「オーストラリア ニュース」の検索結果

今すぐ視聴する

ラグビーW杯会場で下半身露出 豪州人の男逮捕
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 ラグビーW杯会場で下半身露出 豪州人の男逮捕  5日に大分市で行われたラグビーワールドカップの試合会場で、下半身を露出したとしてオーストラリア人の男が逮捕されました。  オーストラリア人で職業不詳のオリバー・ジョン・スティーブンソン容疑者(24)は午後4時10分ごろ、大分市の大分スポーツ公園総合競技場のグラウンドで不特定多数の前で下半身を露出した疑いで現行犯逮捕されました。警察によりますと、スティーブンソン容疑者は酒を飲んでいてグラウンド内に入り込んで法被を着て下半身を露出して走り回り、観客席に入ったところで警察官に取り押さえられました。会場では、ラグビーワールドカップのオーストラリア-ウルグアイ戦が行われ、オーストラリアが勝利を収めた直後でした。
海自観艦式に中国軍が初参加へ きょう駆逐艦入港
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 海自観艦式に中国軍が初参加へ きょう駆逐艦入港  中国海軍の最新鋭ミサイル駆逐艦が海上自衛隊の観艦式に参加するため、神奈川県の横須賀港に入港しました。中国が観艦式に参加するのは初めてです。  10日午前、中国海軍の最新鋭ミサイル駆逐艦「太原」は約200人の乗員とヘリコプター1機を乗せて横須賀港に入港しました。太原は14日に相模湾で行われる海上自衛隊の観艦式に中国海軍の艦艇として初めて参加します。今年4月には中国が主催した国際観艦式に海上自衛隊の艦艇が7年ぶりに参加するなど、両国の防衛交流は戻りつつあります。観艦式にはこの他にアメリカ軍やイギリス軍、オーストラリア軍、インド軍などの艦艇が参加する予定です。
“異例の流行”インフル猛威 背景にラグビーW杯?
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 “異例の流行”インフル猛威 背景にラグビーW杯?  病院にはワクチン接種を希望する人が殺到しています。今年、異例の早さで猛威を振るうインフルエンザ。感染拡大が懸念される背景には、ラグビーワールドカップの存在がありました。  都内のクリニックには、インフルエンザの予防接種を受けに来る人の姿がありました。8月下旬からインフルエンザの患者数が急増しています。国立感染症研究所によりますと、最新の患者数は4543人。去年の同時期に比べて4倍以上となっています。  異例の流行となっているインフルエンザ。その要因の1つと考えられるのが、グローバル化です。折しも、日本ではラグビーワールドカップが開催されて世界各国からラグビーファンが訪れています。ラグビーが盛んなオーストラリアなどがある南半球は、冬が終わったばかり。インフルエンザの影響が残っています。ここから来日した外国人観光客らが一緒にウイルスを持ち込んだ可能性があるというのです。また、大勢の人が集まって大声を出したりすることで、ウイルスが飛沫(ひまつ)感染するなど感染リスクが高まるといいます。  さらに、今なお続く季節外れの暑さがインフルエンザの流行を加速させているといいます。そこには思わぬ理由がありました。  先月の平均気温は西日本で統計開始以降3位、さらに、東日本では2位と記録的な暑さでした。なぜ、こうした“季節外れの暑さ”がインフルエンザの流行に拍車を掛けているのか。  厳しい残暑で秋になっても自宅や職場、学校でもエアコンで涼を取ります。新潟大学の齋藤玲子教授によりますと、こうする…
気候変動への対策求め世界各国でデモ 逮捕者続出も
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 気候変動への対策求め世界各国でデモ 逮捕者続出も  気候変動への対策を求める大規模なデモが7日、世界中で行われています。参加者のなかから逮捕者が出るなど各地で混乱が起きています。  太鼓をたたきながら行進する人たちに、血まみれになって道路に横たわって死体に扮する人たち。まるで何かのアート作品のようにも見えますが、彼らは地球温暖化対策の強化を求めて抗議の声を上げているのです。  7日に数千人が世界各国で行ったデモ。ロンドンでは、太鼓をたたきながら行進するデモ隊や道路に座り込んで抗議活動を行う人々の姿も。男性の足の上には「接着中」と書かれた紙が置かれています。彼は接着剤で手を道路にくっ付けて抗議を行っているのです。  オーストラリア・シドニーでは横断幕を掲げて行進。オランダ・アムステルダムではデモ参加者らが道路に寝転んで抗議を行いました。そして、アメリカ・ニューヨークの金融街のウォール街では、雄牛のモニュメントに上って旗を振る人や血まみれのシャツで道路に横たわって抗議をするなど、パフォーマンスのような過激な抗議活動が行われたのです。世界各国で行われたデモでは逮捕者も続出。警察官に引きずられながら連行されるデモ参加者の姿が各国で捉えられています。  今回のデモは「絶滅への反逆」という名前の団体が呼び掛けたもので、ロンドン中心部を封鎖するなどして抗議の声を上げました。この団体は、4月にも逮捕者1000人以上を出すデモを行っていて波紋が広がっていました。今後、デモは世界各地で2週間にわたって行われる予定です。

おすすめの作品

日本・屋久島
ノマド・シェフ 日本・屋久島 ノマド・シェフのジョックは日本にやって来た。降り立ったのは屋久島。ここで古くから続く日本の食の秘密に迫るのだ。海に向かった彼は、トビウオ漁に挑戦。タコの吸盤の刺し身や、鹿のレバ刺しを食べる。
二重生活
倒錯の心理 二重生活 禁断の二重生活を送る人々の秘密の生活をのぞく。アメリカではセールスマンとミイラの二重生活を送る男性。12時間もミイラになりきって生活するとか。オーストラリアではIT専門家とポニーの2つの顔を持つ女性。イギリスでは自分がいにしえの王だと信じている男性。メキシコではフワフワの動物になりきるシャイな男性。なぜ彼らの生活は禁断とされるのだろう?
苦痛と快楽の境界線
倒錯の心理 苦痛と快楽の境界線 苦痛を快楽とする禁断の人々は意外と身近にいるものだ。マーカスとバイオレットはアメリカのどこにでもいそうなカップル。しかし寝室では違った...。オーストラリアでは自分の血を使ってアートを作り出す男性。オランダでは自転車を愛しすぎる男性。そして再びアメリカではなんと300キロ近くもある女性。理想のパートナーを探す彼女はさらに体重を増やそうとしていた。
episode1 (字) セカンド・チャンス、スタート!
無料
アー・ユー・ザ・ワン? ~カップルたちのセカンド・チャンス episode1 (字) セカンド・チャンス、スタート! 歴代シーズンで結ばれた10組のカップルがオーストラリアで再会し、改めて自分の相手が運命の人なのかを見極めるとともに、毎週絆の強さを試すミッションで対決!これまで以上に予測不能な自由奔放な男女は、どんな行動に出るのか?!
新K-1伝説 #168
新K-1伝説 新K-1伝説 #168 12月8日、エディオンアリーナ大阪。優勝候補ゴンナパーが敗北する大波乱で幕を開けたK-1ライト級世界最強決定トーナメント。一回戦の後半戦では、不撓不屈の男、恭士郎がオーストラリアのインディゴ・ボイド。キャリア10年を迎える大沢文也は中国のリュウ・ウェイと対戦。世界最強の称号に一歩近づくのは果たして。
#5:【最終回2hSP】俺も大好き。クリスマスの告白、答えはハグで 今日好き13弾#5【もう好き第6弾#5つき】
今日、好きになりました。-第13弾 #5:【最終回2hSP】俺も大好き。クリスマスの告白、答えはハグで 今日好き13弾#5【もう好き第6弾#5つき】 ★最終回2時間SP!真夏のクリスマス、運命の告白★ 2日目夜、楽しいディナータイムを過ごすメンバーたち☆ しかし、ここなの目には大粒の涙が... 一体なぜ? 一方、しゅんに決めていたなつきは、最後の2ショットで別の男子に呼び出されて... 「まだ想ってくれてたんだ、、嬉しい。」 告白まで数時間。気持ちが揺れる!?その相手とは? そして迎える、運命の最終日。 「全部初めてで、よくわからないけど...これが”好き”なんだ」 初めての恋。 全力で恋した少女たちの、涙の告白。 その涙は、好きな人と結ばれた喜びの涙になる? 交差するそれぞれの想い、どうなるの...? オーストラリア2泊3日の恋、完結! ★アベマビデオ限定!もう好き第6弾最終回★ 今日好き特別編『もう1度好きになってもいいですか?』 略して「もう好き」の第6弾! るいとがしゅうかにサプライズプレゼント!♡ そして... 「これからもしゅうかの隣にいたいです」 2人の恋の行方は? もう好きはアベマビデオのみで見ることができます! アベマビデオで第1〜5弾も配信中! ※番組では「今日好きオーディション」等と称して街中で声をかけることは一切行っておりません。 ※番組をかたった悪質な怪しい声かけには一切応じないでください。
危険なゲーム
倒錯の心理 危険なゲーム 命がけで危険なことを日常的にしている人々を紹介する。アメリカではファイヤープレイという危険なSMプレイをする女性。オーストラリアではスリルのために危険な野生生物と戦う男性。ミズーリ州では自分の肉体に穴を開けて空中に吊るすパフォーマーを紹介。人は多少はスリルに魅力を感じるものだが、彼らの行動は禁断とされるべきなのか?
風変わりな男
倒錯の心理 風変わりな男 男らしさに関する固定観念から逸脱した風変わりな男たちに迫る。オーストラリアではぬいぐるみと食事に出かける大学教授。アメリカでは人魚の格好で泳ぐ夫。イギリスでは体の半分だけライオンの格好をして通りを練り歩く失業中の役者。イタリアではマッチョな女性が好きな男性まで。彼らの行為は確かに男性には珍しいが、禁断とされるべきなのか?
奇妙な情熱
倒錯の心理 奇妙な情熱 奇妙なものに情熱を燃やす禁断の人々を紹介する。アメリカでは中世の戦いに情熱を燃やす人がいる。戦いを忠実に再現しようとするあまり、骨折などのケガもいとわない。オーストラリアでは女性に踏まれるのが大好きな男性。フロリダでは毛織物が好きすぎる人たち。そしてタイでは危険なペットのサソリとベッドを共にする男性。彼らの禁断の世界を覗く。
今日好き発ユニット「みぎてやじるし ひだりてはーと」MVに田中アナ出演!!
無料
AbemaMorning【平日あさ7時〜生放送】 今日好き発ユニット「みぎてやじるし ひだりてはーと」MVに田中アナ出演!! 平日の忙しい朝、お出かけ前や通勤・通学の合間に、“いま起きているニュース”をスマートフォンなどで手軽にチェックできるニュース番組。テレビ朝日報道局を拠点に、各ジャンルの“最新ニュース”や、朝刊各紙の“気になる記事”をピックアップ。進行役は田中萌アナウンサー。六本木・けやき坂スタジオから公開生放送。