「イサン 8話 動画」の検索結果

今すぐ視聴する

第48話 改革の始まり
イ・サン 第48話 改革の始まり ホン・グギョンは、老論(ノロン)派の息のかかっていない者たちで新たな護衛部隊を作ることをサンに提案する。 一方、王妃は、ソンヨンを呼び、側室になる意思があるのかを見極めようとする。
第8話 黒幕の正体
イ・サン 第8話 黒幕の正体 宴に来ていた茶母(タモ)がソンヨンだったと知ったサンは、ソンヨンに会おうとする。そのころ、ソンヨンはイ・チョンの頼みで、良家の奥方の肖像画を描くために出かけたが、帰り道でテスに恨みを持つ者たちにさらわれてしまう。 サンは、ソンヨンを助けるために兵を出す。
第18話 握りつぶされた王命
無料
イ・サン 第18話 握りつぶされた王命 サンと敵対する老論(ノロン)派は、サンが宮中で権力を掌握することを恐れ、英祖(ヨンジョ)を都に戻す。 病気の身で宮殿に戻った英祖を見たサンは、医官を追及する。しかし王妃は、国王が都に戻ったことを喜びもしないのかとサンを問い詰める。
第28話 怪しい人影
イ・サン 第28話 怪しい人影 英祖(ヨンジョ)により、サン暗殺未遂事件の調査を任されたホン・グギョンは、黒幕に揺さぶりをかけるため、事件の首謀者である王妃の兄キム・ギジュを拉致する。しかし、事件に関係があると見られた軍器寺(グンギシ)の役人が死体で発見される。
第38話 息子からの手紙
イ・サン 第38話 息子からの手紙 英祖(ヨンジョ)のひょう変に苦しむサンは、何かを思いつき、かつて思悼世子(サドセジャ)が英祖に渡すように伝えた絵を探し出す。ナム内官は、ソンヨンがその絵を見れば、隠された意味が分かるのではないかと助言する。 一方、ホン・グギョンは、英祖に処方される薬の材料から認知症なのかどうかを調べようとする。
第68話 別れ そして再起
イ・サン 第68話 別れ そして再起 ホン・グギョンが危篤だという知らせを受けたサンは、馬を飛ばして流刑地に向かい、見捨てたことを許してくれと涙ながらに謝罪をする。ホン・グギョンもまた、サンに対する忠誠心だけは偽りでなかったと訴える。 一方、親蚕礼(チンジャムネ)の儀式に出席したソンヨンは、婦人たちから難しい質問を投げかけられる。
第58話 王妃の苦悩と愛
イ・サン 第58話 王妃の苦悩と愛 恵慶宮(ヘギョングン)の元を訪ねた元嬪(ウォンビン)は、流産の原因は王妃が送った薬ではないと告げる。実家から送られた薬を何も知らずに飲み続けたと元嬪は弁明するが、恵慶宮は叱責をする。 ホン・グギョンのことを信じ切れないサンは、民情視察に出かけた際にホン・グギョンが決めた予定とは異なる道を行くのだが...
【花よりおじいさん】(フランス・台湾編) 第8話
花よりおじいさん 【花よりおじいさん】(フランス・台湾編) 第8話 平均年齢76歳のおじいさんたちによる、2回目のバックパック旅行が始まる。ロマンと情熱あふれるヨーロッパ旅行に終止符を打ち、再集結したH4。天恵の自然が息吹き、最先端の都市が共存する東洋の宝島、台湾にH4が現れた。しかし旅行開始早々、混乱に陥るおじいさんたち。おじいさんたちのパニックパレードが続く。果たして、彼らは無事にパニックから抜け出せるのだろうか?
第8話
空港に行く道 第8話 ミジンは早朝に男に送られて戻ってきたスアを見て、どんな関係で誰なのかと問い詰める。スアは特別な関係ではないと答えるが、その人のことが好きだと涙ながらに言ってしまう。一方、スアはヒョウンの担任からヒョウンが無断欠席をしたと連絡を受ける。ヒョウンはサッカー部に入るという希望が消えてしまい、いじめっ子たちが怖くて学校に行きたくないと訴える。
第38話 地獄の門番ペット・ショップ その1
ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース 第38話 地獄の門番ペット・ショップ その1 カイロの街でDIOの館の捜索を続ける承太郎たち。アヴドゥルのツテで、カイロに詳しいサングラスの男に館の捜索を依頼し、一行はしばらく待機することに。一方、単独で街を散策していたイギーは二匹の大型犬に絡まれる。イギーの眼力にひるんだ犬たちは、近くの館にいた鳥を次のターゲットに。だが犬たちが館に入り込んだとたん、氷柱で串刺しにされてしまう。突然の事態に驚愕するイギーの前に、一羽のハヤブサが姿を現し…。
第8話 新たな王妃選び
チャン・オクチョン 第8話 新たな王妃選び 痘瘡にかかった仁敬王妃は粛宗の胸のなかでこの世を去る。朝廷に返り咲いたミン・ユジュンを始め、官僚たちは早速次期王妃の選択を粛宗に迫るが、水面下ではミンの娘イニョンに内定していた。オクチョンはイニョンのために王妃の礼服、円衫を作るが、同僚のチャギョンにそそのかされ、出来上がった円衫に手を通してしまう。
第18話 換局
チャン・オクチョン 第18話 換局 粛宗が倒れたことで王宮は大騒ぎとなる。ミン・ユジュンはこの機にまたもオクチョンを亡き者にしようとするが、チンの助けで事なきを得る。チンはカン氏夫人の息子チスだった。チスはオクチョンに一緒に逃げることを促すが聞き入れない。その間にミン・ユジュンは東平君に接近、彼を立てて粛宗から王座を奪おうとしていた。