「妹 アニメ」の検索結果

今すぐ視聴する

#11 「一人暮らしの兄貴の部屋に妹たちが押しかけるわけがない」
俺の妹がこんなに可愛いわけがない。 #11 「一人暮らしの兄貴の部屋に妹たちが押しかけるわけがない」 家族会議を開催する高坂家。最近あまりにも仲がよすぎる京介と桐乃の関係について母・佳乃は二人に疑いの目を向ける。必死にその場を取り繕おうとする京介と桐乃だったが、父・大介は京介に次の模試でA判定を取るまで一人暮らしをして勉強に集中するよう命じる。
#12 「マジ天使すぎるあやせたんが一人暮らしの俺んちに降臨するわけがない」
俺の妹がこんなに可愛いわけがない。 #12 「マジ天使すぎるあやせたんが一人暮らしの俺んちに降臨するわけがない」 麻奈実の提案で、京介の一人暮らしのアパートにみんなを呼んで引っ越しパーティーを開催することになった。パーティー当日、京介宅に次々といつもの友人たちが集まってくる。そんな中、京介から呼ばれた桐乃も到着したのだが、当然麻奈実と鉢合わせになって…。
#15 「俺の妹がこんなに可愛い」
俺の妹がこんなに可愛いわけがない。 #15 「俺の妹がこんなに可愛い」 クリスマスイブの夜、多くの通行人、黒猫、沙織たちの前で京介は桐乃に思いの丈を伝えた。その後、ビジネスホテルの部屋に戻った二人は今後の関係について相談を始めることに。今度は桐乃から京介への人生相談としてではなく、二人の人生相談として…。
#16 「俺の妹がこんなに可愛いわけがない。」
俺の妹がこんなに可愛いわけがない。 #16 「俺の妹がこんなに可愛いわけがない。」 春の朝、桜の咲く通学路を歩く京介は感慨深く卒業式へと向かう。学校でいつもの友人たちと会話を交わし、寂しさを感じながらも学校をあとにした京介を、桐乃は校門まで迎えに来ていた。桐乃といっしょに家路につく京介だったが、そんな二人の前にある人物が待ち構えていた。
#3 「俺の友達が眼鏡を外すわけがない」
俺の妹がこんなに可愛いわけがない。 #3 「俺の友達が眼鏡を外すわけがない」 サプライズのために訪れた沙織のマンションの入り口で、沙織の部屋番号がわからないことに気づいた京介と、それを責める桐乃と黒猫。そんな3人の前に、お嬢様の気品漂う美少女が登場する。京介たちに気づいた途端、顔を覆い、しゃがみ込んでしまったその少女の声は、彼らのよく聞き覚えのあるものだった。
#4 「俺の妹のライバルが来日するわけがない」
俺の妹がこんなに可愛いわけがない。 #4 「俺の妹のライバルが来日するわけがない」 学校から帰宅した京介が家のドアを開けると、玄関に風呂上がりの全裸の少女が立っていた。動揺する京介だったが、彼女は桐乃の留学していた時のルームメイトで高坂家にホームステイをしにきたリアという少女だった。無邪気にふるまうリアは二人に日本観光に連れて行ってほしいと提案する。
#14 「俺が彼女に告白なんてするわけがない」
俺の妹がこんなに可愛いわけがない。 #14 「俺が彼女に告白なんてするわけがない」 クリスマス直前のある日、京介は思い立ったように家から出た。雪の舞う夕暮れの街を歩く京介は、ある人物に自分の気持ちを伝えることを決心し、走り出した。たどりついた場所で京介を待ちかまえていたのは…。桐乃の人生相談から始まった京介の物語はクライマックスに向け大きく動き出す。果たして京介の選んだ結末とは――
第12.5話「俺の妹の人生相談がこれで終わるわけがない」
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第12.5話「俺の妹の人生相談がこれで終わるわけがない」 桐乃の態度が良くなったことを不審に思う京介。そんなある日、桐乃から「最後の人生相談」を持ちかけられる。それは、深夜販売されるエロゲーを買ってくることだった。首尾よく購入できたが、終電を逃してしまう。京介は、桐乃のため見ず知らずの人に自転車を借り、秋葉原から自宅まで激走する。
#2 「信じて送り出したお兄さんが携帯美少女ゲームにドハマリしてセクハラしてくるようになるわけがない」
俺の妹がこんなに可愛いわけがない。 #2 「信じて送り出したお兄さんが携帯美少女ゲームにドハマリしてセクハラしてくるようになるわけがない」 桐乃の親友・新垣あやせは、携帯美少女ゲームにドハマリして、自分よりもゲームの少女に没頭する桐乃をなんとかしてほしいと、京介に相談を持ちかける。あやせのため、桐乃にゲームを控えるよう説得する京介だったが、その代わりにゲームを桐乃から借り受けることに。試しにゲームを始めた京介だったが…。
第13話「俺の後輩がこんなに腐ってるわけがない」
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第13話「俺の後輩がこんなに腐ってるわけがない」 黒猫は、京介と同じ高校に入学し、後輩となる。人見知りが強い彼女は、クラスで浮いた存在となっていた。そんな様子を心配した京介は、沙織のアドバイスもあり、黒猫と共にゲーム研究会に入部する。そこには、京介の親友・赤城の妹である瀬菜も入部していた。さらに部長と名乗る男は、京介の知る、ある人物だった。
第14話「俺の後輩がこんなに可愛いわけがない」
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第14話「俺の後輩がこんなに可愛いわけがない」 ゲーム研究部に入部した黒猫と瀬菜の仲の悪さを見かねた部長の三浦は、二人に、共同でゲーム制作をするようにと伝える。しかも、作るゲームは1つだけで、黒猫と瀬菜のどちらかの案のみを採用するという。厨二病の黒猫と、腐女子の瀬菜、果たして、二人はどんなゲーム企画を考え、どちらの案が採用となるのだろうか?
第15話「俺の妹がこれで最終回なわけがない」
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第15話「俺の妹がこれで最終回なわけがない」 制作したゲームがネットで酷評され落ち込む瀬菜に対して、次こそは、誰もが面白いと思うゲームを作ろうと提案する黒猫。新たな目標へ向け頑張り始めた黒猫を優しく見守る京介であったが、そんな京介の携帯に、2通のメールが届く。1通は黒猫から、そしてもう1通は、アメリカにいる桐乃からのメールであった。
#12 「エロマンガフェスティバル」
無料
エロマンガ先生 #12 「エロマンガフェスティバル」 正宗と紗霧の新作、『世界で一番可愛い妹』が発売になった。相変わらずお面をかぶって、部屋からの動画配信を続けている紗霧は「ふぇすてぃばる」の幕開けを宣言する。一方、『世界妹』2巻の執筆中にアイデアに詰まった正宗は、紗霧に相談を持ち掛ける。その相談とはなんと、「かわいい妹の、かわいいところが見たいんだ!」――!!?
#1 「妹と開かずの間」
無料
エロマンガ先生 #1 「妹と開かずの間」 ライトノベル作家で生計を立てる高校生・和泉正宗は、一年間部屋に引きこもっている義理の妹・紗霧と二人きりで暮らしていた。ある日、同じクラスの高砂智恵に、自身の小説の挿絵担当でもある正体不明のイラストレーター「エロマンガ先生」が、ネットで正宗を揶揄していたことを聞かされる。「エロマンガ先生」の動画配信の生放送を観ることになった正宗は、そこで「エロマンガ先生」の正体を知ることとなり――!?
第7話 姉妹事情あれこれそれどれ
ゆるゆり♪♪ 第7話 姉妹事情あれこれそれどれ 生徒会次期副会長、大室櫻子とは私のことだー! ……ん? なんか一年前もそんなこと言ってたような……。 よし! 細かいことは気にしないぞ! それより聞いてよ~。うちのねーちゃんと妹が私に厳しくてさ。これはきっと、私のほとばしるびぼうとちせいにしっとしてるに違いないね! しかし、どこの家も姉とか妹ってこんななの? あっ、でも向日葵んとこの楓はすごくできた妹だっけ。姉とは違って! うん、姉とは違って! 楓、私の妹になんない? 向日葵が冷蔵庫の上から三段目の奥の豆腐の陰に隠してるプリンあげるから。
#9 「妹と妖精の島」
無料
エロマンガ先生 #9 「妹と妖精の島」 「名付けて『夏の取材&執筆合宿』!」 エルフの思いつきから、南の島へと旅行に行くことになったラノベ作家たち。山田家所有の豪華な別荘に驚きつつも、一同が羽を伸ばすなか、エルフは正宗に、自分の「彼氏役」を務めるよう言いつける。「取材」を言い訳にして、いつにもまして積極的な彼女が、はしゃぐ笑顔の後ろ手に、隠し持つ本心とは――。
第七話 鬼舞辻無慘
無料
鬼滅の刃 第七話 鬼舞辻無慘 三人に分裂した鬼が炭治郎を追い詰める。そのとき禰豆子が鬼に襲い掛かった。 鬼になってしまった妹は守らなければいけないほど弱い存在ではない――。 意を決した炭治郎は、分裂した鬼のひとりを追い、地面に広がる沼へ飛び込む。沼の中で待ち受けていたものは―。
第十七話 ひとつのことを極め抜け
鬼滅の刃 第十七話 ひとつのことを極め抜け ここには鬼舞辻無惨直属の配下・十二鬼月がいる――。 那田蜘蛛山の母鬼を倒した炭治郎は、妹の禰豆子を人間に戻す手掛かりになる鬼が、この森にいることを知る。 傷だらけの伊之助とともに、ふたりはさらに森の奥へ。 一方、ひとり寂しく森を進む善逸の前に、人面蜘蛛が現れる。
第45話 三姉妹は招くよ! リョウちゃんのスキー天国
シティーハンター 第45話 三姉妹は招くよ! リョウちゃんのスキー天国 会社社長・高円寺の留守中、娘の美子、美穂、美奈子の三姉妹を護衛するよう依頼されるリョウ。高円寺の部下に扮したリョウは、三人と共に雪山の別荘で過ごすことになる。親のいない間に羽を伸ばそうとする三姉妹をリョウは厳しく監視。リョウに反発する三姉妹だが……。
#5 「妹とラノベ企画を創ろう」
エロマンガ先生 #5 「妹とラノベ企画を創ろう」 正宗が書き上げた原稿をきっかけにして、ぎこちないながらも正宗に歩み寄ろうとする紗霧。正宗の鈍感さが仇となり、想いがすれ違う二人だったが、夢への第一歩として、新作を本にするための企画書づくりに取り掛かる。次第に紗霧との共同作業に没頭していく正宗の元に、山田エルフから、一通のメールが届くのだった。その文面は、「助けなさい!いますぐ!」――!?
#7 「妹と世界で一番面白い小説」
無料
エロマンガ先生 #7 「妹と世界で一番面白い小説」 新作の出版を急く正宗は、担当編集者・神楽坂から提示された小説コンペ「ラノベ天下一武闘会」への参加を即決する。しかしそこに居合わせた大人気作家・千寿ムラマサが同じくコンペ参加を申し出、正宗の前に立ちはだかる。正宗たちの夢を「つまらない夢」と呼び、妨げる彼女に、賭けを持ちかける正宗。エルフの助力を受けつつ、改稿作業に取り組む正宗の元を訪れた意外な人物、それは千寿ムラマサその人だった――。
第一話 残酷
無料
鬼滅の刃 第一話 残酷 時は大正。竈門炭治郎は、家族とともに山でつつましくも幸せな日々をおくっていた。 ある日、町で炭を売りに出かけた炭治郎が山に戻ると、家族は鬼に襲われ血だまりの中で絶命していた。 唯一、一命をとりとめていた妹・禰豆子を救うべく、降りしきる雪の中背中に背負い必死に雪山を下りる炭治郎。 その途中、禰豆子は突然唸り声を上げ、炭治郎に襲いかかる。
#11 「二人の出会いと未来の兄妹(ふたり)」
無料
エロマンガ先生 #11 「二人の出会いと未来の兄妹(ふたり)」 合宿から帰宅する正宗。正宗の帰りを喜ぶ紗霧。二人は新作の発売日を迎えることとなる。作品が並ぶ本屋を見に行く道すがら、正宗はタブレット越しの紗霧に小説を書き始めた頃のことを語りはじめる。ある「きっかけ」があって小説にのめり込んだという正宗。同じ頃、登校拒否をしていた紗霧もまた、ある「きっかけ」のおかげで学校に通うようになったのだという。二人の過去と現在を繋いだ、これはその「きっかけ」の話――。
第二話 育手・鱗滝左近次
無料
鬼滅の刃 第二話 育手・鱗滝左近次 炭治郎は冨岡義勇の導きにより、鬼になってしまった妹・禰豆子とともに狭霧山を目指す。 夜の道中、炭治郎はお堂から血の匂いを嗅ぎつける。誰かが怪我をしているのかもしれないと駆け寄ると、なんとそこにいたのは、人を喰らう鬼。 突如、鬼に襲われた炭治郎は、斧でなんとか応戦するが、鬼の圧倒的な力に、たちまち鬼に組み伏せられてしまう。 鬼がとどめを刺そうとしたとき、助けに入ったのは――。
第1話 戦う乙女
無料
戦×恋(ヴァルラヴ) 第1話 戦う乙女 強面な風貌から「アクマ」と呼ばれ、周囲に馴染めない人間恐怖症の高校生亜久津拓真は、一人の少女を助けたことがきっかけで、その少女の9人姉妹と一つ屋根の下で暮らすことに。その9人姉妹とは恋をするほど強くなる戦乙女(ヴァルキリー)だった。
第6話 裸の乙女
戦×恋(ヴァルラヴ) 第6話 裸の乙女 ガルムの攻撃により絶対絶命のピンチに陥る拓真だったが、二葉の助けもあり、何とか七樹と合流することに成功する。一方校内では悪魔スヴァジルファリに襲われた姉妹たちが、七樹の到着を待ちながら格闘していた。拓真と七樹は、戦恋「一糸まとわぬ姿で抱き合って濃厚ディープキス5分間」をクリアし、姉妹たちを救うことができるのか!?
#2 「リア充委員長と不敵な妖精」
エロマンガ先生 #2 「リア充委員長と不敵な妖精」 和泉家を前触れなく訪れた、紗霧のクラスの委員長・神野めぐみ。彼女の目的は「紗霧を学校に連れていく」ことだった。意気込むめぐみの強引さと、話をする気も無いという紗霧の頑とした態度。両者に挟まれ困惑する正宗だったが、紗霧はどんな娘か?というめぐみの問いに対して、本人が聞いているとも知らずにその思いの丈を語りはじめる――。
#3 「全裸の館と堕落の主(あるじ)」
エロマンガ先生 #3 「全裸の館と堕落の主(あるじ)」 和泉家の隣に建つ空き家の洋館は、近所で噂の「幽霊屋敷」だった。その窓に白いドレスの幽霊を見たと言い張るめぐみを正宗は気のせいだと一蹴する。しかし紗霧までもが、隣家からピアノの音が聞こえたと言い出す。怖くて絵が描けないという紗霧のため、洋館に乗り込む正宗。そこで正宗は、意外な人物の衝撃的な姿を目にすることとなる――。
#8 「夢見る紗霧と夏花火」
無料
エロマンガ先生 #8 「夢見る紗霧と夏花火」 「好きな人がいるんだ」 正宗がそう言ってムラマサの告白を断ったと聞き、喜ぶ紗霧。だが不器用な二人の距離は簡単には詰まらない。そんな中、新作の文庫化に向け、泊まり込みの仕事に出掛けて行く正宗と家で一人留守番をすることになる紗霧。二人それぞれに気掛かりなのは、お互いのことと浴衣姿、準備が進む花火大会のこと――。
#10 「和泉マサムネと年下の先輩」
無料
エロマンガ先生 #10 「和泉マサムネと年下の先輩」 山田家の別荘にて、正宗の「お蔵入り小説」を熱心に読むムラマサ。自分の作品を心から好いてくれるムラマサの反応に、正宗も照れながらも嬉しさを隠せない。正宗の提案でその日は仕事をしながら、成り行きで「ムラマサの好きな人」の話題で一同は盛り上がる。変わらぬ恋心を隠しもしないムラマサの、その胸の内で起こっていた変化とは――。