「モンスト オーブ」の検索結果

「モンスト オーブ」に関する情報は見つかりませんでした。
「モンスト」に関する情報を表示しています。

今すぐ視聴する

おすすめの作品

40.PHASE-40 黄金の意志
機動戦士ガンダムSEED DESTINY HDリマスター 40.PHASE-40 黄金の意志 シンとレイはフェイスの徽章と勲章を授与された。次第にデュランダルの指し示す未来を盲信し始めるシン。そんな中、ジブリールがオーブのセイラン家へ身を寄せていたことが発覚。ザフトはジブリールを拘束するため武力によるオーブ制圧を開始する。オーブの危機を知ったカガリは、決死の覚悟で出撃しようとするが…。
42.PHASE-43 反撃の声
機動戦士ガンダムSEED DESTINY HDリマスター 42.PHASE-43 反撃の声 デスティニーとレジェンドの連携に苦戦を強いられるキラ。そこへインフィニットジャスティスを駆るアスランが乱入し、シンの説得を始める。だがその時、ジブリールがオーブから月に逃げていき、ザフトとオーブ双方に実りのないまま戦いは終結する。その翌朝、正式にオーブ代表に復帰したカガリは演説を始めるが…。
20.PHASE-20 PAST
機動戦士ガンダムSEED DESTINY HDリマスター 20.PHASE-20 PAST シンがプラントへ渡るまでを描く。先の戦争が始まったのは彼が12歳の時だった。当時シンと家族はオーブに移住しており、穏やかな日常を過ごしていた。が、地球連合がオーブへの攻撃を開始し、シンは家族を失った。その後戦争は舞台を宇宙に移し、和平条約が結ばれた。シンはトダカの計らいでプラントへと移住して…。
22.PHASE-22 蒼天の剣
機動戦士ガンダムSEED DESTINY HDリマスター 22.PHASE-22 蒼天の剣 ステラから貰った貝殻を、マユの携帯電話とともに大切に扱うシン。険悪だったアスランとの関係も、気さくなハイネの影響で徐々に変化していた。その頃、大西洋連邦からの圧力に屈したオーブ議会は派兵を承認してしまい、軍をネオたちと合流させていた。敵の増援として現れたオーブ艦隊に、アスランは動揺する。
25.PHASE-27 果てなき輪舞(ロンド)
機動戦士ガンダムSEED HDリマスター 25.PHASE-27 果てなき輪舞(ロンド) オーブの秘密ドックでアークエンジェルの修理が進む中、オーブの技術主任エリカは、ストライクの戦闘記録を分析する。モルゲンレーテに連れてこられたキラは、MS「M1アストレイ」のサポートOSの開発を要求される。カガリはオーブの態度に苛立ちをぶつけるが……。
07.PHASE-07 混迷の大地
機動戦士ガンダムSEED DESTINY HDリマスター 07.PHASE-07 混迷の大地 大気圏に突入しながらもユニウスセブンの破壊を続けるミネルバ。が、それでも地球は甚大な被害を受けてしまった。この事件を機に、ブルーコスモスの新盟主ロード・ジブリールは「ロゴス」の長老連を説得し、大西洋連邦への介入を画策する。一方、ミネルバはダメージの修理とカガリを送り届けるためにオーブへと向う。
08.PHASE-08 ジャンクション
機動戦士ガンダムSEED DESTINY HDリマスター 08.PHASE-08 ジャンクション 修理と補給のため、モルゲンレーテのドックに入ったミネルバ。政務に復帰したカガリは、首脳陣から地球とプラントの現在の関係を知らされ、それに対するオーブの決断を迫られる。一方、アスランはキラと再会し、行くべき道を再び模索し始める。そして彼はカガリに約束の指輪を渡し、デュランダルの元へと向う。
11.PHASE-11 選びし道
機動戦士ガンダムSEED DESTINY HDリマスター 11.PHASE-11 選びし道 プラントの最高評議会は地球軍への攻撃を決定。が、デュランダルはこの侵攻を「積極的自衛権の行使」と明言し、戦火が拡大しないよう配慮する。一方、オーブ議会では大西洋連邦との同盟締結が決定されていた。同盟締結を止められなかったことで落ち込むカガリに、ユウナは「僕が君を支える……夫として」と告げる。
14.PHASE-14 明日への出航
機動戦士ガンダムSEED DESTINY HDリマスター 14.PHASE-14 明日への出航 キラたちのもとに、カガリの乳母マーナが訪ねてきた。渡されたカガリからの手紙には、オーブの代表としての責務を果たすため、ユウナとの結婚を決めたことが記されていた。アスランに返しておいて欲しいと渡されたカガリの指輪を見て、キラはある決意を固める。そして婚礼の日、結婚式場にフリーダムが現れて……。
23.PHASE-23 戦火の蔭
機動戦士ガンダムSEED DESTINY HDリマスター 23.PHASE-23 戦火の蔭 突如戦場へ現れたフリーダム。続けて出撃したストライクルージュにはカガリが乗っていた。彼女は自ら名乗りを挙げ、戦闘の即時停止をオーブ軍に命じる。アスランは、戦場を混乱させているキラを止めようと必死に呼び掛けるが、通信は繋がらない。一方、フリーダムの攻撃に逆上したガイアは、目前のグフに襲い掛かり…。