「井上和香」の検索結果

「井上和香」に関する情報は見つかりませんでした。
「井上和」に関する情報を表示しています。

今すぐ視聴する

第103話 禁断の鳥
美味しんぼ 第103話 禁断の鳥 まり子の父、仁木に鳥料理屋に招待された士郎と雄山。だが出された料理は禁鳥のツグミだった。知らずに手をつけた士郎に、雄山は激怒する。
第2話 士郎対父・雄山
美味しんぼ 第2話 士郎対父・雄山 山岡は超一流の美食家をうならせる程の料理通なのに「究極のメニュー」作りは一向に進展しない。その理由は希代の美食家のために家庭を崩壊させられていたから、その父とは・・・。
第3話 野菜の鮮度
美味しんぼ 第3話 野菜の鮮度 父雄山との対決に敗れた士郎は一念発起。「究極のメニュー」作りに真剣に取り組む。ゆう子と山岡は「とにかく新鮮!」をキャッチフレーズにオープンしたデパートを取材。ところがそこで扱われているものは・・・。
第4話 活きた魚
美味しんぼ 第4話 活きた魚 美食で名高い大月エレクトロン社長に招かれてご馳走になっている山岡とゆう子。社員の子供さとるは正直に「ちっとも美味しくない」と言う。怒る社長とさとるをかばう山岡。
第5話 そばツユの深味
美味しんぼ 第5話 そばツユの深味 日本そばの屋台を出した花川だが、うまいそばツユがどうしてもできない。そんな花川に士郎が助け船を・・・。一撤花川が心を開いて作ったツユでソバ通中松警部から営業許可証を取れるか。
第6話 幻の魚
美味しんぼ 第6話 幻の魚 刺身は鯖が一番と胸を張った士郎。雄山をはじめ、同席した他の人々にバカにされ、ゆう子も気が気ではない。彼が自信満々に推す葉山の鯖。その秘密は?雄山との対決に勝利できるか。
第7話 炭火の魔力
美味しんぼ 第7話 炭火の魔力 鯖の老舗「筏屋」も質より量重視でガス調理を。板前の金三だけがかたくなにガスで焼くことを拒んだが主人・木元は耳を貸さない。中松警部の協力で炭火調理の店を出した板前金三の心意気。
第8話 接待の妙
美味しんぼ 第8話 接待の妙 寄付集めを目的に企画された東西新聞社主催の会食会。大日石油社長成沢にごちそうし、大型寄付をもくろむが失敗。辰さんのデパート試食品巡りが思わぬ功を奏して一億円の寄付を受ける。
第18話 氷菓と恋
美味しんぼ 第18話 氷菓と恋 六本木の超人気アイスクリーム店で出会った銀座署の中松警部。ほれた女の店のアイスクリームは材料はいいのだが美味しくないという。士郎は美味しいアイスクリームのヒミツを教える。
第19話 包丁の基本
美味しんぼ 第19話 包丁の基本 板前志望のアメリカ人ジェフ、海外支店を持つ日本料理店「WESTCOAST」の花板とスズキのあらいで包丁勝負。包丁の達人・大不二の下で一週間の特訓、秘伝を体得し、花板に勝つ。
第20話 板前の条件
美味しんぼ 第20話 板前の条件 美食倶楽部の板前・良三は緊張感から煙草を吸ったが、雄山の嗅覚は料理についたヤニの匂いを見逃さなかった。クビになった良三の復権を賭けて、士郎はある料理を教える。雄山の反応は!?
第21話 中華そばの命
美味しんぼ 第21話 中華そばの命 双子の姉妹まゆみ・ますみの夫はこれも双子で紅龍・白龍。仲良く中華そば店を経営していたが、それぞれの力を過信して2つの店に分裂。兄弟の間で姉妹は苦しむ。一計を案じた士郎は・・・。
第22話 旅先の知恵
美味しんぼ 第22話 旅先の知恵 富井推薦の伊豆の民宿へ社員旅行の士郎達。だが海の幸はライバル帝都新聞が買い占めていた。そこで士郎と仲良しの漁師・松が”浜鍋”を提案、その美味に皆大喜び。だがそれも束の間・・・!!
第23話 うどんの腰
美味しんぼ 第23話 うどんの腰 うどんの「力屋」は暴力団の嫌がらせで閉店寸前。士郎は引退を決めた相撲・柔道・プロレスの3人の再就職先として「力屋」を紹介した。力自慢の3人は暴力団を撃退、店も活気を取り戻す。
第24話 鮎のふるさと
美味しんぼ 第24話 鮎のふるさと 京都の億万長者・京極が捻挫で入院した。見舞いの席で士郎は京極の望みにより、退院したら最高の鮎の天ぷらをご馳走すると約束。そこへ雄山が現れ衝突の末、鮎で勝負する事となるが・・・
第25話 ハンバーガーの要素
美味しんぼ 第25話 ハンバーガーの要素 美食倶楽部の宇田は優秀な料理人。”多くの人に美味しい物を”とハンバーガー屋転向を決意し雄山の逆鱗に触れる。最高の材料を使った物を、と意気込む宇田だが作ってみると何かおかしい!?
第87話 もやしっ子
美味しんぼ 第87話 もやしっ子 富井副部長の息子ヒトシの運動会に出場することになった士郎とゆう子。そこで士郎はヒトシの同級生マサシが、体が弱いことを理由に「モヤシ」といじめられていることを知る。士郎のモヤシ料理でマサシを救えるか!?
第88話 丼vsのり巻き
美味しんぼ 第88話 丼vsのり巻き 「ワールド」副編集長・アーサーは士郎の協力で”日本文化丼論”を書き、大成功。それを見たフリーライターのアンナは「日本文化はのり巻だ」と主張し、記事採用を求めるがアーサーは納得しない。
第89話 グルメ志向
美味しんぼ 第89話 グルメ志向 世界の一流レストランが東京に支店を出し始めたのを機に「世界味めぐり」の企画を練る士郎たち。そこで評論家の桜田に協力を依頼するが断られてしまう。理由はレストランに行けばわかるといわれて・・・。
第90話 二代目の腕
美味しんぼ 第90話 二代目の腕 名人と言われた先代が死に、老舗天ぷら・銀屋は息子の則夫が継いだが客は極端に減った。腕は父親に劣らぬ彼ゆえに理由が判らず悩む。客の心理を見抜いた士郎は彼が先代を超える為の活路を発見!
第91話 五年目のパスタ
美味しんぼ 第91話 五年目のパスタ 浮浪者の辰さんの仲間に入った信は料理上手。大阪のレストランのオーナーシェフだったと言う。店は繁盛、順風満帆の彼がなぜ妻子を置いて蒸発したのか?意外な事情を聞いて力を貸す士郎達だが・・・。
第92話 思い出のメニュー
美味しんぼ 第92話 思い出のメニュー 士郎はドイツの豪華客船のシェフ・寺杉に、彼が昔修行をしたドイツ料理店・ハンザの味を確認してきて欲しいと頼まれた。彼はかつてオーナーの娘と婚約までしたが、不幸な事件のために別れたきりだと言う。
第93話 海のマツタケご飯
美味しんぼ 第93話 海のマツタケご飯 日本画の大御所・清谷吟香は京極の喧嘩友達。京極の自慢の松茸に”海にもこれに劣らぬ物がある”と張り合う。初夏・それをとろうと海に潜った吟香が脳内出血で倒れた。海のマツタケご飯とは何か?
第94話 梅干しの雨
美味しんぼ 第94話 梅干しの雨 母親の蒸発で残された幼い兄妹。しばらくの間、塾の経営者・幡中が二人の面倒を見てくれることになった。ある日、塾のピクニックで彼の作ったお握りの梅干しを捨ててしまう兄妹。幡中は厳しく咎めるが・・・。
第95話 杜氏と水
美味しんぼ 第95話 杜氏と水 清酒江戸一番の専務・均野は社運を賭け招聘した杜氏・喜山を我知らず激怒させ、就職を拒否されるが理由が全く判らず狼狽。事情を聞いた士郎は均野の兄(社長)の味覚と嗅覚に全てを託す。
第96話 柔らかい酢
美味しんぼ 第96話 柔らかい酢 祇園祭りの帰りに士郎は陶人の妻・領子に頼まれた鯖寿司を買うが、事情を知らぬゆう子達に食べられてしまう。領子は自ら不足分を作るが、食べた陶人が食中毒で入院。原因は領子の腕か?それとも!?
第97話 料理と絵ごころ
美味しんぼ 第97話 料理と絵ごころ 一流料亭・芝浜の若旦那は”料理は総合芸術。私はプロデューサーだ”と言い放ち板場に立つ事を軽視する。だが彼の個展で絵を一目見た士郎は彼に料理素材の選択眼が全くないと指摘。
第98話 ほうじ茶の心
美味しんぼ 第98話 ほうじ茶の心 夕刊連載直前の作家・加村はスランプが長く、今回も書出しに苦しんでいる。部長の依頼で彼を訪ね、その妻に焙じ茶の入れ方のコツを教える士郎だが暴君・加村と従順な妻に亡母と雄山の姿が重なる。
第99話 涼風そうめん
美味しんぼ 第99話 涼風そうめん ゆう子の祖母・たま代が助けた暑気当たりの易者は会社相談役の大柱。毎日看病に通った、たま代だが今度は自分が暑気当たり。恩返しにと自らそうめんを作る大柱だが、たま代の食欲は回復しない。士郎の出番だ!!
第100話 古酒
美味しんぼ 第100話 古酒 酒仙とまで呼ばれる文芸評論家・古吉は”日本には本物の精神・文学を育てるスピリッツ(蒸留酒)がない”と嘆く。士郎はこれに異を唱え大衝突。古吉を納得させる酒は究極の酒・古酒しかない!!