「ユン・サンヒョン」の検索結果

今すぐ視聴する

第12話
シークレットガーデン 第12話 ジュウォンは、ライムの代わりに自分がライムの目の前から去ると言う。冗談半分に聞き流そうとするライム。しかしジュウォンはいたってまじめだ。やさしくライムの頭をなでながら、よく考えて答えてほしいと言うジュウォンだが...
第3話
シークレットガーデン 第3話 ライムのためレストランを予約したジュウォン。ライムの前で懸命に格好をつけてみるものの、ライムはまったく興味を示さない。それどころか、アクションスクールにも二度と来なでほしいと言い捨て、その場を去ってしまう。しかし、ジュウォンは懲りずにライムを追いかける。そんなジュウォンにライムは...
第11話
シークレットガーデン 第11話 ジュウォンは、ブノンにライムとの仲を何があっても反対してほしいと訴える。ブノンは、許すのではなく反対してほしいとのジュウォンの発言に困惑している。その様子を見ていたライムはあきれ、息子が自分に絶対に近づけないよう監視してほしいとブノンに告げ、出て行こうとするが...
第14話
シークレットガーデン 第14話 映画のヒロインのようにシックな装いでオスカーにエスコートされ、パーティーに出席したライムを目にしたジュウォンだが、冷ややかなまなざしでライムを見つめている。ライムもそんなジュウォンから視線をそらさず、会わないでつらいより会ってつらい方がましだ、人魚姫にはならないとジュウォンに告げる...
第16話
シークレットガーデン 第16話 ジュウォンは、自分のせいでオーディションを受けられなかったライムに申し訳ない気持ちでいっぱいだ。一方のライムは、深い喪失感に包まれている。そんなライムを、ジュウォンは抱きしめながらまたオーディションを受けられるようにしてやると慰める。何とか笑顔で応えるライムだが、目には光るものが...
第17話
シークレットガーデン 第17話 ライムの家を訪れたジュウォンは果物を買って来るよう言ってライムを外出させ、アヨンにライムの様子がおかしい理由について尋ねる。アヨンは、今日が父親の命日であり、そのせいでライムの気分も沈んでいるのでは?と言うが...。店先で泣きながら果物を選ぶライムの姿を見たジュウォンはいたたまれず...
第18話
シークレットガーデン 第18話 ジュウォンに電話をかけたオスカーは、漠然とした不安を感じる。そして、一瞬何かがひらめいたかと思うと不吉な予感をぬぐえず、急ぎどこかに向かうのだった。ブノンは、ジュウォンとジョンスが会っているのを目にし、警備員にジュウォンをどこへも出られないよう監視することを命じるが...
第20話(終)
シークレットガーデン 第20話(終) パク常務は緊張した面持ちでジュウォンを見つめ、ジュウォンは社長を除いた最高の権力と引き換えに助力を求める。サンに厳しいトレーニングを受けていたオスカーに、スルがスケジュールを渡す。するとサンは、オスカーに用を言い渡して席を外させる。オスカーがいなくなると、さっそくサンとスルは口げんかを始め...
第1話
無料
シークレットガーデン 第1話 年間購入額が1億ウォン以上のVVIPにのみ立ち入りが許されるデパートのラウンジに場違いないでたちのライムが現れる。そんなライムを目にしたスルは、身分証明書を確認するよう職員に詰め寄るが...。チェリンの足止めをオスカーに頼まれたジュウォンは、契約のため仕方なくチェリンに会いに撮影現場に行くが、そこには...
第2話
シークレットガーデン 第2話 ジュウォンはチェリンからライムの電話番号を聞き出す。ライムに電話をかけ会おうとするジュウォンだが、ライムの反応はそっけない。電話を切られむきになったジュウォンは、ライムのいるアクションスクールにまで足を運ぶ。ライムを見つけたジュウォンは、生意気で小憎らしい電話での様子とは違ったライムの姿を目にし...
第4話
シークレットガーデン 第4話 当選した景品を手にして現れたライムを目にし、ジュウォンの表情は一気に冷ややかに変わる。一瞬でも自分を魅了した女のプライドの無さが許せないという。ジュウォンに会いに来たライムだったが、会いたかったとは言えず皮肉な笑みを浮かべ、逆のことを言ってしまう。体調を崩したジュウォンはジヒョンを呼び、こっそり診察を受けるが...
第5話
シークレットガーデン 第5話 スルに会ったライムは、スルがアヨンを解雇するようデパート側に求めたことを責めている。その場に現れたジュウォンは、ライムをスルに謝罪させようとする。事が済み、ジュウォンは何も言わずにいるライムの機嫌を取ろうとするが、ライムはジュウォンの薄情さに腹を立ている。ジュウォンはスルを味方したわけではないと弁解するが...
第6話
シークレットガーデン 第6話 鏡に映った自らの姿を見たライムは悲鳴を上げる。鏡の向こうにはジュウォンの顔があったのだ。ジュウォンもまたライムに変貌した自らに驚き、ライムのもとに駆けつける。ジュウォンとライムは、互いの姿を見ながら魂の入れ替わりが事実であることを実感するかのように無言のままだ。キスをすれば元に戻れるかもしれないと言うライムは...
第7話
シークレットガーデン 第7話 抱き合うジュウォンとライムを目にしたスルは、ライムを激しく罵倒する一方でジュウォンのことはかばう。ジュウォンとライムの魂が入れ替わったことを知らないブノンは、ライムに向かって貧しい者には同情すらしてはならないと非情に言い放つ。ジュウォンの姿をしたライムは努めて無表情を保とうとするが、この言葉に深く傷つき...
第8話
シークレットガーデン 第8話 オスカーを男として好きなのか問うジュウォンに、ライムはオスカーの歌が痛み止めのようであり、初めて魂が入れ替わったことを幸いだと思えたと答える。ジュウォンの表情は固まり、魂の入れ替わりを後悔させてやると豪語する。ライムになったジュウォンはブノンに呼び出され、手切れ金を受け取って覚書に指紋を押すよう言われ...
第9話
シークレットガーデン 第9話 ジュウォンを見つめる女性職員たちのまなざしは相変わらず熱い。アヨンがジュウォンにアイコンタクトをするが、ジュウォンは知らんぷりで通り過ぎてしまう。携帯電話を交換するためジュウォンを訪ねたライムは、テーブルに置かれた自らの携帯電話を手にするとジュウォンの携帯電話をソファーに投げつけ、二度と会いたくないと叫び...
第10話
シークレットガーデン 第10話 独りカフェで台本とコンテを見ながら動きを確かめるライムの前にジュウォンが現れ、幼稚なハートのサインのせいでデパートのイメージが変わってしまった、キム秘書を解雇するつもりだと告げる。恐れをなすライムの表情を見たジュウォンは、今後はいつでも自分が会いに来た際には愛と感謝、喜びと歓喜をもって迎えるように話すが...
第13話
シークレットガーデン 第13話 ジョンスと山に登ったライムは、足首をくじいて動けずにいるジュウォンを発見する。寒さに身を震わすジュウォンを、ジョンスとライムが支えて山を下ることに。しかしジュウォンは、ここぞとばかりにライムに抱きついている。ライムは怪我を負ったジュウォンを見捨てるわけにもいかず黙っているが、ジュウォンのスキンシップがエスカレートし...
第15話
シークレットガーデン 第15話 ジュウォンの姿をしたライムに「オスカーさん」と呼ばれ気味悪がるオスカー。とうとうライムとジュウォンの魂が入れ替わったことを知る。ジョンスに死ぬまで告白するなと言ったのが実はライムの姿をしたジュウォンであったことや、スルとサウナに行ったのがライムの姿をしたジュウォンであったことを知ったジョンスとオスカーは...
第19話
シークレットガーデン 第19話 ジュウォンが歩き去って行くライムの後ろ姿をじっと見つめている。するとライムが振り返り、そんなジュウォンにかわいらしく手を振る。やっとライムに駆け寄り話しかけるジュウォン。そして今日は自分が運転するからと、車の鍵を求めるライム。ジュウォンは、そんなライムの一言一言に答えることもできず、ただ黙っているだけで...
予告編『シークレットガーデン』
無料
シークレットガーデン 予告編『シークレットガーデン』 4/27(土)~ビデオ限定配信『シークレットガーデン』 ヒョンビン×ハ・ジウォンのトップスター共演、笑いあり、涙ありのファンタジーロマンス。 ヒョンビンが憎めないオレ様役を好演! 現在日本でも大人気のイ・ジョンソクの出世作でもある本作は必見。
第2話
君の声が聞こえる 第2話 面接会場で出会ったグァヌとともに国選弁護士に採用されたヘソン。ヘソンが最初に担当したのは、スハの同級生のソンビンだった。ソンビンが常日頃からかっていた相手が窓から転落し、その教室にいたソンビンが殺人未遂の容疑で起訴されたのだ。彼女の心を読み、犯人ではないことを知ったスハ。スハはソンビンのために力を尽くそうとするが、そこで過去のイメージとはかけ離れた正義感のかけらもない弁護士ヘソンの姿を目の当たりにし...
第3話
君の声が聞こえる 第3話 ソンビンに、罪を素直に認めれば軽い刑で済むと説得するヘソン。ところが、事件の担当検事はかつての因縁の相手ドヨンだった。そこで負けん気に火がついたヘソンは、同僚の弁護士サンドクとグァヌに助けを借りてまで無罪を証明しようとする。すると事件の背景には被害者の意外な事実が。同じ頃ヘソンの携帯電話には、絶えず送信者不明のメールが届いていた。不審に思ったスハは、10年前に父親を殺したジュングクが出所していたこと知るが...
第4話
君の声が聞こえる 第4話 ヘソンが不審なメールの送信元に電話をかけたところ、なんと隣の部屋から着信音が。駆けつけたスハが室内を確認すると、見慣れない携帯電話が置かれていた。一方で、出所の後にボランティアに励むジュングク。そんなジュングクに対し、スハは素性を隠して接触を試みる。ひょんなことからスハの正体を知ったジュングクは、スハを呼び出し暴力事件を起こすように仕向ける。保証人として警察署に出向いたヘソンは、話を聞くうちにスハのことを思い出すが...
第5話
君の声が聞こえる 第5話 警察に対し、スハは弟同然で保証人として同居していると偽ったヘソン。成り行きで2人はしばらく一緒に住むことに。一方彼女は新案件として、グァヌとともに双子が被告人である強盗殺人事件を受け持つことに。しかし被告人双方が殺人を自供しては覆すため判断が難しく、顔もそっくりなゆえに犯人が特定できない。ライバルの検事ドヨンに対抗して無罪に持ちこむつもりのヘソンであったが、双子の心を読んだスハの口からは意外な言葉が...
第6話
君の声が聞こえる 第6話 スハから、双子が共謀して罪を犯していたことを聞かされたヘソン。彼女は検事であるドヨンと協力し、双子の双方を有罪にしようと考える。そんなヘソンにサンドクは、事の是非ではなく被告人が犯行に及んだ背景を探るのが弁護士の仕事だと論す。その頃ジュングクは、ヘソンの母チュンシムに接近し、彼女が経営する飲食店で働き始める。彼は人当たりのよい笑顔でチュンシムの懐に入り込み、何かを企みつつ淡々と働くのだが...
第7話
君の声が聞こえる 第7話 ヘソンが溺死する夢を見たチュンシム。チュンシムから不吉な夢を見たとの連絡が入り、気がかりなヘソンはそのことをスハに話す。一方、ある案件によってギスギスしていたヘソンとグァヌだったが、無罪を勝ち取った後に急接近を見せる。そんな中、チュンシムからヘソンに電話がかかってくる。たわいない話ではあるものの、どこか違和感を抱くヘソン。その瞬間、ジュングクは思わぬ行動に出ていた。
第8話
君の声が聞こえる 第8話 放火殺人容疑で逮捕されたジュングクは、検察の取り調べでも容疑を認めず、弁護人の申請をする。結果としてグァヌが弁護を引き受けることに。これにヘソンはグァヌが自分の肩を持ってくれるものと安心していたが、彼は意外な弁論を始めるのだった。ヘソンは母を殺害したジュングクを何としても有罪にするため、ドヨンの自宅に出向いて協力を依頼する。すると元判事であるドヨンの父デソクは、判事らしからぬ助言をヘソンにするのだが...
第9話
君の声が聞こえる 第9話 放火殺人事件の判決確定後、釈放されたジュングクとスハの間で傷害事件が起き、2人とも姿を消してしまう。1年後、釣堀でジュングクの左手が見つかり、スハが殺人を犯し逃亡したものと疑われる。そんな時1本の通報からスハの居所が特定され、彼の身柄が拘束される。ヘソンが駆けつけると、そこには変わり果てたスハの姿が。一方ジュングクの裁判後に弁護士を辞め、実家の仕事を手伝っていたグァヌは、スハのニュースを見て動き出すのだが...
第10話
君の声が聞こえる 第10話 殺人容疑で逮捕されたスハのために、ヘソンは国選弁護士を引き受けることを決める。担当検事のドヨンは量刑を減らすことと引き換えに有罪を認めるようスハに迫る。これに対しヘソンとグァヌは、無罪を勝ち取れる可能性がより高い国民参与裁判を選択する。裁判が進む傍ら、事務員のユチャンはスハの居所の通報者を訪れるが、その人物の不自然な態度に気付く。それを聞いたヘソンとグァヌは、ジュングクの生存を確信するのだった。