「マン 濡れ」の検索結果

今すぐ視聴する

第2話 消えた核を追え
アイアンマン 第2話 消えた核を追え 輸送中の核が何者かによって強奪されるという事件に絡み、アークステーションの起動に核が必要なことから自身に核持ち込み疑惑がかけられていることを黒田防衛大臣から聞かされてしまうトニー・スターク。自らの濡れ衣を晴らすために奮闘するスタークは疑いを晴らすことができるのか!?
第7話 脱出
アイアンマン 第7話 脱出 降りしきる雨の中、トニー・スタークの元にずぶ濡れの田中知佳が訪れる。出迎えるスタークは突如何者かによって眠らされ...意識を取り戻すとそこは廃棄物の投棄された絶海の孤島だった。 アイアンマンスーツの無い絶望的な状況で共に誘拐された田中知佳と決死の脱出を試みるトニー・スターク。果たして孤島から無事に脱出することはできるのか? そして、二人を待ち受けていたものとは一体!?
第5話 銃使い誕生
無料
朝鮮ガンマン 第5話 銃使い誕生 3年後。日本の商人、長谷川半蔵が朝鮮にやってくる。京畿褓商の商団長ウォンシンは半蔵と取引しようとアプローチを試みるが、喰えない半蔵に苦戦を強いられる。港に出掛けたスインはユンガンにうり二つの半蔵とぶつかり胸が騒ぐ。実は半蔵こそ3年前に銃に倒れたユンガンだった。彼は父に濡れ衣を着せた男を密かに調べ...。
第12話 半蔵の正体
朝鮮ガンマン 第12話 半蔵の正体 ユンガンは父に濡れ衣を着せたチョンを拉致し、裏で糸を引く秘密結社の長ジャヨンに文を送る。ジャヨンからユンガンの始末を命じられたウォンシンはユンガンを罠にはめ、負傷させる。必死で家に戻るも半蔵の姿でスインの前で倒れてしまう。父が銃使いだと知ったヘウォンは、半蔵を殺したら娘も失うとウォンシンを脅し...。
第17話 ウォンシンの企み
朝鮮ガンマン 第17話 ウォンシンの企み 軍乱により身を隠す王妃を守っていたスインだが、ヘウォンが現れ彼女に引き継ぐことに。ヘウォンの企みを疑う中、父が殺されたことを知らされ、ショックを受けるスイン。ユンガンはジャヨンを捕らえ、軍乱の首謀者として王に引き渡す。王の裁きによりジャヨンは罰せられ、ジナンとユンガンの濡れ衣も晴らされるが...。
第8話 真相追及
白詰草 第8話 真相追及 偽情報を流した犯人が黄龍グループにいると察したスンナムは、ソンジュに会って真相を追及するよう依頼する。一方、スンジェによって江原道の病院に左遷されたユミンは、積賢斎とはもう関わらないと決める。
第34話 家出
白詰草 第34話 家出 ジュニョンを連れて誰にも知らせず家を出るスンナム。スンナムとの取引が成功しユミンとの結婚が叶うとほくそ笑むセヒ。一方、ユミンとの結婚を反対するボンチョルは、セヒの目論見を止めようと焦り始める。
第79話 怪物
白詰草 第79話 怪物 セヒが横領した事実をつかんだスンナムは、それをタテにユミンの昇進撤回とセヒの左遷をソンジュに要求。“復讐の怪物”と化したスンナムはドゥムルに「黄龍を潰す」と宣言し、ドゥムルはそんなスンナムを心配する。
第17話 大師匠マンピョンの死
白詰草 第17話 大師匠マンピョンの死 マンピョンが急死し、家を出たユミンと連絡がつかないまま葬儀が行われ、ドゥムルはスンナムに手伝いを申し出る。マンピョンを疎んでいたボンチョルは天の助けだと喜び、帳簿の原本を捜すようパク秘書に命じる。
第5話 弟の死の謎
白詰草 第5話 弟の死の謎 大師匠マンピョンの代役として、スンナムが児童精神科センター開院式で講演をすることに。回復したマンピョンはボンチョルのもとを訪れ、23年前に自殺した弟ジュピョンの死の真相について手がかりをつかみたいと訴える。
第16話 家出したユミン
白詰草 第16話 家出したユミン セヒとの関係をスンナムに明かし、書堂から飛び出すユミン。マンピョンはユミンが黄龍グループと手を組んだとことに気づき、いぶかしがる。一方、ボンチョルはユミンが積賢斎の人間であることから起用に反対する。
第18話 ファランの画策
白詰草 第18話 ファランの画策 マンピョンが急死したのは直前に言い争った自分のせいだと言い、書堂での居場所を失ったユミン。ファランは、書堂のことは忘れて再出発するようユミンを慰める一方、セヒにユミンを奪い取るようにけしかける。
第30話 叶わない夢
白詰草 第30話 叶わない夢 ジュニョンが心臓発作を起こし病院に運ばれる。ユミンのマンションを訪れ、セヒと一緒にいるところを見て走り出したのが原因だ。食堂が繁盛すればユミンが戻ってくると思っていたスンナムだが、それは叶わぬ夢だったと嘆く。
第63話 父の仇
白詰草 第63話 父の仇 ボンチョルがスンナムたちを招待した食事会にボクヒがセジョンを連れてやってくる。ボクヒがソンジュに写真を返すよう詰め寄り、修羅場に。積賢斎に戻ったユミンは、マンピョンの代わりにすべてを暴くとボクヒに誓う。
第105話 残酷な事実
白詰草 第105話 残酷な事実 スンナムにボクヒの死を責められたソンジュは泣いて謝るが、スンナムはそんなソンジュを振り払って家を出る。まんまとスンナムを追い出したセヒはソンジュを見張らせるためファランに一緒に住むよう提案する。
第128話 大師匠の死の真相
白詰草 第128話 大師匠の死の真相 ボクヒが生きていると聞いたスンナムは手がかりを求めボンチョルの面会に行くが、ボンチョルは話が通じず様子がおかしい。一方、息子の無実を信じるファランは、マンピョンの死をわざとユミンのせいにしたと口を滑らせる。
第1話 運命の分かれ道
無料
白詰草 第1話 運命の分かれ道 黄龍物産の女社長ヨン・ソンジュは、幼い娘ソヌと息子ムノを残してアメリカ出張に出かける。父親のジホは子供たちをキャンプに連れていくが、横領発覚を恐れた黄龍物産の部長ファン・ボンチョルがその後を追う。
第2話 隠蔽された事故
白詰草 第2話 隠蔽された事故 大雨の中、ジホは車をぶつけて気を失ってしまう。通りがかったカン・ドゥムルはジホを助けようとするが、ボンチョルに一喝されてその場を去る。後日警察に出向いたドゥムルは大雨の日に事故は起きていないと聞かされる。
第3話 師匠と室長
白詰草 第3話 師匠と室長 記憶を失い書堂に引き取られたソヌはスンナムと名付けられ、ユミンと結婚して書堂の師匠となる。一方、ボンチョルはソンジュと再婚し自分の娘セヒを養女に。セヒは黄龍グループ室長となり、病院理事長スンジェと婚約する。
第4話 セヒの謀略
白詰草 第4話 セヒの謀略 スンジェの女癖を理由に破談を望むセヒ。だが、ボンチョルは「とりあえず結婚して手なずけろ」と悪知恵を吹き込む。セヒは、スンジェの病院の児童精神科センター開院式のプログラムを自分が担当することを思いつく。
第6話 悪女の誘惑
白詰草 第6話 悪女の誘惑 バーから呼び出しを受けたスンナムはセヒと同じ車に乗って走り去るユミンの姿を目撃。スンナムはユミンを問い詰めるが、ユミンは女どこではないと冷たく突き放す。ところが数日後、ユミンはセヒにつきあわないかと誘われる。
第7話 目には目を
白詰草 第7話 目には目を 公金横領の疑いをかけられ警察に連行されたスンナム。病院のイメージダウンを気にするスンジェはユミンに事態の収拾を命じ、スンナムは偽の情報を提供した人間を必ず見つけ出すと誓うが、書堂の生徒は激減する。
第9話 破れた結婚
白詰草 第9話 破れた結婚 セヒとの結婚式当日、ユミンに殴られ入院するスンジェ。スンナムは留置場に入れられたユミンの代わりに示談を申し入れるが、スンジェは応じない。一方、破談にしたいと言うセヒに対し、ボンチョルは式を仕切り直すよう命じる。
第10話 ユミンの退職
白詰草 第10話 ユミンの退職 釈放され家に戻ったユミンは、セヒとの関係を疑うスンナムに「僕はスンジェに利用された」と言い、病院を退職したことを明かす。その頃、ソンジュは23年前に起きたクムピョ建設の火災について調べ始める。
第11話 炎の裏に渦巻く疑惑
白詰草 第11話 炎の裏に渦巻く疑惑 積賢斎で大きな火事が起き、逃げ遅れたセジョンは症状が重く、入院することに。出火の原因が花火であること、出火時にセジョンが倉庫にいたことを聞いたドゥムルは、火事が起きた原因について疑問を抱く。
第12話 放火したのは誰?
白詰草 第12話 放火したのは誰? 火事を起こした犯人の疑いをかけられたセジョンは、燃える倉庫で歩き方が変な人物を見かけたことをスンナムに打ち明ける。そんな中、ファランはユミンがセヒの車に乗るところを目撃し、2人の仲を疑い始める。
第13話 ユミンの怒り
白詰草 第13話 ユミンの怒り 放火犯は誰なのかをめぐり、積賢斎でユミンとドゥムルが殴り合いのケンカをする。セジョンの潔白を信じるドゥムルは怒りが収まらない。さらにユミンは、ファランに慰謝料を渡したボンチョルを問いただす。
第14話 揺れ動くセヒの心
白詰草 第14話 揺れ動くセヒの心 ユミンに会うため積賢斎にセヒがやってくる。酔って絡むセヒをユミンは慌てて積賢斎から連れ出し、ホテルに送って帰宅するが、スンナムはユミンの行動を不審に思う。翌日、セヒはボンチョルに「お見合いをしたい」と告げる。
第15話 交渉成立
白詰草 第15話 交渉成立 児童虐待や火災を責められ、閉鎖することになった積賢斎。そんな中、ユミンは書堂と縁を切ることをスンナムに告げ、セヒと手を組むことに。セヒはユミンに黄龍グループの新ブランドの顧問にならないかと提案する。
第19話 恋愛感情と野心
白詰草 第19話 恋愛感情と野心 セヒのコネで黄龍グループのブランド戦略顧問に就任したユミン。セヒとユミンが会社で抱き合う姿を目撃したスンナムはユミンを責めるが、ユミンはセヒに恋愛感情は関係なく、能力を認められたいだけだと突っぱねる。