおじいさんたち。大自然の風景に感動するが、予想外の試練がやって来る。
【花よりおじいさん】(フランス・台湾編) 第8話
花よりおじいさん 【花よりおじいさん】(フランス・台湾編) 第8話 平均年齢76歳のおじいさんたちによる、2回目のバックパック旅行が始まる。ロマンと情熱あふれるヨーロッパ旅行に終止符を打ち、再集結したH4。天恵の自然が息吹き、最先端の都市が共存する東洋の宝島、台湾にH4が現れた。しかし旅行開始早々、混乱に陥るおじいさんたち。おじいさんたちのパニックパレードが続く。果たして、彼らは無事にパニックから抜け出せるのだろうか?
【花よりおじいさん】(フランス・台湾編) 第13話
無料
花よりおじいさん 【花よりおじいさん】(フランス・台湾編) 第13話 「花よりおじいさん」のディレクターズカット版、第1弾。芸術家たちのアジト、パリのモンマルトルの丘。そこでおじいさんたちが触れた芸術魂とは?そして、実はおじいさんたちはドイツとの国境も越えていた。ローマ時代から温泉都市として有名なバーデン・バーデンに到着した5人。今まで隠されていたドイツ旅行記も公開。ヨーロッパ旅行編の未公開映像が盛りだくさん。
第58話 王妃の苦悩と愛
イ・サン 第58話 王妃の苦悩と愛 恵慶宮(ヘギョングン)の元を訪ねた元嬪(ウォンビン)は、流産の原因は王妃が送った薬ではないと告げる。実家から送られた薬を何も知らずに飲み続けたと元嬪は弁明するが、恵慶宮は叱責をする。 ホン・グギョンのことを信じ切れないサンは、民情視察に出かけた際にホン・グギョンが決めた予定とは異なる道を行くのだが...
第1話 三人の約束
無料
イ・サン 第1話 三人の約束 朝廷は権力争いの中にあった。英祖(ヨンジョ)は思悼世子(サドセジャ)を刑罰で米びつに閉じ込めた。夜になり、思悼世子の息子イ・サンは、閉じ込められた父の元へ向かう。 父が絵師だったソンヨンは、親戚の力で女官見習いとなる。ある夜、ちゅう房までお使いを頼まれた彼女は宮中で迷子になった...。
【花よりおじいさん】(フランス・台湾編) 第11話
花よりおじいさん 【花よりおじいさん】(フランス・台湾編) 第11話 台北のランドマーク、101ビルに到着したおじいさんたち。まずは台湾の代表料理である点心を存分に楽しむ。しかし出会いがあれば別れがあるもの。おじいさんたちはサニーと別れ、雰囲気は次第に静寂の中へ。ソジンは静寂を打破するため、新北投で温泉に入り、淡水で夕焼けを観賞する計画を立てる。ソジンはガイドとして無事に復帰できるのだろうか?
【花よりおじいさん】(フランス・台湾編) 第12話
花よりおじいさん 【花よりおじいさん】(フランス・台湾編) 第12話 1人、2人と去っていくおじいさんたち。それでもスンジェとシン・グ、ソジンのバックパック旅行は続く。山を越え谷を越え、長旅の末、3人は海抜3千メートルの大理石の絶壁が続く太魯閣峡谷に到着する。おじいさんたちは、その雄大さと自然の驚異に喜ぶが再び別れの時間が訪れる。スンジェが1日先に帰国し、シン・グとソジンは2人きりで最後の1日を送る。
【花よりおじいさん】(フランス・台湾編) 第14話(終)
無料
花よりおじいさん 【花よりおじいさん】(フランス・台湾編) 第14話(終) 「花よりおじいさん」のディレクターズカット版、第2弾は台湾編。放送では紹介されなかった旅行地、黄金の都市、金瓜石。遂に姿を見せる、ソジンの13番目の職業・鉱員。ヘルメットまで被り、完璧に鉱員に変身したソジン。そして50年のつきあいが物語る、次元の違う、おじいさんたちのおしゃべり。4人のオフレコ用の会話も大公開。
第4話 「ダメ!ゼッタイ!」
ニクいよっ!カルビくん~煙が目にしみる~ 第4話 「ダメ!ゼッタイ!」 「ダメ!ゼッタイ!」 上カルビになりたいというカルビくんの夢。そんなものはかなわないとセンマイさんは言い切る。ただし、方法がないわけではないと囁かれたカルビくんは・・・