「井上麻里奈」の検索結果

今すぐ視聴する

第11章 「妹の秘蜜」
まりあ†ほりっく あらいぶ 第11章 「妹の秘蜜」 汗ひとつかかない夏。そんなのおかしいよ!夏は暑いものだよ!美少女の小麦色の肌に光る汗。白い夏服のブラウスが汗に濡れてうっすらと透けてこその夏じゃなかったの!?さあ、みんなでレッツ・汗!レッツ・スエット!
#4 こよみリバース 其ノ肆
続・終物語 #4 こよみリバース 其ノ肆 この世界における忍野忍は、吸血鬼ではなく人間だった。彼女から、暦がこの世界に及ぼしている影響について聞かされる。
第7章 「真・美少女だらけの水泳大会」
まりあ†ほりっく あらいぶ 第7章 「真・美少女だらけの水泳大会」 前略、天国のお母さん。テストもなんとか無事に終わり、夏休みを前にいよいよ待ちに待った水泳大会です!魅惑の生着替えに始まって、戸惑いのシャワー、トキメキの準備運動、乙女心くすぐるクロール、はにかみの平泳ぎ、禁断のバタフライ、そして、文字通り期待に胸躍る……ポロリもあるよ!!
第8章 「汚された純真」
まりあ†ほりっく あらいぶ 第8章 「汚された純真」 んっ!!待って!自主的に夏期講習に参加する生徒がたくさんいるってことは…。夏休み中も美少女たちに囲まれてウハウハのハーレムは続くってこと!?しかもなんだか秘密の香りがする特別講習…。イケナイ国語教師とのヒトヨヒトヨニ…ヒ、ト、ミ、ゴ、ロ…♡ さらには禁断の課外授業っっ!!
#1 こよみリバース 其ノ壹
無料
続・終物語 #1 こよみリバース 其ノ壹 高校の卒業式の翌朝。顔を洗おうと洗面台の鏡に向かい合った暦は、思わず鏡に手を触れると、そのまま指先が沈み込んでいき……。気がついたとき、反転したような世界にいた。
#2 こよみリバース 其ノ貳
続・終物語 #2 こよみリバース 其ノ貳 神原家で暦の前に現れた人物、そこで危機に陥った暦を救った人物、そして家に帰ったときに暦を待ち受けていた人物……。そのいずれもが、暦を驚かせるのだった。
#3 こよみリバース 其ノ参
続・終物語 #3 こよみリバース 其ノ参 事態の解決方法はわからないまま、長い一日を終えた暦は眠りにつこうとする。しかしベッドに入ったのもつかの間、余接によって起こされた暦は、ある人物の元へと案内されていく。
#5 こよみリバース 其ノ伍
続・終物語 #5 こよみリバース 其ノ伍 余接の助力を得て、暦は神原家の風呂へ忍び込む。そこに現れたのは、本来は既に亡くなっているはずの臥煙遠江。いっしょに入浴をしながら、彼が陥っている状況に対してのヒントをくれた。
#6 こよみリバース 其ノ陸
続・終物語 #6 こよみリバース 其ノ陸 直江津高校のかつての一年三組の教室。待ち受けていた扇に様々な疑問をぶつけていく暦だが、扇は思いもかけないことを口にする。もしも、この教室から始まったあらゆる出来事が夢だったとしたら? と--
第8話 スクール水着は出番がない\(^o^)/
僕は友達が少ない 第8話 スクール水着は出番がない\(^o^)/ せっかくの水着回なのだから、スクール水着の出番があって欲しい。
第11話 女子は浴衣姿がな、超可愛い(゜∀゜)
僕は友達が少ない 第11話 女子は浴衣姿がな、超可愛い(゜∀゜) 浴衣の下は付ける派? 付けない派? どちらにせよ、浴衣を着た女の子は可愛い。異論は認めない。
巨蟲列島 OVA版
巨蟲列島 OVA版 巨蟲列島 OVA版 生徒たちを乗せた旅客機が謎の事故によって墜落し、ヒロインの織部睦美(オリベムツミ)たちはとある島へと流れ着く。生き残った同乗者と合流して救助を待つことにするのだが、その島は巨大な昆虫に支配された島だったのだ! 昆虫漫画の鬼才!「ベクター・ケースファイル」の藤見泰高が贈る、心臓炸裂昆虫パニックホラー!
第1章 「禁断の女子寮」
無料
まりあ†ほりっく あらいぶ 第1章 「禁断の女子寮」 前略、天国のお母さん。天の妃での生活にもずいぶんと慣れました。初めはちょっぴり戸惑ったボックスプリーツが乱れない歩き方、スタンドカラーが翻らない歩き方も今では自然と身についてこのとおり…。一日の授業を終え、寮のお友達といただくお茶はまた格別。今日はローズヒップに、イングリッシュスコーンを添えて…。
第3章 「欲心のわななき」
まりあ†ほりっく あらいぶ 第3章 「欲心のわななき」 お腹すいたなぁ…。こんな日に限ってクラス委員集会…。だけど普段は嗅げないクラスの女子達の香りが空腹を紛らわしてくれてる気がする…。ああ!生徒会長、今日も相変わらずお美しい!後ろの菜鶴さんも一段と可憐で…。だ、だけど…よ、よりにもよってなんという議題!!しかもここに来て隆顕様がいらぬ解説を…。た、たまら――ん!!
第4章 「囚われの乙女」
まりあ†ほりっく あらいぶ 第4章 「囚われの乙女」 女囚!!しかも女子刑務所といえば噂に名高い百合っ娘パラダイス!!これまでいろんな百合妄想で鼻血を出してきたけれど、その考えはなかった!…あぁ、女囚!手練手管のテクニックを持つお姉さまから影のあるヤンデレ美少女。そして美人看守による恥辱の身体検査!他にもきっとシャバでは想像もつかないようなめくるめくあんなイベントこんなイベント!アリかも、女囚!!
第5章 第1節「穢された姉妹」 第2節「悪戯な指先」
まりあ†ほりっく あらいぶ 第5章 第1節「穢された姉妹」 第2節「悪戯な指先」 ああ…なんということでしょう。罪深い指先がわたしの髪をかきあげイタズラに首筋を愛撫するようになぞって…。うぅ…なんてステキな夢のようなシチュエーションなのかしら。夢…そう夢ね。またたく間の儚い夢…。ああ、でも夢でもいいの。神様どうかこの幸せが一秒でも長く…。…ぶはああぁぁーっ!!
第9章 「早熟の婚約者」
まりあ†ほりっく あらいぶ 第9章 「早熟の婚約者」 ちょっと待って!私が主人公なのよっ!なのに…なのにこんな扱いって無いんじゃないっ!?んっ。しかもこのちんちくりん、私のこと無視しよった!さらには呼び捨て…私の麗しの隆顕様を呼び捨てにするなんて…。婚約者だかなんだか知らないけど、隣に並んで良いのは私好みの美少女だけなんだからぁぁぁっ!!
#32 打・投・極
進撃の巨人 #32 打・投・極 「鎧の巨人」と「超大型巨人」がエレンの目の前に出現。激昂したエレンはすぐさま巨人化し、鎧の巨人の顔面に拳を叩きこむ。一方、超大型巨人は調査兵団が待機していた壁を破壊し、昏睡状態のユミルを捕らえて自らの口の中に放り込むのだった。調査兵団はハンジの号令のもと、一斉に超大型巨人へ襲いかかるが、巨人が全身から蒸気を噴出させたため、近づくことすら不可能となった。その頃、鎧の巨人を相手に苦戦するエレンは……?
第10話 合宿は皆が寝ないヽ(゜∀゜)ノ
僕は友達が少ない 第10話 合宿は皆が寝ないヽ(゜∀゜)ノ 家に帰るまでが……とよく言うが、ぶっちゃけ旅行から帰るときが一番だるい。ならこう考えよう。少し長い通勤・通学時間だと。普段は早く帰りたいと思う人が、そう思えば苦にはならない。たぶん。
第12話 僕達は友達が少ない(`・ω・´)
僕は友達が少ない 第12話 僕達は友達が少ない(`・ω・´) 世の中、自分の思うとおりにならないことは多いが、何事も継続することは大事だと思う。例えば部活動。長く続けていれば、きっと良いことはある。これは断言する。
第2章 第1節「いけない遊び」 第2節「秘密の接待」 第3節「羞恥の報酬」
まりあ†ほりっく あらいぶ 第2章 第1節「いけない遊び」 第2節「秘密の接待」 第3節「羞恥の報酬」 イタリア!?あの情熱の国イタリアから!?それっていったいどんな美少女なの?トスカーナ地方から来た由緒正しき古代ローマ風美少女?それともナポリから来た輝く太陽のように超絶陽気な美少女?それともシチリアから来たちょっと危険な香り漂う美少女?いずれにせよ、情熱の国イタリア。きっとものすごいフェロモンぷんぷんの美少女に違いない!
第6章 「ドキワク☆ミッションすくーる☆すくらんぶる」
まりあ†ほりっく あらいぶ 第6章 「ドキワク☆ミッションすくーる☆すくらんぶる」 少しおとぎ話をしても良いでしょうか?昔々ある所にとても不出来で巨大な少女が居りました。少女は不出来な上、不出来を補う努力も怠った為、全教科赤点というミラクルを起こします。その所業はゴッドの知るところとなり、巨大な少女は時の流れがとっても緩やかな部屋に籠って一週間。体感時間で一年もの間追試に向けて猛勉強という罰を受ける事となったのでした。
第10章 第1節「聖職者の生贄」 第2節「淫夢の宴」 第3節「禁じられた関係」 第4節「夏のうなじ」
まりあ†ほりっく あらいぶ 第10章 第1節「聖職者の生贄」 第2節「淫夢の宴」 第3節「禁じられた関係」 第4節「夏のうなじ」 …はっ!でもちょっと待って!ということは、桐さんやサチさん、弓弦さんのうなじも拝めるってこと!?そしてそして、更には飛び入り参加の皐月先輩のうなじまでもが生で一堂に会すってこと!?桐さんのうなじ!サチさんのうなじ!弓弦さんのうなじ!皐月先輩のうなじ!うなじ!それは燃える命!ひとつの地球にひとりずつひとつであるところのうなじ!!
最終章 「かなこさんの誕生日」
まりあ†ほりっく あらいぶ 最終章 「かなこさんの誕生日」 前略天国のお母さん。ここ第二女子寮には、かなこが立入りを禁じられた場所がひとつあります。それは大浴場です。以前、浴室のお湯を鼻血で真っ赤に染めたことでゴッドの逆鱗に触れ、立入り禁止とあいなりました。かなこは今、そんな大浴場の天国と壁一枚へだてた自習室にいます。もうすぐ夏休みも終わり。待ち受けるあの日を前に全てを終わらせてしまわなきゃーー。
#26 獣の巨人
進撃の巨人 #26 獣の巨人 女型の巨人との戦闘の後、壁の中から発見された巨人。その正体を聞き出そうと、ハンジはニック司祭を激しく責め立てるが、ニックは脅しに屈することなく黙秘を貫くのだった。遡ること12時間前、ウォール・ローゼ南区で待機するコニーやサシャら104期生のもとに巨人が多数襲来したとの情報が伝えられる。巨人の群れが進む先には、コニーの故郷の村があった。コニーたちをそこへ向かわせるため、分隊長のミケがとった行動は……?
#27 ただいま
進撃の巨人 #27 ただいま 巨人発見より5時間後、北の森に向かったサシャは故郷の村まで到達する。サシャの胸中によみがえる、父親との苦い思い出……。3年ぶりの故郷は最早、人の住める土地ではなく、その先に見つけた新しい村でサシャは凄惨な光景を目の当たりにする。一方で、急ぎウォール・ローゼをめざすエレンたちだったが、同行者の中には何故かニックの姿があった。ウォール教が知る壁の秘密を開示するべきか、彼は自分の目で確かめるという。
#28 南西へ
進撃の巨人 #28 南西へ コニーの故郷に人影は一切なく、代わりに残されていたのは一体の巨人が仰向けに倒れた姿のみ。失意のコニーの耳に届く、微かな声。それは巨人が発したように思われたが……。時を同じくして、リコ率いる駐屯兵第一師団精鋭部隊は東防衛線で巨人と交戦し、ハンネス率いるウォール・ローゼ対策部隊は壁沿いの道を偵察するも未だ一匹の巨人とも遭遇しないままだった。それぞれに胸騒ぎを覚えたまま、巨人出現から最初の夜が訪れる。
#29 兵士
進撃の巨人 #29 兵士 コニーやライナー、ベルトルトのいる南班、そしてクリスタとユミルがいた西班は暗闇の中で合流し、ウトガルド城という古城跡で共に夜を明かすことになった。だが、見張りが気づいたときには既に城の周りを大勢の巨人が取り囲んでいた。戦闘用の装備を持たない104期生たちは塔の中へ一時避難するが、突破されるのは時間の問題だった。巨人の侵入を防ごうと孤軍奮闘するライナー。彼の脳裏にフラッシュバックする記憶とは……?
#30 ヒストリア
進撃の巨人 #30 ヒストリア エレンたちがまだ訓練兵団だった頃。とある雪山での訓練を終えた後、ふと気づくとクリスタとユミルの姿が見えなくなっていた。クリスタは訓練中に体調を崩したダズのそばについていて、また、ユミルはそんなクリスタに付き合っているうちに遭難してしまったのだ。吹雪の中、すっかり日も暮れて、息も絶え絶えなダズを引きずって山のふもとをめざすクリスタ。このままでは3人とも助からないという状況で、クリスタのとった決断は!?
#31 戦士
進撃の巨人 #31 戦士 ウトガルド城を取り囲んだ巨人の群れはユミルの活躍と、駆けつけた調査兵団の主力部隊によって撃退された。重傷を負ったユミルは治療のためトロスト区に送られることとなり、残った調査兵団は壁の修復作戦を再開することに。ところが、穴の位置を知らせに来たはずのハンネスは「穴はどこにもない」と報告する。穴がないのだとしたら、巨人はどうやって壁の内側に現れたのか? 疑問を抱えたまま、エレンたちはトロスト区で待機する。