「エア友達」の検索結果

今すぐ視聴する

第1話 僕達は友達が出来ない(´・ω・`)
無料
僕は友達が少ない 第1話 僕達は友達が出来ない(´・ω・`) 見た目が原因で友達が出来ない羽瀬川小鷹は、ある日の放課後、一人楽しげにエア友達と喋っている少女を目撃する。少女は友達を作るための部活を作り、小鷹を部員にしてしまうのだが、そこに学園の超有名人が訪れた。
第8話 スクール水着は出番がない\(^o^)/
僕は友達が少ない 第8話 スクール水着は出番がない\(^o^)/ せっかくの水着回なのだから、スクール水着の出番があって欲しい。
第11話 女子は浴衣姿がな、超可愛い(゜∀゜)
僕は友達が少ない 第11話 女子は浴衣姿がな、超可愛い(゜∀゜) 浴衣の下は付ける派? 付けない派? どちらにせよ、浴衣を着た女の子は可愛い。異論は認めない。
第10話 合宿は皆が寝ないヽ(゜∀゜)ノ
僕は友達が少ない 第10話 合宿は皆が寝ないヽ(゜∀゜)ノ 家に帰るまでが……とよく言うが、ぶっちゃけ旅行から帰るときが一番だるい。ならこう考えよう。少し長い通勤・通学時間だと。普段は早く帰りたいと思う人が、そう思えば苦にはならない。たぶん。
第12話 僕達は友達が少ない(`・ω・´)
僕は友達が少ない 第12話 僕達は友達が少ない(`・ω・´) 世の中、自分の思うとおりにならないことは多いが、何事も継続することは大事だと思う。例えば部活動。長く続けていれば、きっと良いことはある。これは断言する。
第2話 電脳世界は神様が居ない(゜Д゜)
僕は友達が少ない 第2話 電脳世界は神様が居ない(゜Д゜) 友達を作るにはゲームだ! 携帯ゲーム機の通信機能を使った協力プレイを練習しておけば、友達ができても慌てることもない。自分がホストで友達と繋ぐことがあるかもしれないので、マニュアルはきちんと見ておこう。
第3話 市民プールはフラグがない(;´Д`)
僕は友達が少ない 第3話 市民プールはフラグがない(;´Д`) 声が出るゲームをする場合は周囲に気をつけよう。できれば鍵のかかる個室で、イヤホンかヘッドホン使ってプレイするのが望ましい。漏れた音を聴かれたり、突然後ろに立たたれたりするのは友達であっても嫌なものだ。
第4話 後輩達は遠慮がないΣ(゜口゜;
僕は友達が少ない 第4話 後輩達は遠慮がないΣ(゜口゜; 人は見た目だけで判断してはいけない。いくら子どものように見えても、女の子のように見えても、白衣を着ていても内面は異なるかもしれない。先入観を持たずに接することが、友達になるために大事な一歩と言えよう。
第5話 今度はSAGAがガチな戦いヽ(`Д´)ノ
僕は友達が少ない 第5話 今度はSAGAがガチな戦いヽ(`Д´)ノ ヴァーチャルな体験を楽しむ方法として、装着時は自身が無防備になるため注意は必要だが、ヘッドマウントディスプレイは優れたデバイスである。ただし、周囲から奇異な目で見られることは回避不能でいたしかたない。
第6話 カラオケボックスは客が少ない(つд⊂)
僕は友達が少ない 第6話 カラオケボックスは客が少ない(つд⊂) カラオケ店も最近は多種多様なサービスを展開していて、ただ歌を歌うだけではないレジャースポットになっている。ただ、やっぱり安く歌えるところの人気は高いと、このあいだ見たテレビ番組では言っていた。
第7話 携帯電話は着信が少ない_| ̄|○
僕は友達が少ない 第7話 携帯電話は着信が少ない_| ̄|○ 現在の携帯電話は、スマートフォンとフィーチャーフォンの大きく2つに分かれているらしい。何が違うかというとよくわからない。とりあえず、通話とメールとWEBが見れればどれでもいいという人が大半であると思う。
第9話 理事長は追想が切ない(-_-)
僕は友達が少ない 第9話 理事長は追想が切ない(-_-) 自分の名前が変わっていてコンプレックスを持っている人に伝えたい。変わっているということは印象に残りやすい、ひいては名前を覚えてもらえやすいということである。大人になったらそのありがたみを感じるだろう。