「オトシアイ イタル」の検索結果

「オトシアイ イタル」に関する情報は見つかりませんでした。
「イタル」に関する情報を表示しています。

今すぐ視聴する

#487 ジャイアンの歌がやめられない
ドラえもん #487 ジャイアンの歌がやめられない ついついおせんべいばかり食べてしまうママ。気をつけようと決意した矢先にまたおせんべいに手を伸ばしてしまい、「おせんべい中毒かしら…」とつぶやく。その様子を見たのび太が、“中毒”を治す道具はないのかとドラえもんにたずねると、逆に中毒にする道具ならあると言って、『ヤメラレン』を取り出した。 さっそくのび太は、チューインガムとヤメラレンを一粒、ママに差し出す。ガムをかみながらおせんべいを食べることはできないため、ママを“チューインガム中毒”にしてしまおうと考えたのだ。 そんなとき、ジャイアンがリサイタルのチケットを配りにやって来た。チケットを押し付けられたのび太は、しずかちゃんやスネ夫を誘おうとするが、二人とも家から出てこない…。 しかたなく、ドラえもんと共にリサイタル会場の空き地に向かったのび太は、「どうせ聞かされるなら、ジャイアンの歌を好きになればいいんだ!」とひらめき、ヤメラレンを使って“ジャイアンの歌中毒”になることを思いつくが…!?
ベトナム戦争
歴史の分岐点 ベトナム戦争 ベトナム戦争でアメリカは10年以上にわたって軍事介入し、およそ6万人もの兵士の命が犠牲となった。介入のきっかけとなったトンキン湾事件から1975年のサイゴン陥落にいたるまで、数々の英雄的行為や戦略がとられてきた。ポイントとなった戦いや事件を当時の映像やCGを交えて解説する。
シボレー・S10
ピンプ・マイ・ライド ~車改造大作戦!~ シボレー・S10 サラが乗る88年式シボレー・S10はかろうじて走っているポンコツトラック。ボディのいたるところがサビて塗装は剥げまくり。ボンネットに至ってはもう腐食寸前だ。スペアタイヤはゴムやチェーンで無理やり荷台に固定されている状態。アルミクッションを貼っただけのヘッドライナーや色々取れるダッシュボードパーツ等インテリアも悲惨。しかし婚約者との沢山の思い出が詰まったこの車は彼女にとって家族であり人生そのもの。できれば乗り続けたいという彼女の願いは叶うのか!?
第44話 復活!恐怖の暗黒龍
魔神英雄伝ワタル2 第44話 復活!恐怖の暗黒龍 ついに父のイサリビとの再会を果たした海火子。だが、イサリビはドワルダーの手下に成り下がっていた。暗黒龍復活に必要なアソウカの地上絵も完成間近、夏鬼丸を駆ってドワルダー城に帰還したイサリビはワタル捕獲をシバラクとドツイタルに任せる。そして、自らは暗黒龍に命を吹き込むべく、仕上げの儀式に臨み…。
第6話 SECRET
無料
彼方のアストラ 第6話 SECRET ルカの父親マルコ・エスポジトは、ウルガーの仇だった。大切な兄を奪ったマルコに復讐するため、ウルガーは銃の腕を磨き、その機会をうかがっていた。ルカを殺せば、マルコに同じ苦しみを与えられる。その引き金に込められた憎悪に、ルカは……。
STAGE16 囚われ の ナナリー
コードギアス 反逆のルルーシュ STAGE16 囚われ の ナナリー 警察に撃たれたはずのマオが生きていた。ルルーシュに復讐を誓ったマオは、ナナリーを誘拐。制限時間内に救い出せるかどうかゲームをしようとルルーシュに持ちかける。危機を察したスザクは、ルルーシュとともにナナリーの救出に向かう。何とかナナリーを発見した二人だが、そこにはマオの仕掛けた巧妙なトラップが仕掛けられていた! 果たして二人は彼女を救い出すことが出来るのか?
第91話 死神とクインシー、よみがえる力
BLEACH 第91話 死神とクインシー、よみがえる力 バウントの真の目的は尸魂界を壊滅させることだと言う狩矢。その言葉に驚愕する一護。バウントとは、尸魂界が魂魄実験の副産物として生み出したものだったのだ。卍解できない一護は狩矢の猛攻に追い込まれていく。月牙天衝も通用せず、ついに動けなくなる一護。狩矢は一護の手から斬月をとりあげ、その刃を一護に向ける。その頃、織姫の治療を受けていたルキア達の前に、何者かの影が近付いていた。
第85話 涙の死闘!ルキアvs織姫
BLEACH 第85話 涙の死闘!ルキアvs織姫 リズに操られたルキアは、馬橋の命令通り織姫に攻撃を開始する。動揺しながらも瞬盾六花(しゅんしゅんりっか)で必死に防御する織姫。馬橋は、リズの能力で眠っていたルキアの死神の力を強制的に引き出す。ルキアは死覇装姿になって斬魂刀で織姫に切りかかる。ルキア相手に本気で戦うことが出来ない織姫は次第に追い詰められていく。その頃、なんとか浦原商店に戻ってきた一護は、重症の啓吾の治療を花太郎に託していた。
第109話 一護とルキア、廻天する想い
BLEACH 第109話 一護とルキア、廻天する想い 狩矢を倒して浄界章を全て封じることに成功して数日、一護達は現世へ帰るための穿界門の準備が整うまで思い思いの場所で体を休めていた。一護は恋次と供に回復の遅いルキアを見舞う為に朽木の屋敷を訪れる。元々藍染の反乱の際に霊力の大半を失っていたルキアは、回復しないままバウントの戦いに参加していた為に傷の回復に時間がかかっていた。一護たちは狩矢のこだわったバウントの歴史について話し、それぞれに自らの過去へと思いをはせていた。
第118話 一角卍解!全てを砕く力
BLEACH 第118話 一角卍解!全てを砕く力 壮絶な戦闘を繰り広げる一角とエドラド。偶然その場に居合わせてしまった啓吾は、戦う気配を見せない弓親に加勢しないのかと尋ねる。しかし弓親は「強敵との戦いを楽しんでいる一角に加勢してはいけない」と言う。一角のむちゃくちゃな攻撃をかわしたエドラドは、その戦法を冷静に分析し、「圧倒的な力の差を見せつけなければ一角は負けを認めないだろう」と判断する。その頃、「ディ・ロイ」を退けた一護とルキアの前にグリムジョーが姿を現していた。ルキアはその強大な霊圧に戦慄する。
27.PHASE-27 届かぬ想い
機動戦士ガンダムSEED DESTINY HDリマスター 27.PHASE-27 届かぬ想い アスランとキラたちの会談を監視していたルナマリアは、その調査データをタリアに提出するが、本物のラクスが何者かに命を狙われた件に関しては言い出せずにいた。一方ステラは、強化人間ゆえに通常の治療を施せないまま、徐々に弱り始める。そんな中、ネオはミネルバの追跡・破壊をジブリールに改めて厳命されて…。
第7話 その名はアルベール
ルパン三世 PART5 第7話 その名はアルベール かつて裏社会で「偽造の名人」と呼ばれていた男・ガストン。自分の孫が描いた絵に、ピカソのサインを偽造したら、大富豪ミスターBに買われてしまったのだという。ガストンから絵を取り返す依頼を受けたルパンは、首尾よくそれを盗み出す。しかし、手に入れた絵は異様なまでに本物のピカソに似ていた……。ルパンは、依頼に隠された真相を探ることにする。
第21話 時代遅れの大泥棒
ルパン三世 PART5 第21話 時代遅れの大泥棒 「ヒトログ」――ネットにある膨大なデータをAIが解析し、「その人物が何者なのか?」が客観的にわかる社会変革型SNS。シェイクハンズ社・社長であるエンゾの野心的なサービスに、混乱する世の中。ウィーンの美術館へ泥棒に来ていたルパンは、ヒトログにより居場所が特定されてしまう。逃げるルパンだが、逃走経路すらヒトログに瞬時に予測され……。
第23話 『老いたる象徴と風の分岐』
覇穹 封神演義 第23話 『老いたる象徴と風の分岐』 『紅水陣』の酸でボロボロの聞仲。 最後の力を振り絞り、『紅水陣』を破壊して黒麒麟と共に飛び去っていく。 一方、じきに落ちる金鰲島を予期した太公望は、 脱出の準備を楊戩たちに告げる。 そして「後始末をつける」と四不象に乗って、聞仲の後を追う。 普賢、武成王、十二仙たち、多くの仲間の死を胸に、 満身創痍の聞仲と対峙する太公望。 互いの譲れぬ信念をぶつけ合い、最後の戦いに挑む。 悠久の時を経て、いま封神計画が完結する!!
#471 秋の虫のリサイタル
ドラえもん #471 秋の虫のリサイタル ママからお風呂場の電気が切れたため、電球を買ってくるよう頼まれたのび太とドラえもん。結局、にらめっこで負けたドラえもんが買いに行くことに。買い物の帰りに、空地を通ったドラえもんは、鈴虫の音色に足を止める。 ドラえもんが草の中をのぞき込んでいると、一人のおじいさんが声をかけてきた。ドラえもんはおじいさんに虫の説明をしてもらいながら、のび太のために『吸音機(きゅうおんき)』で虫の声を吸い込み、『吸音缶(きゅうおんかん)』に入れて持ち帰ることを思いつく。 帰宅したドラえもんは、さっそくのび太に虫の声を聞かせようとするが、テレビに夢中ののび太は動こうとしない。ところが、その後テレビを見終わったのび太は、ドラえもんがお風呂場に行っている間に、テーブルの上に置いてあった吸音缶をジュースだとカンちがいして飲んでしまう…。 すると、のび太の声が虫の声になったからビックリ! 声だけでなく、イビキやあくびをした時でさえも虫の声がするようになってしまい…!?
第12話 二人だけの結婚式
百年の花嫁 第12話 二人だけの結婚式 2人きりで結婚式を挙げようとガンジュに提案したドゥリム。ドゥリムとの結婚を決意したガンジュは、夜のデパートでドゥリムにプロポーズする。ドゥリムがチャン家の前でガンジュの車を見送っていると、イギョンが家から出てくる。物陰から見ていたルミは、瓜二つの2人の姿に驚くのだった。帰る途中、ドゥリムの前に守護神が現れる。命を落としても彼と結婚したいかと問う守護神にドゥリムはそれでも構わないと答えるのだった...。