「テレビ番組 視聴率 ランキング」の検索結果

今すぐ視聴する

韓国大統領に“罷免せよ”求心力低下で日韓関係は
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 韓国大統領に“罷免せよ”求心力低下で日韓関係は  先日、韓国の検索ランキングで「文在寅(ムン・ジェイン)を罷免(ひめん)する」というワードがトップになりました。慰安婦土下座像の公開を含め、実は8月に岐路を迎える日韓関係について考えます。  「文在寅を罷免する」。29日、韓国でリアルタイム検索ワードランキング1位になったこの言葉。  日本では「検察庁法改正案に抗議します」がツイッターで拡散されましたが、今、韓国では何が起こっているのでしょうか。実はこれ、オンラインデモ。ネットユーザーらが決められた時間に一斉に同じワードを検索してランクインさせるという手法。しかし、なぜ文大統領を罷免させるという言葉がネット上で踊ったのか…。  思い起こせばコロナ禍で世界が苦境に陥っていた5月。感染症対策が評価され、文大統領の支持率は一時、71%まで上がっていました。しかし、コロナショックで経済の低迷が懸念されているにもかかわらず、韓国の不動産価格の上昇基調は続き、貧富の差が拡大。国民の不満を高めることになったのです。そして、支持率は44%まで下落しました。  そんななか懸念されるのが日韓関係。実は、8月が岐路になるといわれています。2018年、元徴用工らが日本企業に賠償請求した裁判。日本側は日韓基本条約等に違反しているとして支払いを拒否しましたが、韓国側による日本企業の資産現金化が来月4日にも始まろうとしています。また、GSOMIA(日韓軍事情報包括保護協定)についても破棄か、継続か、韓国側の判断が揺れに揺れた末、1年間の自動延長がされました…
〔木曜〕#98:占い師ぷりあでぃす玲奈が東女の運命を徹底鑑定
The NIGHT 〔木曜〕#98:占い師ぷりあでぃす玲奈が東女の運命を徹底鑑定 MCは男色ディーノ・柴田紗帆。 今回は東京女子プロレスによる「ガールズ・ウォー」 リモート占いスペシャル! 驚異の的中率を誇る 人気急上昇中の占い師 ぷりあでぃす玲奈が登場! 東女レスラーたちを「恋愛」・「金銭」・「運気」まで 徹底鑑定!ランキング形式で発表 そこで明らかとなったリアルすぎる鑑定結果とは...? さらに、勝負服コーデから鑑定する 「ファッショニスタマッチ」では ぷりあでぃす玲奈オススメの「開運ファッション術」が明らかに! 中島選手の運気を下げるド派手勝負服に ぷりあでぃすがガチ説教 ...!!? その他、今すぐ実践したくなるお部屋 風水術も紹介! まだ見ぬ東女レスラーたちの新しい魅力を要チェック! 《出演レスラー》 山下実優 瑞希 中島唱子 渡辺未詩

おすすめの作品

アメリカ 第2四半期GDP -32.9%で過去最悪
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 アメリカ 第2四半期GDP -32.9%で過去最悪  アメリカの第2四半期のGDP(国内総生産)の伸び率は、年率換算でマイナス32.9%と過去最悪の下げ幅になりました。  アメリカ商務省が発表した4月から6月までのアメリカのGDPの伸び率は、年率換算でマイナス32.9%になりました。新型コロナウイルスの影響により過去最悪の下げ幅です。アメリカでは4月以降、感染拡大を受けた外出禁止令が続いたため家計の支出が減っているほか、小売業などでも売り上げが落ち込んでいます。経済の一部再開を受けて5月と6月はやや持ち直しましたが、4月の落ち込みが大きく足を引っ張ったとみられます。
実質GDP経済成長率-4.5%見通し 来年度は+3.0%
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 実質GDP経済成長率-4.5%見通し 来年度は+3.0%  今年度の経済成長率は新型コロナウイルスの影響で大幅に後退する見通しになりました。  政府は今年度の経済の見通しについて成長率はマイナス4.5%まで落ち込み、秋以降に新型コロナウイルスの感染が拡大した場合は落ち込みが5%程度まで大きくなるとの見通しを示しました。緊急事態宣言の解除後、個人消費が少しずつ持ち直していることやデジタル化などを進めることで設備投資が回復するとして、来年度は実質でプラス3.4%と大幅に伸びるとしています。
就職内定率低下で経団連 初のオンライン企業説明会
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 就職内定率低下で経団連 初のオンライン企業説明会  新型コロナウイルスの影響で大学生の就職内定率が下がるなか、経団連は初めて大学と共同でオンラインでの企業説明会を開きました。  経団連と大学が主催するオンラインの説明会は1日と2日の2日で60社を超える企業と1500人近くの学生が参加する見通しです。参加した学生からは新型コロナウイルスに関連して「テレワークを推進していくのか」などの質問が出ていました。先月1日時点の大学生の就職内定率は去年に比べ、約12ポイント低い73.2%でした。経団連は「第2の就職氷河期を作らない決意」としていますが、大手航空会社など新卒採用を中止する動きも出ています。
6月の有効求人倍率1.11倍 6カ月連続の低下
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 6月の有効求人倍率1.11倍 6カ月連続の低下  6月の有効求人倍率は1.11倍と6カ月連続の低下となりました。この半年ではオイルショック以来、45年ぶりの大きな下げ幅となっていて、新型コロナウイルスの影響が深刻です。  有効求人倍率は仕事を求める人1人に対して企業から何人の求人があるかを示すもので、厚生労働省によりますと、6月は前の月から0.09ポイント下がって1.11倍でした。企業側の求人が減る一方で、職を求める人は2割近く増えました。職を失った人が緊急事態宣言の解除をきっかけに職を求める活動を再開したとみられています。この結果、去年12月からの6カ月では0.46ポイントの大幅な低下となりました。これは1974年のオイルショック以来、45年6カ月ぶりの下げ幅です。
米 失業率改善もコロナ再燃で雇用回復は停滞
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 米 失業率改善もコロナ再燃で雇用回復は停滞  アメリカの7月の雇用統計が発表され、失業率は10.2%と前の月から小幅に改善しました。新型コロナウイルスの再燃で雇用の回復は停滞しています。  アメリカの7月の失業率は10.2%と、前の月から0.9ポイント改善しました。過去最悪だった4月の14.7%から3カ月連続の改善となります。一方で、農業部門以外の就業者は約180万人の増加で、6月の480万人の増加から鈍化しました。西部カリフォルニア州などで新型コロナウイルスの感染が再び拡大したため、雇用の回復が停滞したとみられます。アメリカでは、先月中旬の時点で少なくとも3000万人が失業保険を受給しています。トランプ大統領はツイッターで「素晴らしい雇用の数だ」とアピールしています。
ドライブスルーでETC決済 普及率9割超受け実証実験
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 ドライブスルーでETC決済 普及率9割超受け実証実験  有料道路の課金・支払いに使われるETC(自動料金収受システム)を外食チェーンのドライブスルーでキャッシュレス決済に利用する実証実験が始まりました。  これはドライブスルーで客が注文した金額を店の外に設置されたアンテナで認識し、ETCで支払いが行われる仕組みです。有料道路の支払いに使われるETCは普及率が92.8%で、キャッシュレス決済の機会が広がるほか、人と人との接触を減らすことにもつながるとしています。実験はNEXCO中日本とケンタッキーフライドチキンなど4社が参加して11月いっぱいまで行われます。
「レジ袋いりません」7割超 有料化前から大幅増
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 「レジ袋いりません」7割超 有料化前から大幅増  コンビニ店のレジ袋を断る客が全体の7割を超えたことが分かりました。  プラスチック製レジ袋の有料化が始まって1カ月が経ちましたが、コンビニ大手3社でレジ袋を辞退する客の割合が有料化になる前の3割から7割以上と大幅に増えたことが分かりました。辞退率はセブン-イレブンで約75%、ファミリーマートで約77%、ローソンで約76%に上ります。コンビニ業界では2030年度までに辞退率を60%にするのが目標でしたが、わずか1カ月で大きく超えたことになります。有料化によってマイバッグを持参したり手で持ち帰ったりと、消費者の行動に大きな変化があったことがうかがえます。
支持率回復まで? トランプ氏が大統領選延期を示唆
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 支持率回復まで? トランプ氏が大統領選延期を示唆  アメリカのトランプ大統領は自身のツイッターで11月の大統領選挙の延期を示唆しました。  新型コロナウイルスの感染拡大を受け、11月の大統領選挙では郵便投票の必要性が指摘されていますが、トランプ大統領は自身のツイッターで「郵便投票になればこれまでで最も不正確な選挙になりかねない」と述べました。そのうえで「適格かつ安全に投票ができるようになるまで大統領選挙を延期してはどうか」との考えを示しました。世論調査で民主党のバイデン前副大統領のリードが伝えられるなか、新型コロナを理由に自身の支持率回復まで選挙を延期したい思惑があるものとみられます。
映画ドラえもん のび太とふしぎ風使い
映画ドラえもん 映画ドラえもん のび太とふしぎ風使い おてんばな風の子、フー子といっしょに、ドラえもんたちは不思議な風の世界へ。ところが、スネ夫に取りついた、ウランダー率いる嵐族が襲ってきたから、大変だ。どうやら、フー子に隠された、秘密のパワーを狙っているらしい。フー子の運命は・・・!?
米大統領選挙まで3カ月 民主党バイデン氏優勢続く
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 米大統領選挙まで3カ月 民主党バイデン氏優勢続く  11月3日のアメリカ大統領選挙まであと3カ月となりました。世論調査では共和党のトランプ大統領が民主党のバイデン前副大統領にリードを許す展開が続いています。  アメリカの政治サイトによりますと、7月後半の世論調査の平均ではバイデン氏が約7ポイントの差でトランプ氏をリードしています。ミシガン州やフロリダ州など激戦州でもバイデン氏がリードを保ち、トランプ大統領の支持基盤の高齢者からも一定の支持を得ています。  トランプ大統領:「バイデン氏は自分が何を話しているか分かっていない。側近が用意した文章を読むだけだ」  トランプ陣営は支持率低迷の責任を問う形で選対本部長を更迭し、テレビ広告も見直すなど巻き返しを図っています。ただ、トランプ氏の新型コロナウイルス対策に嫌気が差したと感じる有権者も多く、支持率回復には政策の見直しも求められそうです。一方、バイデン氏は公約で掲げた白人ではない女性の副大統領候補を近く明らかにしますが、まだ陣営内の意見をまとめきれていません。