「ゴーン 疑惑」の検索結果

今すぐ視聴する

おすすめの作品

総集編
無料
Fairy gone フェアリーゴーン 総集編 【無料最速】「Fairy gone フェアリーゴーン」毎週水曜日22時30分に最新話を無料最速放送!【Abemaビデオで最新話無料】
日産 内田専務が社長に昇格 トップの若返りを図る
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 日産 内田専務が社長に昇格 トップの若返りを図る  日産自動車は新たな社長に専務執行役員の内田誠氏が昇格する人事を決めました。  日産自動車・木村康取締役会議長:「取締役会としては内田氏が今後の日産自動車を前進させるのにふさわしいリーダーであると判断致しました」  日産の新たな社長に就く内田氏は、専務執行役員で中国事業のトップを務めています。日産は去年、ゴーン前会長が逮捕・起訴され、その後、西川前社長がガバナンス改善などを進めていました。しかし、西川氏自身に過去の不正報酬問題が明らかになった後、先月に社長を辞任したため後任選びを急いでいました。日産は53歳の内田氏でトップの若返りを図り、ナンバー2のCOO(最高執行責任者)にはルノーの幹部だったアシュワニ・グプタ氏が就き、ルノーとの提携を強化しながら早期の業績回復を目指します。来年1月までに新体制に移行する方針です。
#90:大きなお節介!ラポーターが呂布カルマに提案するKOK賞金の使い道!
NEWS RAP JAPAN #90:大きなお節介!ラポーターが呂布カルマに提案するKOK賞金の使い道! What'sUPNEWS「ゴーン前会長法廷で無実を発言」「B・メイ辺野古移設中止呼び掛け」「豊洲初競り!マグロ史上最高3億円」などマイクリレーで注目ニュースを紹介!「前澤社長のお年玉総額1億円」をテーマのバトルにも注目!NEWSRAPANTHEMは「KOK優勝賞金の使い道」がテーマ!優勝をした呂布カルマへ贈る番組からの大きなお節介としてラポーター達が使い道を提案ラップ!中継コーナーはNONKEYさんが猫に?!
第2話 『狼の首輪と白鳥の羽』
Fairy gone フェアリーゴーン 第2話 『狼の首輪と白鳥の羽』 戦いの中、特異体質により妖精〝アッシュクラッド〟に取り憑かれたマーリヤだったが、 フリーの機転によりドロテアへ入隊する。早速、初任務へ遣わされるが、 現れたマフィアは、フリーの元戦友にして妖精兵ウルフラン・ロウだった。
第3話 『欲ばりキツネと嘘つきカラス』
Fairy gone フェアリーゴーン 第3話 『欲ばりキツネと嘘つきカラス』 ヴェロニカらが狙う〝黒の妖精書〟が発見されたとの報を受け、塔の都の妖精学者、カインとダミアンの元を訪ねるフリーとマーリヤ。そこに現れた謎の美女、スウィーティー。そのキャラクターに翻弄される二人だったが──
第4話 『せっかち家政婦とわがまま芸術家』
Fairy gone フェアリーゴーン 第4話 『せっかち家政婦とわがまま芸術家』 スウィーティーもまた、黒の妖精書が狙いだった。 妖精〝スクライカー〟を操り、黒の妖精書を奪い去ろうとするが、マーリヤの捨て身の攻撃により撃退に成功する。 だが本部へと戻るべく食事を摂っていたところ、彼女の差し向けた掃除屋に襲われ、マーリヤは絶体絶命の窮地に追い詰められる。
第9話『転がる石と七人の騎士』
Fairy gone フェアリーゴーン 第9話『転がる石と七人の騎士』 首相暗殺は未遂に終わり、暗殺を阻止したハイブランツ公ディーゼは褒賞としてこの世に七振りしかない〝妖精武器〟の所有を認められることとなった。 国宝でもある妖精武器〝フラタニル〟と共にディーゼの護送を命じられたフリー、マーリヤ、オズ、リリーたちは専用列車へと乗り込む。 そこへ襲撃者が現れ──
第1話 『灰かぶりの少女』
無料
Fairy gone フェアリーゴーン 第1話 『灰かぶりの少女』 大戦が終わり9年。 マーリヤ・ノエルは違法に妖精を取引するオークションで幼なじみ、ヴェロニカ・ソーンと再会する。だが彼女は、二人の故郷を焼いた男への復讐者となり果てていた。 潜入捜査していた違法妖精取締機関『ドロテア』のフリー・アンダーバーと戦うヴェロニカを、 マーリヤは止めようとし──
第5話 『黒い月と迷い子の唄』
Fairy gone フェアリーゴーン 第5話 『黒い月と迷い子の唄』 追い詰められたマーリヤの前に現れたのは、ヴェロニカだった。 妖精〝ブラッドドーター〟を操って戦う彼女。激しい戦闘に手が出せず、己の無力さに歯噛みするマーリヤだったが、その悔しさが最高潮に達したその時、〝アッシュクラッド〟が現れて暴走する。高熱が吹き荒れ、辺りは炎に巻かれてしまう。 一方、フリーも強力な刺客と対峙していた。
トランプ大統領の圧力疑惑 ウクライナ大統領否定
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 トランプ大統領の圧力疑惑 ウクライナ大統領否定  アメリカのトランプ大統領が大統領選挙のライバルであるバイデン前副大統領への捜査を進めるようウクライナに圧力を掛けた疑惑について、ウクライナの大統領は完全否定しました。  ウクライナ、ゼレンスキー大統領:「独立国家である米国の選挙にはどんなことがあっても干渉したくない」  ゼレンスキー大統領は10日のインタビューで、トランプ大統領から「脅迫を受けた事実はない」と明言しました。アメリカの下院では、トランプ大統領がウクライナへの軍事支援を再開する見返りにバイデン前副大統領に関する汚職疑惑の捜査を進めるようウクライナ側に依頼したとして弾劾(だんがい)調査が進められています。ゼレンスキー大統領はこの点について「アメリカの軍事支援再開はおろか支援が止まっていたことすら知らなかった」と主張しました。