「勝負の冬 いつ」の検索結果

「勝負の冬 いつ」に関する情報は見つかりませんでした。
「勝負の冬」に関する情報を表示しています。

今すぐ視聴する

#13:近澤先生、サヨウナラ
勝負の冬 #13:近澤先生、サヨウナラ 「俺の熱量も、尽きた気がする」みなみが近澤先生と勉強の待ち合わせを無断欠席した。連絡がつかず、近澤先生が途方にくれた時、スタッフだけにみなみがコンタクトを取ってきた。「近澤先生、みなみが『勉強したくない』って言ってます」慌ててみなみの元へ向かった近澤先生が見たのは、これまで一度も見たことのない、沈んだ表情で勉強への嫌悪感を語るみなみの姿だった...。OPイラスト:山科ティナ
#14:喝だ!合格しても大学行く気ない…?
勝負の冬 #14:喝だ!合格しても大学行く気ない…? 「俺と勉強してた時、言ってたよな」その一言は、先生たちを凍りつかせた。大学合格を目指す理由。大学合格という証を、手に入れたい理由。彼女にとって、そこがゴールではなかった。全国模試のフィードバック面談で露わになったのは、麗が幼い頃から胸の内に抱えてきた、底の知れない根深き悩みだった。彼女の切なく、悲しい、受験に向かう意味とは...。OPイラスト:山科ティナ
#15:麗vsスタッフ【未公開:先生トーク完全版つき】
勝負の冬 #15:麗vsスタッフ【未公開:先生トーク完全版つき】 「裏で、連絡取り合ってた?」二宮先生が、あの手この手で指導方法を探るほど、心を閉ざしていった、麗。全国模試の結果フィードバック中、そんな麗が発した、さらに闇の深い一言。「二宮先生から、別の先生にしたいです」希望する変更担当は、誰もが驚きを隠せない、あの先生だった。己のため、ルールすら超越する麗に、カメラを止めないままスタッフが1対1で向き合った。麗の本心は、言い訳なのか?涙をこらえてスタッフと向き合う、麗の独白が始まる...。OPイラスト:山科ティナ
#16:慶應AO入試結果発表!
勝負の冬 #16:慶應AO入試結果発表! 「俺だと、やりにくいかも知れない」一般受験より先に始動するAO入試は、秋に入って早速その合否が判定されることとなる。一次選考発表の瞬間を、鈴木先生と迎えたひかる。クリックした画面に表示された結果は...?片や、紆余曲折を経て生徒3人、先生3人の6人で再結束を誓った一般受験組には早くも暗雲が...。行きたい大学に合格するためには【生徒が教わりたい先生】では限界があるのか?苦悶の果てに、あのペアが結論を出す...。OPイラスト:山科ティナ

おすすめの作品

香港の活動家がドイツ外相と面会 中国政府が猛抗議
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 香港の活動家がドイツ外相と面会 中国政府が猛抗議  香港の民主活動家がドイツを訪問して外相と面会したことについて、中国政府がドイツに「断固として反対する」と抗議したことを明らかにしました。  2014年に香港で起きた「雨傘運動」のリーダー・黄之鋒氏は9日、ベルリンで「もし新たな冷戦があるとすれば、香港は新たなベルリンだ」とイベントで支持を訴え、ドイツのマース外相とも面会しました。これについて、中国外務省は会見で「ドイツが香港の分裂分子の入国を認め、面会することに断固として反対する」としたうえで、「香港は中国の内政問題で、いかなる外国政府や組織も干渉する権利はない」「ドイツは一体、何を企んでいるのか」と激しく非難しました。ドイツは中国との経済的なつながりを強める一方、人権問題では一線を画す強い姿勢を示しています。
第22話 「新しい明日へ」
SHUFFLE! 第22話 「新しい明日へ」 いつもの登校風景。そして、いつものように授業中、ボーっとしている稟に、鉄槌を食らわす撫子先生。いつものように、樹や麻弓たちと取りとめもない会話をしている稟。いつものように学園風景。時が流れているはずだった・・・。しかし、その「いつも」は少しずつ、変わろうとしていた・・・。
#40:タイツで紅茶を♪想像を超えるカオスな世界…黒タイツカフェに潜入!
給与明細 #40:タイツで紅茶を♪想像を超えるカオスな世界…黒タイツカフェに潜入! ▼進化する秋葉原の最新カフェ&コスプレイベントに潜入! ▼潜入①:ティーパックは黒タイツ?禁断の”黒タイツカフェ”でMが目覚める…? ▼潜入②:最新18禁コスプレイベントに潜入で見えたコスプレ事情とは
第十一話 世界にひとつだけの SAGA
ゾンビランドサガ 第十一話 世界にひとつだけの SAGA やりおった。《さくら》が事故りおった。 どうやら生前の記憶が戻っているらしい。 あいつ、元の性格がめちゃくちゃだ。 (※中略) 他のじっぱかゾンビィ達は《さくら》を元に戻そうとしているようだが…… (※中略) とりあえず、明日が欲しいので今日は寝る。 追記:寝付けない。コーヒーを飲み過ぎたか。                        ―――――《巽幸太郎》の日記より
6品目 宗太の憂鬱、小鳥遊家の女達
WORKING!! 6品目 宗太の憂鬱、小鳥遊家の女達 北海道にある、とある家庭。 そこは、いつもの通り個性的で いつもの通りハチャメチャで いつもの通り仲良し。 そんな小鳥遊家は、最強の姉達と最強の妹に 囲まれた宗太の苦労溢れる日常だった…。
第五話 君の心にナイスバード SAGA
ゾンビランドサガ 第五話 君の心にナイスバード SAGA あいつらは俺の想像を簡単に超えてくる。 製薬会社とのタイアップのチャンスを見事に潰してくれた。 だが、そこはこのプロデューサー巽幸太郎、今回は誰もが知っている超有名企業のCM出演権を手に入れてきました。 『フランシュシュ』は佐賀一帯にその名声を轟かせるだろう。 泥にまみれた不死鳥は、大空へと羽ばたく。                        ―――――《巽幸太郎》の日記より
第七話 けれどゾンビメンタル SAGA
ゾンビランドサガ 第七話 けれどゾンビメンタル SAGA 野外音楽イベント【サガロック】への出演が決まった。 だが相変わらず《純子》のやつがうじうじナメクジみたいになっている。 サングラスが曇るの、あいつのせいじゃないだろうな。 メンバーたちは不安そうだわ、《愛》にかかるプレッシャーは強くなるわ…… 【サガロック】当日の天気予報は雷雨か。 文字通り雲行きが怪しくなってきた。 とりあえず、潤いが欲しいので今日は寝る。                        ―――――《巽幸太郎》の日記より
第十話 NO ZOMBIE NO IDOL SAGA
ゾンビランドサガ 第十話 NO ZOMBIE NO IDOL SAGA ご老人たちだけでなく、やんちゃなファンも増えたようだ。 優秀なプロデューサーのおかげで、ゾンビィ達も死んでいるにしてはスクスクと成長している。 そんなぎゅーらしかゾンビィ達に、新たなステップを踏ませてやることにした。 これは、あいつらが必ず登らなければならない大きな山だ。 そしてその頂へ向かうためにすべきことは、一つしかない。                        ―――――《巽幸太郎》の日記より
エピソード9
ワシントン・ハイツ~半人前のニューヨーカー~ エピソード9 [ 海外MTV の人気番組 ]レコード会社の人間から「ワシントンハイツから出ないと成功しない」と言われたJP。そんな彼に、ハイツ外でのライヴの依頼がくる。JPのパフォーマンスはハイツ以外の人間にも届くだろうか?リコは演劇学校の舞台で初めてステージに、テイラーも初モデルに挑む。自分の気持ちを押し殺していたフランキーは、ついにラドウィンに本心を打ち明けるが...。
第二話 I♡HIPHOP SAGA
ゾンビランドサガ 第二話 I♡HIPHOP SAGA ただのゾンビィだったメンバー全員が自我に目覚め、《さくら》も安心したようだ。 ようやくここからアイドルグループとしての活動を始められる。 まずは、あいつらにゾンビィバレをした時の恐怖を叩きこまなければ。 グループ名も『デス娘(仮)』だと方向性が偏りそうなので、今変えてしまおう。 思い付かないので、今度にしよう。 あとは、アイドルグループにふさわしい初舞台の用意だ。 何か良いイベントはないものか。                        ―――――《巽幸太郎》の日記より