「スラムダンク 9」の検索結果

今すぐ視聴する

第78話 復活!闘将・魚住純
スラムダンク 第78話 復活!闘将・魚住純 もはや陵南は戦意喪失状態。特に一人でチームを支えてきた仙道の消耗が激しすぎ、チームは絶体絶命の危機に追いこまれていた。ここまで圧倒されたことでついに我慢の限界に達した田岡は、残り5分まで温存するはずだった魚住の再投入を決意し一気に巻き返しを図る。しかしすでに魚住が4ファウル取られていることもあり、リョータがダメ押しの得点を決めると、出鼻をくじかれる形で再びピンチに陥ってしまった。その最中、驚異的な集中力を発揮した魚住は、ファウルにならないギリギリの線で激しいチェックを展開。ジリジリと湘北に詰め寄り始める。
第81話 仙道ファイヤー!湘北崩壊!!
スラムダンク 第81話 仙道ファイヤー!湘北崩壊!! 残り3分18秒、仙道が昔の「点取り屋」としてのプレイスタイルに戻ったこともあり、陵南は58対65の7点差にまで追いつく。その勢いに乗せられるように活気づく陵南ベンチ。そして会場全体も陵南の大逆転劇に期待し始める。湘北は得点ではリードしているものの、もはや追い込まれて焦りばかりが募っていた。そのため木暮がタイムアウトを取っても、安西不在のため結局何の手立てもないまま試合が再開されてしまう。そんな中、「自分が頑張らなければ」と自らにプレッシャーを与えていた三井が、極度の疲労が原因で倒れてしまった...。
第82話 ド素人・花道本領発揮
スラムダンク 第82話 ド素人・花道本領発揮 残り2分18秒で2点リードする湘北だったが、魚住や仙道が驚異的な能力を発揮し始めて精神的に追い詰められていた。何より三井の戦線離脱が大きく、フリースローで1点差にまで追いつかれると焦りだけが募る。一方、脱水症状を起こしていた三井は、この試合にはもう出られないこと、中学の時の財産だけで何の進歩もしていなかった自分の不甲斐なさに唇をかみ締めていた。そんな三井の落ち込みをよそに、コートでは花道が驚異的な活躍を見せ始める。まるで予知しているかのような先回り、誰よりも高いジャンプで制したリバウンド!これにより田岡の計算が大きく狂い始める...。
第83話 副主将メガネ君の執念
スラムダンク 第83話 副主将メガネ君の執念 活躍を始めた花道によって試合はさらにひっくり返された。そして湘北が1点リードしたまま残り1分30秒の局面を迎える。焦る陵南、なんとしてでも追加点で勝利を確実にしたい湘北。そこで田岡は三井の代わりに入った木暮を除外し、驚異的なレギュラーメンバーにターゲットを絞ろうと考える。しかしそれは致命的な誤算だった。ノーマークで花道のパスを受けた木暮は、入学して初めて赤木と会ったこと、三井に期待したこと、頑張った練習の日々を思い出しながら、3年間の集大成であるスリーポイントシュートを放つ。そしてそれは見事リングを通りぬけ、湘北に希望の3点を添えるのだった!
第84話 勝敗
スラムダンク 第84話 勝敗 残り1分を切り、木暮のシュートで3点を加えた湘北は、64対68で4点リードに成功した。だが最後まで希望を捨てない陵南はしぶとく湘北に食らいつき、湘北も気を抜くことなく闘志を燃やし続ける。永遠に思えるような約1分間を一歩も引かず激突した両者だったが、ついにゲームセットのホイッスルが場内に響き渡った!その瞬間こそ、湘北の全国大会出場が決まった瞬間だった。死力を尽くした両チームのキャプテン、赤木と魚住は互いを称えあって固い握手を結び、神奈川県大会・準優勝をもぎ取った湘北は、カップと賞状を手に病室の安西の元に駆けつけるのだった。
第85話 あらたなる挑戦!全国制覇
スラムダンク 第85話 あらたなる挑戦!全国制覇 県大会準優勝、そして全国大会出場という快挙に湘北高校全体が騒然となっていた。特にレギュラーメンバーの注目度は高く、放送部のやり手レポーター・2年の河合マリは最高人気の流川に目をつける。しかし特番の取材を申し込んでも彼の態度はそっけなく、部員の取材をしようにも「練習の邪魔だ」と赤木にシャットアウトされてしまった。あくまでも勝利や注目に浮かれることなく気を引き締めるバスケ部。その中でも流川は、いつも以上のストイックさで練習に打ち込んでいた。まるで全国大会以外の思いを胸に秘めたような流川の態度に、木暮だけは違和感を覚える。
第86話 流川の野望
スラムダンク 第86話 流川の野望 記者で彦一の姉、相田弥生の仙道の記事は編集長にボツにされてしまった。今は神奈川より、全国レベルの選手にスポットを当てるべきだと言うのだ。しかし仙道に肩入れする弥生は、あきらめずに陵南へと取材に赴く。そこで魚住と池上の3年生コンビの引退宣言を目撃した彼女は、これから板前として修行を始める魚住にエールを送った。魚住たちから仙道の本当の“凄さ”を聞かされていた弥生は、その帰り道にタクシーの車内から陵南に向かう途中の仙道を見かけるものの、今は焦らず仙道の名が全国に響き渡る日を信じて身を引こうと決意する。
第87話 日本一の高校生
スラムダンク 第87話 日本一の高校生 街中で海南の牧と信長に偶然会った花道は、彼らが「愛知の星」こと愛和学園の諸星の偵察に行くと聞き、名古屋までついて行くことにした。しかし決勝戦の会場では、何と諸星が一年生の強烈なチェックで一時退場。諸星の愛和学園が、対戦していた名朋工業に20点のリードを許すという驚愕の場面に遭遇する。去年の全国ベスト4である愛和学園を圧倒した、名朋の一年・森重の驚異的でアグレッシブなプレー。それを目の当たりにした花道は、早くも闘志に火を灯す。その頃、安西邸を訪れていた流川は、回復したばかりの監督にアメリカ留学の意思を伝えていた...。
第88話 バスケットの国アメリカ
スラムダンク 第88話 バスケットの国アメリカ 木暮が流川から感じた違和感は、アメリカへバスケ留学に行きたいという彼の悩みが原因だった。しかし安西は流川の決意に反対し、鬼コーチだった時代にも同じ考えを持った生徒・谷沢がいたことを告白する。その生徒は自分の実力を過信したまま渡米し、失意のまま事故死したというのだ。夫人からも、いかに自分と花道が期待されているかを聞かされた流川は、ようやく留学を思いとどまる。その頃、彦一はかつて舎弟だった男からの手紙を受けて大阪へと足を運んでいた。そしてそこで大阪大会に優勝した大栄学園の実力を目の当たりにする。
第100話 奇跡の男・桜木花道!
スラムダンク 第100話 奇跡の男・桜木花道! 翔陽の藤真・花形、陵南の魚住・仙道・福田の混成チームと湘北の模擬試合は、仙道を加えたことで風向きを一気に混成チームの方へと変えた。しかしジャンプシュートにこだわっていた花道がいつもの調子でリバウンドを制し始めたため風向きは再び湘北へと変わり、そうかと思うと混成チームが再三引き離しにかかるなど、湘北が追う形でシーソーゲームを繰り返す。そんな中、リバウンドに専念したかに見えた花道が再び「合宿シュート」ことジャンプシュートの体勢に入った。だが今回はこれまでと違い、確実にリングの中をすりぬけて見事に得点へとつながる!
第101話 栄光のスラムダンク
スラムダンク 第101話 栄光のスラムダンク ようやく決まった花道の新たな技「合宿シュート」。混成チームばかりか、味方からも偶然では?と疑われる中、花道は次々と合宿シュートを決めていく。いよいよホンモノだと騒がれ始める花道。もはや見物に来た生徒たちの注目を集めた彼は、リバウンドすら制して攻撃に弾みをつける。そしてディフェンスを固め始めた混成チームを圧倒し、またたく間にスコアを詰めると、最後にスラムダンクを豪快にブチかまして逆転勝利を飾るのだった。名実共に神奈川トップに実力で上りつめた湘北は、本気で食いついてきた混成チームのエールを受け、海南大付属高校と共に意気揚々と決戦の場、広島へと乗りこむのだった。
劇場版スラムダンク
劇場版スラムダンク 劇場版スラムダンク 強豪・武園高校との練習試合に意気込んで望んだ湘北バスケ部。だが武園は女生徒が7割を占める学校で、その黄色い声援もプレッシャーの一つ。そんな中、桜木花道は中学時代にフラれた島村葉子と出会う。彼女は武園のエースセンター・小田竜政を慕って武園に来ていたのだった。その小田から、中学時代に遊んでいたおまえにバスケをやる資格はない、とののしられる花道は、試合が始まっても小田の前で無様な姿を晒すだけだった。だが、晴子の声援ですべてが変わる。「桜木君、ガンバッテ!」とたんに動きが良くなる花道。花道をナメていた小田をはじめとする武園のメンバーも俄然、熱くなっていく。
劇場版スラムダンク 全国制覇だ!桜木花道
劇場版スラムダンク 全国制覇だ!桜木花道 劇場版スラムダンク 全国制覇だ!桜木花道 湘北高校バスケ部の次の対戦相手は、赤木、木暮と同じ中学のバスケ部だった伍代が率いる津久武高校。ここまで絶不調の花道は次こそ活躍して晴子にいい所を見せたいと張り切るが、津久武の新人・南郷が恋のライバルとしても登場。強力なジャンプ力の南郷と伍代の3Pシュートに試合は津久武ペースで進むが、後半リバウンドを取ることに専ら専念した花道の活躍で、徐々に試合は湘北ペースに。“リバウンドを制す者は試合を制す”天才リバウンド王・桜木花道の誕生である。
劇場版スラムダンク 湘北最大の危機!燃えろ桜木花道
劇場版スラムダンク 湘北最大の危機!燃えろ桜木花道 劇場版スラムダンク 湘北最大の危機!燃えろ桜木花道 海南戦に破れ、全国大会出場に向けてもはや崖っぷちの湘北は日々練習にあけくれていた。花道は土壇場での痛恨のミスに責任を感じて丸坊主に。いっそうコワイ花道だった。 そんなある日、湘北に緑風高校から練習試合が申しこまれる。三日後に武里戦を控え慎重になるメンバー達だったが、緑風のマネージャー・恵理に挑発されたことも手伝い、試合を受けることになる。 1、2年生だけの新設校ということもあり甘く見ていた湘北だったが、緑風は大のバスケ好きで理事長の娘である恵理が、全国からトップレベルのメンバーを集めていた強豪チームだった。その中には、本場アメリカでNBAからスカウトされたこともあるバスケット留学生・マイケル沖田や中学全国大会で活躍していた名高もいた。唖然とする部員たち。 試合開始のホイッスルが鳴った。超高校級の強さを見せるマイケルたちの前に、司令塔の赤木を欠く湘北は序盤から大きく引き離される。練習試合とはいえ負けることは今の湘北には許されない。果たして挽回することはできるのか!?
劇場版スラムダンク 吠えろバスケットマン魂!!花道と流川の熱き夏
劇場版スラムダンク 吠えろバスケットマン魂!!花道と流川の熱き夏 劇場版スラムダンク 吠えろバスケットマン魂!!花道と流川の熱き夏 決勝リーグ・陵南戦を間近に控え、連日、湘北バスケット部のメンバーたちはハードな練習をこなしていた。中でも流川は今まで以上に気合が入っており、全国制覇に向けて暑い日を過ごしていた。そんな中、赤木晴子の家に中学時代の友人、水沢茜が訪ねてきた。 茜の弟イチローは流川の後を継いで富が丘中学のバスケット部のキャプテンを務めていた。流川が湘北に入った今、イチローの夢は湘北で流川とともにインターハイで全国制覇を成すことだった。だが、突然のアクシデントがイチローの夢を砕いてしまった。バスケットマンの命でもある脚に激痛がはしり、後遺症を残さないためには一日も早い手術が必要だというのだ。この突然の病気で、イチローの選手生命は絶たれた。絶望のどん底に落ち、手術を拒むイチロー。「一日でいいから、流川先輩ともう一度プレイしたい」それがイチローの最後の願いだった。