「型月連続テレビ小説 さくら」の検索結果

今すぐ視聴する

おすすめの作品

#50:さくら、本気で恋する90日♡この恋の行方は誰も知らない…
イマっぽTV #50:さくら、本気で恋する90日♡この恋の行方は誰も知らない… 『さくら、本気で恋する90日』恋愛したいと言うさくらに、親友のれなが「絶対にさくらに合う」と思う男友達を紹介!初めは、緊張して話せなかった2人。UFOキャッチーにスケートで距離を縮めていく…この恋は実る!?
#59:今夜告白♡さくら・しゅうえいの恋の結末
イマっぽTV #59:今夜告白♡さくら・しゅうえいの恋の結末 『本気で恋する90日』2週連続告白SP!優しすぎるしゅうえい。さくらは、しゅうえいの本音を深く知りたいと考える… 観覧車でこの3ヶ月の思いを語りあう2人。 告白の時…さくらが出した答えとは… れなも告白を見届ける。
積丹半島の海サクラ咲く(2020年4月5日放送)
無料
ノースアングラーズTV 積丹半島の海サクラ咲く(2020年4月5日放送) 北海道でサクラが咲き始める頃、海岸にはサクラマスが接岸してアングラーを夢中にさせます。今回は海釣りのメッカ・積丹半島を舞台に、2人のルアーアングラーがサクラマスに挑戦。風光明媚な磯や港でキャストを繰り返します。“海サクラ”が咲いたのは、いつ、どこで?
#58:りさが出す答えとは!?さくらの恋の行方…
イマっぽTV #58:りさが出す答えとは!?さくらの恋の行方… 本気で恋する90日SP♡さくらは今の素直な想いをれなに相談。さくらとしゅうえいの恋の行方はまだ誰にもわからない… りさの誕生日をはやとがお祝い♡サプライズプレゼントに手紙…はやとの高鳴る想いに、りさはどんな答えを出すのか!?
#55:さくら、本気で恋する90日♡手を繋いでもいい?動き始めた恋…
イマっぽTV #55:さくら、本気で恋する90日♡手を繋いでもいい?動き始めた恋… 『さくら、本気で恋する90日』ついに2回目のデート♡ 紹介してくれた、れなに、しゅうえいとのイマを報告。 今回はドライブデート!しゅうえいの地元・伊東へ。 海で遊ぶ2人…お互いの存在を意識し始め、次の言葉を探す… 「手を繋いでいい?」しゅうえいからの言葉に照れるさくら。 この恋は動き始める!?
第22話 「きらめく日々を駆け抜けろ」
無料
さくら荘のペットな彼女 第22話 「きらめく日々を駆け抜けろ」 美咲と仁の卒業式を迎えたさくら荘。空太はましろを起こそうと部屋に行くが姿が無い。さくら荘中を探すもいっこうに見つからないましろ。すると千尋が今朝方一人でさくら荘から出て行ったことを伝える。その事実に責任を感じる空太をよそに、龍之介とメイドちゃんがGPSでましろの居場所を突き止める。しかしそこにもましろの姿はなく、代わりにさくら荘の面々が描かれた絵画だけが残されていた…。
第24話 「さくら荘へようこそ」
無料
さくら荘のペットな彼女 第24話 「さくら荘へようこそ」 千尋に別れの挨拶をし、美咲の車でさくら荘をあとにする一同。イギリスへ帰国するリタ、大阪の大学に向かう仁、声優という夢を追い続けるために両親を説得しに里帰りをする七海、引越しの準備のため一旦実家に帰るという美咲、そして外で打ち合わせがあるとその場を去る龍之介。それぞれを見送った空太とましろは、さくら荘へと帰る。そして誰もいなくなったさくら荘で2人は…。
第五話 父と娘と
無料
サクラ大戦 ~轟華絢爛~ 第五話 父と娘と 太正十四年・秋。さくらは部屋で一人手紙を書いていた。その後、米田支配人の部屋で結婚式の話をするさくら。その噂は瞬く間に帝国華撃団内を駆け巡り、帝国華撃団でで知らないものはいなくなった。ある日、花組メンバーに内緒で、早朝に帝都を旅立ったさくらと米田支配人。何も言わずに行ってしまったさくらに花組一同は困惑を隠せなかった。
麻雀AI vs 藤田晋 vs KADOKAWAサクラナイツ
無料
麻雀AI vs 藤田晋 vs KADOKAWAサクラナイツ 麻雀AI vs 藤田晋 vs KADOKAWAサクラナイツ ドワンゴの麻雀AI「NAGA」が人間に挑む! 迎え撃つは、Mリーグチェアマン藤田晋と今シーズンから新規加入した KADOKAWAサクラナイツの2人! 麻雀AIの思考は? どれくらい強いのか? どう麻雀を打つのか? 未知な相手に人間はどう打つのか!? ルール: 天鳳を用いて戦う(天鳳ルール) 東南戦2回勝負(飛びあり)
第1話 「ねこ、しろ、ましろ」
無料
さくら荘のペットな彼女 第1話 「ねこ、しろ、ましろ」 問題児ばかりを集めた学生寮「さくら荘」。平凡な普通科2年生の神田空太は、変人たちに囲まれた生活に嫌気がさし、「脱、さくら荘!」を掲げていた。さくら荘の監視要員である美術教師・千石千尋に呼び出された空太は、5歳くらいの少女が写った写真を差し出され、駅に迎えに行くようにと言われる。駅に着くと、そこには、どう見ても同い年くらいの、まっしろな少女が一人ベンチに座っていた――。