「キム・ゴウン ウンギョ」の検索結果

今すぐ視聴する

おすすめの作品

【PR】オススメ番組「トッケビ〜君がくれた愛しい日々〜」
無料
トッケビ~君がくれた愛しい日々~ 【PR】オススメ番組「トッケビ〜君がくれた愛しい日々〜」 【韓流ドラマの最高傑作】 キミを見つけた。恋を知った。 究極のオトナ男子と天真爛漫なヒロインのピュアすぎる恋の行方は...!? 最上級のトキメキに包まれる、胸キュン♡ファンタジー・ラブロマンス。
第4話 胸に刺さる剣
トッケビ~君がくれた愛しい日々~ 第4話 胸に刺さる剣 胸に突き刺さる剣の存在には最初から気づいていたとウンタクに言われ、動揺するシン。「まだ生きていたい気もする」と言うシンに死神は、ウンタクをあの世に連れていくことを提案する。そんな死神に一度は感謝したシンだったが、住む家を失ったウンタクに「一緒に住まわせてほしい」と言われ再び動揺する。ひとまずウンタクを高級ホテルのスイートルームに泊まらせることにしたシンは、死ぬことも生きることも選べずにいた。
第5話 芽生え始めた恋心
トッケビ~君がくれた愛しい日々~ 第5話 芽生え始めた恋心 歩道橋で再会したサニーと死神は、カフェに行くことに。しかし死神は無言でコーヒーを飲み続け、しびれを切らしたサニーは話をするよう促す。ようやく会話を始めるも、死神は名前を尋ねられた途端に帰ってしまう。そして彼は自分に名前がないことを悩み始める。一方のシンはウンタクへの恋心を自覚し、彼女のために、この世を去ろうと決意する。そして剣を抜いてもらうために、ウンタクのホテル暮らしをやめさせ同居を始めるが...。
第6話 トッケビと死神の悩み
トッケビ~君がくれた愛しい日々~ 第6話 トッケビと死神の悩み 10年後の29歳になったウンタクの姿を見たシンは、ウンタクに剣を抜いてもらおうとする。ところが、剣を抜くことの本当の意味を知らないウンタクは、まずは自分の望みが何かを考えるようシンに言い残してアルバイトに行ってしまう。その頃、ドクファを連れてサニーに会いに行った死神は、職業を聞かれたり名刺を要求されたりして再び困惑する。“何も持っていない”死神と、ウンタクに剣を抜いてもらえないシンはそれぞれ意気消沈し...。
第7話 初恋
トッケビ~君がくれた愛しい日々~ 第7話 初恋 全国一斉の大学修学能力試験を終えたウンタクが帰宅すると、シンと死神とドクファがケーキで出迎えてくれた。これに感激したウンタクは、「トッケビさんと映画を観に行きたい」と願い事をし、2人で映画館に行くことに。楽しいデートになるはずだったが、シンの失態で台なしに。後日、ウンタクは推薦入試を受けに行った大学で、偶然にも初恋の相手テヒと再会する。2人が楽しそうに話す姿を目撃したシンは嫉妬し、テヒのもとに乗り込むが...。
第12話 神の問い
トッケビ~君がくれた愛しい日々~ 第12話 神の問い アルバイト中にこれまでに見たことのない不気味な幽霊に会ったウンタクは、死神の言葉を思い出し不安を感じる。ウンタクとのやり取りで、ドクファに神が憑依していたことに気づいたシンと死神。神はドクファの体を使って、シンには「なぜまだ生きているのか?」と聞き、死神には「なぜ神が記憶を消したと思うのか?」と質問する。その後、ドクファの祖父ユ・シヌ会長の名簿が死神の元に届き、トッケビの家は悲しみに包まれる。
第13話 死神に与えられた罰
トッケビ~君がくれた愛しい日々~ 第13話 死神に与えられた罰 死神は、記憶の消去などの特殊能力を私的に使っていたことや、名簿の情報漏えいの事実を冥界の監査チームに知られてしまい、懲戒処分を受ける。その罰として前世の記憶をすべて戻された死神は、自分がキム兄妹を殺したワン・ヨだったことを知り苦しむ。そして苦悩の末に、シンに自分を殺してくれと懇願するのだが、シンもまた、死神と過ごした日々や芽生えた友情を振り返ると、一族のあだ討ちをすべきかどうか迷い、苦悩するのだった。
第14話 忘却
トッケビ~君がくれた愛しい日々~ 第14話 忘却 パク・チュンホンからウンタクを守るために剣を抜いたシンは、ウンタクとの約束を守るために神のいない場所に1人残り、孤独と闘っていた。一方、シンと彼にまつわるすべての記憶を消されたウンタクはラジオのPDになるという夢をかなえたが、雨の日に情緒不安定になる症状に悩まされていた。シンがいなくなって9年後の初雪の日、ウンタクはロウソクに火をともして切実な思いで「誰か自分を助けてほしい」と願いをかける。
第15話 思い出の地へ
トッケビ~君がくれた愛しい日々~ 第15話 思い出の地へ カナダの街を散策するウンタクの前に突然シンが現れる。ウンタクはそんなシンを怪しむが、広告契約の恩があるため食事をごちそうすることに。10年前に2人で訪れた場所をたどりながら、シンは初恋の人との思い出を語る。だが記憶のないウンタクは自分のこととは知らず初恋話に嫉妬する。そして2人は思い出のレストランへ。自分に向かって“代表”と呼び掛けるウンタクを見て、シンは“未来は正しかった”と1人ほほ笑む。
第21話
無料
A-TEEN 第21話 ド・ハナは、キム・ハナが「ド・ハナと友達だったことはない」と話しているところを偶然聞いてしまう。 口論になった二人は、クラスメイトの前でキム・ハナの本名を明かしてしまい・・・