「トランプ 見逃し」の検索結果

今すぐ視聴する

おすすめの作品

トランプ大統領 排出ガス規制の権限撤回へ
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 トランプ大統領 排出ガス規制の権限撤回へ  アメリカのトランプ大統領は自動車の排ガス基準を政府より厳しくしているカリフォルニア州に対し、規制の権限を取り消すと表明しました。  カリフォルニア州は自動車の排ガスの削減を緩和するトランプ政権の政策に反対し、政府より厳しい独自の排ガス基準を導入することで、フォード、ホンダ、フォルクスワーゲン、BMWのメーカー4社と合意しています。トランプ大統領は18日、「排出ガス規制に関するカリフォルニア州の権利を撤回する」と表明しました。これに対し、カリフォルニア州は法的手段に出る姿勢を示しています。環境対策に後ろ向きなトランプ政権との対立が激化しそうです。また、トランプ大統領が17日に訪問したカリフォルニア州では、トランプ氏の支持者と反トランプ派との間で小競り合いが起きました。
強硬すぎ?「全く意見合わない」 ボルトン氏解任
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 強硬すぎ?「全く意見合わない」 ボルトン氏解任  アメリカのトランプ大統領は、強硬派として知られるボルトン安全保障担当補佐官の解任を発表しました。  トランプ大統領は自身のツイートのなかで、国家安全保障問題を担当するボルトン補佐官について解任を宣告したことを明らかにしました。「私は彼の提案の多くに同意できなかった。政権の他の幹部もだ」と述べています。強硬派で知られるボルトン補佐官は北朝鮮やイラン、アフガニスタンに対する政策を巡り、トランプ大統領との意見の対立が指摘されていました。  トランプ大統領は「解任した」としていますが、ボルトン補佐官は自ら辞任を申し出たとしています。去年4月、トランプ政権の3人目の大統領補佐官に就任したボルトン氏。トランプ大統領も当初は握手で歓迎していました。しかし、以前から対外超強硬派として知られるボルトン補佐官とトランプ大統領は意見の食い違う場面も度々あったと報じられています。記憶に新しいのが今年6月、アメリカ軍の無人偵察機がイランの革命防衛隊によって撃墜された際のことです。この時、トランプ大統領はイランへの軍事攻撃を検討。実際に踏み切るほんの10分前にそれを撤回したと明らかにしていました。  また、今月に入ってトランプ大統領は対外的に相次いで融和的な姿勢を示します。トランプ大統領は北朝鮮との再協議に前向きな姿勢を示します。さらに9月末、イランのロウハニ大統領との首脳会談をトランプ政権側が模索していることが明らかになっています。しかし、こうした融和策に対してボルトン補佐官は反対。こうした意見の対…
トランプ大統領「金正恩委員長と年内に会うだろう」
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 トランプ大統領「金正恩委員長と年内に会うだろう」  アメリカのトランプ大統領は、北朝鮮の金正恩委員長との年内の会談に意欲を示しました。  トランプ大統領:「(Q.金委員長と年内のどこかで会うか?)どこかの時点で会うだろう。北朝鮮側は会談したがっている。実現する可能性はあると思う」  トランプ大統領はこのように述べましたが、具体的な時期については触れませんでした。これまで米朝交渉はアメリカ側が完全な非核化を求める姿勢を崩していないことに北朝鮮が反発していて、実務者協議の再開もめどが立っていない状況です。しかし、非核化の徹底を求めていたボルトン補佐官の解任に踏み切ったばかりのトランプ大統領が来年の大統領選挙に向けた成果作りとして北朝鮮との対話に乗り出す可能性もあります。
トランプ大統領 イランへの制裁強化を指示
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 トランプ大統領 イランへの制裁強化を指示  アメリカのトランプ大統領はサウジアラビアの石油施設への攻撃にイランが関与したとして、イランに対する制裁を強化することを指示したと明らかにしました。  トランプ大統領はツイッターで「財務長官にイランに対する制裁を大幅に強化するよう指示した」と投稿しましたが、制裁の詳細な内容は明らかになっていません。アメリカメディアによりますと、16日に開かれた会議で軍の高官はイランの石油施設への攻撃などの報復措置を提案しましたが、トランプ大統領は軍事的な衝突を避けるため、他の選択肢を求めていました。また、安全保障担当の補佐官について、トランプ大統領はボルトン氏の後任に国務省で人質問題を担当するオブライエン特使を指名すると投稿しました。
トランプ大統領 北朝鮮との協議に前向きな考え示す
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 トランプ大統領 北朝鮮との協議に前向きな考え示す  北朝鮮の崔善姫(チェ・ソンヒ)第1外務次官は「今月下旬ごろにアメリカと協議する用意がある」との談話を発表しました。トランプ大統領は協議に前向きな考えを示しました。  朝鮮中央通信は9日深夜、崔氏の談話を伝えました。「今月下旬ごろ、合意される時間と場所で、アメリカ側と我々が論議してきた問題を包括的に討議する用意がある」として非核化協議に応じる考えを示しました。一方で、「アメリカが古いシナリオを再びいじくり回すなら、朝米間の取引はそれで幕を下ろす可能性もある」とアメリカに対して一定の譲歩を求めました。トランプ大統領と金正恩委員長が6月に板門店(パンムンジョム)で会談して以降、アメリカと北朝鮮の対話は難航しています。  トランプ大統領:「何が起こるかはいずれ分かる。いつも言っているが、協議をすることは良いことだ。悪いことではない」  トランプ大統領は北朝鮮からのメッセージを「興味深い」と受け止め、協議に前向きな考えを示しました。トランプ政権は北朝鮮との協議が停滞していることにいら立ちを強めていて、一部のメディアは国務省が今月に開かれる国連総会で北朝鮮に圧力を掛ける新たな措置を取ることを検討していると伝えています。
日米貿易協定に今月署名へ トランプ氏米議会に通知
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 日米貿易協定に今月署名へ トランプ氏米議会に通知  アメリカのトランプ大統領は大枠で合意した日本との貿易協議を巡り、数週間以内で協定に署名すると議会に対して通知しました。  ホワイトハウスによりますと、トランプ大統領は議会に対して書面で日本との関税に関して大枠の合意に達したことを伝え、「数週間以内に協定を結ぶ」と通知しました。さらに、デジタル貿易の分野についても協定を結ぶ意向を示しています。トランプ大統領と安倍総理大臣は今月下旬の国連総会に合わせて行う首脳会談で協定に署名する見通しです。トランプ大統領は「より公平な貿易になる包括的な協定を達成するため」として、さらに日本との協議を続ける意向を示しています。  一方、交渉を担当する茂木外務大臣は、今回の通知はアメリカ国内の手続きの一つであるとし、今月末に協定に署名することについては「日本とアメリカ双方にとってウィンウィンになるような協定を目指していきたい」と話しました。
トランプ大統領 “ビンラディン容疑者の息子殺害”
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 トランプ大統領 “ビンラディン容疑者の息子殺害”  アメリカのトランプ大統領は2001年の同時多発テロを主導したオサマ・ビンラディン容疑者の息子を殺害したと発表しました。  トランプ大統領は声明で、国際テロ組織「アルカイダ」の指導者だったビンラディン容疑者の息子・ハムザ容疑者をアフガニスタンとパキスタンで行った対テロ作戦で殺害したと明らかにしました。ハムザ容疑者はアルカイダの指導者の1人として他のテロ組織との連携を担当していたとされ、最大で100万ドルの懸賞金がかけられていました。トランプ政権はアルカイダの弱体化につながると成果を強調しています。
経済制裁緩和を検討か 米イラン首脳会談を調整
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 経済制裁緩和を検討か 米イラン首脳会談を調整  対立するイランについてトランプ大統領は、ロウハニ大統領との会談を実現させるために経済制裁の緩和を検討しているとアメリカのメディアが報じました。  トランプ大統領:「イランには潜在能力がある。北朝鮮もだ。両国とも我々は高官同士で協議している」  「ブルームバーグ」はイランへの原油の禁輸などの経済制裁の緩和について、9日にホワイトハウスで協議されたと報じました。ムニューシン財務長官はイランとの協議を再開させる動きとして賛成した一方、ボルトン補佐官は強く反対し、トランプ大統領はこの協議の後にボルトン氏の解任を決断したということです。ホワイトハウスは今月の国連総会に合わせてロウハニ大統領との会談を調整していて、フランスのマクロン大統領とロウハニ大統領との会談にトランプ大統領が加わる案も検討されたということです。
サウジ攻撃イラン関与の可能性高い トランプ大統領
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 サウジ攻撃イラン関与の可能性高い トランプ大統領  アメリカのトランプ大統領はサウジアラビアの石油施設への攻撃について、イランが関与した可能性が高いとの見方を示しました。  トランプ大統領:「(Q.攻撃の背景にはイランが?)そのようだ。現在、調査をしている。分かり次第、知らせる」  イランが支援するイエメンの武装組織が実行を認めたサウジアラビアへの攻撃について、トランプ大統領はイランの関与に触れて「戦争はしたくない」としつつもイランへの報復の可能性を否定しませんでした。また、今月下旬の国連総会に合わせて調整が進められているとされていたイランのロウハニ大統領との会談については「予定はない」と話してイランへの経済制裁を緩和しないと明言し、これまで前向きだった姿勢をトーンダウンさせました。一方、ロウハニ大統領は「イエメンは自衛のために正当な権利を行使した」と攻撃のイランの関与には触れず、イエメン内戦の解決を改めて主張しました。
トランプ大統領 年内の米朝首脳会談に意欲
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 トランプ大統領 年内の米朝首脳会談に意欲  アメリカのトランプ大統領が年内の米朝首脳会談の開催が「ある時点で」あり得ると交渉再開への意欲を示しました。