「内田雄馬 身長」の検索結果

今すぐ視聴する

#8
無料
あひるの空 #8 coming soon
#4 初めての飛翔
あひるの空 #4 初めての飛翔 丸高の不良たちが百春たちに恥をかかせるために画策し、丸高バスケ部との練習試合が決定。千秋を除いた4人が試合に出てくれることになり、初めて5対5のバスケができると張り切る空。そして、練習試合当日。キャプテンの千葉、エースの常盤と、神奈川でも5本の指に入るといわれるほどの実力者を擁し、全員がバスケに有利な高身長の丸高バスケ部が登場。そんな不利な状況にもかかわらず、空は「秘策がある」と宣言。ついに、空にとって初めての試合開始のホイッスルが鳴り響く。
#2 才能のない少年達
あひるの空 #2 才能のない少年達 空と百春たちの男子バスケ部入部をかけたバスケでの勝負が始まった。男子バスケ部の百春、安原(ヤス)、茶木(チャッキー)、鍋島(ナベ)に加え、千秋の代理として女子バスケ部の円を加えた5対1。圧倒的不利な状況にもかかわらず、空はバスケスキルを見せ、シュートへ。しかしヤスの暴力による妨害で理不尽に勝敗が決しようとしたところ、百春から「十本勝負」の提案。まともな勝負も望めず絶体絶命の空だったが、彼には武器があった。
#3 百春の翼
あひるの空 #3 百春の翼 晴れてクズ高バスケ部に入部した空。部室に先に来ていた千秋に連れられて校舎裏のバスケットゴールに向かうと、そこにはシュート練習をする百春が。シュートが全く入らず、ヤケになってゴールへジャンプした百春の驚異的跳躍力に空は驚愕する。そこにケンカの報復に現れた新丸子高校(丸高)の不良たちを何とか撃退。その後、百春は空に自分のバスケの才能のなさを空に吐露し、自分がバスケの練習に参加することをあきらめるように言うが、それに対する空の反応は意外なものだった。
#5 折れた翼
あひるの空 #5 折れた翼 試合開始早々秘策を繰り出した百春と空。その快進撃に対する策を考える千葉だったが、常盤は空のプレーを見て、本人さえも自覚していない空の弱点を発見する。徹底的に弱点をつく常盤を前に、空のシュートは全く入らなくなった。一気に雲行きが怪しくなり、完全に丸高のペースへ。さらに試合メンバー5人ギリギリの中、ヤスが5回目のファウルをしてしまい退場。メンバーは4人となり、空の疲労もピークに。険悪なムードの上もう後がないクズ高バスケ部だが…。
#6 今しかねえ
あひるの空 #6 今しかねえ 疲労も限界を超えている中、空は母から教わった両手打ちのシュートを決め、チームの空気を変えた。丸高との点差は絶望的だが必死で戦うクズ高。試合を見ていた千秋はその状況に背を向け立ち去っていった。一生懸命なクズ高の姿にいらだつ丸高の不良たちが試合を妨害。憤るクズ高メンバーを制し、試合を続けようとする空だったがこの苦境を乗り切るすべがあるのか…。そのとき、コートにある人物がやってきた。それは空が待ちわびており、丸高の千葉も気にしていた人だった。
#1 みにくいあひるの子
無料
あひるの空 #1 みにくいあひるの子 約149cmと小柄ながら、バスケットボールが大好きな少年・車谷 空。彼は入学したばかりの九頭龍高校(クズ高)で、バスケ部に入部しようと張り切っていた。広い体育館で宝物のバッシュを履いて練習をしていると、そこに現れたのはいかにもガラの悪い生徒たち。その不良たちこそクズ高バスケ部の部員。男子バスケ部は荒れ果て、事実上機能停止状態となっていたのだった。主将の百春からバスケをしないよう脅され、部室に閉じ込めれられる空。同じバスケ部だという千秋の協力で何とか脱出し、体育館に向かうが、またも百春率いるバスケ部員が現れ…。
#7 迷惑な一年坊
あひるの空 #7 迷惑な一年坊 丸高との試合は圧倒的な点差で敗北したものの、お互いの健闘をたたえ合う試合となった。疲れて眠ってしまった空を自宅に送り届けた円は、空の祖母から空が入院している母・由夏を追って、神奈川にやってきたと聞かされる。試合翌日からさっそくバスケの練習に打ち込むクズ高メンバーだったが、今まで全く活動していなかったバスケ部には顧問がおらず、体育館を使う資格さえ与えられていなかったことが発覚。早速百春は顧問をつけてもらえる約束を取り付けたが、それには条件があった。そんな中、ヤス・チャッキー・ナベは校舎裏で華麗なシュートを決める1年生に出会う。

おすすめの作品

第1話 混乱のアフレコブースへようこそ
無料
「今宵、アフレコブースで。」 第1話 混乱のアフレコブースへようこそ とあるアフレコブースにやってきた声優・津田健次郎。しかし、事前に何も聞かされておらず、様子がおかしい。同様に呼び出された高木渉、内田雄馬も不安げな表情。そんな3人の前にいかにも怪しいディレクターのコッシー(演:岩井勇気)が現れ、「斬新な企業CMのナレーション収録をしたい」と切り出すが、それは大混乱の始まりだった…!アフレコブースを舞台に繰り広げられるノンストップシチュエーションコメディの第1話!
第2話 ソーシャルゲームをぶちかませ
「今宵、アフレコブースで。」 第2話 ソーシャルゲームをぶちかませ 前回の収録では、ディレクターのコッシーによって散々な目に遭った津田健次郎、内田雄馬、高木渉ら。大河元気の緊急参加によって難を逃れたが、今回もアフレコブースには嫌な予感が漂っていた…。再び現れたコッシーは「新感覚のソーシャルゲームに登場するキャラクターボイスを収録したい」と依頼を持ちかける。しかし登場するゲームは「れじぇんどスターズ!」や「銅像乱舞」など危険なニオイのするタイトルばかりで…?
第10話 最後のアフレコ
「今宵、アフレコブースで。」 第10話 最後のアフレコ 「今宵、アフレコブースで。」が遂に最終回を迎える。アフレコブースを舞台に繰り広げられたこれまでのムチャブリの奇妙な事件の数々は一体何だったのか?津田健次郎と浪川大輔による新ユニット・超電導dB(デシベルズ)は一体どのように番組に関係しているのか?“9月のアレ”とは果たして何だったのか?そして二人はアフレコブースを飛び出し…。番組に仕掛けられた全ての謎が、明らかになる。
上坂すみれのヤバい○○ TVスペシャル
上坂すみれのヤバい○○ 上坂すみれのヤバい○○ TVスペシャル 革命は二度起きない。 -イベ坂すみれ-
第3話 海外セレブと王子とサンプルボイス
「今宵、アフレコブースで。」 第3話 海外セレブと王子とサンプルボイス アフレコブースで収録開始を待つ津田健次郎。そこへ下野紘と岡本信彦がやってくる。この日行われるのはボイスサンプルの収録だ。ディレクターのコッシーによるとそれぞれの事務所から「仕事の幅を広げるために新しいキャラクターの可能性を見出したい」のだという。渋々、取り組むことになった一同だったが「ホラーテイスト」「叫び声」、さらには「変なおじさん」とハチャメチャなサンプルボイス収録が待っていた!
第4話 禁じられた恋
「今宵、アフレコブースで。」 第4話 禁じられた恋 前回のセレブ姿と王子姿から一転。“いつも”の格好に戻った下野紘と岡本信彦を迎えて行う収録は「乙女ゲーム」。今回のクライアントはコッシー。自ら考案したゲームのキャラクターの声を3人にお願いしたいと頼み込む。コンセプトは「絶対に恋愛に発展しないキャラクターとの恋」。アクションモノ、歴史モノと聞くとお馴染みの設定のような気もするが、いざ収録に臨んでみると、強烈キャラクターのオンパレードだった。
第5話 大脱出
「今宵、アフレコブースで。」 第5話 大脱出 コッシーがアフレコブースに<音声認証セキュリティ>を導入した。設定した合言葉を言うと扉のロックが解除されるシステムだという。ところが「合言葉を忘れてしまった」と言い放つコッシー。津田健次郎、下野紘、岡本信彦の3名はアフレコブースに閉じ込められてしまった…。警備員が来るのは2日後。携帯電話はブースの外。飲み物すら無い危機的状況のアフレコブースから無事に脱出することはできるのか!?
第6話 地方を狙って録れ!
「今宵、アフレコブースで。」 第6話 地方を狙って録れ! 前回、見事アフレコブースからの脱出に成功した津田健次郎、下野紘、岡本信彦の3名のもとにコッシーがやってくる。今回の仕事は、以前収録した「新感覚の地方CM」の第2弾だという。「断ったらどうするんですか?」と尋ねる声優陣を「違約金は3億円だ!」と脅し、無理やり参加させていくコッシー。順調に収録が進んでいると思った矢先、以前のクライアントから「CMが炎上した」とクレームの電話がかかってきて…?
第7話 アフレコブースであるあるを
「今宵、アフレコブースで。」 第7話 アフレコブースであるあるを アフレコ前に、浪川大輔と電話で話す津田健次郎。しかし、電話を切った矢先、不思議な出来事が起こる…。この奇妙な現象の真相を確かめるべくアフレコブースに飛び込んだ津田だったが、そこで待ち受けていたのは大ベテランの声優・井上和彦と堀内賢雄の二人だった。やがてコッシーが登場し「声優あるあるの本を出版したいので、皆さんにあるあるを教えて欲しい」と急な相談を持ちかける。果たして大御所二人の反応は…?
第8話 ふたりは先輩
「今宵、アフレコブースで。」 第8話 ふたりは先輩 どこからか浪川大輔の声が聞こえる…津田健次郎は不思議な現象に悩まされていた。そんな津田の様子に、声優界の大先輩である井上和彦と堀内賢雄もやや困惑している模様。この日はコッシーが「斬新な企業CM第3弾のナレーション収録をしたい」と持ちかける。この仕事のヤバさを力説し、参加を止めようとする津田の懸命な努力もむなしく収録はスタート。しかし、なぜかベテラン二人はノリノリで…!?