「上坂 すみれ」の検索結果

今すぐ視聴する

第一話 ヤバい節約
無料
上坂すみれのヤバい○○ 第一話 ヤバい節約 節約なくしては誰も金持ちになれないし、節約する者で貧しい者はいない。 -サミュエル・ジョンソン-
第二話 ヤバいフィットネス-前編-
上坂すみれのヤバい○○ 第二話 ヤバいフィットネス-前編- 適度の運動は、健康を生み、育て、長もちさせる -アリストテレス-
第三話 ヤバいフィットネス-後編-
上坂すみれのヤバい○○ 第三話 ヤバいフィットネス-後編- 自分を破壊する一歩手前の負荷が、自分を強くしてくれる。 -フリードリヒ・ニーチェ-
第四話 ヤバい野球-前編-
上坂すみれのヤバい○○ 第四話 ヤバい野球-前編- 空想は知識より重要である。知識には限界がある。想像力は世界を包み込む。 -アルベルト・アインシュタイン-
第五話 ヤバい野球-後編-
上坂すみれのヤバい○○ 第五話 ヤバい野球-後編- 人間が想像できることは、人間が必ず実現できる -ジュール・ヴェルヌ-
第六話 ヤバいレコーディング
上坂すみれのヤバい○○ 第六話 ヤバいレコーディング いきなり風船を割る人は嫌いです。 -上坂すみれ-
第七話 ヤバいカフェ
上坂すみれのヤバい○○ 第七話 ヤバいカフェ 仕事は21時で終わらして、その後はダーツとテキーラ。 -スタッフ-
第八話 ヤバい動画配信
上坂すみれのヤバい○○ 第八話 ヤバい動画配信 催促は、ブロックブロック。 -しょうちぇる-
第九話 ヤバい関係
上坂すみれのヤバい○○ 第九話 ヤバい関係 我が辞書に不可能の文字は無い。 -ナポレオン・ボナパルト-
第十話 ヤバい関係-パリピ編-
上坂すみれのヤバい○○ 第十話 ヤバい関係-パリピ編- 番号教えて -パリ坂すみれ-
第十一話 ヤバい料理
上坂すみれのヤバい○○ 第十一話 ヤバい料理 ただ料理をするとは何事かー? -高円寺の神-
第十二話 ヤバいすみぺーランド
上坂すみれのヤバい○○ 第十二話 ヤバいすみぺーランド 神の見えざる手。 -アダム・すみぺ-
上坂すみれのヤバい○○ TVスペシャル
上坂すみれのヤバい○○ 上坂すみれのヤバい○○ TVスペシャル 革命は二度起きない。 -イベ坂すみれ-
第八句 七々子が水着に着替えたら
川柳少女 第八句 七々子が水着に着替えたら 水着って ほとんど下着じゃ ないですか 夏休みにプールに行く予定を立てる文芸部メンバー。水着を持っていない七々子の為、タオやキノを誘ってみんなで水着を買いに行くことに・・・
第一句 五七五系女子
無料
川柳少女 第一句 五七五系女子 桜咲く 君との出会いが 嬉しくて 季節は春、言いたいことは五・七・五で伝える雪白七々子。彼女の日常は少し変わっていて・・・目つきが悪い毒島エイジの為、笑顔の練習を提案してみるも上手くいかない。今日も部長の片桐アマネと一緒に川柳を詠むのだが・・・
第二句 七々子のダイエット
川柳少女 第二句 七々子のダイエット ヤンキーの 姉キがどえらい 巨乳美人 エイジの幼馴染、大月琴も登場して更に賑やかになる七々子の周り。放課後になり部活では、周りから敬遠されるエイジの好感度を上げる会が開催されるが、どんどん話は脱線していって・・・
第三句 遊園地に行こう
川柳少女 第三句 遊園地に行こう 絶叫系 なんでもござれ 大好物 桜も咲き終えた5月、部室で遊園地の思い出をテーマに川柳を読んでいた。「みんなで遊園地に行きたい」と言う七々子の提案で、文芸部メンバーで遊びに行くことに。当日、アマネは急用ができたらしいのだが・・・
第四句 キャンバス少女
川柳少女 第四句 キャンバス少女 もしかして あなたが噂の ストーカー? 下校中の二人、エイジが誰かの視線を感じると言い、正体を確認しようとする。ある日の通学路、エイジの背後に人影が。電柱の影にはスケッチブックで意思表現する矢工部キノの姿が・・・
第五句 占い少女
川柳少女 第五句 占い少女 いいですね! 私占い 大好きです! 占いの話題で盛り上がる文芸部メンバー。よく当たると噂の占い師の元へエイジと向かう七々子。アマネからもらったメモの場所には長蛇の列、順番が回ってきた七々子とエイジは二人の相性を占ってもらうが・・・
第六句 七々子の反抗期
川柳少女 第六句 七々子の反抗期 違うけど そう見えたなら 嬉しいな 動物の写真を見せ合う文芸部。エイジの飼っているウサギの話になり、見せてもらう約束をする七々子。ウサギのアグーと妹の毒島ハナビを連れてきたエイジ。家ではいつも七々子の話をしているらしく・・・
第七句 七々子と雨の七不思議
川柳少女 第七句 七々子と雨の七不思議 雨はやだ! だって湿気で 髪もじゃる 季節は梅雨に入り憂鬱な七々子。しかし、アマネから相合傘にまつわる七不思議を聞き、エイジと一緒に帰ろうと約束をする。しかし雨はあがってしまい、さらにはウサギ小屋の修理も頼まれて・・・
第十句 七々子と蛍と肝試し
川柳少女 第十句 七々子と蛍と肝試し 怖いけど 生でホタルを みたいもの! ホタルが見てみたいと言う七々子のお願いで、ホタルの他にも出るとウワサの森へ来た一行。ウワサに違わずホラー感満点のスポット。七々子とエイジの距離を近づける為、肝試しを決行するが・・・
第十一句 あなたと花火を
川柳少女 第十一句 あなたと花火を エイちゃんと 花火見るのが 楽しみで... 夏祭りにやってきた文芸部。出店を見て回り楽しむ中、エイジはくじ引きで当てたオモチャの光る指輪を七々子にプレゼントする。二人がトイレに離れている間、七々子はクラスメイトに連れていかれてしまい・・・
#07 SOXが作りし者
下ネタという概念が存在しない退屈な世界 #07 SOXが作りし者 最近街で増加している下着泥棒の被害が時岡学園内にまで及んでいた。そこで校内警備強化の一環で女子更衣室前に張り込む綾女と狸吉。そこで見つけた怪しい人影の正体とは…!? そして帰り道に出会ったチ○コみたいな髪型の少女の真の姿とは…?
第九句 エイジと七々子のお父さん
川柳少女 第九句 エイジと七々子のお父さん 父さんが 会ってみたいと エイちゃんに 夏休みに入りリビングでくつろぐ七々子の所へ父、吉彦がやってきて友達を自宅に招いてみてはと提案する。一方エイジはスマホをカップ麺の中に落とし、修理に出す。外出のついでに街中を散策すると、次々と知り合いを発見して・・・
第十二句 七々子とエイジ
川柳少女 第十二句 七々子とエイジ 誰よりも 私が側で 見ていたい 季節は遡り去年の冬。川柳の交流会に訪れたエイジは隣の中学に通っている七々子と出会う。エイジの拙い句に拍手を送る七々子。しゃべるのが苦手な七々子にエイジは優しい言葉をかける。「あの時の事を覚えているか」と尋ねる七々子にエイジは・・・
第1話 豚汁の味
無料
荒ぶる季節の乙女どもよ。 第1話 豚汁の味 小野寺和紗は、所属している文芸部で他の部員たちと本の朗読をしていた。今まで読んできた作品とは全く違う大人な世界に戸惑う和紗。そんなある日の昼休み、一同は部長のり香から好きな作家の新作情報を聞く。作品の話題で盛り上がる中、新菜が口を開く。「私が死ぬまでにしたい事は......」
第2話 えすいばつ
荒ぶる季節の乙女どもよ。 第2話 えすいばつ 泉の自慰を目撃してしまった和紗は、ますます混乱してしまう。書店で性についての本を読み漁っていると、新菜から連絡があり、とある頼みごとをされる。男性の気持ちについて考える和紗だったが、翌日の部活ではセックスの代わりとなる言葉を考えることに。「サックス......シックス......ソックス......」
第3話 バスガス爆発
荒ぶる季節の乙女どもよ。 第3話 バスガス爆発 廃部を言い渡された文芸部の面々は、回避するために戦うことを決意する。一方ひと葉は、英気を養うために訪れた書店で、別の女子高校生作家のデビュー作を見つけてしまう。編集者に問い詰めるもリアリティがないと言われ、チャットルームで相談することに。「チャットじゃなくて。実際にしてみたい」
第4話 本という存在
荒ぶる季節の乙女どもよ。 第4話 本という存在 髪を切り、コンタクトをつけたり香。その変わり様に教室は騒然。騒ぎに居心地が悪くなったり香は逃げるように屋上へむかうが、それを追いかけてきた天城 駿に声をかけられる。その頃、和紗は泉の発言に悩んでいた。「自分じゃわからない。もやもやした感情に、名前をつけるために」