「エレオノーレ」の検索結果

「エレオノーレ」に関する情報は見つかりませんでした。
「エレ」に関する情報を表示しています。

今すぐ視聴する

#34 開口
進撃の巨人 #34 開口 鎧の巨人との戦いに敗れたエレンは、巨大樹の森で目を覚ます。そこにはエレンと同様に巨人化の能力を有する者たちがいた。巨人の巣窟となった森では、たとえ巨人になったとしても生き抜くことは困難であり、そもそも戦い終えたばかりのエレンには巨人になれるだけの体力はない。即ち今のエレンに出来ることは、巨人が動かなくなる夜まで大人しく待つことだけ。そんなエレンに、ある人物が「俺達の故郷に来てもらう」と語りかける。
#33 追う者
進撃の巨人 #33 追う者 エレン巨人は鎧の巨人をあと一歩のところまで追いつめたが、超大型巨人の頭部が落下してきたことにより形勢は逆転し、エレンは鎧の巨人に連れ去られてしまう。さらに、超大型巨人の発生させた熱と風圧が、その場にいた兵士たちに甚大なダメージを与える。倒れたミカサが目を覚ましたときには、既にエレンの敗北から5時間が経過していた。エレンを想って、涙するミカサ。そんなミカサやアルミンを、ハンネスは勇気づけるのだった。
#37 叫び
進撃の巨人 #37 叫び エルヴィンが引き連れてきた巨人の大群が、鎧の巨人に襲いかかる。まるで地獄のような光景が繰り広げられる中、調査兵団はエレンの奪還に何とか成功した。だが、退避する兵たちに向けて、鎧の巨人が他の巨人を投げつけてくる。その衝撃で落馬したエレンとミカサの前に出現したのは、5年前のあの日、エレンの母・カルラを食った巨人だった。憎き仇との因縁に自らの手で決着をつけるため、エレンは巨人となって戦おうとするが……。
#32 打・投・極
進撃の巨人 #32 打・投・極 「鎧の巨人」と「超大型巨人」がエレンの目の前に出現。激昂したエレンはすぐさま巨人化し、鎧の巨人の顔面に拳を叩きこむ。一方、超大型巨人は調査兵団が待機していた壁を破壊し、昏睡状態のユミルを捕らえて自らの口の中に放り込むのだった。調査兵団はハンジの号令のもと、一斉に超大型巨人へ襲いかかるが、巨人が全身から蒸気を噴出させたため、近づくことすら不可能となった。その頃、鎧の巨人を相手に苦戦するエレンは……?
#36 突撃
進撃の巨人 #36 突撃 森に突入しようとしていたエルヴィンの前に姿を現す、鎧の巨人。その肩には、ある人物の背中に括りつけられたエレンの姿があった。巨人に連れ去られる前に、何としてでもエレンを救い出そうとする調査兵団。しかし、鎧の巨人とその協力者に攻撃を仕掛けるミカサを、もう一体の巨人が何度も妨害するのだった。その巨人を殺さなくてはならないと、敵意を剥き出しにするミカサ。彼女の前に立ち、戦いをやめるよう呼びかけたのは――!?
#27 ただいま
進撃の巨人 #27 ただいま 巨人発見より5時間後、北の森に向かったサシャは故郷の村まで到達する。サシャの胸中によみがえる、父親との苦い思い出……。3年ぶりの故郷は最早、人の住める土地ではなく、その先に見つけた新しい村でサシャは凄惨な光景を目の当たりにする。一方で、急ぎウォール・ローゼをめざすエレンたちだったが、同行者の中には何故かニックの姿があった。ウォール教が知る壁の秘密を開示するべきか、彼は自分の目で確かめるという。
#30 ヒストリア
進撃の巨人 #30 ヒストリア エレンたちがまだ訓練兵団だった頃。とある雪山での訓練を終えた後、ふと気づくとクリスタとユミルの姿が見えなくなっていた。クリスタは訓練中に体調を崩したダズのそばについていて、また、ユミルはそんなクリスタに付き合っているうちに遭難してしまったのだ。吹雪の中、すっかり日も暮れて、息も絶え絶えなダズを引きずって山のふもとをめざすクリスタ。このままでは3人とも助からないという状況で、クリスタのとった決断は!?
#31 戦士
進撃の巨人 #31 戦士 ウトガルド城を取り囲んだ巨人の群れはユミルの活躍と、駆けつけた調査兵団の主力部隊によって撃退された。重傷を負ったユミルは治療のためトロスト区に送られることとなり、残った調査兵団は壁の修復作戦を再開することに。ところが、穴の位置を知らせに来たはずのハンネスは「穴はどこにもない」と報告する。穴がないのだとしたら、巨人はどうやって壁の内側に現れたのか? 疑問を抱えたまま、エレンたちはトロスト区で待機する。
#35 子供達
進撃の巨人 #35 子供達 日没まであと1時間。調査兵団の精鋭たちがついに巨大樹の森に到達した。目的はあくまで戦闘ではなく、エレンを見つけ出し奪還すること。だが、それでも危険な作戦であることに変わりはない。そんな中で、クリスタだけは絶対に助け出さなければならないと、ユミルの心に焦りが生じていた。ユミルは思い出す。貧民街で暮らしていた幼い頃と、その後の数奇な運命、そしてクリスタとの出会いを――。はたして、ユミルはどう動くのか!?
#26 獣の巨人
進撃の巨人 #26 獣の巨人 女型の巨人との戦闘の後、壁の中から発見された巨人。その正体を聞き出そうと、ハンジはニック司祭を激しく責め立てるが、ニックは脅しに屈することなく黙秘を貫くのだった。遡ること12時間前、ウォール・ローゼ南区で待機するコニーやサシャら104期生のもとに巨人が多数襲来したとの情報が伝えられる。巨人の群れが進む先には、コニーの故郷の村があった。コニーたちをそこへ向かわせるため、分隊長のミケがとった行動は……?
#28 南西へ
進撃の巨人 #28 南西へ コニーの故郷に人影は一切なく、代わりに残されていたのは一体の巨人が仰向けに倒れた姿のみ。失意のコニーの耳に届く、微かな声。それは巨人が発したように思われたが……。時を同じくして、リコ率いる駐屯兵第一師団精鋭部隊は東防衛線で巨人と交戦し、ハンネス率いるウォール・ローゼ対策部隊は壁沿いの道を偵察するも未だ一匹の巨人とも遭遇しないままだった。それぞれに胸騒ぎを覚えたまま、巨人出現から最初の夜が訪れる。
#29 兵士
進撃の巨人 #29 兵士 コニーやライナー、ベルトルトのいる南班、そしてクリスタとユミルがいた西班は暗闇の中で合流し、ウトガルド城という古城跡で共に夜を明かすことになった。だが、見張りが気づいたときには既に城の周りを大勢の巨人が取り囲んでいた。戦闘用の装備を持たない104期生たちは塔の中へ一時避難するが、突破されるのは時間の問題だった。巨人の侵入を防ごうと孤軍奮闘するライナー。彼の脳裏にフラッシュバックする記憶とは……?
ルパン三世TVSP #09 ワルサーP38
ルパン三世TVSP #09 ワルサーP38 ルパン三世TVSP #09 ワルサーP38 銭形警部が、ルパンのかつての愛銃・シルバーメタリックのワルサーP38で撃たれた! 犯人は、世界各国の要人暗殺には必ず関わっており、歴史を陰から操ってきたといわれる暗殺集団タランチュラのメンバーの一人だった。ルパンは、その銃を持つ者との因縁に決着をつけるため、サルガッソー海域の孤島にあるタランチュラの本部へと乗り込んでいく。だが、殺し屋たちに捕らえられ、毒を注入される。その毒の効果を抑えるためには、ボスのゴルドーに服従するしかなく、心ならずも暗殺者に仕立てられてしまった。ゴルドーはルパンを、格闘技での殺しを得意とする美少女エレンと組ませ、さっそく暗殺の指令を下す。ところがエレンは、タランチュラに嫌気が差した仲間たちと共に、島からの脱出を計画していた。そのためには、島を防衛している静止衛星のレーザー砲を破壊しなければならない。ルパンとエレンは、ゴルドーの命令に従うふりをして島を離れ、静止衛星のコントロール施設に潜入するが……。
#5 都庁展望室の異世界エレベーター
真夜中のオカルト公務員 #5 都庁展望室の異世界エレベーター 「異世界エレベーター」の都市伝説が噂される新宿都庁展望室に調査に向かう新たち。展望室で記憶を失う事件も続いていることで都庁から現地調査の許可が下りたのだ。新と榊が北、セオが南の展望室エレベーターに乗り込むと、新と榊が着いたのはアナザーが引き起こした異空間。そこには「あなたたちのそれ、頂戴」と妖しく微笑むアナザー、パンドーラが立っていた。パンドーラは新がアナザーと話せるとわかるやいなや榊だけ元の世界に戻す。探しているのは、ある喪失感だというが……?
#3:いよいよ発表会当日!一生懸命なこどもの姿にママ涙の感激
"癒されたい大人"に贈る!かわいいちゃんねる #3:いよいよ発表会当日!一生懸命なこどもの姿にママ涙の感激 "癒されたい大人"に贈る新ドキュメンタリー番組! 『かわいいちゃんねる』 かわいいこども達を見ながら、癒されちゃおうという番組 こどもたちの「かわいい」 が沢山詰まったドキュメンタリー いよいよ発表会当日!歌とダンス、いっぱい頑張った1ヶ月の集大成!
2005年型マスタング
カスタムカー 2005年型マスタング 映画「60セカンズ」に登場し、カーコレクターを魅了した“エレノア”。このマッスルカーを復活させるべく、カスタム界の巨匠チップ・フースや職人たちが集結した。ベース車に選んだのは2005年型マスタング。名車エレノアの後継車作りに挑戦する。デビューはカスタムカーの祭典「ウッドワード・ドリーム・クルーズ」だ。
#1:12人のちびっこ達を紹介!食べてる途中におねんね!?
"癒されたい大人"に贈る!かわいいちゃんねる #1:12人のちびっこ達を紹介!食べてる途中におねんね!? "癒されたい大人"に贈る新ドキュメンタリー番組! 『かわいいちゃんねる』 かわいいこども達を見ながら、癒されちゃおうという番組 こどもたちの「かわいい」 が沢山詰まったドキュメンタリー 12人のちびっこ達が大集合!今日は1人ずつ自己紹介!みんなの好きなことや得意なことを教えてもらおう!
#2:お歌とダンス練習!甘えん坊くんがママに会いたくて大泣き
"癒されたい大人"に贈る!かわいいちゃんねる #2:お歌とダンス練習!甘えん坊くんがママに会いたくて大泣き "癒されたい大人"に贈る新ドキュメンタリー番組! 『かわいいちゃんねる』 かわいいこども達を見ながら、癒されちゃおうという番組 こどもたちの「かわいい」 が沢山詰まったドキュメンタリー お歌とダンスの練習がスタート!一生懸命、練習に励むちびっこたち!でも・・・あれあれ?みんな大丈夫?
第5話 世界への道しるべ
メジャー 第4シリーズ 第5話 世界への道しるべ サンチェスに力の差を見せつけられた吾郎。そして、エキシビション・ゲーム(オープン戦)での初登板の日がやってきた。エキシビションとはいえ、メジャーの大舞台に緊張する吾郎だが、とにかく全力投球で対戦相手、エレファンツに挑んでいく。そして、4回までエレファンツ打線を2安打に抑えた吾郎だったが…。
第2話 金色のルナ
魔王様、リトライ! 第2話 金色のルナ 魔王が現れたという噂を聞いた「三聖女」の一人、ルナ・エレガントが魔王討伐に乗り出していた。 野営を終え再び神都へ向かう九内とアクの前に、山賊が現れ行く手を阻む。そこにルナが率いる部隊も合流してしまい乱戦となるも、九内はルナを捕まえ―――!?
Episode 13 さよなら、冥界の女神
Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア- Episode 13 さよなら、冥界の女神 ついに冥界の女神エレシュキガルと対峙した藤丸は、共にウルクを救おうと訴えかける。 しかしエレシュキガルはそれに応じず、彼らに襲い掛かってくる。ギルガメッシュやイシュタルの力を借り、エレシュキガルの心に問いかけていく藤丸だが…。 女神の職務を果たさんとする彼女との激しい戦闘は、マシュの宝具”ロード・キャメロット”にその命運がかけられる。
第十二話 愛の在り処
七つの大罪 戒めの復活 第十二話 愛の在り処 父親代わりであったジバゴの死を看取ったバンの前に、妖精の森で眠るはずのエレインが現れた!何者かに操られるエレインは恋人を愛しく思う気持ちを訴えながら、バンを傷つけてしまう。さらに〈十戒〉のふたりが姿を現し、バンの魂を狙う……!
第十四話 太陽の主
七つの大罪 戒めの復活 第十四話 太陽の主 バン、ジェリコ、そして蘇ったエレインの三人は、〈十戒〉のガラン、メラスキュラと対決しなんとか窮地を脱する。戦いに疲弊したバン、力の弱るエレインを背負い歩むジェリコだが、依然としてガランたちの魔の手が迫ろうとしていた。
第25話 よみがえれ!真実の愛
花より男子~Boys Over Flowers 第25話 よみがえれ!真実の愛 【第25話 よみがえれ!真実の愛】記憶が戻るよう、病室に手作りの弁当を置いていくジャンディ。だが同じ入院患者のチャン・ユミは自分が作ったと嘘をつき、ジュンピョは自分が思い出せない大切な人はユミだと勘違いする。そして2人は急接近。さらに、一緒に留学に行くことを発表。ジャンディは最後の手段でジュンピョの目の前で水の中に飛び込む。
エピソード9
ジャッカス エピソード9 ジョニーは消防車の前に立ち、毎分1230リットルもの放水を生身で受け止めようとする。ライアン、ウィーマン、クリスの3人は人間パチンコに挑戦。自らがパチンコの玉となり、湖に弾き飛ばされる。
エピソード11
ジャッカス エピソード11 ジャッカスのメンバーは、ジョニーが考案した“キン×マボール”に挑戦。全員ブリーフに赤い的を描いて輪になり、正面にいるヤツのキン×マをめがけてボールを投げつける。痛みに耐えられず負けるのは誰だ!?
【未公開】テミン100の質問!
【緊急延長戦】テミン100の質問! 【未公開】テミン100の質問! 8月1日の生放送「テミン日本初の公開生放送SP!」で、テミンが答えきれなかった質問を急遽放送決定!お楽しみに!
エピソード7
ジャッカス エピソード7 スティーヴォーは美容サロンに行き、ワックス脱毛に挑戦。痛みに耐えつつ、ビキニラインだけでなく眉や脇、胸も施術してもらう。脱毛の後はプールへ。高さ10メートルの飛び込み台から、なぜか竹馬で飛び込みに挑戦する。
エピソード8
ジャッカス エピソード8 ジョニーは「ローリング・ストーン」誌の表紙撮影へ。的にはりつけにされてペイント弾を打たれまくる。バムはまたもやオヤジ相手にドッキリ作戦を実行。椅子のネジを抜いてグラグラにしたあと、隠しカメラを仕掛けて待ち伏せする。
エピソード12
ジャッカス エピソード12 スティーヴォーは“人間洗浄機”に挑戦。ヒョウ柄のパンツ姿で車のボンネットに寝そべり、そのまま洗車機へ入り込む。プレストンはSMプレイにチャレンジ。合言葉の“オクラホマ”を言うまで、カゲキな女王様たちの暴走は止まらない。