「トーナメント 優勝賞金」の検索結果

今すぐ視聴する

芸人代理戦争
芸人代理戦争 芸人代理戦争 『芸人代理戦争』とは、先輩芸人が後輩芸人のネタをプロデュースする新しいネタ番組! 今回出場する芸人さんは全部で8組!M-1グランプリやキングオブコントの歴代王者など、 人気も実力もある先輩芸人たちが、今イチ押しの後輩芸人を自ら選び “ネタ” をプロデュース!
第30期 竜王戦 決勝トーナメント 増田康宏四段 対 藤井聡太四段 1/2
竜王戦 第30期 竜王戦 決勝トーナメント 増田康宏四段 対 藤井聡太四段 1/2 彗星の如く現れた天才棋士、藤井聡太四段登場!史上最年少の14歳2か月でプロデビュー、最年少棋士記録を62年ぶりに更新した!デビュー初勝利で公式戦勝利の最年少記録を更新、14歳5ヶ月!その後連勝を続け、藤井聡太四段が勝つ度に日本中が沸き立ち社会現象を呼び起こす。そして遂に歴代記録と並ぶ28連勝を達成し、本局で前人未到歴代最多勝記録の29連勝をかけて竜王戦の決勝トーナメントの舞台に立つ!勝てばデビューから負けなし29連勝で記録を塗り替えるため、日本中が大注目する一局となる!対するは、元最年少棋士でこちらも天才増田康宏四段!竜王戦5組優勝者として負けるわけにはいかない。本局は将来将棋界を振り返る時の伝説的な対局になることであろう。歴史の証人として、日本が発信する将棋文化の語り部として必見中の必見の対局! 第30期竜王戦は、全棋士と女流棋士4名・奨励会員1名・アマチュア5名で行われる。1組から6組に分けてトーナメント戦を行い、各組の上位者の計11名で挑戦者決定トーナメントを行い、渡辺明竜王への挑戦者を決める。例年10月から12月にかけて竜王と挑戦者が七番勝負を行う。増田康宏四段 対 藤井聡太四段 ※この番組は2017年6月27日に放送されたものです ※段位は対局当時のものです
第30期 竜王戦 決勝トーナメント 増田康宏四段 対 藤井聡太四段 2/2
竜王戦 第30期 竜王戦 決勝トーナメント 増田康宏四段 対 藤井聡太四段 2/2 彗星の如く現れた天才棋士、藤井聡太四段登場!史上最年少の14歳2か月でプロデビュー、最年少棋士記録を62年ぶりに更新した!デビュー初勝利で公式戦勝利の最年少記録を更新、14歳5ヶ月!その後連勝を続け、藤井聡太四段が勝つ度に日本中が沸き立ち社会現象を呼び起こす。そして遂に歴代記録と並ぶ28連勝を達成し、本局で前人未到歴代最多勝記録の29連勝をかけて竜王戦の決勝トーナメントの舞台に立つ!勝てばデビューから負けなし29連勝で記録を塗り替えるため、日本中が大注目する一局となる!対するは、元最年少棋士でこちらも天才増田康宏四段!竜王戦5組優勝者として負けるわけにはいかない。本局は将来将棋界を振り返る時の伝説的な対局になることであろう。歴史の証人として、日本が発信する将棋文化の語り部として必見中の必見の対局! 第30期竜王戦は、全棋士と女流棋士4名・奨励会員1名・アマチュア5名で行われる。1組から6組に分けてトーナメント戦を行い、各組の上位者の計11名で挑戦者決定トーナメントを行い、渡辺明竜王への挑戦者を決める。例年10月から12月にかけて竜王と挑戦者が七番勝負を行う。増田康宏四段 対 藤井聡太四段 ※この番組は2017年6月27日に放送されたものです ※段位は対局当時のものです

おすすめの作品

女流AbemaTVトーナメント予選会 決勝トーナメント出場をかけた6名のトップ女流棋士の戦い
第1回女流AbemaTVトーナメント 女流AbemaTVトーナメント予選会 決勝トーナメント出場をかけた6名のトップ女流棋士の戦い 第1回女流AbemaTVトーナメントの決勝開始前、事前の予選会が4日間にわたり東京大阪の将棋会館で行われていた。 予選出場女流棋士はなんと総勢38名!その中から勝ち上がった6名のトップ女流棋士の、決勝トーナメント出場をかけた対局を特別公開! 実力で出場を勝ち取った姿は必見!もう一つの女流AbemaTVトーナメントの熱い戦い! 第1回女流AbemaTVトーナメント発足! 2018年夏、圧倒的な強さで藤井聡太七段が優勝したAbemaTVトーナメントが今度は女流棋士で開催! 事前に行われた予選会を勝ち抜いた女流棋士3名と5名の選ばれたトップ女流棋士の計8名で決勝トーナメントを行い、最速・最強女王の座を賭け、優勝を争います。 さらに優勝者は2019年開催予定の「第2回AbemaTVトーナメント」の出場権を獲得! 本対局は、第1回AbemaTVトーナメントに引き続きフィッシャールールを採用。 持ち時間7分で開始し1手指すごとに7秒が加算、持ち時間が切れると負けとなる。 勝敗は、一度の顔合わせで最大3回の勝負を行い、先に2勝した方の勝ち抜き戦! 人気・実力共に兼ね備えたトップ女流棋士達が本気で勝負を繰り広げる AbemaTVでしか見れないこの対局。ぜひお見逃しなく! 井道千尋女流二段 室田伊緒女流二段 貞升南女流初段 山根ことみ女流初段 K・ステチェンスカ女流1級 藤井奈々女流2級
独占!第12回朝日杯将棋オープン戦本戦トーナメントついに開幕!3局一挙放送 2/2
独占!!第12回朝日杯将棋オープン戦 独占!第12回朝日杯将棋オープン戦本戦トーナメントついに開幕!3局一挙放送 2/2 本戦トーナメントがついに開幕!予選を勝ち抜いた8名と本戦シードの8名の計16名のトーナメントで行われる。藤井聡太七段が昨年史上最年少で優勝をし今回も連覇となるか大変注目の棋戦だ。本局は前回ベスト4に進出した久保利明王将が登場!他に屋敷伸之九段、行方尚史八段、菅井竜也七段、と非常に豪華な顔ぶれ!午前にニ局同時に行われ、午後から勝者同士の戦いとなる。また朝日杯本戦トーナメントの特徴として将棋ファンの観衆に見守られながら棋士が椅子に座って指すというのも醍醐味の1つだ。 朝日杯は全棋士、アマチュア10人、女流棋士3人によるトーナメントです。 1次予選から本戦まで全てがトーナメントで、決勝も1番勝負となります。優勝者が獲得する賞金は750万円。1次予選、2次予選、本戦(16名)のトーナメント制で持ち時間は40分となります。 朝日アマ名人、朝日アマ名人戦全国大会ベスト8進出者、学生名人の計10名。女流棋士はタイトル保持者ら6名を選抜し出演致します。 ※この番組は2019年1月19日に放送されたものです
第36回 NHK杯将棋トーナメント 1回戦・第1局 福崎文吾七段 対 羽生善治四段(1986/4/6放送)
無料
NHK杯テレビ将棋トーナメント 第36回 NHK杯将棋トーナメント 1回戦・第1局 福崎文吾七段 対 羽生善治四段(1986/4/6放送) NHK杯テレビ将棋トーナメントは、トップ棋士たち50名がトーナメント方式で戦う早指し棋戦。本局は1986年4月6日に放送された、 1回戦・第1局 福崎文吾七段と羽生善治四段の対戦。
第36回 NHK杯将棋トーナメント 2回戦・第16局 米長邦雄十段 対 羽生善治四段(1986/11/30放送)
無料
NHK杯テレビ将棋トーナメント 第36回 NHK杯将棋トーナメント 2回戦・第16局 米長邦雄十段 対 羽生善治四段(1986/11/30放送) NHK杯テレビ将棋トーナメントは、トップ棋士たち50名がトーナメント方式で戦う早指し棋戦。本局は1986年11月30日に放送された、 2回戦・第16局 米長邦雄十段と羽生善治四段の対戦。
第36回 NHK杯将棋トーナメント 3回戦・第3局 真部一男七段 対 羽生善治四段(1986/12/21放送)
無料
NHK杯テレビ将棋トーナメント 第36回 NHK杯将棋トーナメント 3回戦・第3局 真部一男七段 対 羽生善治四段(1986/12/21放送) NHK杯テレビ将棋トーナメントは、トップ棋士たち50名がトーナメント方式で戦う早指し棋戦。本局は1986年12月21日に放送された、 3回戦・第3局 真部一男七段と羽生善治四段の対戦。
女流AbemaTVトーナメント決勝1回戦 里見香奈女流四冠 対 香川愛生女流三段
第1回女流AbemaTVトーナメント 女流AbemaTVトーナメント決勝1回戦 里見香奈女流四冠 対 香川愛生女流三段 第1回女流AbemaTVトーナメント発足! 2018年夏、圧倒的な強さで藤井聡太七段が優勝したAbemaTVトーナメントが今度は女流棋士で開催! 事前に行われた予選会を勝ち抜いた女流棋士3名と5名の選ばれたトップ女流棋士の計8名で決勝トーナメントを行い、最速・最強女王の座を賭け、優勝を争います。 さらに優勝者は2019年開催予定の「第2回AbemaTVトーナメント」の出場権を獲得! 本対局は、第1回AbemaTVトーナメントに引き続きフィッシャールールを採用。 持ち時間7分で開始し1手指すごとに7秒が加算、持ち時間が切れると負けとなる。 勝敗は、一度の顔合わせで最大3回の勝負を行い、先に2勝した方の勝ち抜き戦! 人気・実力共に兼ね備えたトップ女流棋士達が本気で勝負を繰り広げる AbemaTVでしか見れないこの対局。ぜひお見逃しなく! 本局は決勝トーナメント開幕戦!里見香奈女流四冠と香川愛生女流三段が激突! 開幕戦にふさわしい超豪華カード! 勝ち上がりを決めるのは果たして!? 里見香奈女流四冠 渡部愛女流王位 香川愛生女流三段 室田伊緒女流二段 谷口由紀女流二段 伊藤沙恵女流二段 貞升南女流初段 K・ステチェンスカ女流1級
女流AbemaTVトーナメントついに決勝!里見香奈女流四冠 対 伊藤沙恵女流二段
第1回女流AbemaTVトーナメント 女流AbemaTVトーナメントついに決勝!里見香奈女流四冠 対 伊藤沙恵女流二段 ついに最終決戦!第1回女流AbemaTVトーナメント初代覇者は!?最速・最強女王が決定! 里見香奈女流四冠は本局まで無敗の4連勝で登場で一切の死角なし!女流タイトル獲得34期、更にフィッシャールールでも最速・最強女王の座を獲得し、圧倒的女流ナンバーワンとなる瞬間が見れるのか!? 伊藤沙恵女流二段は前局はタイトルホルダーの渡部愛女流王位に勝ち本局へ登場!本トーナメントでライバル里見香奈女流四冠を倒し初代覇者として最速・最強の座に付き、伊藤沙恵時代を築く端緒となる瞬間が生まれるか!? 第1回女流AbemaTVトーナメント発足! 2018年夏、圧倒的な強さで藤井聡太七段が優勝したAbemaTVトーナメントが今度は女流棋士で開催! 事前に行われた予選会を勝ち抜いた女流棋士3名と5名の選ばれたトップ女流棋士の計8名で決勝トーナメントを行い、最速・最強女王の座を賭け、優勝を争います。 さらに優勝者は2019年開催予定の「第2回AbemaTVトーナメント」の出場権を獲得! 本対局は、第1回AbemaTVトーナメントに引き続きフィッシャールールを採用。 持ち時間7分で開始し1手指すごとに7秒が加算、持ち時間が切れると負けとなる。 勝敗は、一度の顔合わせで最大3回の勝負を行い、先に2勝した方の勝ち抜き戦! 人気・実力共に兼ね備えたトップ女流棋士達が本気で勝負を繰り広げる AbemaTVでしか見れないこの対局。ぜひお見逃しなく!
独占!第12回朝日杯将棋オープン戦本戦トーナメントついに開幕!3局一挙放送 1/2
無料
独占!!第12回朝日杯将棋オープン戦 独占!第12回朝日杯将棋オープン戦本戦トーナメントついに開幕!3局一挙放送 1/2 本戦トーナメントがついに開幕!予選を勝ち抜いた8名と本戦シードの8名の計16名のトーナメントで行われる。藤井聡太七段が昨年史上最年少で優勝をし今回も連覇となるか大変注目の棋戦だ。本局は前回ベスト4に進出した久保利明王将が登場!他に屋敷伸之九段、行方尚史八段、菅井竜也七段、と非常に豪華な顔ぶれ!午前にニ局同時に行われ、午後から勝者同士の戦いとなる。また朝日杯本戦トーナメントの特徴として将棋ファンの観衆に見守られながら棋士が椅子に座って指すというのも醍醐味の1つだ。 朝日杯は全棋士、アマチュア10人、女流棋士3人によるトーナメントです。 1次予選から本戦まで全てがトーナメントで、決勝も1番勝負となります。優勝者が獲得する賞金は750万円。1次予選、2次予選、本戦(16名)のトーナメント制で持ち時間は40分となります。 朝日アマ名人、朝日アマ名人戦全国大会ベスト8進出者、学生名人の計10名。女流棋士はタイトル保持者ら6名を選抜し出演致します。 ※この番組は2019年1月19日に放送されたものです
女流AbemaTVトーナメント決勝1回戦 渡部愛女流王位 対 貞升南女流初段
第1回女流AbemaTVトーナメント 女流AbemaTVトーナメント決勝1回戦 渡部愛女流王位 対 貞升南女流初段 第1回女流AbemaTVトーナメント発足! 2018年夏、圧倒的な強さで藤井聡太七段が優勝したAbemaTVトーナメントが今度は女流棋士で開催! 事前に行われた予選会を勝ち抜いた女流棋士3名と5名の選ばれたトップ女流棋士の計8名で決勝トーナメントを行い、最速・最強女王の座を賭け、優勝を争います。 さらに優勝者は2019年開催予定の「第2回AbemaTVトーナメント」の出場権を獲得! 本対局は、第1回AbemaTVトーナメントに引き続きフィッシャールールを採用。 持ち時間7分で開始し1手指すごとに7秒が加算、持ち時間が切れると負けとなる。 勝敗は、一度の顔合わせで最大3回の勝負を行い、先に2勝した方の勝ち抜き戦! 人気・実力共に兼ね備えたトップ女流棋士達が本気で勝負を繰り広げる AbemaTVでしか見れないこの対局。ぜひお見逃しなく! 本局は決勝トーナメント1回戦、渡部愛女流王位と貞升南女流初段が対局! 渡部愛女流王位は、2018年5月に里見香奈女流四冠からタイトルを奪い名実共にトップ女流棋士としての地位を築いている。 貞升南女流初段は、予選会から堂々勝ち上がり指しこなしたフィッシャールールを味方に対局に臨む。 最速・最強女王への道が開かれるのは果たしてどちらに!? 里見香奈女流四冠 渡部愛女流王位 香川愛生女流三段 室田伊緒女流二段 谷口由紀女流二段 伊藤沙恵女流二段 貞升南女流初段 K・ステチェンスカ女流1級
女流AbemaTVトーナメント決勝1回戦 室田伊緒女流二段 対 谷口由紀女流二段
第1回女流AbemaTVトーナメント 女流AbemaTVトーナメント決勝1回戦 室田伊緒女流二段 対 谷口由紀女流二段 第1回女流AbemaTVトーナメント発足! 2018年夏、圧倒的な強さで藤井聡太七段が優勝したAbemaTVトーナメントが今度は女流棋士で開催! 事前に行われた予選会を勝ち抜いた女流棋士3名と5名の選ばれたトップ女流棋士の計8名で決勝トーナメントを行い、最速・最強女王の座を賭け、優勝を争います。さらに優勝者は2019年開催予定の「第2回AbemaTVトーナメント」の出場権を獲得! 本対局は、第1回AbemaTVトーナメントに引き続きフィッシャールールを採用。 持ち時間7分で開始し1手指すごとに7秒が加算、持ち時間が切れると負けとなる。 勝敗は、一度の顔合わせで最大3回の勝負を行い、先に2勝した方の勝ち抜き戦! 人気・実力共に兼ね備えたトップ女流棋士達が本気で勝負を繰り広げる AbemaTVでしか見れないこの対局。ぜひお見逃しなく! 予選会から勝ち上がってきた室田伊緒女流二段!そう、AbemaTVトーナメント初代覇者藤井聡太七段の姉弟子である。事前に藤井聡太七段からフィッシャールールの攻略法を聞いていたようだが...気になる内容は本編で! 谷口由紀女流二段、2018年に女流タイトルの1つである倉敷藤花の挑戦者となったトップ女流棋士!AbemaTV企画花の三番勝負では珍しい一間飛車を魅せてくれた。今回はどのような戦法になるかも注目だ! 里見香奈女流四冠 渡部愛女流王位 香川愛生女流三段 室田伊緒女流二段 谷口由紀女流二段 伊藤沙恵女流二段 貞升南女流初段 K・ステチェンスカ女流1級