「ゴーン 疑惑」の検索結果

今すぐ視聴する

おすすめの作品

サウジへの機密費 ゴーン氏自ら金額書き込んだか
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 サウジへの機密費 ゴーン氏自ら金額書き込んだか  カルロス・ゴーン被告(65)による日産の機密費を巡る特別背任事件で、ゴーン被告自らが書類に手書きで金額を書き込み、サウジアラビアの資産家に機密費を支出させていたとみられることが分かりました。  ゴーン被告は、ハリド・ジュファリ氏に日産の機密費1470万ドルを支払わせるなどして日産に損害を与えた罪などで起訴されています。機密費は4回に分けて送金され、このうち2011年に390万ドルを支払った際の予算申請書には、金額が後から手書きで書き込まれていたことが関係者への取材で分かりました。ゴーン被告が書き込んだとみられています。特捜部は、自ら金額を決めて支払いを指示したとみて調べているとみられます。24日に東京地裁ではゴーン被告出席のもと、公判前整理手続きが行われています。
東証が日産に改善策要求 ゴーン被告の報酬過少記載
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 東証が日産に改善策要求 ゴーン被告の報酬過少記載  日産自動車の前会長、カルロス・ゴーン被告の事件を巡り、東京証券取引所は日産に対して改善報告書をまとめ、提出するよう求めました。  日産は、前会長であるゴーン被告の報酬を実際より少なく有価証券報告書に記載するなどしていました。投資家を欺く行為が規定に違反したとして東証は日産に対して経緯や再発防止策をまとめ、27日までに報告書を提出するよう求めました。日産は人事や報酬の決定方法を変更する方針ですが、大株主のルノーが事実上の反対を表明していて、企業統治改革の行方が不透明になっています。
ノーカット!ゴーン容疑者「ビデオメッセージ」で無実主張
無料
Abema最新NEWSはここでチェック! ノーカット!ゴーン容疑者「ビデオメッセージ」で無実主張 4月11日に記者会見を予定していたゴーン容疑者の弁護士が公開したビデオメッセージをノーカット公開。「今起きていることは陰謀だ」と主張。
第8話
Fairy gone フェアリーゴーン 第8話 【無料最速】「Fairy gone フェアリーゴーン」毎週水曜日22時30分に最新話を無料最速放送!【Abemaビデオで最新話無料】
第9話
Fairy gone フェアリーゴーン 第9話 【無料最速】「Fairy gone フェアリーゴーン」毎週水曜日22時30分に最新話を無料最速放送!【Abemaビデオで最新話無料】
第10話
Fairy gone フェアリーゴーン 第10話 【無料最速】「Fairy gone フェアリーゴーン」毎週水曜日22時30分に最新話を無料最速放送!【Abemaビデオで最新話無料】
第11話
無料
Fairy gone フェアリーゴーン 第11話 【無料最速】「Fairy gone フェアリーゴーン」毎週水曜日22時30分に最新話を無料最速放送!【Abemaビデオで最新話無料】
第12話
Fairy gone フェアリーゴーン 第12話 【無料最速】「Fairy gone フェアリーゴーン」毎週水曜日22時30分に最新話を無料最速放送!【Abemaビデオで最新話無料】
ルノー側に重要ポスト用意 日産が要求受け入れへ
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 ルノー側に重要ポスト用意 日産が要求受け入れへ  日産自動車が提携相手のルノーに譲歩してルノー出身の取締役に経営に関わる重要ポストを追加で用意する方向で調整に入りました。  日産は前会長、カルロス・ゴーン被告による不正を防げなかった反省から、取締役の人選や役員報酬を社外取締役が中心となって決める「指名委員会等設置会社」という経営体制に移行する予定です。これには株主総会での承認が必要ですが、日産株の43%を保有する大株主のルノーが賛成しない意向を示し、委員会にルノー出身者を追加するよう求めていました。日産はルノーの要求を受け入れ、スナール会長に加えてボロレCEO(最高経営責任者)も委員会メンバーとする方向で調整します。
サッカーW杯 汚職疑惑でフランスの元名選手を拘束
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 サッカーW杯 汚職疑惑でフランスの元名選手を拘束  フランスサッカーの往年の名選手、ミシェル・プラティニ氏がワールドカップ開催地選定を巡る不正疑惑でフランス当局に身柄を拘束されました。  AFP通信によりますと、欧州サッカー連盟のプラティニ前会長は2022年のワールドカップカタール大会の招致を巡り、収賄などに関わった疑いがあるとして、18日朝に身柄を拘束されました。プラティニ氏は「身に覚えはない」とのコメントを出しています。プラティニ氏はヨーロッパの最優秀選手賞「バロンドール」を3度受賞するなどフランス代表のスター選手でした。2022年のワールドカップ開催地選定を巡る不正疑惑では、フランス当局がサルコジ元大統領周辺の関与も調べています。