「吉野七宝実」の検索結果

今すぐ視聴する

おすすめの作品

朝から大忙しの吉野さん「最高です パーフェクト」
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 朝から大忙しの吉野さん「最高です パーフェクト」  ノーベル化学賞の受賞が決まって一夜明け、旭化成に出社した吉野彰さん(71)は「最高です。パーフェクト」と話しました。  旭化成名誉フェロー・吉野彰さん:「(Q.(受賞決定から)一夜明けた気分は?)最高です」「(Q.体調はいかがですか?)パーフェクト!」  吉野さんは10日朝からテレビ番組に生出演した後、旭化成に出社しました。  旭化成名誉フェロー・吉野彰さん:「これから大変な数カ月を過ごすんじゃないかと。何とか頑張っていきたい」  また、妻の久美子さんも午前9時すぎに神奈川県藤沢市の自宅前で取材に応じました。  吉野彰さんの妻・久美子さん:「心臓の高鳴りが聞こえるようです。おめでとう、良かったね(と伝えたい)」  吉野さん夫妻は午後1時から東京都内で共同記者会見に臨みます。
ユーモア交え…ノーベル化学賞 吉野さんが講演
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 ユーモア交え…ノーベル化学賞 吉野さんが講演  ノーベル化学賞の受賞が決まった旭化成名誉フェローの吉野彰さん(71)が15日に東京都内で講演会を開き、ノーベル賞を受賞するための方法を伝授しました。  ノーベル化学賞・吉野彰さん:「吉野が発明したと言ってるけど、証拠は何だと言われるとありません。産業界の研究者の方で未来のノーベル賞を目指すのであれば欧州発明家賞を取って下さい」  東京・江戸川区で開かれている講演会には吉野さんの話を聞こうと600人以上が集まりました。吉野さんはなぜ自分が受賞することになったのかをユーモアを交えながら説明し、日本人がノーベル賞を受賞するには国外での評価を受けることの重要性を強調しました。
「柔軟性と執着心」 吉野彰さん旭化成で喜びの会見
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 「柔軟性と執着心」 吉野彰さん旭化成で喜びの会見  今年のノーベル化学賞が9日に発表され、旭化成名誉フェローの吉野彰さん(71)ら3人が選ばれました。吉野さんは旭化成本社で受賞の喜びを語りました。  旭化成名誉フェロー・吉野彰さん:「ノーベル化学賞の場合はフィールドが非常に広いので、なかなか順番が回ってこない。コングラチュレーションときましたんで、ああ来たかなと思いました」  吉野さんはこれまでの研究への苦労も語りました。  旭化成名誉フェロー・吉野彰さん:「正直言いまして約3年くらいありました。(製品が)全く売れない時期がですね。それはやっぱり精神的にも肉体的にも非常にきついですし、真綿で首を絞められるような苦しみなんじゃないでしょうか」  また、成功の秘訣については柔軟性と執着心を挙げました。  旭化成名誉フェロー・吉野彰さん:「研究者というのは基本的に一つは頭が柔らかくないといけない。もう一つが真逆の執着心というんでしょうか。しつこくしつこく最後まで諦めない。この2つが必要だと思います」
「私なりのメッセージを」ノーベル化学賞・吉野さん
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 「私なりのメッセージを」ノーベル化学賞・吉野さん  ノーベル化学賞の受賞が決まった吉野彰さん(71)が名古屋市の名城大学で受賞決定後、初めての講義に臨みました。  名城大学・吉野彰教授:「(週末)のんびりさせて頂いて、そのころから何というか肩が何か重くなってきまして、重圧感というんですかね」  吉野さんはおととし、名城大学大学院理工学研究科教授に就任しています。  名城大学・吉野彰教授:「ノーベル賞受賞者の言葉は世界へのメッセージになるので、私なりの何かメッセージを世界に向けて発進したい」  14日は受賞決定後、初めての講義で、テーマは「リチウムイオン電池の開発史」でした。
ノーベル化学賞に吉野彰氏!リチウムイオン電池開発
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 ノーベル化学賞に吉野彰氏!リチウムイオン電池開発  9日午後、ノーベル化学賞が発表されて「リチウムイオン電池」の開発に大きく貢献した吉野彰氏(71)が選ばれました。  午後7時前、ノーベル化学賞が発表されて日本人の吉野氏が選ばれました。吉野氏は現在、幅広く使われているリチウムイオン電池の開発に携わり、マイナス電極に炭素を使うことで安全性が高くなることを発見しました。リチウムイオン電池は小型・軽量化が可能で、繰り返しの充電にも強いことから、それまで小型電池の主流だったニッケル水素電池からの切り替えが一気に加速しました。スマートフォンやパソコンなど携帯型電子機器のほか、電気自動車やハイブリッド車など私たちの身の回りで広く利用されています。吉野氏が選ばれたことで、日本のノーベル賞受賞者は去年の京都大学・本庶佑特別教授に続いて27人となります。
“聞いてみたいこと”ノーベル賞の吉野彰さんを直撃
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 “聞いてみたいこと”ノーベル賞の吉野彰さんを直撃  ノーベル化学賞受賞が決まった旭化成名誉フェロー・吉野彰さんに話を聞きます。「吉野さんに一番何を聞きたいですか?」と街頭インタビューをしました。
ノーベル化学賞に吉野彰氏 喜びの記者会見
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 ノーベル化学賞に吉野彰氏 喜びの記者会見  今年のノーベル化学賞に旭化成名誉フェローの吉野彰氏が選ばれました。吉野氏は現在、広く使われている「リチウムイオン電池」の開発に携わり、マイナスの電極に炭素を使うことで、安全性が高くなることを発見しました。それまで小型電池の主流だったニッケル水素電池からの切り替えが一気に加速し、スマートフォンやパソコンなど携帯型電子機器のほか、電気自動車やハイブリッド車など私たちの身の回りで広く利用されています。東京・千代田区の旭化成本社で行われた吉野氏の喜びの記者会見を全編、掲載します。会見中には安倍総理大臣や萩生田文科大臣からお祝いの電話が入りました。
吉野さん発明誕生の裏側 年末大掃除と3億円事件
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 吉野さん発明誕生の裏側 年末大掃除と3億円事件  ノーベル化学賞の受賞が決まった吉野彰さんの著書「リチウムイオン電池物語」を読んでみると、この偉業の裏側で驚きの事実がありました。  まさに我々の生活をがらりと変える技術の開発をした吉野さんですが、その吉野さんの著書「リチウムイオン電池物語」を読んでみると、この偉業の裏側で驚きの事実が実はありました。  まずは、その1。開発が前進したのは思わぬ瞬間、きっかけがあったといいます。時は1982年の年末のことです。新しい電池の開発をすでに前の年からしていましたが、なかなかそこに適した素材が見つからないと悶々とした日々を過ごしていました。ですが、年末で大掃除をしようということになり、とある日の午後に大掃除を終えた後に忙しくてなかなか手を伸ばせていなかった資料を読んでみようとふと思いつきました。そこで手に取った論文で自分が探していた素材がひらめく内容だったそうです。実は、この時の論文が今回、同じくノーベル化学賞を受賞したグッドイナフさんの論文でした。  もう一つ、驚きなのが研究開発中、仕事中に警察から事情聴取を受けたというエピソード。1987年、吉野さんが旭化成で仕事をしていたんですが、突然、部下から「会社に刑事が来ている」と電話が掛かってきました。どういうことかと、慌てて会議室に移動するとそこには慌てている部下と目つきの鋭い刑事が2人。実はこの刑事が部下が持っていた樹脂のサンプル。「これは一体、何に使おうとしているんだ」と話を聞きに来ていました。吉野さんとしては研究開発中のため「企業…
ノーベル化学賞に吉野彰・旭化成名誉フェロー
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 ノーベル化学賞に吉野彰・旭化成名誉フェロー  今年のノーベル化学賞に旭化成名誉フェローの吉野彰氏(71)が選ばれました。  吉野氏は現在広く使われている「リチウムイオン電池」の開発に携わり、マイナスの電極に炭素を使うことで安全性が高くなることを発見しました。リチウムイオン電池は小型・軽量化が可能で、繰り返しの充電にも強いことから、それまで小型電池の主流だったニッケル水素電池からの切り替えが一気に加速しました。スマートフォンやパソコンなど携帯型電子機器のほか、電気自動車やハイブリッド車など私たちの身の回りで広く利用されています。今回、吉野氏が選ばれたことで、日本のノーベル賞受賞者は去年の京都大学・本庶佑特別教授に続いて27人となります。
#24 品川祐「タイタニック」/宮下草薙&若林平子の雑ドッキリ
しくじり先生 俺みたいになるな!! #24 品川祐「タイタニック」/宮下草薙&若林平子の雑ドッキリ 今回は大ヒット映画から人生でしくじらないための教訓を学びます。 1997年に世界中で大ヒットした映画「タイタニック」をちょっとだけ目線を変えて観てみると、ある“しくじり”が隠されていた!映画監督でもある品川先生が名作「タイタニック」から、嫌われものにならないための教訓を教えてくれます! AbemaTVオリジナル企画では、今ブレイク中の若手芸人・宮下草薙が登場。 今後の番組出演での“しくじり”を回避すべく、バラエティー番組でよくあるシチュエーションを事前に挑戦。今回は、芸人が必ずと言っていいほど通る「ドッキリ」に挑戦。果たして宮下草薙は、途中でドッキリだと気づいてもうまくリアクションし続けられるのか?さらにオードリー若林とアルピー平子がドッキリのお手本を見せちゃいます!