「エド」の検索結果

今すぐ視聴する

ルノー・アルピーヌ
名車再生!クラシックカー・ディーラーズ ルノー・アルピーヌ 古い車を買い取るマイクとメカニックのエドがタッグを組み、クラシックカーをよみがえらせるシリーズ/今回の車はルノー・アルピーヌ A310。マイクはフランスでルノー・アルピーヌのA310を探していた。お目当ての車は見つけたものの、修理の時にエドが驚くべき発見をする。
ポルシェ 914
名車再生!クラシックカー・ディーラーズ ポルシェ 914 古い車を買い取るマイクとメカニックのエドがタッグを組み、クラシックカーをよみがえらせるシリーズ/ポルシェ914は昔の輝きを取り戻せるか?マイクは納屋で1970年代のスポーツカー、ポルシェ914を見つける。皮算用を始めるマイクだが、売れるようなコンディションまで持っていくためには、エドがかなり手を加える必要がありそうだ。
シボレー・コルベットC3
名車再生!クラシックカー・ディーラーズ シボレー・コルベットC3 マイクとエドには永遠の命題がある。それは"本物のスポーツカーとは何か"。そしてマイクが考えて出した答えは1968年式シボレー・コルベットC3。アメ車を象徴するデザインの車だ。中古のコルベットをエドがレストアするのだ。本物のスポーツカーによみがえらせることはできるのか?
ホンダ・シビックCVCC
名車再生!クラシックカー・ディーラーズ ホンダ・シビックCVCC エドは環境に優しく個性的な車にチャレンジしたがっている。そこでマイクが調達してきたのは1977年式ホンダ・シビックCVCC。クラシカルな美しさはないがレトロな車で、四輪市場からの撤退も考えていたホンダのピンチを救った車でもある。この車はエコだがエンジンは小さい。エドは燃費向上マニアも納得するような車に変身させることができるのか?
ベンツGクラス
名車再生!クラシックカー・ディーラーズ ベンツGクラス クラシックカーの買い付けを担当するマイクとメカニックのエドがタッグを組んで、クラシックカーをよみがえらせるシリーズ/メルセデス・ベンツのGクラスは高く売れるのか?今回マイクが購入したのは1992年型のメルセデス・ベンツのGクラス。人気の高い四輪駆動のドイツ車だ。エドはフロントエンドやテールランプなどを最新型のパーツと交換するが、採算は合うのか...。
ジャガーXK8
名車再生!クラシックカー・ディーラーズ ジャガーXK8 クラシックカーの買い付けを担当するマイクとメカニックのエドがタッグを組んで、クラシックカーをよみがえらせるシリーズ/ジャガーXK8はよみがえるのか?インターネット上で何百台と掲載されている車の中から、マイクが選び抜いたXK8。ベストな選択をしたと喜ぶマイクであったが、現実は厳しかった。どうやら相当な修理が必要となりそうだ。エドは予算内で修理することができるのか?難しいチャレンジに立ち向かう。
コブラ
名車再生!クラシックカー・ディーラーズ コブラ クラシックカーの買い付けを担当するマイクとメカニックのエドがタッグを組んで、クラシックカーをよみがえらせるシリーズ/今回修復するのはコブラのレプリカ。コブラのレプリカは価格の幅が広く、1万ドルで売り出されているものもあれば、4万ドルのものもある。マイクは走行距離の短い、未登録の車両を発見する。しかし登録するには、厳しい排ガステストに合格しないといけない。エドは力を入れて修理を始める。
BMW M5
名車再生!クラシックカー・ディーラーズ BMW M5 古い車を買い取るマイクとメカニックのエドがタッグを組み、クラシックカーをよみがえらせるシリーズ/BMWのM5をよみがえらせることはできるのか?マイクは安いが酷いコンディションにあったBMWのM5を購入する。この車を再生するには、かなり大掛かりな作業が必要だ。
episode47 闇の使者
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST episode47 闇の使者 カナマという集落にて、エド達一行はホーエンハイムと再会する。エドはホーエンハイムより、彼の身体の秘密や、お父様が翌日起こる“日蝕”を利用して、真理の扉を開けようとしている事を聞かされる。その後、エドはホーエンハイムに、ピナコより頼まれていた母トリシャからの遺言を伝える。それを聞いたホーエンハイムの反応は……。休息後、セントラルへ向かおうとするエド達の前に、突然アルが現れる。再会を喜ぶエドだったが、そのアルに対し、グリードの中にいるリンが異様な気配を感じ取る。
スバル・インプレッサWRX
名車再生!クラシックカー・ディーラーズ スバル・インプレッサWRX マイクが見つけ出したのはスバルのインプレッサWRX。今回はモダンな車を再生することになったのだ。都合よく、きれいなWRXをいい値段で見つけることができた。この車をさらにスピーディーにかっこよくすれば高く売れるに違いない。エドはそのためのアイデアを豊富に持っていた。どんな車に仕上がるのか?
デロリアン
名車再生!クラシックカー・ディーラーズ デロリアン 今回マイクが探しているのは映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」でお馴染みのデロリアン!ヨーロッパで探すのが困難なため、マイクは車の宝庫であるアメリカへ。理想的なデロリアンが見つかり、アメリカからイギリスまではるばる運ばれる。エドが予算内で修理しなければ利益を出すことはできないが...。
FSM・シレーナ105
名車再生!クラシックカー・ディーラーズ FSM・シレーナ105 マイクが今回訪れたのはポーランド。お目当てはFSM・シレーナ105。番組で扱った名車の中でもレアで、異色な車だ。シレーナは見た目も雰囲気も50年代らしい車。非常に変わっているため、ポーランド以外の国では知名度が低い。マイクとエドは手に入れたシレーナを再生し、さらなる価値を加え、高値での売却を目指す。
日産フェアレディZの海外モデル
名車再生!クラシックカー・ディーラーズ 日産フェアレディZの海外モデル マイクが買おうとしているのは日産フェアレディZの海外モデル「ダットサン240Z」。いい車だが、現在出回っているのはサビだらけで、いいコンディションのものはかなり値が張ってしまう。マイクは予算内で見つけるが、エンジンから異音が...。あとはエドの腕を信じるしかない。果たしてこの車で利益を出すことはできるのか?
ホンダS2000
名車再生!クラシックカー・ディーラーズ ホンダS2000 マイクとエドが今回レストアする中古車はホンダの車。ホンダの車をレストアするのは2人にとって初めてだ。マイクはS2000を探すがどれも高い。仕方なく賭けでエンジンに問題があるS2000を購入。修理にかけられるお金はわずか。無事に修理し、買い手を見つけることはできるのか。
モーガン
名車再生!クラシックカー・ディーラーズ モーガン 古い車を買い取るマイクとメカニックのエドがタッグを組み、クラシックカーをよみがえらせるシリーズ/今回よみがえらせるのはモーガンだ。マイクが今回探しているのはモーガン。クラシック・スポーツカーの代名詞ともいえる車だ。しかしモーガンはどれも高価。ようやくマイクの手が届いた車体は、かなりの修理が必要だった。
メルセデス・ベンツ500SEC
名車再生!クラシックカー・ディーラーズ メルセデス・ベンツ500SEC 今回、マイクは1983年式のメルセデス・ベンツ500 SECを入手する。エドと共にAMGに敬意を表しつつ、このクーペを修復。単に元の状態に戻すのではなく、パワーアップさせることにする。しかし、それにはいくつか問題があるのだった。果たして、2人は問題を解決して儲けを出すことができるのだろうか?
マセラティ・ビトゥルボ
名車再生!クラシックカー・ディーラーズ マセラティ・ビトゥルボ 今回マイクが手に入れたのは1985年式のマセラティ・ビトゥルボ。どうやら90年代初めに電気自動車として改造されたものらしい。初めて電気自動車を扱うこととなり、エドは喜ぶがマイクは不安に襲われる。果たして2人はマセラティの性能を向上させ、利益を上げることができるのだろうか?
1916年式キャデラック・タイプ53
名車再生!クラシックカー・ディーラーズ 1916年式キャデラック・タイプ53 今回マイクとエドが手に入れたのは1916年式のキャデラック・タイプ53。V8エンジンのロードスターだ。2人は休まず働き、キャデラックをクラシックカーのレースに出せるよう修復しようとする。約1万5000キロの距離を競う北京・パリ大陸横断ラリーに出そうというのだ。果たして、2人の野望は成就するのだろうか?
episode12 一は全、全は一
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST episode12 一は全、全は一 ダブリスに到着したエドとアルは師匠・イズミとの久方ぶりの再会を果たす。邂逅の余韻覚めやらぬ中、エドはイズミより父・ホーエンハイムの消息を伝え聞くことに。その晩、イズミと初めて出会った時の事を思い出すエド。母の死からまもなく、錬金術の腕を磨くためイズミに無理やり弟子入り志願したエドとアルだったが、2人を待っていたのはなんと無人島での一ヶ月サバイバル生活だった。イズミは言う「“一は全、全は一”、その答えを見つけなさい」。果たして2人の修行の行く末は?
モーリス・マイナー・トラベラー
名車再生!クラシックカー・ディーラーズ モーリス・マイナー・トラベラー モーリス・マイナーは頑丈でかわいらしい、とても使い勝手のいいイギリスのクラシックカー。その中でも木材を使った個性的なデザインのトラベラーは大ヒットした。マイクは中古のトラベラーを探すが値段が高く、状態も良くない。何とかまともな状態のものを購入し、エドが修復を始めるがとんでもないことに...。果たして高値で売ることはできるのか?
フォード・ポピュラー103E
名車再生!クラシックカー・ディーラーズ フォード・ポピュラー103E 今回マイクが買い付けを狙っているのはフォード・ポピュラー103E。昔マイクの父親が持っていた車で、いつか自分もほしいと子供の頃から思っていた車だ。しかしフォード・ポピュラーは高く、非常に珍しい。そのうえ状態がよくないことが多いのだ。案の定、マイクが見つけたのも状態がよくない。しかしこの車に決めることに。マイクとエドが求めているのはもはや利益ではなく、この車をいかに変身させるかだ。
フィアット・ディーノ
名車再生!クラシックカー・ディーラーズ フィアット・ディーノ クラシックカーの買い付けを担当するマイクとメカニックのエドがタッグを組んで、クラシックカーをよみがえらせるシリーズ/今回の車はフィアット・ディーノ・クーペ。マイクはレアなフィアット・ディーノ・クーペを探すため、イタリアを訪れる。求めていた車を見つけたものの、このままでは買い手を見つけるのは難しそうだ。エンジンもインテリアもボディパネルもすべて修理する必要があるのだ。
ダラック・タイプL
名車再生!クラシックカー・ディーラーズ ダラック・タイプL 今回再生するのは100年以上も前のクラシックカー、ダラックのタイプLだ。博物館に展示されてもおかしくないような車のため、エドが修復するにもパーツがなかなか見つからない。当時の輝きをよみがえらせるのはかなり手がかかりそうだ。この車でロンドンとブライトンの間をテストドライブできるのか?
リンカーン・コンチネンタル
名車再生!クラシックカー・ディーラーズ リンカーン・コンチネンタル マイクが見つけてきたのはアメリカの車、リンカーン・コンチネンタル。特徴的なスーサイドドアで1960年代の高級セダンの新しいスタンダードとなった車だ。エドはコンチネンタルらしさを残しつつ、現代にも合うような車に再生する計画だ。しかし車体が大きいため塗装だけでもだいぶ金がかかりそうだ。マイクはいい買い手を見つけなければならない。
サンビーム・アルパイン
名車再生!クラシックカー・ディーラーズ サンビーム・アルパイン マイクは最初のボンドカーとして知られる1963年式のサンビーム・アルパインを探し、サビのついていないレース用のものを入手する。性能を重視するタイプのお客には喜ばれそうだ。しかし高級感はあまりない。エドがエンジンを分解して、その性能を確かめた後、高く売れるように内装や外装に手を加えることにする。果たして、目標通りの利益を上げられるだろうか?
ポルシェ912E
名車再生!クラシックカー・ディーラーズ ポルシェ912E 今回、マイクは存在を忘れられがちなポルシェ912Eを探す。ポルシェ912Eは4気筒エンジンの需要に応えて北米市場で1年間だけ生産されたものだ。今では価格が高騰し、いいものが見つかりにくくなっている。そのような中でマイクは気に入ったものを発見。エドが電子式インジェクションシステムなどを修復する。果たして、ポルシェはかつての輝きを取り戻すことができるのだろうか?
episode20 墓前の父
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST episode20 墓前の父 エドとアルの父ヴァン・ホーエンハイムが久方ぶりにリゼンブールへ戻ってきた。だが母トリシャに多大な苦労をかけた彼に、エドは憎悪の感情を隠さない。エドたちが人体錬成を行ったことを知ったホーエンハイムは「それは本当にトリシャだったのか」と疑問を残す。翌日ホーエンハイムが村を去った後、エドはピナコと共にかつての自宅跡へと向かう。目的は、そこに埋葬された自らの罪の証―人体錬成によって作られた母の遺体を掘り起こすことだった。
episode26 再会
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST episode26 再会 “お父様”に会うため、グラトニーと共にホムンクルス達のアジトへ向かうアルとシャオメイ。途中、シャオメイを探すメイとスカーも、彼らの後を追い地下へと潜入する。一方、グラトニーの腹の中で、真の姿を現したエンヴィーと戦うエドとリンだったが、エンヴィーの体を構成する人々の姿を見たエドは攻撃をためらい、倒されてしまう。そのままエンヴィーに飲み込まれゆくエド。だがその途上、朦朧とする意識の中でクセルクセス遺跡にあった錬成陣を思い出したエドは、グラトニーの腹から脱出する方法を思いつく。
フォード・サンダーバード
名車再生!クラシックカー・ディーラーズ フォード・サンダーバード マイクが向かったのはカリフォルニア州。彼の狙いはフォード・サンダーバードだ。オリジナルデザインの2シーターを探している。この車が高級なパーソナルカーとして作られたのは60年も前。マイクは1台見つけるが、重要なパーツがなかったりし、修理をするのにエドは苦労しそうだ。2人はこのサンダーバードを不死鳥のごとくよみがえらせることができるか?
episode7 隠された真実
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST episode7 隠された真実 マルコーの研究資料を探しに国立中央図書館第一分館へやって来たエドとアル。 だが彼らが見たものは、すっかり全焼した分館の跡だった。マルコーの資料が本当に分館にあったかを確認するためエドたちは、マリア・ロス少尉の手配により、分館の資料に精通しているという少女、シェスカの元を訪れる。けれどそこで判明したのは、資料はやはり焼けた分館にあったという残念な事実。落ち込むエドたちだったが、それを見たシェスカは思わぬ奇策を提案する。