「夢王国と眠れる100人の王子様」の検索結果

「夢王国と眠れる100人の王子様」に関する情報は見つかりませんでした。
人気の「ドバイ 旅行」に関する情報を表示しています。

今すぐ視聴する

第10話 「余命10日」/「夢の海外旅行」
無料
フリージ 第10話 「余命10日」/「夢の海外旅行」 「余命10日 今日もお騒がせのウム・ハマスが勢いよく入ってきた。どうやらずっとお腹をこわしていて、どんな薬を服用しても効かないらしいので、ウム・アラウィの紹介で、大きな病院へいき、医師に診てもらったところ、「余命10日」の宣告を受けてしまう。しかし、その医者はヤブ医者で、でたらめな診断だったということがあとでわかった。だが、当のウム・ハマスは「余命10日」を信じ込んでしまい、急に宗教的に信心深い人間に変身。いままでの貯金を全額寄付して、孤児院を建てたりしていたが、「うまくいかなかった人との人間関係を修復することで、天国にいけるのよ」とのウム・アラウィのアドバイスで、天敵のジャミール婆さん、アッガーのところへ行き、関係を修復しようとする。 そうしている間に時は過ぎ、問題の10日目に。 「夢の海外旅行」 ウム・アラウィが、商店街の福引で、ロンドン往復2名様のチケットに当たったことから、当然のように、お金持ちのウム・アラウィがあと2名分を出さされて、4人でロンドンへ夢の海外旅行に行くことに。飛行機に搭乗したまでは良かったが、飛行機の中でひと悶着。ロンドンに着いたら着いたで、地下鉄でまたひと騒動。有名な蝋人形館、公園でもドタバタ珍道中が繰り広げられる。
第4話
キツネちゃん、何しているの? 第4話 昼寝で奇妙な夢を見たビョンヒは、眠りから覚めて周りを見回すと急いで産婦人科に駆けつける。ビョンヒは女医に、先生のアドバイス通りにしたと、妊娠したかどうかわかるかと尋ねる。診療室を出たビョンヒは表情が明るくなって、チョルスの倉庫部屋を訪ねて行く。ビョンヒはわざと深刻な表情で、ワインを開けろと、今日は重要な日だと言う。チョルスは緊張したまま病院に行ってきたかと聞き、チョルスを驚かせようと表情管理したビョンヒは、突然スンヘがドアを叩くと驚いて逃げてしまう。チョルスは、出産を控えたビョンヒが自分の髪を掴んで恐ろしく睨み、スンナムとスンヘが口論する夢を見て飛び起きる。ヌードモデルとの撮影をやっと終えたビョンヒは、ヒミョンの病院に行って騒がしい診療を終えて出てくるピョンガクと出くわす。ヒミョンはビョンヒに回答用紙を差し出しながら、次からはメールで送ればいいと話す。重い気持ちで帰宅したチョルスはビデオ店でビョンヒと出くわし、ビョンヒに子供は自分が責任を取ると言う。
第14話 「家族の絆」/「学校へ行こう」
無料
フリージ 第14話 「家族の絆」/「学校へ行こう」 「家族の絆」  今日はウム・アラウィがいない。「彼女、娘さんと孫が泊まりに来てるから、ここへはこれないのよ。」そこへ、ウム・サルームの息子夫婦がやってきて、「お母さんを家族旅行に連れていきたい。」という。一悶着あったが、結局ウム・サルームは2,3日、家族と過ごすことに。ウム・サイードはウム・ハマスに「結局、友達は、家族以下なのかしら」と愚痴をこぼすが、自分も息子のところに泊まりに行こうと電話をかけ、行ってしまう。しかし、行った先の息子の家には、イタズラ・アブードしかいない。どうやら、アブードの世話を押し付けて、息子夫婦は出かけてしまったようだ。「家族の絆って?」と考える4人のおばあちゃんのお話。 「学校へ行こう」  ウム・サイードは、息子夫婦に新たな子供が生まれそうで、やきもきしている。そこへ、息子から電話で、今日も陣痛があるものの、いつ生まれるかわからないから、「アブードの小学校へ行って、先生と面談してくれ」ということに。しぶしぶ引き受けたウム・サイードは、いつもの4人で小学校へ。国語の先生に「アブードのアラビア語はなっていない。家でもっと読書をさせなさい」と言われてしまう。さらに理科の先生、社会の先生と会ううちに、ウム・サイードは ある結論に至る。