「大坂なおみ 番組」の検索結果

今すぐ視聴する

おすすめの作品

新K-1伝説 #164
新K-1伝説 新K-1伝説 #164 2018年12月8日、K-1の熱狂は大坂へ。2018年を締めくくるエディオンアリーナ大坂大会のメインで対峙するは、武尊と皇治。地元・大坂の大声援を背に、三階級制覇の圧倒的王者である武尊戦にこぎ着けた皇治。皇治のサクセスストーリーここに完結か。両雄がK-1スーパー・フェザー級タイトルをかけて激突する。
新K-1伝説 #153
新K-1伝説 新K-1伝説 #153 9月24日に行われた「K-1 WORLD GP 2018 JAPAN ~初代クルーザー級王座決定トーナメント~」。K-1史上初の三階級制覇した武尊の相手は、“地獄の風車”ダニエル・ピュータス。そしてその武尊と12月の地元・大坂での王座戦を目論む皇治は、スタウロス・エグザコスティディスとの一戦に臨む。
新K-1伝説 #165
新K-1伝説 新K-1伝説 #165 12月8日、エディオンアリーナ大坂で初開催されたK-1で、数々の名勝負を生み出してきたベテランと、驚異のKOシーンを量産する新鋭が激突。スーパー・ライト級のワンマッチは大熱狂の一戦に。“黄金の拳を持つ男”山崎秀晃と、“デモリションマン”安保瑠輝也。それぞれの生き様が交錯する、その衝撃の結末やいかに。
新K-1伝説 #166
新K-1伝説 新K-1伝説 #166 12月8日、K-1エディオンアリーナ大坂大会に4連続KO勝利中のスーパー・バンタム級王者・武居由樹が参戦。ムエタイの強豪、ヨーブアデーン・フェアテックスとの試合は意外な展開に。さらにスーパー・ライト級王座を返上した野杁正明がウェルター級転向初戦に臨む。二階級制覇を目指す新時代の怪物、野杁の標的とは。
新K-1伝説 #167
新K-1伝説 新K-1伝説 #167 12月8日、エディオンアリーナ大坂大会でK-1ライト級世界最強決定トーナメント開幕。一回戦に登場するのは、林健太とニコラス・ギャフィー。篠原悠人とゴンナパー・ウィラサクレック。トーナメント大本命のゴンナパーがその先に見据えるのは、ライト級王者・卜部功也との決着戦。その前に立ちはだかる篠原の秘策とは。
“迷彩”風の新ユニホーム 浮世絵からアイデア
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 “迷彩”風の新ユニホーム 浮世絵からアイデア  東京オリンピックで使用されるサッカー日本代表の新ユニホームが6日、初お披露目です。  2020年東京オリンピックなどの大きな祭典に備えて一新されたサッカー日本代表のユニホーム。コンセプトは「日本晴れ」。迷彩柄にも見える柄。実は、日本伝統の浮世絵からアイデアを得たとのことです。U-22日本代表の遠藤渓太選手(21)が着用モデルとして登壇しました。新ユニホームは今月の代表戦から使用されます。  U-22日本代表・遠藤渓太:「最高の『日本晴れ』ということで、希望に満ちあふれたすごい良いデザインのユニホームだと思います」
“直感的交流”あなたの気持ちを空間で表す新技術
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 “直感的交流”あなたの気持ちを空間で表す新技術  言葉や表情ではなく、「ヒトの内面」を空間で表現しようという最新の技術が公開されました。  NTTドコモと乃村工藝社が開発中の「ヒューマニックドーム」は、脈拍や姿勢などから安心・緊張の度合いを判定して天候で表現します。ヒトの内面が映し出されるため、「言葉や表情によらずに相手の気持ちを理解することができる」ということです。両社は電話やメールなど言葉ではお互いの意図が正しく伝わらないことがあるため、より直感的に内面を理解できるコミュニケーションの実現を目指しているということです。
#16 ゲスト:玉木雄一郎氏(国民民主党代表)、小沢一郎氏(自由党代表)
NewsBAR橋下【毎週木曜よる11時〜】 #16 ゲスト:玉木雄一郎氏(国民民主党代表)、小沢一郎氏(自由党代表) 今回のゲストには、国民民主党代表の玉木雄一郎と共に自由党代表の小沢一郎が緊急参戦! 政権交代について、橋下徹と大激論! ここだけで語る安倍政権の評価は? 橋下徹に政界復帰打診も?! 大注目のテーマが盛りだくさんほろ酔いトークが展開! 『NewsBAR橋下』。ぜひ、お見逃しなく!! 番組公式アカウント @abemanews_barHT
山手線の案内表示「到着まで○分」に変更 評判は?
最新の経済ニュース【随時更新】 山手線の案内表示「到着まで○分」に変更 評判は?  山手線の案内表示を分かりやすくするためとしています。  1日から変更したのは、上野駅と秋葉原駅のホームにある山手線の案内表示です。駅に電車が到着するまでの時間を分単位で示します。  乗客:「そんなに違和感を感じない」「(Q.きょうから山手線変わったが?)見にくいですよね」  JR東日本は順次導入を進め、来年の7月までに山手線の全駅で変更する予定です。
映画上映に懸念 川崎市長「内容に関してではない」
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 映画上映に懸念 川崎市長「内容に関してではない」  川崎市の映画祭で従軍慰安婦をテーマにした映画の公開が市の懸念表明を受けていったん中止された問題で、市長は「懸念表明は内容に関するものではない」と説明しました。  従軍慰安婦をテーマにした映画「主戦場」は、4日まで川崎市麻生区で開かれていた「KAWASAKIしんゆり映画祭」で上映される予定でした。しかし、映画祭を共催する川崎市が映画の一部の出演者が監督らを提訴していることを理由に主催者に懸念を表明し、上映が中止されました。その後、映画関係者らが上映の中止に相次いで抗議を表明し、最終日の4日に主戦場は一転して上映されました。  川崎市・福田紀彦市長:「報道で表現の自由の話、圧力と言われているが、内容について市から一切、言ったことはございません。今回の作品について出演者から上映差し止めを求める訴えがあることに対して懸念を伝えた」  福田市長は会見でこのように述べ、「懸念を伝えた時点では作品の選定段階にあると認識していた。上映することで裁判当事者に影響する懸念を伝えた」としています。