「スラムダンク 57」の検索結果

今すぐ視聴する

おすすめの作品

第101話 栄光のスラムダンク
スラムダンク 第101話 栄光のスラムダンク ようやく決まった花道の新たな技「合宿シュート」。混成チームばかりか、味方からも偶然では?と疑われる中、花道は次々と合宿シュートを決めていく。いよいよホンモノだと騒がれ始める花道。もはや見物に来た生徒たちの注目を集めた彼は、リバウンドすら制して攻撃に弾みをつける。そしてディフェンスを固め始めた混成チームを圧倒し、またたく間にスコアを詰めると、最後にスラムダンクを豪快にブチかまして逆転勝利を飾るのだった。名実共に神奈川トップに実力で上りつめた湘北は、本気で食いついてきた混成チームのエールを受け、海南大付属高校と共に意気揚々と決戦の場、広島へと乗りこむのだった。
劇場版スラムダンク 全国制覇だ!桜木花道
劇場版スラムダンク 全国制覇だ!桜木花道 劇場版スラムダンク 全国制覇だ!桜木花道 湘北高校バスケ部の次の対戦相手は、赤木、木暮と同じ中学のバスケ部だった伍代が率いる津久武高校。ここまで絶不調の花道は次こそ活躍して晴子にいい所を見せたいと張り切るが、津久武の新人・南郷が恋のライバルとしても登場。強力なジャンプ力の南郷と伍代の3Pシュートに試合は津久武ペースで進むが、後半リバウンドを取ることに専ら専念した花道の活躍で、徐々に試合は湘北ペースに。“リバウンドを制す者は試合を制す”天才リバウンド王・桜木花道の誕生である。
第5話 根性なしの午後
無料
スラムダンク 第5話 根性なしの午後 入部を許されて一週間が経過したものの、シロウトの花道はひとりコートの隅でドリブル練習を言い渡されていた。地味な練習を嫌う彼は早くスラムダンクを決めたいのだが、気持ちとは反対になかなか基礎練習から抜け出せない。イライラが頂点に達した花道は、ついに練習を途中で投げ出してしまうのだった。
第10話 庶民のシュートはむずかしい
スラムダンク 第10話 庶民のシュートはむずかしい バスケットの魅力を実感し本格的に打ち込むようになった花道。赤木は、シュートの基本「レイアップシュート」の練習を花道にさせたいと安西に提案するのだった。しかしスラムダンクがすべての花道にとってシュートの基本「レイアップシュート」は「庶民のシュート」にすぎず、まったく興味を示さない......。
第19話 タイムアップ! 決着陵南戦
無料
スラムダンク 第19話 タイムアップ! 決着陵南戦 残り1分、4点差。死力を尽くす陵南に対し、湘北はわずかな望みにかけて花道・流川コンビを仙道のチェックにつける。それが功を奏し、まずは流川が2点獲得、そして花道にも最大の見せ場が回って来た。「スラムダンクを決めるチャンス! 」一世一代の場面で無理しようとする花道だったが、寸前で晴子の応援が届いて......。
劇場版スラムダンク
劇場版スラムダンク 劇場版スラムダンク 強豪・武園高校との練習試合に意気込んで望んだ湘北バスケ部。だが武園は女生徒が7割を占める学校で、その黄色い声援もプレッシャーの一つ。そんな中、桜木花道は中学時代にフラれた島村葉子と出会う。彼女は武園のエースセンター・小田竜政を慕って武園に来ていたのだった。その小田から、中学時代に遊んでいたおまえにバスケをやる資格はない、とののしられる花道は、試合が始まっても小田の前で無様な姿を晒すだけだった。だが、晴子の声援ですべてが変わる。「桜木君、ガンバッテ!」とたんに動きが良くなる花道。花道をナメていた小田をはじめとする武園のメンバーも俄然、熱くなっていく。
劇場版スラムダンク 吠えろバスケットマン魂!!花道と流川の熱き夏
劇場版スラムダンク 吠えろバスケットマン魂!!花道と流川の熱き夏 劇場版スラムダンク 吠えろバスケットマン魂!!花道と流川の熱き夏 決勝リーグ・陵南戦を間近に控え、連日、湘北バスケット部のメンバーたちはハードな練習をこなしていた。中でも流川は今まで以上に気合が入っており、全国制覇に向けて暑い日を過ごしていた。そんな中、赤木晴子の家に中学時代の友人、水沢茜が訪ねてきた。 茜の弟イチローは流川の後を継いで富が丘中学のバスケット部のキャプテンを務めていた。流川が湘北に入った今、イチローの夢は湘北で流川とともにインターハイで全国制覇を成すことだった。だが、突然のアクシデントがイチローの夢を砕いてしまった。バスケットマンの命でもある脚に激痛がはしり、後遺症を残さないためには一日も早い手術が必要だというのだ。この突然の病気で、イチローの選手生命は絶たれた。絶望のどん底に落ち、手術を拒むイチロー。「一日でいいから、流川先輩ともう一度プレイしたい」それがイチローの最後の願いだった。
劇場版スラムダンク 湘北最大の危機!燃えろ桜木花道
劇場版スラムダンク 湘北最大の危機!燃えろ桜木花道 劇場版スラムダンク 湘北最大の危機!燃えろ桜木花道 海南戦に破れ、全国大会出場に向けてもはや崖っぷちの湘北は日々練習にあけくれていた。花道は土壇場での痛恨のミスに責任を感じて丸坊主に。いっそうコワイ花道だった。 そんなある日、湘北に緑風高校から練習試合が申しこまれる。三日後に武里戦を控え慎重になるメンバー達だったが、緑風のマネージャー・恵理に挑発されたことも手伝い、試合を受けることになる。 1、2年生だけの新設校ということもあり甘く見ていた湘北だったが、緑風は大のバスケ好きで理事長の娘である恵理が、全国からトップレベルのメンバーを集めていた強豪チームだった。その中には、本場アメリカでNBAからスカウトされたこともあるバスケット留学生・マイケル沖田や中学全国大会で活躍していた名高もいた。唖然とする部員たち。 試合開始のホイッスルが鳴った。超高校級の強さを見せるマイケルたちの前に、司令塔の赤木を欠く湘北は序盤から大きく引き離される。練習試合とはいえ負けることは今の湘北には許されない。果たして挽回することはできるのか!?
K-1 WORLD GP 2015 ~-70kg初代王座決定トーナメント~2015.7.4
K-1 WORLD GP 2014-2015 K-1 WORLD GP 2015 ~-70kg初代王座決定トーナメント~2015.7.4 2015年7月4日 東京・国立代々木競技場第二体育館で開催された「K-1 WORLD GP 2015 ~-70kg初代王座決定トーナメント」を放送!魔裟斗、佐藤嘉洋、ブアカーオ、アルバート・クラウス、アンデイ・サワー。K-1 MAXシリーズで第2期K-1の黄金時代を築いた中量級。世界的に最も選手層が厚く、激戦が予想されるトーナメントが開幕! *スマートフォンをご利用の方はブラウザでもご覧いただけますが、スマートフォンアプリでのご視聴をおすすめします。 *Wi-fi環境下でのご利用をおすすめします。
ジグザグ気温さようなら やっと春の暖かさ本番に
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 ジグザグ気温さようなら やっと春の暖かさ本番に  きょうの「633天気」はこちら、「ジグザグ気温さようなら やっと春の暖かさ本番に」です。