「シークレットルーム」の検索結果

今すぐ視聴する

第1話
無料
シークレット・ルーム I ~栄華館の艶女たち~ 第1話 巷は判官の息子が性器を切断後に殺されるという「連続去勢殺人事件」の話で持ちきりだ。そんな中、栄華館の主であるゲウォルは山で倒れている若い女を助ける。その女は名前を「ヨン」といった。行く所のないヨンは栄華館に留まることになるが、ヨンは百年に1人と言われる名妓の体の持ち主であった。ある日、栄華館の客間の前で、事件に使われたと見られる切断具が発見される。つまり連続去勢事件の犯人は栄華館にいるということになるが...
第2話
シークレット・ルーム I ~栄華館の艶女たち~ 第2話 近頃、市場には女性に男性器を見せて歩く「トゥルマギ男」なる者が頻繁に現れるという。エランとダンビはトゥルマギ男の正体はチョなのではとの疑いを持ち、チョは疑いを晴らすためウンとトゥルマギ男を捕まえに出る。一方、栄華館にはメチャンが妓女としての初夜を過ごしたヤンヒョン大君が訪れる。メチャンは治色に参加しないヨンを良く思っておらず、ゲウォルにそれを伝える。そして天下一の妓女になると誓ったヨンも、いよいよ初夜を迎えることになるが...
第3話
シークレット・ルーム I ~栄華館の艶女たち~ 第3話 栄華館周辺ではまたも奇怪が事件が起こる。今度は有名な妓女たちが首をかんざしで突かれ殺されるという事件だ。一方でチョは博打に夢中になっている。当たり目を的中させ大金を稼ぐワンに秘訣を聞くと、かめ置き場に現れる幽霊が 当たり目を教えてくれるのだという。栄華館ではイ・ファドクという男に治色を施すことになるが、そこでヨンは大きな失敗をする。その責任を取ろうとヨンはイ・ファドクの家を訪ねるが...
第4話
シークレット・ルーム I ~栄華館の艶女たち~ 第4話 どんな女人でも春に雪が溶けるように落とすことができるという「漢陽最高の蜜蜂」チョン・ウソク。ウンはヨンと一緒に出かけた市場で、古い友人であるウソクと偶然出会う。しかしウンとウソクの間には大きなわだかまりがあるようだ。ウソクは過ぎた性交により、よく気を失うと、栄華館で治色を受けることに。ウンはヨンを置いて急に故郷に帰ると言い、その間にゲウォルはヨンにウソクとの交合を命じるが...
第5話
シークレット・ルーム I ~栄華館の艶女たち~ 第5話 陰狂症という心の病にかかった夫とその妻がいた。妻が栄華館に相談に行くとゲウォルは夫婦で治色を受けることを勧めるが、妻は夫を妓房に連れてくることを強く拒否した。妻はゲウォルの教えに従い自ら夫の治療にあたるが、心に怒りを持つ妻にその問題を解決することはできなかった。そしてある日、ダンビは栄華館の外で刺客に命を狙われる。それを助けたウンも重症を負った。その刺客を送ったのは...
第6話
シークレット・ルーム I ~栄華館の艶女たち~ 第6話 ヨンは治色に使う木の実を採るために山にいた。そして木の実を採ろうと石につまずいたところを、顔を布で覆った醜い男に助けられる。その男は火魔(ファマ)と呼ばれ、ある日強姦殺人の疑いで捕まってしまう。しかしヨンは火魔が罪を犯すような男には見えなかった。火魔本人も自身が陽萎症(インポテンツ)であることを告白し、容疑を否認した。ゲウォルは栄華館で火魔の傷を治療し、勃起の可否を確認しようと言うが...
第7話
シークレット・ルーム I ~栄華館の艶女たち~ 第7話 ダンビは色狂居士(セククァンコサ)という作家の書く官能小説に夢中だった。ある日、色狂居士ことピョン・ギスが治色のために栄華館を訪れる。ダンビは喜んで治色にあたろうとするが、官能小説を馬鹿にしていたはずのエランに横取りされる。一方で夜明けに夫人が強姦され自殺するという事件が起き、ウンは事件の犯人として捕らえられてしまう。メチャンはウンを助け出したい一心で、事件の真相を知る男に自らの体を捧げることを決意するが...
第8話
シークレット・ルーム I ~栄華館の艶女たち~ 第8話 ヨンは栄華館を離れ、実家があるパウィ村に向かった。しかし両親が住んでいるはずの家には知らぬ男が住んでいて、その男によればヨンの両親は4カ月前に両班(ヤンバン)の家で撲殺されたという。ウンとゲウォル、義禁府のキム・シウォンはヨンを捜し出そうとするがなかなか見つからない。途方に暮れたヨンは偶然会ったファヨンという夢遊病の女に治色を施すことを申し出る。ファヨンは死んだ恋人と夢で会い、性交をしているというのだが...
第9話
シークレット・ルーム I ~栄華館の艶女たち~ 第9話 狙われ続けるヨンと一緒に戦おうと、ウンはヨンを連れて栄華館に戻ろうとしていた。ウンは立ち寄ったクッパ屋で、ゲウォルが栄華館からいなくなったと聞く。急ぐあまりウンはヨンとはぐれてしまい、その隙にヨンは誘拐される。気が付くとヨンは世子が療養しているという別宮にいて、ヤンヒョン大君に世子の治色を依頼される。世子はあらゆる女性を拒み、それを理由に廃位に追い込まれる危機に立たされているそうだが...
最終回
シークレット・ルーム I ~栄華館の艶女たち~ 最終回 世子はヨンが15年前に世子嬪に選んだユン・ジョンヒョン大監の娘、テヒであることに気づくが、ヨン自身はその記憶を完全には取り戻せずにいた。もしその記憶がすべて取り戻されれば、クォン・ソンシク大監の悪事が暴かれることとなる。世子はヨンに王室に残ってほしいと願うが、ヨンはそれを拒む。なかなかヨンを仕留められないクォン大監たちは、メチャンを使い世子の暗殺を企てるが...
第1話
シークレット・ルームII~栄華館の艶女たち~ 第1話 日本で精神科医として働くジョンソンは、同胞である韓国人患者が事故で亡くなり、ひどく落ち込んでいた。そんなある日、朝鮮から電報を受け取る。そこには祖母が死に、遺産相続のために帰国しろと書いてあった。ジョンソンは朝鮮に戻り、祖母の遺産である「栄華館」という妓房を訪ねる。さらにはその妓房を継いでほしいとの遺言が残されていた。戸惑うジョンソンだが、祖母が個人金庫に預けた物があると聞き、それを取りに行く。するとその銀行で爆破事故に巻き込まれ...
第2話
シークレット・ルームII~栄華館の艶女たち~ 第2話 ファヨンの友人である女優ユン・ヒョンドクの不倫が話題になっている。そして知識人である夫のイ・ユンは「どんな罪を犯そうともこの世で愛するのは妻だけだ」という意味深な発言をするのだった。ファヨンはヒョンドク本人に真意を確めようとするが、「心は夫を愛していても、体が男を欲しがる」のだという。ある日、ホテルの一室で昏睡状態になっているヒョンドクをイ・ユンが見つけ、ファヨンを呼び出す。一方でソヌは、ジョンソンの祖母が個人金庫に預けていた鍵を手に入れようと企むが...
第3話
シークレット・ルームII~栄華館の艶女たち~ 第3話 自他ともに認めるモダンボーイ、パク・ヨンウがある日、栄華館を訪ねてきた。完璧に見える彼だったが、いざというときに男性器が役に立たなくなるらしい。ジョンソンはファヨンに治色を頼むが、ファヨンは妓房にいたことを知られたくないと、それを拒む。仕方なく治色はジョンソンが引き受けることになったが、ヨンウが栄華館を訪れたのにはまた別の理由があった。一方でソヌは変わらずジョンソンに近づき、図書館で愛を告白しキスをするが...
第4話
シークレット・ルームII~栄華館の艶女たち~ 第4話 その日、栄華館を訪ねたのは富豪のイ・ヨンイクという男性と3人の妾だった。なんでも、体の弱かった前妻が子供を産むことなくこの世を去ってしまったため、3人の妾の中で先に息子を産んだ者を正妻として迎えるつもりらしい。ジョンソンは男児選好思想に陥っているイ・ヨンイクには治色をしたくないと言い、代わりにファヨンが治色を担当することに。一方、ソヌはパク・ヨンウを殺しながらも素性を隠し、ジョンソンとの仲を深めていくが...
第5話
無料
シークレット・ルームII~栄華館の艶女たち~ 第5話 ジョンソンは治色日誌から「乙巳年5月、枯れない桜の木の下に朝鮮復活の種を封印する」という暗号めいた文章を発見する。実際に庭にある桜の木の下を掘ってみるが、そこには犬の骨が埋まっていただけだった。ある日ソヨンとウンファが路面電車に乗っていると痴漢に遭い、ナカムラ巡査らとともに犯人探しを始める。また栄華館には大学教授である夫とのセックスレスに悩む妻が相談に訪れるが、捕まった痴漢の顔を見ると...
第6話
無料
シークレット・ルームII~栄華館の艶女たち~ 第6話 ソヨンは英語が話せないことをウンファに馬鹿にされ、英語を習うことにするが、外国人に騙され、治色日誌を質に入れた挙句その金まで持ち逃げされてしまう。ジョンソンは質屋に行き日誌を返してもらえるよう頼むが当然応じてもらえず、主人に治色を施す代わりに日誌を返してほしいと提案する。一方でソヌは愛を確めようとするファヨンをホテルに呼び出して強引に彼女を抱き、自身の身の上について告白するが...
第7話
シークレット・ルームII~栄華館の艶女たち~ 第7話 ある日ウンファは新聞に載る。その理由は決して自慢できることではなく、朝鮮最高の弁士と呼ばれるソ・サンフンとの不倫がバレたためだった。ソ・サンフンは「離婚王」とも呼ばれ、これまで4人の女性と離婚をしていたが、ウンファはその男と結婚すると言って聞かない。一方で鐘路派に戻ったウンチョルはササキに撃たれそうになるが、それをかばったソヌが重症を追う。ジョンソンに会いたいと言うソヌを栄華館に運ぶが...
第8話
シークレット・ルームII~栄華館の艶女たち~ 第8話 ナ・スネという女性がいた。彼女は学校で倫理と道徳を教える教師であったが、「キスガール」ミチコという別の顔も持っていた。ミチコは1回5ウォンで男性にキスを売っているという。スネの婚約者はある日、彼女を連れて栄華館を訪れ、ジョンソンは治色をすることになる。ウンチョルはキム・ソヌとヨシハラ ケンイチの関係性について疑問を持ち始め、その調査をナカムラ巡査に依頼する。ナカムラが朝鮮銀行で張り込みをしていると、そこにヨシハラらしき人物が現れ...
第9話
シークレット・ルームII~栄華館の艶女たち~ 第9話 西大門派の親分ナ・イルドゥはヤクザたちにエピソードを語り継がれるほどの猛者で、女も抱かないという。そんなナ・イルドゥがある日、栄華館を訪れた。彼は男性器が小さいことに頭を悩ませていることを告白する。ファヨンが中心となり治色が始められるが、ナ・イルドゥが捕らえられたと勘違いした子分たちが栄華館を襲撃する。またソヌはジョンソンから鍵を盗み出すため、鍵を手に入れてくれば一緒にロシアに行くとファヨンを唆すが...
最終話
シークレット・ルームII~栄華館の艶女たち~ 最終話 京城最高のボクサー、カン・チュングの陰には常に妻の支えがあった。ある日その妻は栄華館を訪れ、夫婦生活が翌日の試合に影響を及ぼすこと、そのために夜の営みを控えていると話す。妻は栄華館で、消耗しない治色を習うこととなった。しかしソヌの養父が日本からソヌのもとを訪れ、自ら栄華館に乗り込んできた。金庫のありかを探すも見つからず、養父は2日以内に金庫を元に戻さなければ栄華館を爆破させると言い残しその場を立ち去るが...