「十三 派遣」の検索結果

今すぐ視聴する

おすすめの作品

第49話 ルキアの悪夢
BLEACH 第49話 ルキアの悪夢 ルキアは十三番隊副隊長・志波海燕の夢を見る。十三番隊に入隊したルキアは、名門・朽木家の養子ということで他の隊員たちと打ち解けずにいた。そんな中海燕だけがルキアを普通に扱ってくれた。海燕の存在に心地よさを感じるルキア。ある日、海燕の妻の第三席の都(みやこ)に虚の偵察任務が下るが、偵察隊は虚に襲われて都を除き全滅する。一命を取り留めた都だけが陣に運び込まれる。その夜、十三番隊の隊員たちが何者かに襲われる。
第93話 バウント強襲!激震の護廷十三隊
BLEACH 第93話 バウント強襲!激震の護廷十三隊 十三番隊に復隊するために流魂街を急ぐルキアの前に現れたバウント・ヨシと戦闘になるルキア。しかし、霊力の戻っていないルキアはあっという間に追い詰められてしまう。と、そこにバウントの気配を感じたりりんが現れる。りりんは幻覚の能力を使ってルキアを援護する。りりんと連携したルキアの蒼火墜(そうかつい)がヨシに直撃し、吹っ飛ぶヨシ。しかし、ヨシは尸魂界の満ち溢れている霊子を吸収することでまたたく間に傷を癒して復活してしまう。
第十二話 意馬心猿と、和解せよ
なむあみだ仏っ!-蓮台 UTENA- 第十二話 意馬心猿と、和解せよ マーラとの戦いを終えて、梵納寺には再び平和な時間が流れていた。 二大護法善神である帝釈天と梵天、十三仏たち、そして、梵納寺に馴染みつつある阿修羅。一時休戦したマーラとの戦いを通して生まれた新たな感情とともに、今すべてが動き始める。
第一話 煩悩の犬は追えども去らず
無料
なむあみだ仏っ!-蓮台 UTENA- 第一話 煩悩の犬は追えども去らず 煩悩の化身・マーラから人々を救う為、釈迦如来により天界から現世に呼ばれた帝釈天と梵天。仏たちの拠点である梵納寺にて十三仏との共同生活がはじまるも、天界と現世の違いに困惑してばかり。そんな中、帝釈天と梵天は釈迦如来からある命を受けて――。
第十三話 「あったか寄せ鍋」
衛宮さんちの今日のごはん 第十三話 「あったか寄せ鍋」 大雪の降る、とても寒いある日。今日も、衛宮家には自然とみんなが集まり、同じものを囲み、同じ場所で食事をとる。士郎が作る、今日のごはんは―。
NATO本部へ女性自衛官1人を派遣へ 防衛省
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 NATO本部へ女性自衛官1人を派遣へ 防衛省  防衛省はNATO(北大西洋条約機構)の本部へ情報通信担当の女性自衛官1人を派遣すると発表しました。  河野防衛大臣:「帰ってくるころには英語、フランス語、ドイツ語…皆、完璧になって」  航空自衛隊・古賀真奈美2佐(41):「フランス語だけは勉強したいと思ってます」  防衛省はNATO本部に航空自衛隊情報通信担当の古賀2佐を派遣します。NATO加盟国の通信機材などについてルールを決める業務などを行う見通しです。本部があるブリュッセルへの派遣期間は来月から約2年を予定しています。NATOへの派遣は3人目です。
葬られた危機~イラク日報問題の原点~
無料
ドキュメンタリー番組 テレメンタリー2019【土曜放送】 葬られた危機~イラク日報問題の原点~ 湾岸危機で日本はアメリカから自衛隊を派遣するよう求められた。しかし当時は派遣できる環境になく、代わりに民間の輸送船がペルシャ湾に向かった。 外務省は「日本政府の指揮下で安全に航行する」と説明していたが、実態は異なり、アメリカ軍の指示で危険な海域に入りミサイル攻撃に晒されていた。攻撃の事実は極秘とされ、以後、自衛隊の海外派遣が本来任務となっていく。 番組では、海外派遣を支えてきた「隠ぺい」の原点を探る。
五輪組織委に派遣の警部、下半身露出か 書類送検へ
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 五輪組織委に派遣の警部、下半身露出か 書類送検へ  東京オリンピック・パラリンピックの大会組織委員会に派遣されていた神奈川県警の男性警部(44)が路上で下半身を露出したとして、警察は男性警部を書類送検する方針を固めました。  神奈川県警のオリンピック・パラリンピック対策課の男性警部は8月、神奈川県二宮町の雑居ビルの1階で下半身を露出した疑いが持たれています。警察によりますと、男性警部は酒を飲んでいて、直前に会った女性とみだらな行為をしているのを通行人が目撃して通報したということです。男性警部は当時、大会組織委員会に派遣されていて、当日は神奈川県藤沢市で行われたセーリングのテストイベントを終えて帰宅する途中でした。
第六十二章
無料
【WEB最速】ポンコツクエスト~魔王と派遣の魔物たち~ 第六十二章 【WEB最速】『ポンコツクエスト~魔王と派遣の魔物たち~(シーズン6)』毎月第2水曜24時00分に最新話放送
Ep.5 帰還
兵士が撮ったアフガン紛争最前線 Ep.5 帰還 シュライバー軍曹の小隊が撤退することが決まった。それを聞きつけた敵の攻撃はエスカレートする。コレンガル渓谷に派遣されて1年が経ち、兵士たちは、すっかり変わっていた。家族の元へ帰ることができなかった仲間のことを思い、複雑な心境になる。それから6年が過ぎた今も軍曹たちは危険な日々を送っていた。今回、久しぶりに再会することとなる。果たして、心の平和を取り戻すことはできたのだろうか?