「天皇誕生日」の検索結果

「天皇誕生日」に関する情報は見つかりませんでした。
「天皇」に関する情報を表示しています。

今すぐ視聴する

上皇ご夫妻 京都で孝明天皇陵を拝礼 退位を報告
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 上皇ご夫妻 京都で孝明天皇陵を拝礼 退位を報告  退位後、初の地方訪問として京都市を訪れている上皇ご夫妻は、明治天皇の父・孝明天皇がまつられている陵墓を訪れて拝礼されました。  上皇ご夫妻は12日午前10時、京都市の宿泊先の大宮御所を出発されました。上皇さまは12日の一日、明治天皇の父・孝明天皇と明治天皇の陵墓をそれぞれ訪れて退位したことを報告されます。午前10時半前には孝明天皇陵に隣接する泉涌寺に到着されました。8日の検査で心臓の弁に異常や不整脈が認められた上皇后さまは、グレーのロングドレス姿で孝明天皇陵に向かう階段をゆっくりと上がられました。今回の参拝で退位に伴う一連の行事はすべて終了することになります。上皇ご夫妻は13日、東京に戻られる予定です。
「女性とその子ども」天皇に 立憲が党内議論まとめ
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 「女性とその子ども」天皇に 立憲が党内議論まとめ  立憲民主党は安定的な皇位継承のために女性天皇と女系天皇を可能にする党の方針をまとめました。  立憲民主党は皇位継承について去年7月から議論した内容をまとめ、11日に党で承認しました。安定的な皇位継承のために女性が天皇になることを可能とするだけでなく、女系天皇も認める内容です。さらに男女の区別なく、産まれた順に皇位の継承順位を決めるとしています。一方、国民民主党の玉木代表は女性天皇を認める皇室典範の改正案を今の国会に提出する考えを示しました。女系天皇については国民意識が熟しておらず、結論は時期尚早だとして明記しない方針です。
上皇ご夫妻が大正天皇陵参拝 退位後初の皇室行事
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 上皇ご夫妻が大正天皇陵参拝 退位後初の皇室行事  上皇ご夫妻は武蔵陵墓地で大正天皇陵の参拝に臨まれています。退位後、皇室の行事に出席されるのは初めてです。  上皇ご夫妻は6日午前11時半ごろ、東京・八王子市の武蔵陵墓地に到着されました。「大正天皇山陵に親謁(しんえつ)の儀」は上皇さまの在位中に日程の調整がつかなかった退位の行事の一つで、大正天皇の陵墓「多摩陵」を参拝されます。ご夫妻は12日に京都市にある孝明天皇と明治天皇の陵墓にも参拝されます。また、6日は新たに作られた上皇さまの移動の際に使われる旗「上皇旗」が初めて車に付けられました。
ノーカット版 在位30年 天皇陛下「おことば」
無料
Abema最新NEWSはここでチェック! ノーカット版 在位30年 天皇陛下「おことば」 天皇陛下在位30年記念式典で、「天皇としての務めを行うことができたのは幸せなこと」と、天皇陛下が自らの思いを述べられた。
上皇ご夫妻が京都をご訪問 明治天皇陵などを参拝へ
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 上皇ご夫妻が京都をご訪問 明治天皇陵などを参拝へ  11日から京都を訪問している上皇ご夫妻は12日、明治天皇陵などに参拝して退位の報告をされます。  上皇ご夫妻は11日午後、臨時専用列車で京都駅に入られました。8日の検査で心臓の弁に異常や不整脈が認められた上皇后さまは京都駅に到着した際、上皇さまとともに出迎えた人たちにいつも通り笑顔で応えられていました。京都府によりますと、11日は駅や沿道で約3700人が出迎えたということです。12日は京都市内にある孝明天皇陵と明治天皇陵をそれぞれ参拝し、上皇さまの退位を報告される予定です。
「天皇謝罪」発言を謝罪 韓国議長が日韓関係配慮か
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 「天皇謝罪」発言を謝罪 韓国議長が日韓関係配慮か  韓国の文喜相(ムン・ヒサン)国会議長は鳩山元総理大臣とソウルで会談し、慰安婦問題を巡って天皇陛下の謝罪を求めた発言について初めて謝罪しました。  韓国の国会によりますと、会談で鳩山元総理が「日本人にとって天皇にまで言及することは失礼だと考え得る問題だ」と指摘すると、文議長は「全く同感だ」としたうえで、「心を痛めた方々に申し訳ない」と謝罪したということです。文議長は今年2月、メディアの取材に「日本の総理大臣、または天皇の謝罪が望ましい」と発言し、日本政府による謝罪と発言撤回の要求に強く反発してきました。しかし、今回の謝罪も発言を正式に撤回したものではなく、しこりは残りそうです。
皇后さま、ついつい話がはずみ…天皇陛下が着席促す
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 皇后さま、ついつい話がはずみ…天皇陛下が着席促す  両陛下がクロアチアの議長夫妻と懇談されました。  天皇皇后両陛下は4日午後4時半すぎ、沿道に集まった人に笑顔で手を振りながら皇居に入り、宮殿でクロアチア議会のヤンドロコビッチ議長夫妻との懇談に臨まれました。写真撮影の間、皇后さまが夫人に話し掛けると話が盛り上がり、先に席についた陛下が笑いながら着席を促される場面もありました。今回は陛下お一人の予定でしたが、皇后さまも体調を整えて臨まれたということです。
上皇ご夫妻が京都から帰京 退位の行事すべて終了
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 上皇ご夫妻が京都から帰京 退位の行事すべて終了  退位に伴うすべての行事を終え、東京に戻られました。  退位後初の地方訪問として京都市を訪れていた上皇ご夫妻は2泊3日の日程を終え、13日午後2時ごろに臨時専用列車で東京駅に到着されました。京都では明治天皇陵や孝明天皇陵を訪れ、退位を報告する「親謁(しんえつ)の儀」に臨まれました。これをもち、3月に始まった退位に伴う一連の行事がすべて終了したことになります。京都駅前では見送りに多くの人が集まり、上皇さまは手を振るなどして応えられていました。
両陛下 三笠宮さまの次男・桂宮さまの墓地で拝礼
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 両陛下 三笠宮さまの次男・桂宮さまの墓地で拝礼  天皇皇后両陛下は東京・文京区の豊島岡墓地を訪れ、上皇さまのいとこにあたる桂宮さまの墓地で拝礼されました。  昭和天皇の弟・三笠宮さまの次男で上皇さまのいとこにあたる桂宮さまは、2014年6月8日に66歳で亡くなりました。5年が経った8日、両陛下は桂宮さまの墓地の前で玉串を捧げて深々と拝礼されました。拝礼後は、桂宮さまの母で96歳の百合子さまらに声を掛けられていました。これに先立ち、墓所では「五年式年祭」が行われ、百合子さまのほか、秋篠宮ご夫妻や眞子さま、佳子さまも出席して拝礼されました。
陛下「皆さんとご一緒に」敬語でお言葉…帰宅も案じ
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 陛下「皆さんとご一緒に」敬語でお言葉…帰宅も案じ  天皇皇后両陛下は即位後、初めての地方公務に臨まれた。この週末、愛知県で行われた全国植樹祭に出席された両陛下。集まった人たちに丁寧な言葉で語り掛けるお二人の姿があった。  2日、愛知県で全国植樹祭に出席された天皇皇后両陛下。これが即位後、初の地方公務となる。「参加された」「ご一緒」と敬語で人々に呼び掛けられた天皇陛下。  陛下の敬語は植樹祭前夜にも。宿泊先でちょうちんを揺らして人々が出迎えると窓越しに応えるようにちょうちんが揺れる。そして、明かりがともって両陛下が手を振られた。その後、代読された陛下のお言葉には…。  陛下のお言葉を代読:「皆さんの明かりがとてもきれいでした。遅い時間ですので気を付けてお帰り下さい」  「お帰り下さい」と敬語で人々を案じられた。愛知県にはこれまで療養を続けてきた皇后・雅子さまも同行された。伝統工芸「七宝焼」の施設を陛下と視察された際には、体験学習中の小学生に積極的に話し掛けられた雅子さま。建物を出る際には地元の中学生と部活の話になり、「私もソフトボールをやっていました。ポジションは?」などと話されたという。  そして、2日は障害者の医療施設を訪問された。貼り絵などに取り組む子どもたちに雅子さまは手を取り、身をかがめ、目線を合わせて話し掛けられた。1泊2日の愛知県訪問で雅子さまは陛下とともにすべての行事に出席された。
紀子さまと眞子さま 母娘で琉球舞踊公演鑑賞
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 紀子さまと眞子さま 母娘で琉球舞踊公演鑑賞  秋篠宮妃の紀子さまと長女の眞子さまが天皇陛下の即位を記念した琉球舞踊の公演を鑑賞されました。  紀子さまと眞子さまは2日午後、横浜市西区の横浜能楽堂を訪れ、「大典奉祝の芸能」を鑑賞されました。天皇陛下の即位を記念し、今月と来月の2回に分けて皇室とゆかりの深い琉球舞踊や能楽が上演されます。この日は、上皇さまの琉歌を歌詞に上皇后さまが作曲された「歌声の響」に合わせた創作舞踊などが披露されました。出演者の志田房子さんは、学生時代に琉球舞踊を習われていた紀子さまの指導者でもあり、終了後の懇談で紀子さまは「素晴らしい公演をありがとうございました」と話されていたということです。
両陛下 即位後初の地方公務から帰京
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 両陛下 即位後初の地方公務から帰京  天皇皇后両陛下は愛知県で開かれた「全国植樹祭」に出席し、2日夜、都内に戻られました。  両陛下は2日、愛知県尾張旭市で「第70回全国植樹祭」の式典に出席し、陛下はスギ、皇后さまはシデコブシなど苗木を植樹されました。午後には愛知県岡崎市にある障害者の医療施設を訪問されました。両陛下は体の不自由な子どもらが貼り絵などに取り組む様子を見学し、「工夫されていますね」「きれいにできましたね」などと話し掛けられました。夜には特別機で羽田空港に到着し、1泊2日の日程を終えられました。
上皇ご夫妻が桂宮さまの墓所を参拝
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 上皇ご夫妻が桂宮さまの墓所を参拝  上皇ご夫妻は東京・文京区の豊島岡墓地を訪れ、上皇さまのいとこにあたる桂宮さまの墓所を参拝されました。ご夫妻は9日午前10時すぎ、皇居を出て沿道に集まった人たちに応えながら豊島岡墓地に入られました。  桂宮さまが亡くなり5年目にあたっての参拝で命日の8日は、天皇皇后両陛下が墓所を参拝されました。墓所では、桂宮さまの母の三笠宮妃百合子さまが出迎えられ、ご夫妻は30分ほど滞在されました。また、息切れの症状が出ている上皇后さまは8日午後、宮内庁病院に行かれたということです。
上皇后さま 心臓の弁に異常 経過観察へ
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 上皇后さま 心臓の弁に異常 経過観察へ  宮内庁が上皇后さまの心臓の弁に異常が見つかったことを明らかにしました。  宮内庁によりますと、上皇后さまは8日に宮内庁病院で心臓の検査を受けられた際、中等度の三尖弁(さんせんべん)逆流症と軽度の僧帽弁(そうぼうべん)逆流症、それに不整脈が見つかり、経過観察の必要があるということです。上皇后さまは今年に入って日課の朝の散策の後に息が切れる症状が目立つようになっていました。また、宮内庁は上皇后さまが16日と23日に白内障の手術を受けられることも明らかにしました。数年前より物が見えにくくなっていて、手術が必要だということです。上皇后さまは11日午後から2泊3日の日程で予定通り上皇さまと京都を訪問し、明治天皇陵などを参拝されます。
両陛下が少年合唱団を鑑賞 上皇ご夫妻ゆかりの曲も
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 両陛下が少年合唱団を鑑賞 上皇ご夫妻ゆかりの曲も  天皇皇后両陛下が恒例のウィーン少年合唱団の来日公演を鑑賞し、少年たちの澄んだ歌声に耳を傾けられました。  両陛下は14日午後1時半ごろ、東京・新宿区のコンサートホールに姿を見せ、観客からの大きな歓声と拍手に笑顔で応えられました。お二人はウィーン少年合唱団の来日公演を皇太子ご夫妻時代から度々、鑑賞されていて、お二人そろっての訪問は4年連続となりました。今年は日本とオーストリアの国交樹立150周年で、記念プログラムとして上皇ご夫妻ゆかりの曲「歌声の響」や「ねむの木の子守歌」など20曲以上が披露されました。オペラグラスを使って熱心に鑑賞した両陛下は、公演の後には合唱団のメンバーらと懇談されました。
都内で「北京ウィーク」…友好40周年、五輪繋がりも
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 都内で「北京ウィーク」…友好40周年、五輪繋がりも  東京と北京の友好都市締結40周年を記念し、都内で「北京ウィーク」が始まりました。開幕式には東京都の小池知事や中国の孔鉉佑駐日大使らが出席しました。  東京都・小池百合子知事:「皆様の両都市間の友好促進への長年のご尽力には心から敬意を表したいと存じます」  北京市共産党委員会・蔡奇書記:「同じ五輪都市としてとても光栄に思う」  東京都と北京市は1979年に友好都市の関係を結び、今年で40周年を迎えます。それを記念し、都内では7日から9日まで「北京ウィーク」が開催され、北京の無形文化財を紹介するイベントや、2022年の北京冬季オリンピックの説明会などが開かれます。開幕式には、7日に天皇陛下に信任状を手渡した中国の孔鉉佑新駐日大使も出席しました。
上皇后さま心臓の検査へ 朝の散策後に息切れの症状
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 上皇后さま心臓の検査へ 朝の散策後に息切れの症状  上皇后・美智子さまが血液検査の結果を受け、近く心臓の検査を受けられることが分かった。  宮内庁は上皇后・美智子さまが心不全の診断指標が上昇したため、心臓の検査を行うことを発表した。6日、退位後に初めて皇室行事に出席された上皇ご夫妻。  上皇ご夫妻を沿道で迎えた人:「顔を見ていて、色々、それなりにご苦労がたくさんあったと思って、本当に涙出そうに…」  沿道に集まった人々に手を振って応えられていた上皇后・美智子さま。大正天皇の陵墓に退位したことを報告された上皇ご夫妻。在位中には日程の調整がつかず、退位後に参拝されることになった。  宮内庁によると、上皇后・美智子さまは、2015年6月末に胸痛の症状があったという。今年に入ってから朝の散策後に息が切れる症状が次第に目立ってきたという上皇后・美智子さま。今週初めの血液検査において心不全の診断指標である数値が上昇していたことから、近く宮内庁病院で心臓の検査を受けるという。
丸山穂高議員 “外出騒動”の波紋
無料
みのもんたのよるバズ!【土曜よる8時〜生放送】 丸山穂高議員 “外出騒動”の波紋 今週のよるバズは... ■丸山穂高議員が発した“戦争発言”。維新の会は丸山議員を除名処分とし、野党は辞職勧告決議案を共同提出した。一方、失言による閣僚辞任が相次いだ自民党は「けん責決議案」にとどめた。今後の焦点は与野党2つの決議案のどちらを本会議で採決するかだ。 ■去年、成立した参院定数を6人増やす法律。議員歳費は1人年間7430万円。夏の参院選でまず3人増え、2億2600万円の負担増となる。そこで浮上したのが、参院議員1人1人が月額7万7000円を自主返納するというもの。トータルで年間2億2600万円となる計算だ。提案したのは国民民主党で、与党側は歳費を減額する法案を提出済みだが、議論がまとまらず、自主返納案を容認することに。一方、立憲民主などは、根本的議論がないままでは財源の審議はできないと主張。自主返納案はこれまでの与野党協議では意見がまとまっていない。 ■25日夕方に来日するトランプ大統領。安倍総理はゴルフや大相撲観戦で蜜月ぶりをアピール。国賓として天皇陛下との会見や日米首脳会談、また、28日には、防衛力強化のシンボル・海自の護衛艦「かが」を視察する。これは、南シナ海の軍事拠点化を進める中国をけん制すると同時に、空母に搭載するF35など米製兵器の“爆買い”をアピールしてFTA交渉での強硬策を封じる狙いがあると言われる。今夜も2時間たっぷりお送りします!