「内田雄馬 おすすめ」の検索結果

今すぐ視聴する

第4話 試験期間
マナリアフレンズ エクストラパート付 第4話 試験期間 定期試験が近づき、生徒はそれぞれ勉学に励んでいる。グレアも試験勉強で忙しく、一緒にいられないアンは、グレアと出会ったときのことを思い出す…。 放送版に加えエクストラパートを付けた特別版です。
第5話 学院陥落
マナリアフレンズ エクストラパート付 第5話 学院陥落 突如、魔物に襲撃されるマナリア魔法学院。生徒会長のハンナは、必死に学院を防衛しようとするが、魔物の進行を防ぐことができずにいた。 放送版に加えエクストラパートを付けた特別版です。
第7話 かくれんぼ
マナリアフレンズ エクストラパート付 第7話 かくれんぼ 放課後、アンの図書係に付き合うグレア。しとしとと雨が降る中、図書館はいつの間にか人気がなくなっていて、アンの提案でふたりはかくれんぼをすることにする。 放送版に加えエクストラパートを付けた特別版です。
第9話 或る日…
マナリアフレンズ エクストラパート付 第9話 或る日… ひょんなことから喧嘩をしてしまったアンとグレア。ふたりの意に反して喧嘩は長引いてしまう。それでも、ひとりになった時に思うのはお互いのことばかりで…。 放送版に加えエクストラパートを付けた特別版です。
第10話 ふたりの誓い
マナリアフレンズ エクストラパート付 第10話 ふたりの誓い マナリア魔法学院では、生徒だけでなく教師たちも、バタバタと帰省の準備をしている。休暇中、学院に残るグレアに、王宮に帰るアンはあるものを手渡す…。 放送版に加えエクストラパートを付けた特別版です。
第2話 竜姫悶える
マナリアフレンズ エクストラパート付 第2話 竜姫悶える ミランダ、ハンナが色々な魔法、薬草で手を尽くすも、グレアの容体は一向に快方に向かわない。ベッドで苦痛からか悶えるグレア。アンはグレアを救うため、学院を奔走する。 放送版に加えエクストラパートを付けた特別版です。
第3話 姫様の休日
マナリアフレンズ エクストラパート付 第3話 姫様の休日 街に買い物に行こうとグレアを誘うアン。グレアは恥ずかしながらもアンと一緒に、街に繰り出す。いろいろなお店を巡り、マナリア魔法学院の休日を堪能する2人。裏路地で見つけた怪しいお店をのぞいてみることにする…。 放送版に加えエクストラパートを付けた特別版です。
第6話 海に浮く
マナリアフレンズ エクストラパート付 第6話 海に浮く 暑い日差し。きれいな砂浜。青い海―。海辺にやってきたマナリア魔法学院の面々。全生徒が注目する中、ビーチストライクで熾烈な戦いを繰り広げるハンナ&ポピー組とリーズ&ルゥ組。アンとグレアは2人だけで森の中を歩いていた…。 放送版に加えエクストラパートを付けた特別版です。
第8話 祭演の裏
マナリアフレンズ エクストラパート付 第8話 祭演の裏 今日は、マナリア魔法学院の学院祭。ふたりで舞台に立つことになった王子役のアンと王女役のグレア。緊張するグレア王女を落ち着かせようとするアン王子。いま、祭演の幕が上がる。 放送版に加えエクストラパートを付けた特別版です。
第1話 アンとグレア
無料
マナリアフレンズ エクストラパート付 第1話 アンとグレア マナリア魔法学院に通うふたりのプリンセス、アンとグレア。学院でグレアを見つけるやいなや駆け寄るアンとまだ少し打ち解けない様子のグレア。ふたりで朝食をとっていると、突然、新入生のルゥがアンに助けを求めてくる…。 放送版に加えエクストラパートを付けた特別版です。
第二話 祝言
胡蝶綺 ~若き信長~ 第二話 祝言 信長の縁談が決まった。相手は美濃の斎藤道三の愛娘・帰蝶。美濃との同盟を結び国力を強めることが狙いだったが、蝮と呼ばれる道三のほうには、尾張を取り込む狙いがあった。天女のごとく美しいと噂される帰蝶の顔を拝もうと、一足先に池田恒興を伴って美濃に潜入した信長は、野伏に襲われ窮地に陥ってしまう。そこに現れたのは、忍び装束に身を包んだ一人の美しい忍びだった。
第三話 父と子
胡蝶綺 ~若き信長~ 第三話 父と子 信長の父・信秀が病に伏し、家臣たちにも不安が広がっていた。うつけの嫡男では織田家の行く末が不安だとする家臣もいた。信長は、万が一の時には父を立派に見送ろうと、弟・信勝と誓い合う。そんなある日、織田家を裏切る者の存在が明らかになった。その事実を受け入れられず、たしなめる恒興を遠ざけて鬱々とした気持ちで過ごす信長。そして、信秀が逝去するが……。
第四話 爺の想い
胡蝶綺 ~若き信長~ 第四話 爺の想い 若い頃は信長の父・信秀の右腕として戦場を駆けた槍の名手・平手政秀。政治手腕も優れていた彼は、信秀亡き後、信長の力強い支えでもあった。信長の弟・信勝に家督を継がせたい家臣たちにとって厄介な存在である平手を追い出そうと、林秀貞と通具の兄弟が画策するが、なかなかうまくいかない。清洲の本家と不穏な関係になりつつある中、病を隠していた政秀が倒れる。
第五話 会見
胡蝶綺 ~若き信長~ 第五話 会見 信長の妻・帰蝶はかつては実父・斎藤道三に忍の村に里子に出され、忍びとして父のために働いてきた。信長の命を狙うために織田家に嫁いできたが、今では信長の元で新たな生きがいを得て暮らしている。その帰蝶の父である道三より、信長に会見の申し込みが舞い込んだ。道三の嫡男・義龍は、父が信長を取り立てることを恐れて策略を巡らせるが……。
第六話 清洲
胡蝶綺 ~若き信長~ 第六話 清洲 末森城を守る弟の信勝となかなか顔を合わせる機会のない信長。手紙を送っても返事が無い。尾張を狙う今川義元を撃退するために出陣した際も、信長が援軍を求めたものの信勝は動かない。兄の力になりたい信勝を足止めしていたのは母である土田御前だった。そんな折、本家である清洲が今川と通じていることが明らかになる。
第七話 愛と死
胡蝶綺 ~若き信長~ 第七話 愛と死 清洲城の戦いで信長の窮地を救った信勝。しかし、柴田勝家ら周囲の家臣たちや母・土田御前が信長に対する不信感を露わにしており、兄に手紙さえ出せない日々を送っていた。心を痛める信勝の影で、新参の家臣・津々木蔵人は兄弟を対立させようと暗躍する。あるとき、弟の秀孝が恒興と交流があることを知った信勝は、密かに信長への手紙を託すのだが……。
第八話 信勝
胡蝶綺 ~若き信長~ 第八話 信勝 信長が秀孝の弔い合戦に参加しなかったことを裏切者だと断じた信勝。兵を挙げ、信長追放に立ち上がる。それを知った信長は激しく動揺し信勝に会いに行こうとするものの、恒興に「感傷は不要」と一蹴される。信勝の家臣・津々木は農民たちを買収して兵に加え、信勝軍の兵は1700となった。対する信長軍の兵は700。信長が圧倒的に不利な状況での戦いの始まりだった。
第九話 別離
胡蝶綺 ~若き信長~ 第九話 別離 信長に敗れ、失意の日々を送る信勝。しかし家臣である津々木は諦めておらず、次なる手を講じていた。しばらくして、領内の緑ヶ池に牛を飲み込むほどの大蛇が現れるという噂が広まる。民が怯えるのを放っておけぬと、大蛇を捕まえるために池を訪れた信長の前に津々木が現れた。信勝の命で大蛇を捕まえにきたという言葉を聞いて、うれしく思う信長だったが……。
第十話 兄と弟
胡蝶綺 ~若き信長~ 第十話 兄と弟 織田家から姿を消してから数日後、信長の元を吉乃が訪れる。吉乃の言葉に驚きうなだれる信長だった。いっぽう末森城では、ここしばらく信勝に目通りがかなわなかった林秀貞や柴田勝家ら家臣一同が集められ、軍議が行われる。津々木が講じた卑怯な策には賛同できないとする柴田。しかし、その後信勝からある頼みごとをされ、軍を率いる役目を受けることとなった。
第十一話 上洛
胡蝶綺 ~若き信長~ 第十一話 上洛 尾張の守護である斯波義銀は信長の庇護下にあり、その実権は事実上信長に移っていた。また岩倉城も手中に収め、尾張を統一したといえる信長。しかし、義銀は自分の処遇に不満を募らせており、信勝を失った悲しみが癒えぬ信長に新たな裏切りの手が忍び寄っていた。そんななか、同朋衆の捨阿弥という僧侶が持ち込んだ香を嗅いだ信長が倒れるという事件が起こる。
第一話 元服
無料
胡蝶綺 ~若き信長~ 第一話 元服 信長がまだ吉法師と呼ばれていた元服前のころ。吉法師は居心地の悪い城内から抜け出しては、領内の孤児達と盗賊の真似事をしていた。お目当ては三河守である父・信秀が手に入れた南蛮渡来のお宝。津島の湊でくすねたそれを売りさばき義賊を気取る吉法師だったが、あるとき彼が南蛮渡来の品々を隠し持っていることが城内で知られてしまう。父に問いただされた吉法師は……。
第十二話 桶狭間
胡蝶綺 ~若き信長~ 第十二話 桶狭間 信長は、勢いを増す今川義元の侵攻に備えていた。そしてついに、今川が大軍を率いて三河にやってくる。その数は、今の織田軍をはるかに上回っていた。あまりの戦力の差に頭を抱える信長だったが、ある夜、まだ吉法師という名だった子供時代の夢を見る。弟の信勝とともに鷹狩りをしており、父・信秀から狩りについての指南を受ける夢だった。
第十一話 煩悩なければ悟りもまたなし
なむあみだ仏っ!-蓮台 UTENA- 第十一話 煩悩なければ悟りもまたなし 自我を取り戻した阿修羅と共にマーラに挑む帝釈天と梵天。だが輪光の力を手に入れたマーラのパワーは凄まじく、その脅威は人々を避難させる仏たちにも迫りつつあった。果たして輪光は大日如来に戻るのか。
第4話 戦うガーネット
「宝石商リチャード氏の謎鑑定」 第4話 戦うガーネット 婚約指輪の下見に来店した山本が探していたのはガーネット。 定番のダイヤモンドではなくガーネットを選ぶ山本に、正義は好感を持つ。 しかし、再び来店した山本は「美人は得だ」とリチャードに挑発するようなことを言うのだった。 そんな山本の心の奥底にしまい込んだ想いを、リチャードが優しく解きほぐしていく……。
#17 バーサス
あひるの空 #17 バーサス ヤスのシュートが決まり勢いづくクズ高。一方、古賀監督に発破をかけられた蒲地は、これまで以上にやる気に燃えていた。縦横無尽に走る太郎、必死に食らいつく空。一進一退の「走りっこ」が続く中、20分もの間全くスピードが落ちない蒲地に対し、ついに空のヒザがぐらつく。
第10話 ゆれる think
「東京喰種トーキョーグール:re」 第10話 ゆれる think いまだ全容がつかめないロゼの捜査に、クインクスの特性を生かした琲世考案の“マスク作戦”が導入された。だが捜査を進める中で琲世は、喰種にすら畏れられる“眼帯の喰種”の存在を知り、“彼”の調査を始める。そして[CCG]の資料室で、殉職した捜査官、亜門鋼太朗(あもん こうたろう)が遺したレポートを見つけ……!? そんな中、キジマが仕掛けた新たな策から、ロゼの捜査が大きく進展する。
第二話 友に勝る財宝なし
なむあみだ仏っ!-蓮台 UTENA- 第二話 友に勝る財宝なし 平穏な日々が続き、おとなしく梵納寺に待機する帝釈天と梵天だが、お互い顔を合わせれば揉めてばかりいる。そんなある日、帝釈天は普賢菩薩から「梵納寺には【普賢菩薩派】と【文殊菩薩派】があり、菩薩たちはいずれかの派閥に属している」と聞かされて――。
第五話 ひとつの嘘が百の嘘に通ずる
なむあみだ仏っ!-蓮台 UTENA- 第五話 ひとつの嘘が百の嘘に通ずる 大日如来と偶然の再会を果たした帝釈天と梵天。これで一安心と思いきや、大日如来は梵納寺に帰ることを拒む。必死に説得を試みる中、梵天の提案で、事態は思わぬ方向へと動き出す。そして、どうやら大日如来には帰りたくない『ある理由』があるようでーー。
第七話 過去へは戻れぬが、未来は進める
なむあみだ仏っ!-蓮台 UTENA- 第七話 過去へは戻れぬが、未来は進める 餃子パーティーが行われている最中、帝釈天が突如、梵納寺から姿を消す。帝釈天が向かう先には阿修羅がいた。帝釈天。帝釈天から目を離したことを悔やむ梵天は釈迦如来の力を借りて、彼を追う。対決する阿修羅と帝釈天。彼らを切り裂いた悲しい過去とは......?
第八話 見ぬと消失は同意にあらず
なむあみだ仏っ!-蓮台 UTENA- 第八話 見ぬと消失は同意にあらず 進むべき道を違えたかつての仲間、阿修羅との激闘の末、深い傷を負った帝釈天。薬師如来の懸命な手当のおかげで傷は癒えるもどこか元気がない。そんな帝釈天の態度に梵天はやきもきしている。一方仏たちは、これ以上マーラの力を増大させぬように手分けして輪光を探しに向かってーー。