「ガラク」の検索結果

今すぐ視聴する

第3話 実験その5「キルトハイド」/実験その6「ガラクたん」
上野さんは不器用 第3話 実験その5「キルトハイド」/実験その6「ガラクたん」 水泳部部長・北長さんが訪ねてきた。 最近、水泳部にのぞきが出るらしく、上野さんに対策のための発明品制作を依頼していたのだ。 疑似立体映像投影装置「キルトハイド」―。 それを受け取った北長さんは、おもむろに水着を脱ぎ始めて…!?
「パンチとジュディ」の人形
アンティーク・ハンター 「パンチとジュディ」の人形 まずドリューが訪れたのはアクスブリッジにあるデパートだ。最近、閉館したそうで、彼の購買意欲が刺激される。ここではマホガニーとオークで出来た服飾品のカウンターやマホガニーの棚、クリスティーズの帽子箱、鋼鉄製の仕立てばさみなどを発見。
第29話 「泣くなジンゴロ! 愛と青春の発情期」
きまぐれオレンジ★ロード 第29話 「泣くなジンゴロ! 愛と青春の発情期」 言うことを聞かず暴れるジンゴロをパワーで押さえながら、くるみとまなみが帰ってきた。どうも最近ジンゴロの様子がおかしい。もしかしたら発情期?と思った恭介達はジンゴロのお見合い作戦を開始するが・・・。
第12話 JOURNEY GOES ON
ナカノヒトゲノム【実況中】 第12話 JOURNEY GOES ON 好調に進んでいる13番街メンバーは、褒美としてボーナスステージにチャレンジできることに。その内容は配られたコインを様々なゲーム機で増やし、景品と交換するというものだった。景品はパカチューシャやパカンヅメなど、アカツキしか喜ばないガラクタばかり。だが、その中には「なんでもリクエストを叶える券」があった。
10.PHASE-10 父の呪縛
機動戦士ガンダムSEED DESTINY HDリマスター 10.PHASE-10 父の呪縛 地球軍による核攻撃を知らされ、騒然とするプラント市内では、ラクスとそっくりの少女ミーアが、ラクスを騙って演説を始めていた。デュランダルはラクスの偽者を用意したことをアスランに白状し、新型機・セイバーガンダムをアスランに預けたいと言い出す。思い悩むアスランを、ミーアは食事に誘うのだった。
19.PHASE-19 見えない真実
機動戦士ガンダムSEED DESTINY HDリマスター 19.PHASE-19 見えない真実 ガルナハン基地を陥落したミネルバは、黒海の沿岸都市・ディオキアのザフト基地へ到着する。そこで、大歓声の中でミーアがラクスを演じている姿を見たアスランは驚く。一方、デュランダルはシンたちパイロットを迎え、戦果を労う。会話が進む中、デュランダルは経済の観点から戦争を望む者がいることを語り始めて…。
第17話 親子ってのは嫌なとこばかり似るもんだ
銀魂 第17話 親子ってのは嫌なとこばかり似るもんだ 将軍が姿を見せる祭りを前に、お登勢率いるかぶき町町内会一同は江戸一番の発明家、平賀源外の元に詰めかけていた。昼夜問わず騒音を立て、ガラクタばかりを作り続ける源外に、ついに堪忍袋の緒が切れたのだ。お登勢に動員された万事屋一同は、目には目をとばかりに大音量のカラオケで対抗するが、突如として現れたロボット「三郎」に阻止されてしまう。有無を言わさず源外の工房を河川敷に引っ越しさせた万事屋だったが、三郎をはじめ、源外が作り上げたロボットはみなボロボロに。将軍が列席する祭りにカラクリ芸を披露するために作り上げたという源外だったが…。一方、なにやら危険な雰囲気の男が江戸に姿を現すのだった。
鉄道駅の時計
アンティーク・ハンター 鉄道駅の時計 今回、ドリューはオックスフォードシャーにある邸宅を訪ねる。古典的な外観とは異なり、邸宅の中は変わった骨董品であふれている。ここでは19世紀のしっくいの額や雌ライオンの頭蓋骨、寺院の模型、ミラーボールを購入。その後、ニューキャッスルの近くにあるリサイクル店では、次世代の骨董商となる2人の若者と会う。ドリューは掘り出し物を求め、広大な土地を物色。ユニットシェルフや鉄道駅にあるような時計などを買う。最後はハンプシャーにあるホバークラフトの博物館を訪問。ヘリコプターのブレードが付いたトラックの模型やホバーカーの模型など珍しい品を見つけるのだった。
ダンテのフェイスマスク
アンティーク・ハンター ダンテのフェイスマスク まずは自転車の博物館を訪ねるドリュー。そこには「ボーンシェーカー」と呼ばれる初期の自転車など世界的に見ても珍しい品が所蔵されている。ここではチャペルチェアやコルクのヘルメット、消防車のライトなどを購入。その後、彼は右腕のティーと共にエディンバラの骨董品店に向かう。所狭しといいものが並ぶ店で、卓上ライトやのど飴の缶、ダンテのフェイスマスクなどを入手。そして最後に訪ねたのはブリストルにある築750年の家。北極探検のフィギュアのセットやおもちゃの車などを見つけて興奮するのだった。
トーネットのベンチ
アンティーク・ハンター トーネットのベンチ 今回ドリューは新境地を開拓すべく、右腕のティーと共に初めて北アイルランドへ買いつけに向かう。まず彼らが訪ねたのは、世界的に見ても貴重なジョージア王朝時代の大邸宅。ここでは19世紀のマホガニー製サイドテーブルや食器棚、ウイングバックチェアなどを発見。その後、ベルファストの中古品店を訪ね、ミヒャエル・トーネットがデザインした3人掛けベンチなどを購入。そしてパブ用の調度品や家具などを扱う会社を訪問し、カワサキの貴重なバイクに出会うのだった。
古き良きネオンサイン
アンティーク・ハンター 古き良きネオンサイン 今回はデボンにある邸宅を訪ねる。なんとこの邸宅は600年もの間、同じ一族によって受け継がれてきたという。ここでドリューは左官職人の道具や大理石のすり鉢などを発見。次に彼が訪ねたのはボーンマスにある一風変わった骨董品店。フランス製の時計や射撃の標的として使われるポスター、1960年代のネオンサインなどを見つける。そして最後に農業技術に関する会社を訪問。そこにはクロムめっきの施されたデスクチェアや、ダイニングテーブルに使えそうな鋳鉄製の脚などがあった。
ヘディンガム城の骨董品
アンティーク・ハンター ヘディンガム城の骨董品 今回ドリューは非常に保存状態のよい掘り出し物を探すため、ティーと共にエセックスのヘディンガム城を訪問。ここではアンティークのパイン材のテーブルなど見事なアイテムを見る。一方、ハンガーフォードの骨董品店では農業の実習に使われた穀物の見本やアールデコの壁掛け照明、真ちゅうの天井照明、人体解剖模型、昆虫の標本箱などを発見。ランカシャーでは自動車関連グッズを扱う業者を訪問。フォルクスワーゲンの看板や車の点検用ライトなど珍しい品を見つける。
ドイツの古城
アンティーク・ハンター ドイツの古城 今回はいつもより遠出してドイツへ向かう。1週間かけて、あらゆる掘り出し物を探すのだ。まずは14世紀に建てられた古城を訪問。おとぎ話に出てきそうな城だ。ここではオーク材のセンターテーブルや白鳥の装飾付きの壁掛け時計などを発見する。そして骨董品の収集家として有名なアンティークディーラーの自宅を訪問。ユニークなデザインのバイク「インディアン・スカウト」の初期モデルや医療用キャビネット、アクリル製のユニットシェルフ、映画スタジオの照明、カーニバル用のロバの頭などを見つける。その後、12世紀に建てられたグッテンベルク城を訪問。美しいコーナー用の椅子に心を奪われる。
荘園領主の邸宅
アンティーク・ハンター 荘園領主の邸宅 今回はウィラルにある荘園領主の邸宅を訪ねる。そこは骨董品店にもなっており、いい物が多くそろっている。ここではフランス製のアールデコの机やマホガニーのイギリス製デスクチェア、地球儀型の照明器具、クロム加工されたペンダントライトなどを見学。一方リバプールでは、教会の彫像を作る会社を訪問。幼少期のイエスの彫像やガラスドーム、天使のろうそく立て、壁飾りなどを見せてもらう。ドリューとティーは神のご加護を得て、希望通りに交渉を進めることができるだろうか。
ウォーターマス城の秘蔵品
アンティーク・ハンター ウォーターマス城の秘蔵品 ノースデボンにあるビクトリア朝様式のウォーターマス城を訪問。様々な骨董品が収蔵されており、家族向けのテーマパーク、そして博物館にもなっている。ここでホロフェーン社製のランプシェードやマホガニーのウォールライトなどを見物。ロンドンでは高級な骨董品を扱う店を訪ね、スペイン製の壁掛け棚や木の彫刻に見とれる。リバプールでは有名なパイプオルガン製造会社の工場を訪問。作業員の椅子やダイニングテーブル、ギターメーカー「フェンダー」のロゴ入り時計を気に入る。
第21話 「ラクダを買うぞ」
無料
フリージ 第21話 「ラクダを買うぞ」 「ラクダを買うぞ」 テレビで「クローン技術の最先端」というドキュメンタリーを見ていると、ウム・サイードが「こんなのつまんない、チャンネル変えて」と言い出す。適当にチャンネルを変えると、ラクダレースの番組に出くわす。そこへ、料理の配達からもどったウム・ハマスが入ってきて「そういえば、今日、料理届けた人はさ、二十一億円で競争用のラクダを買ったのよ。たかがラクダよ。」という。さらに「あの商売、絶対に儲かるわよ」とラクダで大儲けをしようと悪知恵を働かせる。あの手この手で、高く売れるラクダを探すのだが、最後にとんでもないドンデン返しが待っていた!
アーツ&クラフツ運動の家
無料
アンティーク・ハンター アーツ&クラフツ運動の家 今回、ドリュー・プリチャードはノーフォークにある美しい邸宅を訪ねる。中世の造形芸術への回帰と手工芸の復興を目指す「アーツ・アンド・クラフツ運動」の一環として建てられた家だ。そこで工場の照明やスツール、ラウンジチェアなどを見つけ、家の持ち主と値段交渉して買い付ける。その後、彼は同じくノーフォークにある巨大な風車へ。以前は博物館になっていたが、今は閉鎖されている。貴重なものは何も残っていないように見えたが、ビクトリア調の薬局の棚を発見。無事に購入する。その後自分のショップに戻り、買い付けたものをレストア。さらにエディンバラの骨董品店を訪れ、椅子などを購入。果たして各アイテムに買い手は現れるのか。
第4話
朱蒙 第4話 祭儀を欠席したことで父王クムワの怒りを買ったチュモンは、兄テソの取りなしで重罰を逃れるが、テソの真意はチュモンを翌日からの長旅に連れ出し、山中で命を落とすよう仕向けることだった。兄たちの胸の内を知らないチュモンは母ユファの激励を受け、プヨの神器「タムル弓」に拝謁するための旅に出る。 テソとヨンポは森で底なし泥沼に落ちたチュモンを見捨てるが、危ういところでチュモンはヨンタバルの娘ソソノが率いる貿易団の一行に救われる。商団はソソノがチュモンを縛り上げて連れまわすなか、ヘンイン国の将軍と取引が決裂して危機一髪となるが、忠実な部下ウテの活躍で危機は去る。そして、ソソノはチュモンがプヨの王子とも知らぬまま解放して別れる。一方、始祖山の祭壇にたどり着いたテソとヨンポは、弦さえ掛けられぬタムル弓の強靭さに驚く。兄たちがそのまま引き上げる途中、後から追ってきたチュモンは彼らの会話を聞いてしまい、兄たちの真意を悟る。チュモンは悲しみながらも祭壇にたどり着くが、簡単に弦を掛けて引き絞った弓を折ってしまい、さらに落ち込む。 テソとヨンポが悲嘆を演じながらクムワにチュモンの死を報告した直後、当のチュモンがふらりと宮殿へ帰還する。弓を見もせずに逃げ帰ってきたとクムワに謝るチュモンのふがいなさを激怒するユファに、チュモンは弓を壊してしまったこと、そして兄たちに命を狙われていることを涙ながらに打ち明ける。