「将棋」の検索結果

今すぐ視聴する

『藤井聡太六段 vs 佐々木大地四段(大盤解説:中田功七段、豊川孝弘七段)』
無料
こどもの日 QTnet 将棋Day 公開対局 『藤井聡太六段 vs 佐々木大地四段(大盤解説:中田功七段、豊川孝弘七段)』 解説:中田功七段、豊川孝弘七段による大盤解説付き
[西の王子対決]斎藤慎太郎王座 VS 山崎隆之八段
無料
こどもの日 QTnet 将棋Day 公開対局 [西の王子対決]斎藤慎太郎王座 VS 山崎隆之八段 解説:深浦康市九段、中田功八段、豊川孝弘七段、田村康介七段による大盤解説付き,聞き手:武富礼衣女流初段
第6局 佐藤康光九段戦
藤井聡太四段 炎の七番勝負 第6局 佐藤康光九段戦 天才中学生棋士・藤井聡太四段がトップ棋士7人に挑む炎の七番勝負。第6局の相手は日本将棋連盟会長で永世棋聖の称号を持つ佐藤康光九段。14歳の天才中学生が将棋連盟の総帥に挑む前代未聞の対局。藤井はどんな戦いを見せるのか。
#1 楽屋で一局 10秒将棋
楽屋で一局 #1 楽屋で一局 10秒将棋 棋士たちの素顔に迫る「楽屋で一局」! 公式戦の中継番組を終えた棋士たちが、楽屋に戻ったところで待ち受けていたのは「10秒将棋」 一手10秒の超早指し戦の対局は、人気女流棋士の室谷由紀女流二段と中村桃子女流初段。 時間に追われる中、必死の指し手の応酬だけで無く、互いに飛び出すトークも必見。 普段見せることのない、棋士たちの素顔がわかる楽しい番組です。
第2回 侍”秋の陣
侍” 第2回 侍”秋の陣 将棋イベント「侍”秋の陣」 侍を超える「侍”(ざむらい)」のプロ棋士8名が参加。 トーナメントで優勝を争うが、ここでは、なんとその対局の真横や周りにファンたちが座る。 棋士たちの息づかいや真剣勝負の迫力を肌で感じてもらうことがこのイベントの趣旨。 対局以外にも、爆笑トークショーやファンとのフリートーク、8人の棋士全員との指導対局など、盛りだくさん。 このイベントのためだけに用意された棋士たちの超レアグッズも...。 将棋の楽しさだけでなく、棋士たちの素顔が垣間見られる貴重なイベントの様子をご紹介します。
第77期 順位戦 C級1組 第11回戦 最終四局同時生中継!藤井聡太七段昇級なるか!? 1/2
第77期 名人戦・順位戦 第77期 順位戦 C級1組 第11回戦 最終四局同時生中継!藤井聡太七段昇級なるか!? 1/2 藤井聡太七段登場!C級1組順位戦最終対局!現在8勝1敗で、近藤誠也五段、杉本昌隆八段、船江恒平六段、藤井聡太七段、の4名が並んでいる。B級2組への昇級をかけて史上初の東西将棋会館四局同時生中継!関西将棋会館で行われている藤井聡太七段VS都成竜馬五段、船江恒平六段VS金井恒太六段の2局を生中継!東京将棋会館行われている杉本昌隆八段VS千葉幸生七段、近藤誠也五段VS増田康宏六段の2局を生中継。藤井聡太七段は本日昇級を決め、このまま名人戦への道を歩んでいくか。また本日は師弟同時昇級は起きるのか!?日本中が大注目の一戦!藤井七段が昇級するためには本局の勝利が絶対条件となる。また師弟そろって昇級するためには、杉本八段が勝利し、近藤五段、船江六段が負けた場合に起こり得る。 順位戦はフリークラスを除いた棋士をA級からC級2組の5つの組に分けてリーグ戦を行います。A級同率首位の棋士が複数出た場合は同率の棋士全員によるプレーオフとなります。名人とA級優勝者が、例年4月から7月にかけて七番勝負を行います。名人戦とは、将棋界で最も格式と歴史のある「名人」のタイトル称号を懸けて行われる七番勝負。名人戦の予選は順位戦と呼ばれ、A級順位戦の優勝者が挑戦者となります。 ※この番組は2019年3月5日に放送された番組です。
第77期 順位戦 C級1組 第11回戦 最終四局同時生中継!藤井聡太七段昇級なるか!? 2/2
第77期 名人戦・順位戦 第77期 順位戦 C級1組 第11回戦 最終四局同時生中継!藤井聡太七段昇級なるか!? 2/2 藤井聡太七段登場!C級1組順位戦最終対局!現在8勝1敗で、近藤誠也五段、杉本昌隆八段、船江恒平六段、藤井聡太七段、の4名が並んでいる。B級2組への昇級をかけて史上初の東西将棋会館四局同時生中継!関西将棋会館で行われている藤井聡太七段VS都成竜馬五段、船江恒平六段VS金井恒太六段の2局を生中継!東京将棋会館行われている杉本昌隆八段VS千葉幸生七段、近藤誠也五段VS増田康宏六段の2局を生中継。藤井聡太七段は本日昇級を決め、このまま名人戦への道を歩んでいくか。また本日は師弟同時昇級は起きるのか!?日本中が大注目の一戦!藤井七段が昇級するためには本局の勝利が絶対条件となる。また師弟そろって昇級するためには、杉本八段が勝利し、近藤五段、船江六段が負けた場合に起こり得る。 順位戦はフリークラスを除いた棋士をA級からC級2組の5つの組に分けてリーグ戦を行います。A級同率首位の棋士が複数出た場合は同率の棋士全員によるプレーオフとなります。名人とA級優勝者が、例年4月から7月にかけて七番勝負を行います。名人戦とは、将棋界で最も格式と歴史のある「名人」のタイトル称号を懸けて行われる七番勝負。名人戦の予選は順位戦と呼ばれ、A級順位戦の優勝者が挑戦者となります。 ※この番組は2019年3月5日に放送された番組です。
第77期 順位戦 C級1組 第1回戦 森下卓九段 対 藤井聡太七段 1/2
第77期 名人戦・順位戦 第77期 順位戦 C級1組 第1回戦 森下卓九段 対 藤井聡太七段 1/2 フリークラスを除いた棋士をA級からC級2組の5つの組に分けてリーグ戦を行います。A級同率首位の棋士が複数出た場合は同率の棋士全員によるプレーオフとなります。名人とA級優勝者が、例年4月から7月にかけて七番勝負を行います。名人戦とは、将棋界で最も格式と歴史のある「名人」のタイトル称号を懸けて行われる七番勝負。名人戦の予選は順位戦と呼ばれ、A級順位戦の優勝者が挑戦者となります。 ※この番組は2017年7月20日に放送されたものです
第77期 順位戦 C級1組 第1回戦 森下卓九段 対 藤井聡太七段 2/2
第77期 名人戦・順位戦 第77期 順位戦 C級1組 第1回戦 森下卓九段 対 藤井聡太七段 2/2 フリークラスを除いた棋士をA級からC級2組の5つの組に分けてリーグ戦を行います。A級同率首位の棋士が複数出た場合は同率の棋士全員によるプレーオフとなります。名人とA級優勝者が、例年4月から7月にかけて七番勝負を行います。名人戦とは、将棋界で最も格式と歴史のある「名人」のタイトル称号を懸けて行われる七番勝負。名人戦の予選は順位戦と呼ばれ、A級順位戦の優勝者が挑戦者となります。 ※この番組は2017年7月20日に放送されたものです
第77期 順位戦 A級 第2回戦 羽生善治竜王 対 深浦康市九段 1/2
第77期 名人戦・順位戦 第77期 順位戦 A級 第2回戦 羽生善治竜王 対 深浦康市九段 1/2 フリークラスを除いた棋士をA級からC級2組の5つの組に分けてリーグ戦を行います。A級同率首位の棋士が複数出た場合は同率の棋士全員によるプレーオフとなります。名人とA級優勝者が、例年4月から7月にかけて七番勝負を行います。名人戦とは、将棋界で最も格式と歴史のある「名人」のタイトル称号を懸けて行われる七番勝負。名人戦の予選は順位戦と呼ばれ、A級順位戦の優勝者が挑戦者となります。 ※この番組は2018年8月8日に放送されたものです
第77期 順位戦 A級 第2回戦 羽生善治竜王 対 深浦康市九段 2/2
第77期 名人戦・順位戦 第77期 順位戦 A級 第2回戦 羽生善治竜王 対 深浦康市九段 2/2 フリークラスを除いた棋士をA級からC級2組の5つの組に分けてリーグ戦を行います。A級同率首位の棋士が複数出た場合は同率の棋士全員によるプレーオフとなります。名人とA級優勝者が、例年4月から7月にかけて七番勝負を行います。名人戦とは、将棋界で最も格式と歴史のある「名人」のタイトル称号を懸けて行われる七番勝負。名人戦の予選は順位戦と呼ばれ、A級順位戦の優勝者が挑戦者となります。 ※この番組は2018年8月8日に放送されたものです
第7局 羽生善治三冠戦
藤井聡太四段 炎の七番勝負 第7局 羽生善治三冠戦 天才中学生棋士・藤井聡太四段がトップ棋士7人に挑む炎の七番勝負。第7局の相手は将棋界の頂点に君臨する羽生善治三冠。かつて羽生も中学生棋士としてプロデビュー、トップの地位を守り続けてきた。天才vs天才、究極のラストバトル。
第76期 名人戦七番勝負 第五局 1・2日目 佐藤天彦名人 対 羽生善治竜王 1/2
名人戦・順位戦 第76期 名人戦七番勝負 第五局 1・2日目 佐藤天彦名人 対 羽生善治竜王 1/2 佐藤天彦名人に挑戦する第76期将棋名人戦の挑戦者は、空前絶後の6者プレーオフで関西若手四天王に勝利した羽生善治竜王に決定! 佐藤天彦名人、三度目の防衛なるか? はたまた、羽生竜王、名人位で通算タイトル数100期の偉業なるか。 ※この番組は2018年5月29、30日に放送されたものです
第76期 名人戦七番勝負 第五局 1・2日目 佐藤天彦名人 対 羽生善治竜王 2/2
名人戦・順位戦 第76期 名人戦七番勝負 第五局 1・2日目 佐藤天彦名人 対 羽生善治竜王 2/2 佐藤天彦名人に挑戦する第76期将棋名人戦の挑戦者は、空前絶後の6者プレーオフで関西若手四天王に勝利した羽生善治竜王に決定! 佐藤天彦名人、三度目の防衛なるか? はたまた、羽生竜王、名人位で通算タイトル数100期の偉業なるか。 ※この番組は2018年5月29、30日に放送されたものです
第76期 名人戦七番勝負 第六局 1・2日目 佐藤天彦名人 対 羽生善治竜王 2/2
名人戦・順位戦 第76期 名人戦七番勝負 第六局 1・2日目 佐藤天彦名人 対 羽生善治竜王 2/2 佐藤天彦名人に挑戦する第76期将棋名人戦の挑戦者は、空前絶後の6者プレーオフで関西若手四天王に勝利した羽生善治竜王に決定! 佐藤天彦名人、三度目の防衛なるか? はたまた、羽生竜王、名人位で通算タイトル数100期の偉業なるか。 ※この番組は2018年6月19、20日に放送されたものです
第77期 順位戦 A級 第7回戦 羽生善治九段 対 三浦弘行九段 1/2
第77期 名人戦・順位戦 第77期 順位戦 A級 第7回戦 羽生善治九段 対 三浦弘行九段 1/2 羽生善治九段登場!残る3戦となった、今期の順位戦。羽生九段は現在2位につけ、仮に残り3連勝すれば名人挑戦が決まる!世界中の将棋ファンは名人戦でタイトル通算100期、というドラマを求めていることだろう。対する三浦弘行九段、はやはり思い出されるのが当時羽生七冠の一角を崩した男としての強さはまだ根強い。A級在籍常連として名人挑戦の可能性をつなぐ。 順位戦はフリークラスを除いた棋士をA級からC級2組の5つの組に分けてリーグ戦を行います。A級同率首位の棋士が複数出た場合は同率の棋士全員によるプレーオフとなります。名人とA級優勝者が、例年4月から7月にかけて七番勝負を行います。名人戦とは、将棋界で最も格式と歴史のある「名人」のタイトル称号を懸けて行われる七番勝負。名人戦の予選は順位戦と呼ばれ、A級順位戦の優勝者が挑戦者となります。 ※この番組は2019年1月11日に放送されたものです
第77期 順位戦 A級 第7回戦 羽生善治九段 対 三浦弘行九段 2/2
第77期 名人戦・順位戦 第77期 順位戦 A級 第7回戦 羽生善治九段 対 三浦弘行九段 2/2 羽生善治九段登場!残る3戦となった、今期の順位戦。羽生九段は現在2位につけ、仮に残り3連勝すれば名人挑戦が決まる!世界中の将棋ファンは名人戦でタイトル通算100期、というドラマを求めていることだろう。対する三浦弘行九段、はやはり思い出されるのが当時羽生七冠の一角を崩した男としての強さはまだ根強い。A級在籍常連として名人挑戦の可能性をつなぐ。 順位戦はフリークラスを除いた棋士をA級からC級2組の5つの組に分けてリーグ戦を行います。A級同率首位の棋士が複数出た場合は同率の棋士全員によるプレーオフとなります。名人とA級優勝者が、例年4月から7月にかけて七番勝負を行います。名人戦とは、将棋界で最も格式と歴史のある「名人」のタイトル称号を懸けて行われる七番勝負。名人戦の予選は順位戦と呼ばれ、A級順位戦の優勝者が挑戦者となります。 ※この番組は2019年1月11日に放送されたものです
楽屋で一局 フリートーク
楽屋で一局 楽屋で一局 フリートーク 棋士たちの素顔に迫る「楽屋で一局」シリーズ 公式戦の中継番組を終えた棋士たちが、楽屋に戻ったところで待ち受けていたのは... 室谷女流二段、中村桃子女流初段と、藤井猛九段、野月浩貴八段によるフリートーク。 一斉に出された詰め将棋で正解・回答が最後になった人にトークのお題が出され、強制的に答えなくてはならないというシステム。 対局中の食事の事、嫌いな対局相手のこと、プロになった時のことなど、爆笑秘話が満載!普段見せることのない、棋士たちの素顔がわかる楽しい番組です。
第30期 竜王戦 決勝トーナメント 増田康宏四段 対 藤井聡太四段 1/2
竜王戦 第30期 竜王戦 決勝トーナメント 増田康宏四段 対 藤井聡太四段 1/2 彗星の如く現れた天才棋士、藤井聡太四段登場!史上最年少の14歳2か月でプロデビュー、最年少棋士記録を62年ぶりに更新した!デビュー初勝利で公式戦勝利の最年少記録を更新、14歳5ヶ月!その後連勝を続け、藤井聡太四段が勝つ度に日本中が沸き立ち社会現象を呼び起こす。そして遂に歴代記録と並ぶ28連勝を達成し、本局で前人未到歴代最多勝記録の29連勝をかけて竜王戦の決勝トーナメントの舞台に立つ!勝てばデビューから負けなし29連勝で記録を塗り替えるため、日本中が大注目する一局となる!対するは、元最年少棋士でこちらも天才増田康宏四段!竜王戦5組優勝者として負けるわけにはいかない。本局は将来将棋界を振り返る時の伝説的な対局になることであろう。歴史の証人として、日本が発信する将棋文化の語り部として必見中の必見の対局! 第30期竜王戦は、全棋士と女流棋士4名・奨励会員1名・アマチュア5名で行われる。1組から6組に分けてトーナメント戦を行い、各組の上位者の計11名で挑戦者決定トーナメントを行い、渡辺明竜王への挑戦者を決める。例年10月から12月にかけて竜王と挑戦者が七番勝負を行う。増田康宏四段 対 藤井聡太四段 ※この番組は2017年6月27日に放送されたものです ※段位は対局当時のものです
第30期 竜王戦 決勝トーナメント 増田康宏四段 対 藤井聡太四段 2/2
竜王戦 第30期 竜王戦 決勝トーナメント 増田康宏四段 対 藤井聡太四段 2/2 彗星の如く現れた天才棋士、藤井聡太四段登場!史上最年少の14歳2か月でプロデビュー、最年少棋士記録を62年ぶりに更新した!デビュー初勝利で公式戦勝利の最年少記録を更新、14歳5ヶ月!その後連勝を続け、藤井聡太四段が勝つ度に日本中が沸き立ち社会現象を呼び起こす。そして遂に歴代記録と並ぶ28連勝を達成し、本局で前人未到歴代最多勝記録の29連勝をかけて竜王戦の決勝トーナメントの舞台に立つ!勝てばデビューから負けなし29連勝で記録を塗り替えるため、日本中が大注目する一局となる!対するは、元最年少棋士でこちらも天才増田康宏四段!竜王戦5組優勝者として負けるわけにはいかない。本局は将来将棋界を振り返る時の伝説的な対局になることであろう。歴史の証人として、日本が発信する将棋文化の語り部として必見中の必見の対局! 第30期竜王戦は、全棋士と女流棋士4名・奨励会員1名・アマチュア5名で行われる。1組から6組に分けてトーナメント戦を行い、各組の上位者の計11名で挑戦者決定トーナメントを行い、渡辺明竜王への挑戦者を決める。例年10月から12月にかけて竜王と挑戦者が七番勝負を行う。増田康宏四段 対 藤井聡太四段 ※この番組は2017年6月27日に放送されたものです ※段位は対局当時のものです
▲近藤五段 vs △藤井七段 角換わり ラストはお互い5秒将棋!形勢を大逆転させる藤井七段の玉逃げ!
第1回AbemaTVトーナメントinspired by羽生善治 ▲近藤五段 vs △藤井七段 角換わり ラストはお互い5秒将棋!形勢を大逆転させる藤井七段の玉逃げ! AbemaTVトーナメントの対局シーンのみを一局ずつノンストップで放送!初手から終局まで、一瞬も見逃せない超早指し戦を振り返ろう!
第77期 順位戦 B級2組 第1回戦 永瀬拓矢七段 対 横山泰明六段 1/2
第77期 名人戦・順位戦 第77期 順位戦 B級2組 第1回戦 永瀬拓矢七段 対 横山泰明六段 1/2 フリークラスを除いた棋士をA級からC級2組の5つの組に分けてリーグ戦を行います。A級同率首位の棋士が複数出た場合は同率の棋士全員によるプレーオフとなります。名人とA級優勝者が、例年4月から7月にかけて七番勝負を行います。名人戦とは、将棋界で最も格式と歴史のある「名人」のタイトル称号を懸けて行われる七番勝負。名人戦の予選は順位戦と呼ばれ、A級順位戦の優勝者が挑戦者となります。 ※この番組は2018年6月13日に放送されたものです
第77期 順位戦 B級2組 第1回戦 永瀬拓矢七段 対 横山泰明六段 2/2
第77期 名人戦・順位戦 第77期 順位戦 B級2組 第1回戦 永瀬拓矢七段 対 横山泰明六段 2/2 フリークラスを除いた棋士をA級からC級2組の5つの組に分けてリーグ戦を行います。A級同率首位の棋士が複数出た場合は同率の棋士全員によるプレーオフとなります。名人とA級優勝者が、例年4月から7月にかけて七番勝負を行います。名人戦とは、将棋界で最も格式と歴史のある「名人」のタイトル称号を懸けて行われる七番勝負。名人戦の予選は順位戦と呼ばれ、A級順位戦の優勝者が挑戦者となります。 ※この番組は2018年6月13日に放送されたものです
第77期 順位戦 C級1組 第2回戦 豊川孝弘七段 対 藤井聡太七段 1/2
第77期 名人戦・順位戦 第77期 順位戦 C級1組 第2回戦 豊川孝弘七段 対 藤井聡太七段 1/2 フリークラスを除いた棋士をA級からC級2組の5つの組に分けてリーグ戦を行います。A級同率首位の棋士が複数出た場合は同率の棋士全員によるプレーオフとなります。名人とA級優勝者が、例年4月から7月にかけて七番勝負を行います。名人戦とは、将棋界で最も格式と歴史のある「名人」のタイトル称号を懸けて行われる七番勝負。名人戦の予選は順位戦と呼ばれ、A級順位戦の優勝者が挑戦者となります。 ※この番組は2018年7月3日に放送されたものです
第77期 順位戦 C級1組 第2回戦 豊川孝弘七段 対 藤井聡太七段 2/2
第77期 名人戦・順位戦 第77期 順位戦 C級1組 第2回戦 豊川孝弘七段 対 藤井聡太七段 2/2 フリークラスを除いた棋士をA級からC級2組の5つの組に分けてリーグ戦を行います。A級同率首位の棋士が複数出た場合は同率の棋士全員によるプレーオフとなります。名人とA級優勝者が、例年4月から7月にかけて七番勝負を行います。名人戦とは、将棋界で最も格式と歴史のある「名人」のタイトル称号を懸けて行われる七番勝負。名人戦の予選は順位戦と呼ばれ、A級順位戦の優勝者が挑戦者となります。 ※この番組は2018年7月3日に放送されたものです
第77期 順位戦 C級1組 第3回戦 藤井聡太七段 対 西尾明六段 1/2
第77期 名人戦・順位戦 第77期 順位戦 C級1組 第3回戦 藤井聡太七段 対 西尾明六段 1/2 フリークラスを除いた棋士をA級からC級2組の5つの組に分けてリーグ戦を行います。A級同率首位の棋士が複数出た場合は同率の棋士全員によるプレーオフとなります。名人とA級優勝者が、例年4月から7月にかけて七番勝負を行います。名人戦とは、将棋界で最も格式と歴史のある「名人」のタイトル称号を懸けて行われる七番勝負。名人戦の予選は順位戦と呼ばれ、A級順位戦の優勝者が挑戦者となります。 ※この番組は2018年7月31日に放送されたものです
第77期 順位戦 C級1組 第3回戦 藤井聡太七段 対 西尾明六段 2/2
第77期 名人戦・順位戦 第77期 順位戦 C級1組 第3回戦 藤井聡太七段 対 西尾明六段 2/2 フリークラスを除いた棋士をA級からC級2組の5つの組に分けてリーグ戦を行います。A級同率首位の棋士が複数出た場合は同率の棋士全員によるプレーオフとなります。名人とA級優勝者が、例年4月から7月にかけて七番勝負を行います。名人戦とは、将棋界で最も格式と歴史のある「名人」のタイトル称号を懸けて行われる七番勝負。名人戦の予選は順位戦と呼ばれ、A級順位戦の優勝者が挑戦者となります。 ※この番組は2018年7月31日に放送されたものです
第77期 順位戦 C級1組 第4回戦 青野照市九段 対 藤井聡太七段 1/2
第77期 名人戦・順位戦 第77期 順位戦 C級1組 第4回戦 青野照市九段 対 藤井聡太七段 1/2 フリークラスを除いた棋士をA級からC級2組の5つの組に分けてリーグ戦を行います。A級同率首位の棋士が複数出た場合は同率の棋士全員によるプレーオフとなります。名人とA級優勝者が、例年4月から7月にかけて七番勝負を行います。名人戦とは、将棋界で最も格式と歴史のある「名人」のタイトル称号を懸けて行われる七番勝負。名人戦の予選は順位戦と呼ばれ、A級順位戦の優勝者が挑戦者となります。 ※この番組は2018年8月28日に放送されたものです
第77期 順位戦 C級1組 第4回戦 青野照市九段 対 藤井聡太七段 2/2
第77期 名人戦・順位戦 第77期 順位戦 C級1組 第4回戦 青野照市九段 対 藤井聡太七段 2/2 フリークラスを除いた棋士をA級からC級2組の5つの組に分けてリーグ戦を行います。A級同率首位の棋士が複数出た場合は同率の棋士全員によるプレーオフとなります。名人とA級優勝者が、例年4月から7月にかけて七番勝負を行います。名人戦とは、将棋界で最も格式と歴史のある「名人」のタイトル称号を懸けて行われる七番勝負。名人戦の予選は順位戦と呼ばれ、A級順位戦の優勝者が挑戦者となります。 ※この番組は2018年8月28日に放送されたものです
第77期順位戦 A級第5回戦 羽生善治竜王 対 阿久津主税八段 1/2
第77期 名人戦・順位戦 第77期順位戦 A級第5回戦 羽生善治竜王 対 阿久津主税八段 1/2 フリークラスを除いた棋士をA級からC級2組の5つの組に分けてリーグ戦を行います。A級同率首位の棋士が複数出た場合は同率の棋士全員によるプレーオフとなります。名人とA級優勝者が、例年4月から7月にかけて七番勝負を行います。名人戦とは、将棋界で最も格式と歴史のある「名人」のタイトル称号を懸けて行われる七番勝負。名人戦の予選は順位戦と呼ばれ、A級順位戦の優勝者が挑戦者となります。 ※この番組は2018年11月21日に放送されたものです