「冬のソナタ 2話」の検索結果

今すぐ視聴する

おすすめの作品

第3話
太王四神記 第3話 ホゲは戦争の勝利に貢献し、国の英雄となる。タムドクは、そんなホゲこそが王に相応しいと考えるが、ホゲの母は太子であるタムドクが気に食わない。そんなある日、日ごとに衰弱していく国王であり父のオジジを心配したタムドクは医術に詳しいキハをオジジの元に連れていく。
第4話
太王四神記 第4話 母をタムドクに殺されたと思い激怒するホゲは、チュシン王になることを父ヨン・ガリョに誓う。一方、タムドクはオジジから自身の出生の話を聞き、自分が将来立派な王になれるのか悩む。それから10年が経ち、馬泥棒に疑われ捕まったスジニをタムドクが助けるのだが...。
第5話
太王四神記 第5話 撃毬の試合でホゲ率いる黄軍の不正に気づいたスジニ。試合後、黄軍の元へ行くが敵の回し者扱いをされてしまう。そこへタムドクが現れる...。一方、黄軍の対戦相手の黒軍は試合前日に何者かによって襲われる。ケガを負った黒軍だが、翌日の試合の控え選手がおらず...。
第6話
太王四神記 第6話 撃毬の試合に参加していたことが問題になり、タムドクは謹慎の身となる。しかし護衛のカクダンに勝ち、城から抜け出すことに成功する。そしてガリョにあるお願いをしに行く。一方、会議を開いた重臣たち。タムドクの太子廃位と新太子擁立を求める旨をオジジに伝えるが...。
第7話
太王四神記 第7話 タムドクは、自身を王とする即位式を始めるという知らせを聞く。王になるつもりはないとオジジに伝えるタムドクだが、オジジから母の死についての話を聞き心を痛める。そんな中、各部族長の息子たちが拉致される。オジジの仕業と思った重臣たちは息子たちを返すよう主張する。
第8話
太王四神記 第8話 キハから牢にいる黒軍やスジニを助けるよう頼まれた火天会のサリャン。チュムチの元へ行きお膳立てをするが、火天会の大長老にバレてしまい...。一方、ガリョはオジジを悪者に仕立て部族長たちを唆し争いを引き起こす。そしてオジジに会いに行き、ある取引を持ちかける。
第9話
太王四神記 第9話 オジジを助けるため国内城へ向かったキハだが、逃げる気のないオジジはキハの前で自害してしまう。最期の言葉として、カクダンに自分を刺した神剣をタムドクに渡すよう伝える。そんな中、タムドクは味方だと思っていたテジャ城主に武器を捨てるよう指示され...。
第10話
太王四神記 第10話 ガリョは、オジジの死の真相が明かされるまでタムドクの太子の地位を剥奪することと、タムドクの逮捕の令を下す。一方、オジジの遺体がある神堂へ向かったタムドク。そこでオジジの亡くなる現場を見たと話す近衛兵から、オジジはある神官に剣で刺されたと聞き...。
第11話
太王四神記 第11話 ホゲや重臣たちはタムドクの罪をカウリ剣で裁くよう大神官に要請する。カウリ剣とは、心臓に刺すと罪のある者は命を奪われ、罪なき者は死なずにすむというものであった。周囲の心配をよそに、タムドクは自らカウリ剣を受け入れると言いだし、ホゲがカウリ剣を刺そうとしたが...。
第2話 ゆるゆりなる日々なるなり
ゆるゆり♪♪ 第2話 ゆるゆりなる日々なるなり 聞いてくれ、みんな! なんと『ゆるゆり♪♪』は、2話にして早くも世界中で話題独占の大人気らしいぞ! いや、ホントか知らんけど。でも、こういうのは先に言ったもん勝ちだって偉い人が言ってた! そんなわけで2話あらすじ担当、歳納京子だよ~ん! けど、あらすじってのもタイミングが大切だよな。放送前に詳しく言い過ぎるとネタバレになるし、放送後だと何を今さらって感じだし……そこんとこどうなの、担当者? とか言ってる間にもうあらすじ終わりじゃん。う~む、こうなったら……ちゃんとしたあらすじは3話からってことでひとつ!