「パク・テス」の検索結果

今すぐ視聴する

第24話
オクニョ 運命の女 第24話 オクニョは、ソン・ジホンから、パク・テスの遺品探しに同行を頼まれ、承諾する。そのころ、平市署(ピョンシソ)の署長に就任したユン・テウォン。父ユン・ウォニョンから、署長としての足固めにソン・ジホンの父の商団を取り締まるよう勧められる。一方、オクニョとソン・ジホンは、パク・テスの遺品を発見する。その中にはパク・テスの功績を認める明(みん)の皇帝の勅書があった。
第6話
オクニョ 運命の女 第6話 オクニョの不在中にパク・テスが出所する。密偵に復帰し、帰国する明の使節を暗殺する極秘任務を請け負う。一方、オクニョも密偵として暗殺計画に加わるように命じられる。パク・テスと同じ任務だが、2人とも互いの関与は知らない。オクニョは、ユン・テウォンら商人の一行に通訳として潜入し、明の使節団に同行する。何も知らないユン・テウォンはオクニョとの思わぬ再会を喜ぶ。
第7話
オクニョ 運命の女 第7話 オクニョは明の使節が持つ密書を奪うことに成功したが、使節の暗殺計画は失敗に終わる。しかし、オクニョとパク・テスたちは再び計画を実行し、任務を果たす。一方、オクニョは任務の途中でユン・テウォンに追い詰められ、顔をみられてしまう。明の使節の最期の言葉から今回の指令に疑念を抱いたパク・テスはカン・ソノに密書を見せるよう詰め寄るが、仲間の体探人(チェタミン)に切られる。
第9話
オクニョ 運命の女 第9話 密偵のパク・テスを殺すよう命じたのは朝廷の権力者ユン・ウォニョンだった。「パク・テスに手を出すな」と言っていた王の母、文定大妃(ムンジョンテビ)に知られることを恐れたユン・ウォニョンは、口封じのため、オクニョを殺そうとする。誰がなぜ自分を殺そうとしているのか分からないオクニョ。見えない敵との孤独な闘いにしだいに追いつめられていく。
第8話
オクニョ 運命の女 第8話 パク・テスの死の責任を負わされ、捕らえられてしまったオクニョ。密偵の上司カン・ソノは「必ず救うから、何も言わずに罪を認めろ」という。一方、ユン・テウォンは暗殺事件の後に姿を消したオクニョを探していた。そして、ユン・テウォンの悲しい過去が明らかになる。
第4話
オクニョ 運命の女 第4話 養父から母の形見の指輪を受け取ったオクニョは、母の死の真相を知りたいという思いを募らせる。そして、地下牢にいる囚人パク・テスに指輪を見せる。指輪に見覚えがあった彼はオクニョにある情報を伝える。一方、ユン・テウォンにも母にまつわる悲しい過去があった。5年後、成長したオクニョは母の死の真相に迫るため、捕盗庁(ポドチョン)の茶母(タモ)の試験を受ける。
第11話
オクニョ 運命の女 第11話 絶対的権力を持つ文定大妃(ムンジョンテビ)に謁見したオクニョ。師であり体探人(チェタミン)のパク・テスがユン・ウォニョンの差し金で殺されたことを話し、大妃はその言葉を信じる。オクニョは望みを聞かれ、典獄署(チョノクソ)の茶母(タモ)に戻してほしいと頼む。そして、大妃は、自分の命に背いたユン・ウォニョンの官職を剥奪し、捕らえるよう命じる。
第15話
オクニョ 運命の女 第15話 亡くなった恩師パク・テスの孫を捜していたオクニョ。それがソン・ジホンだと分かり、彼にそのことを伝えようとするが・・・。凶作の影響で、典獄署(チョノクソ)への米の支給が絶たれ、オクニョはこの危機を乗り越えようと、米を手に入れるための策を考える。一方、民衆が飢えているのに、チョン・ナンジョンは誕生日に豪勢な祝宴を開く。ある日、役人が典獄署の視察にやってくる。
第8話 黒幕の正体
イ・サン 第8話 黒幕の正体 宴に来ていた茶母(タモ)がソンヨンだったと知ったサンは、ソンヨンに会おうとする。そのころ、ソンヨンはイ・チョンの頼みで、良家の奥方の肖像画を描くために出かけたが、帰り道でテスに恨みを持つ者たちにさらわれてしまう。 サンは、ソンヨンを助けるために兵を出す。
第12話 三日の猶予
イ・サン 第12話 三日の猶予 謀反の罪で捕らえられた思悼世子(サドセジャ)の元護衛官たちの取り調べを命じられたサンだが、取り調べを中止し、英祖(ヨンジョ)に彼らの無実を明らかにするための時間をくれるように頼む。これに対し、英祖は怒り、世孫を廃位すると告げる。
第15話 護衛官への道
イ・サン 第15話 護衛官への道 煎じ薬を持ってサンの元を訪れた嬪宮(ピングン)は、たまたま居合わせたソンヨンと再会し、彼女がサンと縁があったことを知る。 一方で、ソンヨンの素性を探っていたキム尚宮は、ソンヨンがチョン・フギョムと会っていたという事実を嬪宮に報告する。
第18話 握りつぶされた王命
イ・サン 第18話 握りつぶされた王命 サンと敵対する老論(ノロン)派は、サンが宮中で権力を掌握することを恐れ、英祖(ヨンジョ)を都に戻す。 病気の身で宮殿に戻った英祖を見たサンは、医官を追及する。しかし王妃は、国王が都に戻ったことを喜びもしないのかとサンを問い詰める。
第20話 夢をつなぐ墨絵
イ・サン 第20話 夢をつなぐ墨絵 英祖(ヨンジョ)がサンを摂政にして初めての政務報告会が開かれた。その席でサンは、誤った慣例を正し、改革を進めることを宣言する。 一方、チェ・ソクチュは、ホン・イナンにホン・グギョンを手なずけるように指示する。
第25話 華やかな暗殺計画
イ・サン 第25話 華やかな暗殺計画 チェ・ソクチュは王妃に、儺礼戯(ナレイ)で爆薬を使う計画は危険なため取りやめるように忠告するが、王妃は何としてでも計画を進めるとして、これを拒絶する。 一方、ホン・グギョンは、前年の儺礼戯に関する記録を持って来るようにテスに依頼する。
第48話 改革の始まり
無料
イ・サン 第48話 改革の始まり ホン・グギョンは、老論(ノロン)派の息のかかっていない者たちで新たな護衛部隊を作ることをサンに提案する。 一方、王妃は、ソンヨンを呼び、側室になる意思があるのかを見極めようとする。
第10話
オクニョ 運命の女 第10話 無実の罪で追われる身となったオクニョは、ユン・テウォンに助けられ、身を隠していた。だが、町に張り出された人相書きからオクニョの居所がバレてしまい、連絡を受けた捕盗庁(ポドチョン)のソン・ジホンがオクニョを捕える。その直後、文定大妃(ムンジョンテビ)の命によってオクニョは宮殿に連れて行かれる。そして、大妃に謁見し、ユン・ウォニョンとチョン・ナンジョンも同席する中、ついにパク・テスの死の真相を打ち明ける。
第23話
オクニョ 運命の女 第23話 ソン・ジホンは、都の役所がオクニョを捜していることを知り、その生存を隠し、官婢(カンピ)の身分から抜け出す方法を探ることにする。ユン・テウォンは、望む官職に就かせるのでチョン・ナンジョンをけん制してほしいと父ユン・ウォニョンから持ちかけられる。一方オクニョは、役人の夜とぎを命じられるが、神に取りつかれた芝居をして難を逃れる。ある日、ソン・ジホンはオクニョに祖父パク・テスの遺品探しに同行するよう頼む。
第2話 父の絵を見せたくて
イ・サン 第2話 父の絵を見せたくて サンは、父の思悼世子(サドセジャ)が祖父の英祖(ヨンジョ)に渡すように頼んだ絵を発見する。サンはソンヨンに、巡察中の祖父がいる雲従街(ウンジョンガ)までの地図を描くように頼み、ソンヨンは同行することを申し出る。 私邸に戻る時、サンは腹痛を訴え、輿(こし)を降りて用を足す際に護衛の兵たちを遠ざける。
第3話 王への第一歩
イ・サン 第3話 王への第一歩 サンは、巡察中の英祖(ヨンジョ)の行列にたどりつき、思悼世子(サドセジャ)に渡すように頼まれた絵を見てくれと直訴する。しかし英祖は取り合わず、サンを捕らえて義禁府(ウィグムブ)に護送するように命ずる。その時、宮中からの急ぎの使者が来て、思悼世子が死んだことを伝える。
第4話 銃に刻まれた真実
イ・サン 第4話 銃に刻まれた真実 サンが住まいとしていた世孫宮から武器庫が見つかり、英祖(ヨンジョ)は、その罪を追究する。サンの母、恵慶宮(ヘギョングン)は、武器庫は死んだ思悼世子(サドセジャ)が作ったものだと言えば助かるとサンに助言をする。しかし、サンは英祖の前で自分と思悼世子の無実を訴え、英祖は激怒する。
第5話 毒が残した手がかり
イ・サン 第5話 毒が残した手がかり ある晩、サンは刺客に襲われる。サンは事なきを得るが、誰が差し向けたのかを聞き出す前に刺客は毒薬を飲んで自害してしまう。英祖(ヨンジョ)も事態をいぶかしく思う。 相次ぐ暗殺の危機に疲れたサンは、偶然出会った少女を見てソンヨンを思い出す。そして、その場でナム内官に毒の出どころを調べるように命ずる。
第6話 赤の悲劇
イ・サン 第6話 赤の悲劇 毒の出どころを探らせていた内官が水死体となって発見される。彼が残した暗号から、サンは清の使節団との会見の裏に陰謀があることを読み取る。 一方、図画署(トファソ)の顔料を盗んだぬれぎぬを着せられたが、パク署長の助けで危機を逃れたソンヨンは、清の大使を招いての宴に参席することになり、サンと再会する。
第7話 逆転の白
イ・サン 第7話 逆転の白 宴の席でソンヨンが気に入った清の大使は、ソンヨンを連れて帰ろうとする。サンはそれを止めようとするが、機嫌を損ねた大使は、ソンヨンに絵を描かせ官妓でないことを証明せよと詰め寄る。 一方で、貢ぎ物の白布を盗むのを手伝ったテスは、自分のせいでサンが窮地に立たされたことを知る。
第9話 九年前の約束
イ・サン 第9話 九年前の約束 サンは、清への貢ぎ物を盗んだ者たちを捕らえたが、サン自身の名前で出された通達により罪人たちは牢から出され、殺害されてしまう。大臣たちはサンの責任を追及し、通達の筆跡鑑定を絵師たちに命ずる。 ナム内官やテスたちは、ソンヨンの行方を捜し続けるが見つけられないが...。
第10話 武官の墓場
イ・サン 第10話 武官の墓場 図画署(トファソ)で絵を描いていたソンヨンは、彼女に会いに来たサンに再会する。2人の様子を見ていたテスも目頭を熱くし、武科に合格する決意を固くする。 英祖(ヨンジョ)は、サンや大臣たちの前で玉印を偽造する方法を見せて、問題となった通達の真偽を確認しようとする。
第11話 罪なき忠義
イ・サン 第11話 罪なき忠義 文科の試験の答案に、英祖(ヨンジョ)を非難する文章が見つかり、科挙は中止される。 武科を受験していたテスが、試験問題についてホン・グギョンに尋ねると、ホン・グギョンはサンが危機に陥るであろうと警告する。 サンも謀反を疑われるなか、夜に逆賊が侵入する。英祖は事なきを得たが、真相の究明をサンに命ずる。
第13話 倉庫に埋もれた証拠
イ・サン 第13話 倉庫に埋もれた証拠 サンはテスから、陰謀の背後に兵曹判書(ピョンジョパンソ)ハン・ジュノがいると聞かされ、ナム内官らとともに敵の根拠地を急襲しようとする。その際、武官を引き連れたチョン・フギョムが同行を申し出る。 テスの案内で捕盗庁(ポドチョン)の兵士たちも到着し、いざ敵の根拠地に侵入したが、もぬけの殻になっていた。
第14話 静かなる口封じ
イ・サン 第14話 静かなる口封じ サンは、陰謀に加担していた兵曹判書(ピョンジョパンソ)ハン・ジュノの背後には、サンの叔母ファワンがいることを突き止めた。この事実にサンは衝撃を受けるが、犯人を断罪することを決意する。 サンは、それまでの経緯と陰謀の背後関係を英祖(ヨンジョ)に報告するが、英祖もまた衝撃と怒りを禁じえなかった。
第16話 刺客の視点
イ・サン 第16話 刺客の視点 恵嬪(ヘビン)は、嬪宮(ピングン)に子が誕生することを願って、石榴の屏風を図画署(トファソ)に描かせることにした。屏風を描くために宮中を訪れたソンヨンは、嬪宮から、チョン・フギョムと会った経緯を尋ねられる。 その時、サンが予告なしに嬪宮の元を訪れて来た。そうして、サンはソンヨンに偶然、再会する。
第17話 決死の身代わり
イ・サン 第17話 決死の身代わり 行幸中に疫病にかかった英祖(ヨンジョ)は、サンに都に戻り朝廷を守るように命ずる。英祖が倒れたと聞いた王妃は、吏曹判書(イジョパンソ)チェ・ソクチュに、サンを殺すように指示を出す。 ホン・グギョンは、安全に都に戻るために一行を2隊に分けて1隊をおとりにすることを提案するが、サンはその意見を拒絶する。