「ジュビア」の検索結果

「ジュビア」に関する情報は見つかりませんでした。
「ジュビ」に関する情報を表示しています。

今すぐ視聴する

おすすめの作品

第6話
彼女はキレイだった 第6話 雨に打たれ、体調を崩したソンジュンを心配したヘジンは、シニョクにソンジュンへ薬とお粥を届けてもらう。体調が回復したソンジュンだったが、ハリと会い続けるうちに自分の記憶の中のヘジンとハリの性格が重ならないことにとまどい始める。そんな中、ヘジンの話でソンジュンがアメリカに帰る可能性があることを知ったハリは...。
第16話
タンタラ~キミを感じてる 第16話 KTOPのイ・ジュンソクは、タンタラの出演する番組が始まる前に何としてもチェ・ジュナを探し出すようキム・ジュハンに命令する。 ジュハンがいろいろと調べてみたところ、チェ・ジュナはオーストラリアで暮らしていたが韓国に戻ってきているという。ジュハンはその情報をソクホに流す。 ジュハンから話を聞いたソクホはホテルをしらみつぶしに探すが一足早くジュンソクがジュナを韓国から去るよう説得し、ジュナは去ったあとだった。 ソクホはホテルにメモを残し約束の場所で待つのだが、店を出ようとしたところにジュナが現れる。 だがジュナは事実を明らかにすることはできないと言い、立ち去ってしまう。 ソンヒョンの命日だと知ったメンバーたちは一緒におまいりしようと話す。
第13話
無料
彼女はキレイだった 第13話 男女としての交際をスタートさせたソンジュンとヘジンだったが、ヘジンはソンジュンがあまりにも幸せそうに振る舞うことで編集部の面々に交際を悟られるかと気が気でない。そんな中、ソンジュンの元上司が編集部を訪れ、ザ・モストの廃刊に関する最後通告をする。 ソンジュンが廃刊の危機を隠してきたことを知ったチャ記者は...。
第7話 F4解散!?
花より男子~Boys Over Flowers 第7話 F4解散!? 【第7話 F4解散!?】ジュンピョとジフ、ジャンディの問題を知ったジュンピョの姉ジュニはスポーツ対決を提案、結果には無条件で従うようジュンピョにも承諾させる。3回勝負の1回戦はジフに有利だったが、ジュンピョが勝利。2回戦はジフに不利なカーレースとなるが、ジャンディを守りたいジフはある作戦でジュンピョを動揺させ...。
第4話
彼女はキレイだった 第4話 理不尽な理由でソンジュンに激怒されたヘジンはシニョクとヤケ酒を飲み、ベロベロに酔った状態でソンジュンに電話をかけ“私がヘジンよ”と告げる。一方、父親との関係修復に失敗したハリは憂うつな日々を送る中、ヘジンの代役としてソンジュンと会ううちに、心が揺れ始めていた。
第10話
彼女はキレイだった 第10話 交通事故を起こしかけたヘジンのもとに駆けつけたソンジュンは、無意識にヘジンを強く抱きしめる。ヘジンに対する自分の気持ちに気づいたソンジュンは、ハリに対して罪悪感を感じる。一方、ハリは自分がヘジンのふりをしてきたことをヘジンとソンジュンに告げる覚悟をする。
第2話
プロデューサー 第2話 ジュンモは出演者交代をスタッフに打ち明けるが、それまで黙っていた事で反感を買ってしまう。恋人関係でもないのに同じ家で暮らしているイェジンとジュンモ。恋人に会いに行くジュンモへの小言が原因で口論になってしまう。 ジュンモは担当番組の出演者へメンバー交代の事実をどう伝えるか悩んでいたが...
第12話
魔女宝鑑~ホジュンの若き日の恋~ 第12話 ホンジュに胸を刺されたホ・ジュンは、ヨニの呪いから自分を守ってくれていた結界が壊れ、ついに呪いが始まってしまう。苦しむホ・ジュンの姿を見ていられず、思わずそばを離れようとするヨニに、ホ・ジュンは「行かないでくれ」と頼み、2人は互いを慰めるかのように抱きしめ合う。その姿を目撃したプンヨンは激しい嫉妬を覚え、ホ・ジュンがいると逃走の足手まといになるという理由で、ホ・ジュンをヨニから引き離そうとする。
第3話
彼女はキレイだった 第3話 シニョクはヘジンとソンジュンの間に何かあることに気づき始め、ヘジンをからかう。ソンジュンにバカにされ続けたヘジンは怒りに燃えファッションについて猛勉強を開始する。そんな中、母親を侮辱する継母とその継母をかばう父親に心を傷つけられたハリは酒に酔い、バーで男と揉め事になる。そこにソンジュンが現れ...。
第16話
華政[ファジョン] 第16話 ファイが触った釜から吹き出す怪しい蒸気のせいで次々と職人が倒れ、死者が出る。火器都監の新たな提調となったホン・ヨンは、息子のジュウォンとファイを逮捕する。西人派は光海君の元に押しかけ、火器都監の閉鎖を要求する。そんな中、ジュウォンは隠し通路からファイを逃がし、事故の真相解明を託す。片や光海君は、火器都監の騒動はジュソンの仕業ではないかと思い始める。火器都監のために何を取るか選択を迫られた光海君は、ジュウォンの尋問を自ら行うことを決断するが、ジュウォンは「火器都監を守ってほしい」と告げる。そして、ジュウォンはこの時初めて「王様」と呼ぶ。