「パリピ選手権 エイベックス」の検索結果

「パリピ選手権 エイベックス」に関する情報は見つかりませんでした。
「エイベックス」に関する情報を表示しています。

今すぐ視聴する

第十一話 世界にひとつだけの SAGA
ゾンビランドサガ 第十一話 世界にひとつだけの SAGA やりおった。《さくら》が事故りおった。 どうやら生前の記憶が戻っているらしい。 あいつ、元の性格がめちゃくちゃだ。 (※中略) 他のじっぱかゾンビィ達は《さくら》を元に戻そうとしているようだが…… (※中略) とりあえず、明日が欲しいので今日は寝る。 追記:寝付けない。コーヒーを飲み過ぎたか。                        ―――――《巽幸太郎》の日記より
第十二話 グッドモーニング アゲイン SAGA
ゾンビランドサガ 第十二話 グッドモーニング アゲイン SAGA 【第12話】 《さくら》の記憶が戻らない。 まったく「持っとらん」「持っとらん」とうらめしかやつだ。 だが、ここで諦める巽幸太郎ではない。 自分を信じろ。 俺は必ずアルピノのステージに『フランシュシュ』を立たせる。 そこからがプロジェクトの本当の始まり。 『ゾンビィランドサガ・プロジェクト』の始まりなのだ。                        ―――――《巽幸太郎》の日記より
第五話 君の心にナイスバード SAGA
ゾンビランドサガ 第五話 君の心にナイスバード SAGA あいつらは俺の想像を簡単に超えてくる。 製薬会社とのタイアップのチャンスを見事に潰してくれた。 だが、そこはこのプロデューサー巽幸太郎、今回は誰もが知っている超有名企業のCM出演権を手に入れてきました。 『フランシュシュ』は佐賀一帯にその名声を轟かせるだろう。 泥にまみれた不死鳥は、大空へと羽ばたく。                        ―――――《巽幸太郎》の日記より
第七話 けれどゾンビメンタル SAGA
ゾンビランドサガ 第七話 けれどゾンビメンタル SAGA 野外音楽イベント【サガロック】への出演が決まった。 だが相変わらず《純子》のやつがうじうじナメクジみたいになっている。 サングラスが曇るの、あいつのせいじゃないだろうな。 メンバーたちは不安そうだわ、《愛》にかかるプレッシャーは強くなるわ…… 【サガロック】当日の天気予報は雷雨か。 文字通り雲行きが怪しくなってきた。 とりあえず、潤いが欲しいので今日は寝る。                        ―――――《巽幸太郎》の日記より
第八話 GOGO ネバーランド SAGA
ゾンビランドサガ 第八話 GOGO ネバーランド SAGA 臭い蓋を開けてみれば、【サガロック】でのステージは成功に終わった。 止まない雨はない。蘇らないゾンビィもいない。 『フランシュシュ』の名もだんだんと知られてきた。 ただし、有名になれば、当然ヘンな輩に目を付けられる可能性も大きくなる。 まさかあの男がきっかけで、やーらしかゾンビィたちが重大な事実を知ることになるとは。 ゾンビィたちよ、何があろうと、明日に歌え!                        ―――――《巽幸太郎》の日記より
第十話 NO ZOMBIE NO IDOL SAGA
ゾンビランドサガ 第十話 NO ZOMBIE NO IDOL SAGA ご老人たちだけでなく、やんちゃなファンも増えたようだ。 優秀なプロデューサーのおかげで、ゾンビィ達も死んでいるにしてはスクスクと成長している。 そんなぎゅーらしかゾンビィ達に、新たなステップを踏ませてやることにした。 これは、あいつらが必ず登らなければならない大きな山だ。 そしてその頂へ向かうためにすべきことは、一つしかない。                        ―――――《巽幸太郎》の日記より
第一話 グッドモーニング SAGA
無料
ゾンビランドサガ 第一話 グッドモーニング SAGA その生きる屍は、ある洋館でひっそりと目覚めた。 それはただ、自分が誰かも、その場所がどこかも、何もわからぬまま、徘徊するのみ。 やがて生きる屍は、恐るべき現実を目の当たりにし、自らの運命を告げられる。 偽りの仮面をかぶり、闇の中を歩き続けるしかないのだと。 そして、生きる屍に天からの光が差した時、人々は聞くだろう。 狂乱の中に響き渡る叫びを。 その、破滅の叫びを。                             ―――――《巽幸太郎》の日記より
第二話 I♡HIPHOP SAGA
ゾンビランドサガ 第二話 I♡HIPHOP SAGA ただのゾンビィだったメンバー全員が自我に目覚め、《さくら》も安心したようだ。 ようやくここからアイドルグループとしての活動を始められる。 まずは、あいつらにゾンビィバレをした時の恐怖を叩きこまなければ。 グループ名も『デス娘(仮)』だと方向性が偏りそうなので、今変えてしまおう。 思い付かないので、今度にしよう。 あとは、アイドルグループにふさわしい初舞台の用意だ。 何か良いイベントはないものか。                        ―――――《巽幸太郎》の日記より
第三話 DEAD OR LIVE SAGA
ゾンビランドサガ 第三話 DEAD OR LIVE SAGA 佐賀城でのイベントも想定通りに盛り上がった。 《さくら》と《サキ》の爆発力もなかなかだったが、盛り上げに徹した《ゆうぎり》と《リリィ》もさすがに肝が据わっている。《たえ》はあれでいい。 が、どうも全体的にアイドルっぽさが足りないので、強引にアイドルっぽい感じのやつをやらせるとしよう。 経験者の《愛》と《純子》が引っ張れば、全く問題ないはずだ。 ワンフォーゾンビィ! オールフォーゾンビィ!                        ―――――《巽幸太郎》の日記より
第六話 だってセンチメンタル SAGA
ゾンビランドサガ 第六話 だってセンチメンタル SAGA 『フランシュシュ』にもファンがついてきた。 これもひとえにプロデューサー巽幸太郎の手腕。 ここらでひとつファンとの交流を持たせ、その心をガッチリ掴ませよう。 普段はデジタルを駆使しても、アナログな繋がりの強さを忘れてはならない。 実際にファンを目の前にすれば、ゾンビィどものなかよしチームワークも強まるはず。 完璧。 シャワーを浴びる。                        ―――――《巽幸太郎》の日記より
第四話 ウォーミング・デッド SAGA
ゾンビランドサガ 第四話 ウォーミング・デッド SAGA グループ名は俺に何の断りもなく『フランシュシュ』になったらしい。 リーダーもいつの間にか《サキ》に決まっていた。 改めて俺がプロデューサーだと分からせた方がよさそうだ。 とは言え、自主的に行動するようになったのは悪いことではない。 ここはちょっぴりやる気を出したおしゃべりゾンビィ達に、がっつり稼いでもらうとしよう。 というわけで、温泉へ営業に行かせます。 メイクが取れてゾンビィバレでもしたら、一巻の終わりだな。                         ―――――《巽幸太郎》の日記より
第九話 一度は尽きたこの命 なんの因果か蘇り 歌い踊るが宿命(さだめ)なら 親友 (とも)への想いを胸に秘め 貫くまでよ己の SAGA
ゾンビランドサガ 第九話 一度は尽きたこの命 なんの因果か蘇り 歌い踊るが宿命(さだめ)なら 親友 (とも)への想いを胸に秘め 貫くまでよ己の SAGA 突然ですが、少子高齢化社会です。 これからはサガのご老人たちにも『フランシュシュ』のファンになってもらわなければならない。 おじいちゃん、おばあちゃんが会いに来るアイドル。素晴らしいと思いませんか。 イベントでの挨拶も、わかりやすくするか…… 「『フランシュシュ』はいつでもアクセル全開! 老若男女に向けたアイドル活動を行ってまいります!」 いや、もっと端的に、 「ゾンビィのとこ、こないか?」                        ―――――《巽幸太郎》の日記より
第11話 一条シン  SIN
KING OF PRISM -Shiny Seven Stars- 第11話 一条シン  SIN ついにソロ演技はシンを残すのみ。いつもと様子の違うシンに言い知れぬ不安を覚えるエーデルローズの仲間たち。振り返ってみると、シンはみんなの前に現れた時から、どこか不思議なところがあった。シンとはいったい何者なのか? 今、その秘密が明らかになる。
第1話 虹を越えたその先に
KING OF PRISM -Shiny Seven Stars- 第1話 虹を越えたその先に 波乱のプリズムキングカップが終わり、華京院学園高等部の1年生となったシン。エーデルローズの新入生たちも、1つずつ学年が上がった。新しい環境のなか、これからの生活に胸躍らせるシン。しかし、シュワルツローズ総帥・法月仁の魔の手が、ふたたびエーデルローズに忍び寄っていた……。
第2話 太刀花ユキノジョウ  いざ、参る!
KING OF PRISM -Shiny Seven Stars- 第2話 太刀花ユキノジョウ  いざ、参る! いつものように歌舞伎の稽古にいそしむユキノジョウ。しかし、稽古の様子を見ていた父親の菊右衛門は厳しい言葉を投げつけ、ユキノジョウにプリズムショーを辞めろと言う。寮でユキノジョウの帰りを待ちながら、シンはプリズムキングカップのときのことを思い出していた。なぜ、あのとき、ユキノジョウは自分に出場権を譲ってくれたのだろうか……。
第3話 香賀美タイガ  祭りなら!俺の中にある!
KING OF PRISM -Shiny Seven Stars- 第3話 香賀美タイガ  祭りなら!俺の中にある! 出身地の青森で「ねぶた祭り」開催が近づき、テンションの上がる香賀美タイガ。そんなとき、くしくもエーデルローズのみんなに祭りでの仕事が入る。タイガの実家に招かれた一同は、タイガの姉・大空からタイガが初めて東京にやってきた幼い日のこと、そして初めてプリズムショーに出会ったときの話を聞かされる。
第4話 十王院カケル  愛と共に翔ける
KING OF PRISM -Shiny Seven Stars- 第4話 十王院カケル  愛と共に翔ける 大財閥の跡取りである十王院カケルは、高校生でありながら、十王院ホールディングスの専務取締役としても忙しい日々を送っている。そんなとき、巨額の開発費をかけたP・R・I・S・Mシステムの譲渡を巡り、背反行為ではないかと社内から非難を受ける。その陰には、シュワルツローズと手を組んでカケルを追い落そうとする真田常務の姿が……。
第5話 THE シャッフル  ジョージの唄
KING OF PRISM -Shiny Seven Stars- 第5話 THE シャッフル  ジョージの唄 シュワルツローズでは今日も法月仁総帥の檄が飛ぶ。ひとりゴマをする高田馬場ジョージ。生徒たちにあまりに厳しい総帥や、調子に乗っているジョージを見て、The シャッフルの影のメンバーであり、ジョージのゴーストシンガーである池袋エィスは怒りを募らせる。そんなとき、ジョージのもとに幼なじみの少女・ミヨからメッセージが届く……。
第6話 鷹梁ミナト  心は大っきな太平洋
KING OF PRISM -Shiny Seven Stars- 第6話 鷹梁ミナト  心は大っきな太平洋 いつもエーデルローズの食堂で、みんなに食事を振る舞う鷹梁ミナト。しかし、そんなミナトが急に実家に帰ることになった。民宿を営む母親がケガをしてしまい、長男であるミナトがしばらく兄弟たちの面倒をみることになったのだ。ミナトがいなくなったエーデルローズでは、彼のありがたさをみんなが身にしみて感じていた。
第7話 西園寺レオ  心の花を咲かせましょう♥
KING OF PRISM -Shiny Seven Stars- 第7話 西園寺レオ  心の花を咲かせましょう♥ 華京院学園の文化祭で行われる「華京祭ミスター&ミススーパーコンテスト」。去年カヅキの優勝により奪還した王座を死守するため、エーデルローズ生は思い思いの格好でコンテストに臨もうとしていた。コンテストに向けて賑やかに準備しているみんなのもとに、突然レオの2人の姉たちがやってくる。姉たちからある相談を持ち掛けられたレオは……。
第8話 涼野ユウ  アイアム ゼウス☆彡
KING OF PRISM -Shiny Seven Stars- 第8話 涼野ユウ  アイアム ゼウス☆彡 「PRISM.1」でのシュワルツローズとの対戦を前に、全ての歌を自分が作曲すると言い出した涼野ユウ。全知全能のゼウスである俺にすべて任せておけと自信満々の様子だったが、いっこうに曲ができあがる様子はない。気分を変え全員で歌を作るため、一同はきれいな海辺の島に合宿に出かける事に。
第9話 大和アレクサンダー  The Charisma of STREET
KING OF PRISM -Shiny Seven Stars- 第9話 大和アレクサンダー  The Charisma of STREET シュワルツローズのトレーニングルームでは、大和アレクサンダーが今日も筋トレに励んでいる。シュワルツローズの中でも、誰とも馴れ合うことのない孤高のアレク。そんな彼が、どうしてストリート系プリズムスタァを目指してショーをするようになったのだろうか? 過去に思いをはせながら彼が向かった先には、意外な人物が待っていた。
第10話 如月ルヰ  プリズムの使者
KING OF PRISM -Shiny Seven Stars- 第10話 如月ルヰ  プリズムの使者 エーデルローズとシュワルツローズ、それぞれ7人のソロと1組のユニットのショーで競い合う「PRISM.1」。それぞれの思いを込めたショーは順調に進み、残るソロ選手は、シンとルヰの2人。プリズムシステム上では実力が伯仲している2人のショーの行方は、いったい……!?
第12話 Shiny Seven Stars Forever!
KING OF PRISM -Shiny Seven Stars- 第12話 Shiny Seven Stars Forever! シンの凄まじいプリズムショーを見せられて、戸惑いを見せる観客たち。シンはふたたびステージに上がり、さっきのショーが不本意なものだったことを説明し、これからエーデルローズの7人でやるショーをぜひ見て欲しいと観客たちに訴えかける。果たして7人の煌めきは、みんなを笑顔にすることができるのだろうか!?
第0話 30分でわかるキンプリ
無料
KING OF PRISM -Shiny Seven Stars- 第0話 30分でわかるキンプリ 「KING OF PRISM」シリーズを観たことがない方も、 「KING OF PRISM -Shiny Seven Stars-」を安心して楽しむための特別企画番組。 キンプリの代名詞ともいえる“プリズム☆アフレコ”(視聴者がセリフを音読して参加できるシーン)など、 キンプリならではの楽しみ方を岩井勇気(ハライチ)、サンシャイン池崎らと一緒に学ぶことができます。
KING OF PRISM -PRIDE the HERO-
KING OF PRISM -PRIDE the HERO- KING OF PRISM -PRIDE the HERO- Over The Rainbowのライブで見たプリズムショーに憧れ、 エーデルローズに入学した一条シン。そこでは7人の新入生たちが、 未来のプリズムスタァになるべく学んでいた。 しかし、法月仁が率いるシュワルツローズの陰謀は、 エーデルローズを解散の危機へ追い込む。 エーデルローズを救うために無期限活動休止したOver The Rainbow。 コウジは巨額の負債を返すためにハリウッドでの映画音楽制作に、カヅキはストリート系としての自らの原点を見つめ直し、ヒロは己を高めるため特訓に打ち込む。 それぞれの場所でプリズムスタァとしての自分と向き合うメンバーたち。 先輩から後輩へと手渡されるバトン。あらためて問われる、仲間との絆。 波乱の中プリズムキングカップが、いよいよ開幕。 これまで誰も見たことのない、プリズムジャンプの息もつかせぬ応酬。 キング・オブ・プリズムの王冠は、いったい誰の頭上に輝くのか。 新たな歴史が、いまここに刻まれる! 「俺たちが目指すのは勝者じゃない。」