「寺島しのぶ」の検索結果

「寺島しのぶ」に関する情報は見つかりませんでした。
「寺島」に関する情報を表示しています。

今すぐ視聴する

第22話 いよいよプレーボール! 和也VS寺島!
タッチ 第22話 いよいよプレーボール! 和也VS寺島! 予選大会準決勝第2試合。明青高対西条高。試合は和也と寺島の投手戦に突入。和也が三者三振にとると、寺島も明青高の一番と二番を三球三振に取った。そして打席の和也との対決が始まった。
キャストが渋谷生降臨!Paradox Live Opening Show直前特番
【渋谷公開スタジオ】UDAGAWA BASE生放送特番 キャストが渋谷生降臨!Paradox Live Opening Show直前特番 昨年11月に始動した、HIPHOPメディアミックスプロジェクト「Paradox Live」。いよいよ2月12日(水)に1stCDが発売となることを記念したアベマ特番が大決定! 豪華声優陣より梶原岳人、寺島惇太、豊永利行、志麻の4人が渋谷公開スタジオに生降臨!※キャストの生出演はよる8時15分からとなります。 個性的な14人のキャラクターと本格HIPHOP楽曲で注目を集める「Paradox Live」の魅力をアツく語ります! ここでしか聞けないレコーディング裏話も!? 番組内では視聴者の皆さんによる応援ツイートバトル企画も開催予定。 ぜひ一緒に楽しんでください!
#1_1【全編】K-1 WORLD GP 2019 JAPAN ~K-1スーパー・バンタム級世界最強決定トーナメント~ 2019.6.30
K-1 WGP 2019.6.30 ~K-1スーパー・バンタム級世界最強決定トーナメント~ #1_1【全編】K-1 WORLD GP 2019 JAPAN ~K-1スーパー・バンタム級世界最強決定トーナメント~ 2019.6.30 2019年6月30日(日)に両国国技館で開催されたK-1 WORLD GP 2019 JAPAN ~K-1スーパー・バンタム級世界最強決定トーナメント~をAbemaTVにて配信! プレリミナリーファイト/ -53kg契約/藤田和希 vs 多久田和馬 プレリミナリーファイト/ K-1スーパー・ライト級/迅也 vs 寺島輝 K-1 WORLD GP 2019 K-1スーパー・バンタム級世界最強決定T・リザーブファイト/小倉 尚也 vs 林 勇汰 第1試合/ K-1 WORLD GP 2019 K-1スーパー・バンタム級世界最強決定T・一回戦(1)/玖村 将史 vs ペッパンガン・モー.ラタナバンディット 第2試合/K-1 WORLD GP 2019 K-1スーパー・バンタム級世界最強決定T・一回戦(2)/晃貴 vs サンベル・ババヤン 第3試合/ K-1 WORLD GP 2019 K-1スーパー・バンタム級世界最強決定T・一回戦(3)/武居 由樹 vs アレックス・リーバス 第4試合/ K-1 WORLD GP 2019 K-1スーパー・バンタム級世界最強決定T・一回戦(4)/玖村 修平 vs サデック・ハシミ 第5試合/ K-1フェザー級/小澤 海斗 vs 鷹大 第6試合/ スーパーファイト/K-1ライト級/大沢 文也 vs 里見 柚己 第7試合/ K-1スーパー・フェザー級/小宮山 工介 vs レオナ・ペタス 第8試合/ K-1スーパー・フェザー級/大岩 龍矢vs 芦澤 竜誠
#2 青ちゃんは上手に断れない
みだらな青ちゃんは勉強ができない #2 青ちゃんは上手に断れない リア充王の木嶋に告白されてしまった青ちゃん。動揺のあまり何も手につかなくなり、出した結論が「お断り」。 だが、木嶋のアレやコレやが気になって仕方がない。特に女子が苦労すると知ってからは、アレの大きさが心配だ。 何とか手を尽くして、木嶋の大きさを知ろうとする。
#3 青ちゃんは下半身が守れない
みだらな青ちゃんは勉強ができない #3 青ちゃんは下半身が守れない 学習塾の特訓に参加するつもりが、父の反対で、高校の課外実習に送り込まれてしまった青ちゃん。 クラスメイトは勉強もせず、あんな不埒なことやこんな破廉恥なことをするのだろうと警戒しながら参加する。 もちろん、木嶋の誘惑も拒否しなくてはならない。
#4 雅ちゃんは負けたくない
みだらな青ちゃんは勉強ができない #4 雅ちゃんは負けたくない ある日、堀江家のポストに木嶋が美少女と同衾している写真が投げ込まれた。 木嶋はやっぱりリア充王のクズだったと知って、青ちゃんはやけ食いに走る。 そこに現れたのが、写真の美少女で尚かつ青ちゃんの小学校時代のクラスメイト、高岡雅ちゃんだった。雅は合コンで木嶋にお持ち帰りされたと言う。
#5 青ちゃんは童貞を導けない
みだらな青ちゃんは勉強ができない #5 青ちゃんは童貞を導けない 雅と木嶋がホテルに入るところを目撃してしまう青ちゃん。 お風呂に入りながら悶々としていると、突然、木嶋が現れた。実は、のぼせた青ちゃんを、釈明に訪れた木嶋が助けてくれたのだ。 青ちゃんは、木嶋にホテルでは何もなかったこと、実は童貞であることを告白されて固まる。
#6 木嶋くんはもう待てない
みだらな青ちゃんは勉強ができない #6 木嶋くんはもう待てない 原稿待ちの担当編集、矢部総一郎をねぎらうため、青ちゃんは取材を手伝うことにした。 2人が向かったのは、近くの公園で行われているミート・フェスだ。ありとあらゆる肉が安価に食べられて、まさに酒池肉林。 ところが、そこで雅と木嶋が仲良くアルバイトをしていた。しかも木嶋は雅を呼び捨てにしている。
#7 青ちゃんは海でもかまわない
みだらな青ちゃんは勉強ができない #7 青ちゃんは海でもかまわない 青ちゃんは海の近くのホテルで行われる学習塾の勉強会にやってきた。受付までに時間があり、会場付近の海辺を散策していると、木嶋たちとばったり。おまけに、海の家でバイトしている雅も登場。 受付開始まで一緒に遊ぶことになる青ちゃんだが、初めての経験におろおろ。
#8 木嶋くんは精力が足りない
みだらな青ちゃんは勉強ができない #8 木嶋くんは精力が足りない 男はいやらしいものという青ちゃんの哲学を裏切り続ける木嶋。 青ちゃんは、いっそのこと木嶋が野獣化してくれないかと考える。そうすれば、はっきりと拒絶することができるからだ。 そこで、あえて木嶋をコーフンさせる計画を錬り始める。
#9 青ちゃんは妄想じゃ足りない
みだらな青ちゃんは勉強ができない #9 青ちゃんは妄想じゃ足りない 木嶋のせいで勉強ができないと言ってしまった青ちゃん。 悶々としていると、矢部が家庭教師を買って出てくれた。しかし、勉強中も思い浮かぶのは木嶋のことばかり。 一方、木嶋は木嶋で、青ちゃんの大学進学という夢を知っているだけに反省しきり。
#10 お父さんは応援できない
みだらな青ちゃんは勉強ができない #10 お父さんは応援できない 体育祭の季節がやってきた。青ちゃんは、応援団で学ラン姿の木嶋が見れると内心楽しみで仕方がない。 ところが父も、体育祭を見学したいと言い出した。 中学校の時、体育祭に現れた父は著作を配るわお母さん連中に取り囲まれるわの悪夢を思い出し、許すわけにはいかない。
#11 青ちゃんはツルツルパンツがはけない
みだらな青ちゃんは勉強ができない #11 青ちゃんはツルツルパンツがはけない 木嶋が勉強会をやりたいと言い出した。青ちゃんはいよいよその時が来たかと覚悟する。 ネットであるものを手に入れて準備万端、何があっても大丈夫、と木嶋を部屋に迎え入れる。 ところが、木嶋は本当に勉強が目的だったようで、全然Hな雰囲気にならない。
第二十四番 夢の続き
火ノ丸相撲 第二十四番 夢の続き 互角の戦いを繰り広げる久世と火ノ丸。幼少の頃から孤高に相撲の技を磨いてきた久世と、生まれ持った体格のハンデを乗り越えて戦い続けた火ノ丸は、戦いを通じて互いの強さを認め合い、そして己の全てをぶつけ合う。
#1 青ちゃんは青春ができない
みだらな青ちゃんは勉強ができない #1 青ちゃんは青春ができない 渋谷の高校に通う堀江青の父親は、超有名な官能小説家だ。 そのため青ちゃんはHな知識だけは豊富で、オトコと恋愛に嫌悪感を抱いている。 クラスメイトからは近寄りがたいと思われているが意に介さず、夢のひとり暮らし実現のため、受験勉強に励む。 ところが、木嶋という男子だけがやたらと青ちゃんに話しかけてくる。
#12 青ちゃんは勉強ができない
みだらな青ちゃんは勉強ができない #12 青ちゃんは勉強ができない 雅から、木嶋とキスしたか聞かれる青ちゃん。とんでもないと即答する青ちゃんだが、木嶋の気持ちがわからず不安になってくる。 本当はしたいのに必死で我慢をしているのか、それとも本当にしたくないのか。 木嶋が青ちゃんの勉強のために我慢していると知って、青ちゃんは自分も木嶋とキスしたいと思っていることに気づく。
第二話 祝言
胡蝶綺 ~若き信長~ 第二話 祝言 信長の縁談が決まった。相手は美濃の斎藤道三の愛娘・帰蝶。美濃との同盟を結び国力を強めることが狙いだったが、蝮と呼ばれる道三のほうには、尾張を取り込む狙いがあった。天女のごとく美しいと噂される帰蝶の顔を拝もうと、一足先に池田恒興を伴って美濃に潜入した信長は、野伏に襲われ窮地に陥ってしまう。そこに現れたのは、忍び装束に身を包んだ一人の美しい忍びだった。
第三話 父と子
胡蝶綺 ~若き信長~ 第三話 父と子 信長の父・信秀が病に伏し、家臣たちにも不安が広がっていた。うつけの嫡男では織田家の行く末が不安だとする家臣もいた。信長は、万が一の時には父を立派に見送ろうと、弟・信勝と誓い合う。そんなある日、織田家を裏切る者の存在が明らかになった。その事実を受け入れられず、たしなめる恒興を遠ざけて鬱々とした気持ちで過ごす信長。そして、信秀が逝去するが……。
第四話 爺の想い
胡蝶綺 ~若き信長~ 第四話 爺の想い 若い頃は信長の父・信秀の右腕として戦場を駆けた槍の名手・平手政秀。政治手腕も優れていた彼は、信秀亡き後、信長の力強い支えでもあった。信長の弟・信勝に家督を継がせたい家臣たちにとって厄介な存在である平手を追い出そうと、林秀貞と通具の兄弟が画策するが、なかなかうまくいかない。清洲の本家と不穏な関係になりつつある中、病を隠していた政秀が倒れる。
第五話 会見
胡蝶綺 ~若き信長~ 第五話 会見 信長の妻・帰蝶はかつては実父・斎藤道三に忍の村に里子に出され、忍びとして父のために働いてきた。信長の命を狙うために織田家に嫁いできたが、今では信長の元で新たな生きがいを得て暮らしている。その帰蝶の父である道三より、信長に会見の申し込みが舞い込んだ。道三の嫡男・義龍は、父が信長を取り立てることを恐れて策略を巡らせるが……。
第六話 清洲
胡蝶綺 ~若き信長~ 第六話 清洲 末森城を守る弟の信勝となかなか顔を合わせる機会のない信長。手紙を送っても返事が無い。尾張を狙う今川義元を撃退するために出陣した際も、信長が援軍を求めたものの信勝は動かない。兄の力になりたい信勝を足止めしていたのは母である土田御前だった。そんな折、本家である清洲が今川と通じていることが明らかになる。
第七話 愛と死
胡蝶綺 ~若き信長~ 第七話 愛と死 清洲城の戦いで信長の窮地を救った信勝。しかし、柴田勝家ら周囲の家臣たちや母・土田御前が信長に対する不信感を露わにしており、兄に手紙さえ出せない日々を送っていた。心を痛める信勝の影で、新参の家臣・津々木蔵人は兄弟を対立させようと暗躍する。あるとき、弟の秀孝が恒興と交流があることを知った信勝は、密かに信長への手紙を託すのだが……。
第八話 信勝
胡蝶綺 ~若き信長~ 第八話 信勝 信長が秀孝の弔い合戦に参加しなかったことを裏切者だと断じた信勝。兵を挙げ、信長追放に立ち上がる。それを知った信長は激しく動揺し信勝に会いに行こうとするものの、恒興に「感傷は不要」と一蹴される。信勝の家臣・津々木は農民たちを買収して兵に加え、信勝軍の兵は1700となった。対する信長軍の兵は700。信長が圧倒的に不利な状況での戦いの始まりだった。
第九話 別離
胡蝶綺 ~若き信長~ 第九話 別離 信長に敗れ、失意の日々を送る信勝。しかし家臣である津々木は諦めておらず、次なる手を講じていた。しばらくして、領内の緑ヶ池に牛を飲み込むほどの大蛇が現れるという噂が広まる。民が怯えるのを放っておけぬと、大蛇を捕まえるために池を訪れた信長の前に津々木が現れた。信勝の命で大蛇を捕まえにきたという言葉を聞いて、うれしく思う信長だったが……。
第十話 兄と弟
胡蝶綺 ~若き信長~ 第十話 兄と弟 織田家から姿を消してから数日後、信長の元を吉乃が訪れる。吉乃の言葉に驚きうなだれる信長だった。いっぽう末森城では、ここしばらく信勝に目通りがかなわなかった林秀貞や柴田勝家ら家臣一同が集められ、軍議が行われる。津々木が講じた卑怯な策には賛同できないとする柴田。しかし、その後信勝からある頼みごとをされ、軍を率いる役目を受けることとなった。
第十一話 上洛
胡蝶綺 ~若き信長~ 第十一話 上洛 尾張の守護である斯波義銀は信長の庇護下にあり、その実権は事実上信長に移っていた。また岩倉城も手中に収め、尾張を統一したといえる信長。しかし、義銀は自分の処遇に不満を募らせており、信勝を失った悲しみが癒えぬ信長に新たな裏切りの手が忍び寄っていた。そんななか、同朋衆の捨阿弥という僧侶が持ち込んだ香を嗅いだ信長が倒れるという事件が起こる。
第三番 草薙剣
火ノ丸相撲 第三番 草薙剣 監督として加入した辻 桐仁(つじ・きりひと)は、全国大会を目指すための第一歩として、関東最強の栄華大附属高校との練習試合を決行する。桐仁に未だ半信半疑な部員達だったが、言われるがまま栄華大へ向かう。そこにはかつて火ノ丸の前に大きく立ちはだかったライバル、国宝・草薙=久世草介(くぜ・そうすけ)がいた。
第六番 魁!!柴木山部屋
火ノ丸相撲 第六番 魁!!柴木山部屋 柴木山部屋での特訓を行うことになった火ノ丸。しかし力士達はあまりにも小さな火ノ丸をまともに扱うことはなかった。しかし火ノ丸は、高校生離れした実力をプロの力士達に見せつけ、力づくで力士として認めさせた。緩んだ雰囲気は一気に引き締まり、稽古も白熱する中、それを影から見つめる不気味な視線が・・・。
第九番 鬼と月
火ノ丸相撲 第九番 鬼と月 激しい緊張感の中、2人の国宝「鬼丸国綱」と「三日月宗近」の大将戦の火ぶたが切って落とされた。火ノ丸は沙田の身のこなしに苦戦を強いられ、これまで磨いてきた「鬼車」も「鬼嵐」も封じられる。二点同時攻撃の「百鬼薙ぎ」を繰り出すも、反対に沙田の鋭い「双月」が火ノ丸の身体をついに捕えた。
第十四番 インターハイ開幕
火ノ丸相撲 第十四番 インターハイ開幕 小関の度胸試しと偵察を兼ねて金沢北高に乗り込む千比路、小関、堀の3人。対する北高の主将・相沢は3人を相手にせず、「伝統が無く、歴史が浅い」とダチ校相撲部を批判し、ショックを受ける小関であったが…。一方、柴木山親方に稽古をつけてもらった蛍は、監督として稽古を見守っていた桐仁にある想いをぶつける。