「イ・ソン」の検索結果

今すぐ視聴する

第1話
無料
仮面の王 イ・ソン 第1話 朝鮮王朝時代。怪しい毒を使う秘密結社、辺首(ピョンス)会は、強大な力で王や朝廷を支配していた。その力で王位に就いた国王に、世子(セジャ)イ・ソンが生まれる。王は息子までも傀儡(かいらい)にならぬよう、仮面で素顔を隠して育てる。世子の身代わりをたて、辺首会への入会を阻止するためだ。やがて成長した世子は仮面の理由を探るため、その秘密を知るという人物に会いにひそかに王宮を抜け出す。
第2話
仮面の王 イ・ソン 第2話 仮面を外して王宮を抜け出し、素顔で市民を装っている世子イ・ソンは、騒ぎに巻き込まれ、危ういところを良家の娘カウンに助けられる。仮面の秘密を探るため学者ウ・ボに会いに行こうとしていた世子は、書籍売りの「チョンス」と名乗り、彼女がウ・ボの弟子だと知る。さらに出会ったもう1人の弟子は、貧しい水売りの青年で、名は「イソン」。名字はないが、偶然にも世子イ・ソンと同じ呼び名だった。
第3話
仮面の王 イ・ソン 第3話 辺首(ピョンス)会の刺客コンたちに包囲された世子(セジャ)イ・ソンと護衛官チョンウン、貧しい青年イソンの3人。逃げきれないと思った世子は...。辺首会の首領テモクの孫ファグンは、祖父に世子を殺さないでくれと頼む。一方、カウンの父で王の忠臣ハン・ギュホは、世子の命令で水を管理する役所、揚水庁(ヤンスチョン)を調べ始め、背後の辺首会の存在に気づく。それを知ったテモクは世子の命を盾に国王を脅す。
第4話
仮面の王 イ・ソン 第4話 カウンの父が処刑される。世子(セジャ)イ・ソンが自ら処刑せよという辺首(ピョンス)会の命に従うため、手を下したのは仮面で世子を装った護衛官チョンウンだった。世子は打ちひしがれ、どうしたら辺首会を倒せるかウ・ボに尋ねる。世子の辺首会への入会式の日取りが決まる。世子の身代わりを見つけたい国王だが、辺首会の毒の影響下ではウソの名を突き通せないため、同じ「イ・ソン」という名のものでなければならない。
第5話
仮面の王 イ・ソン 第5話 辺首(ピョンス)会の首領テモクに父の国王と生母、親衛隊長も殺された世子(セジャ)イ・ソンは、護衛官のチョンウンとともに王宮の外へ逃げる。追っ手をまこうと別々に行動するが、一人追い詰められた世子は崖から落ちてしまう。テモクの孫娘ファグンは、ひん死の世子を見つけ、死ぬまで追い続ける祖父の手から守ろうとする。テモクは世子の身代わりを務めたイソンに、生き延びたければ仮面をつけて操り人形の王になれと命じる。
第6話
仮面の王 イ・ソン 第6話 世子(セジャ)イ・ソンの身代わりとなったイソンが「王」となって5年。辺首(ピョンス)会が牛耳る役所を探っていた世子は偶然、カウンが捕まっているのを見つけ助ける。世子の顔を見たカウンは、慕っていた「チョンス」だと思い名を呼ぶが...。世子は身分を隠し、今や全国の行商人に信頼される「頭領」となっていた。カウンはその「頭領」を訪ねる。一方、「王」にされたイソンは、辺首会の首領テモクを恐れて言いなりだった。
第7話
仮面の王 イ・ソン 第7話 辺首(ピョンス)会の銅の闇取引を調べている世子(セジャ)イ・ソンは、テモクの息子キム・ウジェが泊まる部屋に忍びこむが、先に侵入者がいた。何者なのか?テモクの孫ファグンは、「頭領」として再会した世子に協力していたが...。カウンは、父の無念を晴らしたければ「壷(つぼ)を捜せ」と言った亡き側室の言葉を思い出す。宮中に薬草を納めに行った際に王の温室に忍び込むが、「仮面をつけた王」に見つかってしまう。
第8話
仮面の王 イ・ソン 第8話 世子(セジャ)イ・ソンは、身代わりの「仮面の王」になっている友イソンが、対面したカウンにその正体を明かさなかったことを知る。大妃(テビ)は「王」が温室で会った女性の素性を調べるよう部下に命じる。カウンと会ったことは、辺首(ピョンス)会の首領テモクにも伝わる。一方、辺首会から銅を奪った世子は、行商人の「頭領」として大妃(テビ)に取り引きを持ちかけ、銅を渡す条件として朝廷の人事権を持つ官職の座を求める
第9話
無料
仮面の王 イ・ソン 第9話 カウンは辺首(ピョンス)会の刺客に襲われた「頭領」がやはり「チョンス」だったと知るが、彼が本当は世子(セジャ)イ・ソンであることはまだ知らない。世子を愛するファグンは、辺首会の首領である祖父テモクを5年ぶりに訪ねる。「頭領」に危害を加えないことを条件に、自分が跡継ぎになると申し出る。世子は共に闘うために官職に就いた師ウ・ボと、さらなる仲間を探す。一方、市場に突然ひん死の幼い少女ヤンが現れ倒れる!
第10話
無料
仮面の王 イ・ソン 第10話 大妃(テビ)に誘われたカウンは、亡き父の敵である「仮面の王」を廃位にすべく、女官になる決心をして宮殿へ。世子(セジャ)イ・ソンは彼女を止めようとするが、間に合わなかった。大妃(テビ)は、頃合いを見てカウンを側室にしてやると「王」に約束する。世子は行商人の「頭領」として、身代わりで「王」になったイソンに謁見。世子の生存を知ったばかりのイソン。公の場で、「王」と「頭領」が5年ぶりに交わす言葉は...。
第11話
仮面の王 イ・ソン 第11話 世子(セジャ)イ・ソンは、今こそ挙兵して辺首(ピョンス)会を一掃すべきだと将軍チェ・ホンに迫られる。世子が下した決断は...。大妃(テビ)は、本物の世子が生きていると将軍から知らされ、それがすでに会っていた行商人の「頭領」だと聞き驚く。女官になったカウンが大妃の客人に茶を持っていくと、そこにいたのは「頭領」だった。茶を飲んだ「頭領」に異変が。一方、「王」イソンはカウンへの思いを強めていく。
第12話
仮面の王 イ・ソン 第12話 大妃(テビ)は、辺首(ピョンス)会の首領テモクが、王の妃選びで実権を奪おうとしていることに焦る。大妃も敵だと知った世子(セジャ)イ・ソンだが、「頭領」として再び大妃を訪ね、辺首会を討つために協力すると持ち掛ける。「王」イソンは、自分のことを父の敵(かたき)だと思っているカウンにあることを話す。大妃は、辺首会が「王」に届ける鉢植えがやはり怪しいと感じ、今度は飾りの竹筒を持ってくるようカウンに命じる。
第13話
仮面の王 イ・ソン 第13話 王の妃選びの審査でお茶に毒が盛られ、大妃(テビ)やカウンたち候補者が倒れた。「王」イソンは、護衛役として同席していた世子(セジャ)イ・ソンに対し、カウンたちを守れなかったことを責めどなりつける。この事件の黒幕は...。世子は、ファグンが辺首(ピョンス)会の跡継ぎだと知って避けるように。ファグンは、顔を合わせても無言で立ち去ろうとする世子を呼び止める。だが、世子からもう会わないほうがいいと告げられ...。
第14話
仮面の王 イ・ソン 第14話 「王」イソンのもとに、世子(セジャ)イ・ソンから解毒剤が届く。喜ぶイソンだったが...。イソンはある決心をして、辺首(ピョンス)会の首領テモクに会い行く。王妃の最終候補3人に選ばれてしまったカウン。王妃以外の2人は側室になる決まりだ。心配するカウンに「頭領」から手紙が届く。側室にならぬよう連れ出すために迎えに来るという。その夜、カウンは「頭領」が待つ場所に向おうとするが、兵士に見つかってしまう。
第15話
仮面の王 イ・ソン 第15話 カウンが辺首(ピョンス)会の首領テモクに拉致されてしまった。世子(セジャ)イ・ソンは、助けたければ1人で来いという要求どおりにテモクの屋敷へ。テモクは手を結んで「王」にならないかと世子に持ち掛ける。そして世子の知らなかった事実を告げる。一方、知らせを聞いた「王」イソンもカウンを助けに向う。ファグンは世子を殺さぬよう祖父テモクに懇願するが...。やがてテモクは世子に辺首会への入会を迫る。
第16話
仮面の王 イ・ソン 第16話 世子(セジャ)イ・ソンは、辺首(ピョンス)会の首領テモクに大量の毒を飲まされて動かなくなり、野に捨てられた。「王」イソンは、世子がいなくなり、本物の王として振る舞い始める。そんなイソンをカウンは心配する。ファグンは世子の死を悲しんでいたが、再び祖父テモクのもとで仕事を始める。ひそかにある大きな決心をしていた。テモクは、毒の材料である大切なチムの花畑への侵入者の報告を受け、ファグンに調べに行かせる。
第17話
仮面の王 イ・ソン 第17話 ファグンがチムの花畑に火を放ったおかげで、世子(セジャ)イ・ソンは無事に少女たちを助け出す。テモクは、ファグンが辺首(ピョンス)会にとって重要な花畑を焼いたと知り、たとえ孫娘だろうと裏切り者は許さぬと激怒する。ウ・ボは、世子が毒に侵されると肩に名前の文字が現れることを本人に教えるが、自分の証言だけでは身分の証明は難しいと告げる。いよいよ王宮に戻ってテモクと対決すべきだと訴えるが、世子に迷いが...。
第18話
仮面の王 イ・ソン 第18話 王妃に選ばれたカウンは、一体どういうことかと「王」イソンに抗議する。イソンの答えは...。世子(セジャ)イ・ソンは、王座を取り戻して辺首(ピョンス)会を倒すことを決意。まずは王宮の中へ入る作戦を立てる。さらに、ある人物に協力を求める。王宮ではカウンが世子の身分を証明する文書が入った壺(つぼ)を捜していたが...。一方、「仮面の王」イソンは自分が本物の王となるべく、公の場で仮面を外す計画を進める。
第19話
仮面の王 イ・ソン 第19話 王宮で重臣の前にそろった2人の「仮面の王」。世子イ・ソンとイソン、どちらが本物の王か決着をつける時が来た。2人はそれぞれに証拠を示すが結論がでない。すると、辺首(ピョンス)会の一員のテホが2人の仮面を外すことを提案する。誰も王の素顔は知らないが、偽者の顔はわかるかもしれないと話す。世子が行商人の「頭領」として知られていることを逆手にとり、偽者だと指摘するつもりだ。そしてついに2人が仮面を外す...。
最終話
仮面の王 イ・ソン 最終話 王となった世子イ・ソン。まずは辺首(ピョンス)会の毒に侵された友イソンや大勢の人々を救わねばならない。ウ・ボがついに解毒剤を完成させるが、信用しない重臣たちは飲もうとせず、辺首会の首領テモクに命乞いに行かせてくれと訴える。するとカウンが効き目を証明しようと自ら毒を飲み、そして解毒剤を飲んでみせる。だが、カウンは意識を失い倒れてしまった。王イ・ソンは兵を率いてテモクの屋敷へ。最後の戦いの結末は?
episode 5 ジェイソンのバースデーにて
無料
MTV The Hills ~カリフォルニア・ガールのライフ・スタイル~ episode 5 ジェイソンのバースデーにて ローレンの元彼ジェイソンがLAに現れた。彼女にとっては嬉しい再会だが、彼の過去を知っているハイディは反対気味。ジェイソンはジョーダンと意気投合し、LAでの生活に仲間入り。ブライアンとオードリナの仲も深まっていく?ローレンはジェイソンの誕生日に向けて準備に大忙し。だけど思い通りにいかないのが現実...。
あのダイソンに強力ライバル!年末“お掃除戦争”
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 あのダイソンに強力ライバル!年末“お掃除戦争”  お掃除の季節。今、お掃除業界で“ある変革”が。「掃除機を制するものが業界を制する」とあって今、熾烈(しれつ)な闘いが行われているという。  ここ数年、「日本の掃除機業界の王様」と称されるのがご存じ「ダイソン」。世界初のサイクロン掃除機の開発に成功したイギリス発祥のメーカー。「吸引力の変わらない、ただ1つの掃除機」というキャッチコピーで1998年に日本で初めて発売され、現在では国内シェアナンバー1掃除機に。  ヨドバシカメラ・前村諒さん:「今年、特にはやった製品がございまして、V8スリムというモデル」「このフラッピーというモコモコしているブラシ、床面とぴったり密着することで空気を吸う穴と床が密着して、そこに空気がどんどん逃げていくので、どんどんごみが吸われていく」「今年の流行として、なるべく小型にして重さと音を抑えて、でも吸引力は落とさない」  しかし、今、ダイソンの牙城を崩そうとする「ダイソンキラー」の掃除機メーカーがあるという。ボストンで誕生した掃除機メーカー「シャーク」。去年7月、満を持して日本に上陸。10年間で累計5000万台以上を売り上げ、アメリカではダイソンを超えて掃除機マーケットにおいてシェアトップを獲得。違いは一体…。  ヨドバシカメラ・前村諒さん:「シャークの特徴がここにボタンが付いていて、これを押すと曲がる」  シャーク急成長の立役者となったのがゴードン・トム社長。実はライバル企業のダイソン日本法人初代社長を務めた人物。古巣のノウハウを知り尽くし、さらに日本…
第26話
無料
六龍が飛ぶ 第26話 遺体の周りを歩いていたイ・ソンゲ一派は、イ・ソンゲを攻撃する遺体の首に刃を向ける。イ・ソンゲへの攻撃を試みた者は最終的に自決。一方パンウォンは、その者の正体を調べるため、巡軍府へ遺体を探しに向かう。
予告編『ドクターズ~恋する気持ち』
無料
ドクターズ~恋する気持ち 予告編『ドクターズ~恋する気持ち』 キム・レウォン×パク・シネ主演 痛みを知るすべての人へ贈る、ピュアラブストーリー 人生でたった一度の愛。運命の再会を果たすことから始まるヒーリングラブストトーリー! 過去の心の傷を乗り越え、人間として成長も遂げるヒロインが共感を呼ぶ! またイ・ソンギョン(『恋のゴールドメダル』)、ユン・ギュンサン(『逆賊-民の英雄ホン・ギルドン-』)、キム・ミンソク(『太陽の末裔』)といった、今や主演級を飾る次世代スターが豪華共演!
第8話
六龍が飛ぶ 第8話 全ての人々を咸州に入れた戍将だというチョン・ドジョンは、イ・ソンゲに「都堂3人衆の悪事を暴き出し、新しい国を作ろう」と提案する。しかし、イ・ソンゲはこれを受け入れず、パンウォンは彼にある話をする。
第19話
六龍が飛ぶ 第19話 イ・ソンゲは2番目の夫人・カン氏との間に生まれたバンボン、バンソクと幸せに暮らしていた。一方チョン・ドジョンはチェ・ヨンとイ・ソンゲの関係悪化後、今はまだチェ・ヨンとの関係を絶つ時ではないと考えた。
第22話
六龍が飛ぶ 第22話 王は逃げたイ・ソンゲの家族を反乱軍と称して、チェ・ヨンに対し、兵士を集めろと指示。これに対抗するパンウォンとプニは、組織員に指示を下し、イ・ソンゲの部隊は崇仁門を突き抜けて宮中を占領した。
第1話
無料
恋のゴールドメダル~僕が恋したキム・ボクジュ~ 第1話 ボクジュはハノル体育大学重量挙げ部の期待の星。一方、同じ大学の水泳部に所属するジュニョンは常に練習では好タイムを出すが本番に弱い。ある日、校内を歩いていたボクジュにジュニョンが乗った自転車がぶつかり、ジュニョンは女物のハンカチを落としていく。そして新体操部のタイツとボクジュが大切にしている大会用のTシャツが無くなる騒ぎが起き、ボクジュはジュニョンを下着泥棒だと勘違いする。
第2話
無料
恋のゴールドメダル~僕が恋したキム・ボクジュ~ 第2話 プールに落ちたボクジュはジュニョンに助けられ、そのはずみでお互いに小学生の頃の幼なじみだったことを思い出す。ジュニョンはボクジュをデブだと言ってからかうのだが、それがボクジュは気に食わない。ジュニョンはからかいながらも、ボクジュとの距離が近づいていくのを楽しんでいた。ある日、ボクジュの父親が経営するチキン店から出前を頼んだジュニョンは、ボクジュが重量挙げをやりながら店の手伝いもしていることを知り、心を打たれる。
第3話
無料
恋のゴールドメダル~僕が恋したキム・ボクジュ~ 第3話 ボクジュはジェイの肥満クリニックを訪れるが、思ったよりも費用が高く、銀行の残高も足りなくて悩んでしまう。重量挙げ用の靴を買うことにしてお金をもらおうと考え、父の店へ行くが、おんぼろのバイクをガムテープで補修している姿を見て、何も言い出せなくなってしまう。そんな折、登山で1位になった人には賞金30万ウォンが出るという話を聞き、ボクジュは何としてでも1位を取ろうと頑張るのだが、ジュニョンに邪魔されてしまう。